天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

もっとがんばれ!バカオ君 絵や漫画を描いて生きていく

アナログ漫画をデジタル漫画化する非効率性に気づいて方向転換した話~177話

投稿日:2019年3月15日 更新日:

デジタル漫画,アナログ漫画

 

ペン入れまでしたアナログ漫画をデジタル漫画に加工するのは手間がかかります。

 

ぼくは長いこと漫画のペン入れまでを手描きで描く、アナログ漫画制作スタイルをとっていました。

アナログ漫画の良さを残しつつ、デジタル漫画に加工して制作していたのです。

しかしこのやり方だと非常に手間がかかることが判明しました。

 

いまや漫画の世界はプロの現場でもデジタルの制作が取り入れられているほどです。

それもそのはず、デジタル漫画制作のほうが明らかに作業効率が良いからです。

 

例えば漫画制作にはトーンを貼る作業が存在します。

トーンとは原稿のなかでグレーに塗られた部分のこと。

昔のアナログ漫画描きは、貼る絵柄に合わせてトーンを切り抜いて手で貼っていました。

一方デジタルであればトーンを塗る部分を指定して、ボタン一つでトーンが貼れます。

 

何という作業効率の違いでしょうか!

 

この一件だけでなくデジタルを使った漫画制作の便利さはたくさんあります。

 

この記事では効率的にweb漫画制作をするなら、初めからデジタル漫画制作でいくのが良いことについて書いていきます!

 

アナログ漫画をデジタル漫画に変換する作業に苦心惨憺(くしんさんたん)した筆者の正直な気持ちを、まずは漫画でご覧ください!

デジタル漫画,アナログ漫画

今回掲載した漫画「もっとがんばれ!バカオ君」の前後エピソードは以下のリンクに載ってます♪

ペンタブで描くと絵が下手になる?手描きに慣れてる人の対処法とは?

ブログとはなんだろう?漫画描きが思う本当のブログの正体に迫る!176話

 

 

スポンサードリンク

なぜアナログ漫画をデジタル漫画化する非効率性に気がついたのか?

ペン入れまでをアナログ漫画として描きそれ以降をデジタル漫画制作する非効率性に気がついたのは、なぜか?

 

それはある仕事を通してでした。

 

ぼくは最近お仕事で、とあるユーチューブ漫画動画の制作をしていたのです。

ユーチューブ漫画動画はユーチューブ上で発表する漫画なので、色がついていることは大前提です。

 

モノクロで良いなら、まだアナログ漫画をデジタル漫画化するという手もありでした。

しかしデジタルで色付けする前提でweb漫画を作るとき、ぼくが今回とった手法はあきらかに非効率でした。

このような状況でぼくはペン入れまでをアナログ漫画制作をしてしまったのです。

 

ここにペン入れまでアナログ漫画制作する場合のデジタル漫画作業を順番に書いてみます。

 

1.ネームを描く

2.下描きを描く

3.ペン入れをする

4.下描き線に消しゴムをかける

5.すべてのペン入れ原稿をスキャンする

 

~ここからデジタルでの作業

6.スキャンした手描き原稿を既定のサイズに合わせる

7.手描き原稿の明るさや濃度の調整をする

8.手描き原稿をスキャンした時に入った小さなごみを削除する

9.手描き線の修正をする

10.手描き原稿をデジタルで色塗りする

 

 

これらの作業をページの枚数分行うので、非常に手間のかかる作業です。

 

もしこれをはじめからデジタル漫画で制作していたらどうなるでしょうか?

 

初めからデジタル漫画制作したときの作業~

 

1.ネームを描く

2.デジタルで下描きする

3.デジタルでペン入れする

4.デジタルで色塗りをする

 

 

これをページ枚数分終わらしたら終了です!

なんという違いでしょうか!

 

ぼくは自分のあまりの非効率的作業に愕然としました!

 

そしてデジタル漫画の制作に完全移行することにしたのです!

 

アナログ漫画をデジタル漫画化するのは手間がかかる

デジタル漫画,アナログ漫画

 

ぼくはこれまでアナログ漫画の良さを残しつつデジタル漫画制作を取り入れようとしてきました。

ペン入れまでは手描きして、それ以降の仕上げをデジタル漫画として制作するという手法です。

 

しかし実感として感じたのは、パソコン上で見る漫画はデジタル制作したほうが見栄えが良いということです。

パソコン上で見る画像や色合いはあえて手描きをはさまなくても、デジタル特化させたほうが生きるなと感じたのです。

 

いまや手描きの雰囲気をデジタルで再現することだってパソコンを使えば可能です。

このような中で、手描きの漫画をデジタル化する必要性がぼくには感じられなくなりました。

 

インターネット上で漫画を見せるのが主な場合は、初めからデジタル漫画として制作した方が、見栄えも作業効率も良いと判断したのです。

 

たとえば透明水彩で描いた絵をスキャンしてパソコンで見せるなら、アナログの温かい特徴を生かせます。

アート作品をパソコン上で見せたいならこのような方法でいくとよいでしょう。

 

しかしぼくがやろうとしているのはweb上で漫画を見せるということ。

 

webで漫画を見せるということは、色付けやその他いろいろな加工は必須になってきます。

雑誌でモノクロ漫画として見せるならともかく、web媒体で漫画を掲載する以上本格的デジタル漫画制作環境を用意する必要があります。

 

デジタル漫画制作に特化するために不要なアナログ漫画工程

漫画をwebで見せることにフォーカスするなら、無駄な工程を排除していく必要があります。

 

その代表が手描きのペン入れ作業でした。

 

手描きのペン入れ原稿はスキャンして、パソコン上で規定のサイズに合わせなければいけません。

さらにペン入れした画像は、パソコン上で色みや明るさを調整する必要があります。

手描きした線はデジタル漫画として色付けする際の、範囲選択指定にも手間がかかると感じました。

 

web漫画にフォーカスするなら、明らかにはじめからデジタル漫画として制作した方が早いのです。

 

個人のクリエーターがweb漫画を効率的に大量生産しようとしたら、無駄な工程を省き必要な要素に絞って制作する必要があります。

 

この結果出た答えが、デジタル漫画制作に完全移行するという決断でした。

 

趣味で漫画制作をしている方なら手間や効率性なんて考えず、自由に描けばよいと思います。

しかしデジタル漫画制作はアナログ漫画制作を遥かにしのぐ、制作パフォーマンスの向上があります。

 

この時代の恩恵を十分生かすためにも、デジタル漫画制作に特化していきたいと思います。

 

愛野すず
最後までお読みくださりありがとうございます♪

スポンサードリンク

-もっとがんばれ!バカオ君, 絵や漫画を描いて生きていく
-

執筆者:

関連記事

バカオのジャックと豆の木 の表紙イラスト

縦スクロール漫画とは何?スマホコミックに初挑戦した実験作を紹介!漫画表現の歴史にも迫る【4話】

  バカオ 縦スクロール漫画とは何ぞや? 新時代の漫画表現である、縦スクロール漫画。   漫画アート芸術家は、人生初の縦スクロール漫画表現に挑戦しました! 縦スクロール漫画とは、ス …

バカ,漫画,主人公

元祖もっとがんばれ!バカオ君~小学校4年生の時に描いた漫画!

ここは漫画アート芸術家が小学校4年生の頃に描いていた元祖「もっとがんばれ!バカオ君」を、描いた当時のまま掲載しているページです。   どうぞご覧ください!   元祖もっとがんばれ! …

バカオ、ユーチューブに進出! 四コマ漫画

「バカオ、ユーチューブに進出する!」121話~もっとがんばれ!バカオ君

「もっとがんばれ!バカオ君」がユーチューブに登場! このブログで不定期連載中の四コマ漫画「もっとがんばれ!バカオ君」がユーチューブ動画に登場しました! 第1話目から順にユーチューブ動画版「もっとがんば …

アファメーションをするバカオ

アファメーションネタで描いた四コマ漫画の主人公はなぜかドジを踏む~141話

Contents1 アファメーションをネタにした四コマ漫画2 アファメーションをする時に注意すること3 アファメーションネタの漫画の主人公はバカオ アファメーションをネタにした四コマ漫画 今回はアファ …

バカオ喰われる 四コマ漫画

デモンズ2を観た感想とホラー映画の面白さを考察する~「バカオ喰われる」第90話

この記事では漫画アート芸術家がデモンズ2を観た感想や、ホラー映画の面白さについて本音で書いていきます!   デモンズ2といえばゾンビ! ということでまずはゾンビネタの四コマ漫画をご覧ください …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画