天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

ブログ運営 漫画作品集

ワードプレスで漫画ブログをやる人が少ない理由を考察!疑われた猫のチッティ~第5話

投稿日:2019年8月14日 更新日:

猫のチッティ

ここでは、「猫のチッティ」ページ連載漫画の第5話「猫の惑星の王子って本当?」の巻(1ページ)を掲載しています!

また漫画の後には、ワードプレスで漫画ブログをやる人が少ない理由について、筆者なりの考察をしました♪

 

「猫のチッティ」ページ連載漫画第4話が読みたい方はこちらをクリックしてください♪

 

スポンサードリンク

猫のチッティページ連載漫画第5話「猫の惑星の王子って本当?」の巻

猫のチッティ,5話

 

猫のチッティを見た地球人が必ず抱くであろう感想…

粕川
本当に猫なの?

 

そうです、猫のチッティはれっきとしたネコなのです!

野良猫たちはネコの惑星の王子を知ってるから、人間の無礼な行為が許せなかったのです 笑

 

スポンサードリンク

ワードプレスで漫画ブログをやる人が少ない理由を考察

今回はワードプレスで漫画ブログをやる人が比較的少ない理由を、筆者なりに考えてみます。

 

筆者が運営するこのブログは、ワードプレスを使ってます。

 

筆者のようにワードプレスを使って漫画ブログを展開する人は、意外と少ないんですよ。

いるにはいるんですが、大多数はライブドアブログなどで漫画ブログをしている印象が強い。

あえてワードプレスで漫画ブログをやる人は、全体としてみたらまだ少数派だと思うんです。

 

これ、何でだろう?って昔から思ってました。

 

漫画ブログにワードプレスが少ない理由は、集客面の長所が活かしづらい点と扱いにくさにあると筆者は考察します。

ワードプレスとは、難しいwebの知識がなくてもネット上にブログなどのコンテンツが作れるシステムのこと。

 

ワードプレスでブログを運営すると、独自のドメインをとったり、レンタルサーバーを借りたりして、多少費用がかかります。

でもブログのデザインなどを自由にいじることができるので、無料ブログより表現の幅が広がる点は強み。

 

ワードプレスの一番の長所は、検索結果からアクセスを呼びこめるSEOが強いという点にあります。

しかし自作の漫画を記事にする場合、SEOで集客する長所を生かせないことがあるのです。

 

またやっぱりwebに詳しくない人からすると、ワードプレスの扱いは難しいですよ。

CSSの編集やら横文字一杯なので、自由にブログをカスタマイズするには慣れが必要です。

 

一方ライブドアブログやアメブロなど無料ブログは、初心者でも比較的扱いが簡単。

これらブログは、同じブログシステム内でブロガー同士がつながれる機能が揃ってることが多いのです。

だからブログを書いてるもの同士で認知がしやすく、ブログに読者を呼び込みやすい傾向にあります。

 

またライブドアブログなどで漫画ブログをする人は、ブログランキングから読者のアクセスを集めているパターンが多いですね。

 

ブログランキングにはいろいろなブログジャンルがあり、その中で人気のあるブログはランキング上位に来るので、認知率が高まります。

例えば4コマ漫画ランキングに参加しているブログが、毎日漫画をブログに投稿して読者から支持があれば、ランキングで上位に行く可能性が高くなります。

ランキング上位に来れば、それだけブログにやってくる人が増える。

 

これにプラスしてSNSを有効活用して、集客と認知を拡大している人が多い印象をうけました。

 

●ブログシステム内のブロガー同士の繋がりからアクセス流入

●ブログランキングからのアクセス流入

●SNS活用からのアクセス流入

 

これがライブドアブログなどで漫画ブログをやる人の、主な集客経路だと思います。

もちろんワードプレスでもSNSやブログランキング、知り合いのツテで認知を広めるやり方はできますが。

 

しかしSEOの対策をして検索結果からアクセスを集めることに強いワードプレスは、漫画ブログとしては少数派な気がします。

 

SEOとはグーグルなどの検索画面で、ある言葉の検索がされたとき、検索結果上位にブログを表示させるための施策のこと。

SEOが強いワードプレスブログは、検索結果からアクセスを集めて商品を販売するようなアフィリエイト目的で使われることが多いです。

 

しかしSEOで上位表示させようとすれば、質の高いコンテンツが必要になります。

 

漫画ブログのメインコンテンツは漫画。

漫画は制作するのに時間がかかるため、記事の文章量が少なくなりがちです。

また漫画のなかで作者の思いを表現してしまうため、文章を書く必要がなかったりする。

 

検索キーワードの質問に対して漫画で答え、文章コンテンツも充実させれば、その記事は検索されるかもしれません。

例えば「イカ墨パスタの作り方」という言葉で検索された時に、漫画と文章でイカ墨パスタの作り方を説明するような記事なら、検索需要にこたえられるでしょう。

 

しかし自作の漫画をワードプレスに投稿する場合、その漫画名で検索する人がほとんどいない場合どうなるか?

検索結果からはアクセスの集められない漫画記事となってしまうのです。

 

検索結果からアクセス流入の強みが活かせないとなると、扱いも簡単なライブドアブログなどで運営する方が良いという判断になるのでしょう。

 

検索結果からアクセスを集める漫画ブログにしたいと思ったら、検索需要に対する答えとして漫画を描く方がいいのかもしれません。

 

●自作の漫画をブログに投稿する

●検索需要に対する答えとして漫画と文章のコンテンツを用意する

 

漫画ブログをやる場合、上記2つのやり方があるでしょう。

筆者としては2つの手法を同時に、このブログでやっているのです。

 

ワードプレスの漫画ブログで連載中の「猫のチッティ」の前後エピソードは、以下のリンクからどうぞ♪

「猫のチッティ」第6話~猫の惑星の王子はどんな布団で眠る?アニメ元祖天才バカボンを見て感じた発見も紹介

「猫のチッティ」ページ連載漫画の第4話~チッティ、あやされる!

「猫のチッティ」ページ連載漫画第1話~21世紀の日本にチッティが爆誕した!

愛野すず
最後まで読みくださりありがとうございました♪

スポンサードリンク

-ブログ運営, 漫画作品集
-

執筆者:

関連記事

四コマ漫画劇場vol.6表紙

四コマ漫画劇場vol.6

四コマ漫画劇場vol.6表紙   ここでは漫画アート芸術家が2010~2011年頃、当時のブログに不定期連載していた四コマ漫画8 本をまとめて掲載しています!   どうぞご覧くださ …

栗なマロロンくん001

「栗なマロロン君」2011年頃制作の漫画

こちらは粕川裕康が2011年ころに描いた漫画「栗なマロロン君」の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   栗なマロロン君     愛野すず 漫画を最後までお読みいただき …

変身!ドクロイド~月世界大戦争編 第1話

ここは漫画アート芸術家が2011年頃制作した 不定期連載漫画「変身!ドクロイド~月世界大戦争編」第1話の閲覧ページとなります! どうぞご覧ください! 変身!ドクロイド~月世界大戦争編01 変身!ドクロ …

魔法屋敷001

「魔法屋敷」(ヘンゼルとグレーテルをもとにした漫画)2012年頃制作の漫画

  こちらは粕川裕康が2012年初頭ころに描いた、ヘンゼルとグレーテルをもとにした漫画「魔法屋敷」の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   魔法屋敷     …

きさらぎ駅,漫画

きさらぎ駅のユーチューブ漫画を紹介!背筋が凍る怪奇体験談の内容とは?

  インターネット上で都市伝説とされている怪奇体験談の「きさらぎ駅」。   筆者は2019年2月末、「きさらぎ駅」のユーチューブ用漫画動画のご依頼をいただき、制作に入りました。 現 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!