漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

漫画アイデアの出し方 自作の四コマ漫画

四コマ漫画「お肌ツルツル」小説が想像力を磨いてくれる理由

投稿日:2018年2月21日 更新日:

表紙

お肌ツルツル四コマ漫画

 

本日は「本当に描きたい漫画創作にシフトを変えた」ことと「漫画創作のために行っていること~小説を読むことで想像力が鍛えられる」について近況を交えて書いていこう。

漫画を描く人はどんな事を意識して創作するのか?なんてことが垣間見れるかもしれない。

スポンサードリンク

近況

 

僕は現在、在宅の仕事をしながら空いた時間に漫画を制作している。

そして異常に次の漫画を描きたい衝動に駆られている。

描くべき漫画のアイデアも十分にたまってる。

 

漫画を制作し続けていくためには、生活の基盤をガッチリ固める必要がある。

生きていく事ができて、初めて漫画を生み出せるのだ。

この生きていくための仕事の幅が非常に広がっている現代は、とてもありがたい。

 

 

バカオ

漫画以外の仕事をしながら合間を見て、次の作品に着手しようとしているのが近況なんだな。

 

本当に描きたい漫画作りにシフトを変える!

漫画制作

僕は四コマ漫画家になりたいわけではない。

 

僕にとって四コマ漫画を描くことは「物語がある漫画を作るための準備運動」という位置づけにある。

また四コマ漫画は短時間で新作をブログにアップ出来るというメリットがあるので、定期的に作っている。

漫画描きでなくとも、表現者かどうかを見分ける基準は「常に作品を生み出しているか?」ということにあるから。

 

僕が本当に描きたい漫画は物語がある、長期連載を行えるような長編漫画や、短編読み切り漫画の作品集。

 

限られた時間の中で、目的を実現するためには「自分が人生において最もやりたい仕事、作りたい作品」に取り組むことが大切だと感じている。

時間は無限にあるわけではない。

 

「与えられた環境の中で、ガチンコで一番作りたい作品作りに特化する」

僕は今この状況に入っている。

 

なので物語のある漫画の制作をメインに行っていき、最終目的ではない四コマ漫画の制作は徐々に減らしていくだろう。

 

僕の創作の中心軸は漫画であり、漫画世界にリンクさせて油絵を制作するというのが創作法。

なので時間的な制約のある今、油絵よりも漫画の制作に的を絞ってる。

まずはアートよりも漫画世界の確立が先決だ。

小説を読むと想像力が鍛えられる

小説

本当に描きたい物語のある漫画を制作するために、映画や漫画や本にたくさん触れるようにしている。

最近とりわけ役に立っているのが小説。

もともと小説が好きで古今東西の名作小説を読み漁ってきた。

 

小説は文字だけで表現するメディアなので、読者は想像力を使って物語をイメージできる。

「物語をイメージする想像力」というのは漫画を生み出すうえで大切だ。

 

漫画、映画、ゲームは視覚を通して楽しむメディアなので、すでに制作者によって映像が決められている。

視覚情報が決まっている分、受け手は想像力の飛躍が制限される。

例えばドラえもんは「青くて丸い猫型ロボット」という絵で規定されるので、視聴者としてはそれ以外のドラえもん表現の可能性を見出せない。

 

しかし小説は全て文字情報である。

読者には文字に対してどう想像するかの自由がある。

 

小説を読むと想像力を働かせることになるので、イメージ力が上がる。

漫画の物語、アイデアを生み出すために必要なのはイマジネーション。

 

小説を読むことで想像力が磨かれ、小説を読んでるときに生まれた発想が飛躍して漫画の案につながることもある。

実際に僕は、小説を読んでいる時に生まれるイメージや情感がキッカケとなって、これから描こうとしている漫画のアイデアがいくつも生まれている。

 

小説は映像によってイメージを規定されないので、アイデアを飛躍させるチャンスが生まれるのだ。

 

このことから、漫画描きは習慣的に小説作品に触れることをおすすめする。

もちろん漫画、映画など様々なメディアに幅広く触れておくのは大前提。

でも小説もバカにならない力がある、ということ。

 

ちなみに僕は今、H.Pラブクラフトやエドガー・アラン・ポー、太宰治の小説をよく読んでいる。

 

小説は想像力を刺激するメディア。

小説から触発された発想が漫画のアイデアにつながることがあるのだ。

⇒次の「もっとがんばれ!バカオ君」

粕川
ラブクラフトの「インスマウスの夜」最高にいいなぁ!
スポンサードリンク

-漫画アイデアの出し方, 自作の四コマ漫画

執筆者:

関連記事

no image

日記を書く習慣があなたに豊かな創造性をもたらす、その効用とは

      どういうわけか、無限に創造意欲が湧いてくる。 創作時間が追い付かないくらいにアイデアが溢れてくるのだ。 何とか少しずつ形にしていこうと焦らず地道に動いている。 …

自己表現できないと悩む人が漫画を描いて自己表現する方法

    世の中には自己表現が出来ないという人がいる。 あなたはどうだろうか? 仮にあなたが現実世界で自己表現をすることができないとする。 それでも全然大丈夫。 なぜそう言えるのか? …

チッティマント 四コマ漫画

四コマ漫画「チッティのマント」漫画を描く時に使うつけペンはgペン

Contents1 手描き+つけペンの線2 漫画を描く時に使うつけペン3 つけペンのペン先はまとめて購入する 手描き+つけペンの線 僕は四コマ漫画も普通の漫画も、つけペンで描いています。 使っているペ …

おさいせんばこ 四コマ漫画

四コマ漫画「おさいせん箱」~マーケティング的視点で漫画を描く

漫画を作るときマーケティング的視点を持ってみる 漫画描きはマーケティング的な視点を持って作品を制作していく必要を感じています。   ・自分が描こうとしている漫画はどんなジャンルなのか? ・そ …

バカオの500円玉四コマ漫画

四コマ漫画「バカオの500円玉」もっとがんばれ!バカオ君

念願の一発目! ここのところ僕にとって一本目となる漫画の電子書籍制作に取り組んでいたのです。 クリップスタジオexがあれば簡単に電子書籍が作れてしまう事にびっくり! 初めてやることは試行錯誤の連発で色 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!