漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

絵や漫画を描いて生きていく

ココナラで四コマ漫画を描く方法!頂いたアイデアを漫画にしよう

投稿日:2017年7月31日 更新日:

ココナラ 四コマ漫画

 

どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。

 

 

「ココナラ」って知ってますか?
ココナラ,四コマ漫画

 

ココナラは1コイン(500円)から自分の得意を販売する事が出来るサイトです。

あなたの持つ知識やスキル、経験などが売り買い出来るインターネット上のフリーマーケット。

ココナラで販売されているものは沢山あります。

占い、イラスト、似顔絵、デザイン、ブログ記事代行、スカイプを使った様々なトークサービス…etc

初めに出品する人は500円でのサービスとなりますが、実績を積むことによりココナラランクが上がり、出品料を高めていくことも可能です。
ココナラ,四コマ漫画

 

あなたの特技やアイデア次第でこれまでになかった面白いサービスを生み出す事が可能な創造性に満ちたサイトがココナラです。

 

僕はココナラを初めて知った時、とても面白い!!!と思いました。

自分の得意を、それを必要とする人へ向けて売り買い出来るという発想が新鮮だった。

是非自分も出品してみようと思い始めたのが…四コマ漫画!

 

本日はココナラで頂いたご依頼の四コマ漫画をどのように描いているのかについて解説していきます。

 

スポンサードリンク

なぜココナラで四コマ漫画なのか?

ココナラ

 

僕がココナラで四コマ漫画を出品している理由は、四コマ漫画は商品として「シンプルでいて、使いやすい」という点にあります。

以下にその理由を挙げてみます。

 

1.四コマ漫画はシンプル→ストーリー漫画やギャグ漫画などの複数ページ漫画に比べて、四コマ漫画は起承転結というシンプルな形で表現出来るため頂いたアイデアを形にしやすい。

2.四コマ漫画は使いやすい→四コマ漫画はたった四つのコマで済むので、大きさも取らず、内容も的確にまとめることが出来、サイトや広告などに使用しやすい。

例えばブログに彩りを加える要素として漫画を使うにしても8ページ漫画よりは四コマ漫画の方がすぐ読めて、要点も絞られているため読みやすい。

広告に漫画を載せるとすれば使える紙面は限られているので、最小単位の大きさで商品サービスの宣伝が出来る四コマ漫画は選ばれます。

3.アイデア出しの訓練になる→四コマ漫画を定期的に作る習慣を持つ事で漫画のアイデアを出す訓練になります。
人のアイデアを四コマ漫画にする為、自作を作る時よりも意外な学びが生まれます。

 

以上の点から僕はココナラにて四コマ漫画の販売を始めました。

 

僕が四コマ漫画を描くコンセプトは「あなたの体験、人生、商品サービスを四コマ漫画で紹介します」という事です。

・これまで生きてきた様々な体験、喜びやつらかったことなどを四コマ漫画にしたい
・絵は描けないけど四コマ漫画のアイデアはあるので形にしたい
・自分の商品サービスを四コマ漫画で紹介したい

このような方に向けたサービスとなっております。

 

四コマ漫画と広告の相性

インターネットが主流になった現代では四コマ漫画が使われる媒体が増えました。

個人や企業が持つWEBメディア(ブログやSNSなど)や広告などに四コマ漫画が使われる機会が増えています。

 

特に何らかの商品やサービスを宣伝する広告と漫画の相性が良いと言われています。

どうして四コマ漫画と広告が効果的なのかと言うと

 

・漫画広告は目立つ
・絵やセリフが入っているので分かりやすい
・漫画独特の演出を使う事により商品、サービスの長所を明確に伝える事が可能

以上のことが挙げられます。

 

例えば広告でもイラストなどがなく文字だけで埋め尽くされていたらその記事をよほど読みたい人にしか読まれないでしょう。

中には文字を読む事が苦手な人もいて、普段から読み慣れている漫画の方がすんなり頭に入ってくるという人もいます。

 

その点四コマ漫画は伝えたい情報を四つのコマに集約出来、絵と文字を使って伝えられるので読まれやすくなります。

 

サイト運営のポイントとして使える

 

また四コマ漫画はブログやHPなどのサイト運営
に彩りを加えるものとして使う方もいます。

 

例えば

・ブログ記事の内容を簡潔な四コマ漫画にして載せてみたり
・サイトに面白さなどを加えるために四コマ漫画を使う

という四コマ漫画の使い方が挙げられます。

 

個人が情報発信を行う事が出来る今、自分のメディアに漫画を使って面白さや、個性をつけていく方法があるという事です。

 

ココナラで頂いたアイデアを四コマ漫画にする方法

ここからココナラで頂いたアイデアを四コマ漫画で描く方法について書いていきます。

 

1.お客さんからアイデアを頂く

まずお客さんから四コマ漫画にする為のアイデアを頂きます。

 

どのような四コマ漫画にしたいかの具体的なイメージを文章でも、棒人間などのラフスケッチなどでも良いのでお伝え頂くと、より四コマ漫画を形にしやすくなります。

 

アイデアが漠然としたものしかなければ、こちらにお任せで四コマ漫画を作る事も可能です。

 

頂いたアイデアをどのように四コマ漫画に繋げるのかと言うと「起承転結」に当てはめてみるという方法があります。

 

起承転結というのは四コマ漫画を作る時に当てはめていく事で、漫画らしい形になる型のこと。

お客さんからざっくりとしたアイデアを頂いているので、それを起承転結に当てはめるとどうなるのか?という考えを辿ると、どのような展開にしていったらいいかが見えてきます。

 

四コマ漫画の描き方の決定版!ネタや起承転結の使い方!

2.アイデアをもとにラフ画を作成する

四コマ漫画修正
頂いたアイデアを参考にこちらで四コマ漫画のラフを作成します。

 

四コマ漫画の構図、絵、セリフ、擬音など完成時の漫画を想定したラフ画を描き、これを基に確認をして頂きます。

この時直したい所があれば納得のいくまで修正点を出してもらい、最終的にお客さんからOKが出た時点で作画に入ります。

 

スポンサードリンク

頂いたアイデアを四コマ漫画にする時のコツ

頂いたアイデアを基にラフ画を作成する時「言葉で説明しない。絵で説明する」という事を意識しています。

 

漫画は小説とは違いセリフ、文字、絵の混合で表現するもの。

特に漫画の強みは「絵の情報力」にあります。

 

難しい概念でも絵に置き換えて見せる事で直感的に情報を伝える事が出来ます。

 

なので何かを説明する時、出来る限り絵で見せて伝えられないかという事を考えてラフ画を描くようにしています。

「絵で見せられる事は絵で見せて、それ以外の部分を言葉で補う」という感じ。

 

ただ最終的にはお客さんの意図を最優先にしますので、ご希望に沿うような形で描かせて頂いております。

 

3.作画と加工

 

作画に入ると原稿用紙にコマを割り、下描き、ペン入れ作業に入ります。

 

僕は

・ペン入れベタ塗りまでの工程を手描き

・トーン&セリフ入れなどの加工をPCソフト

で行っています。

 

漫画の絵はGペン、丸ペンなどの漫画専用のつけペンを使用した、手描きで描いています。

線一本にしても描く人の性質が現れるもの。

 

僕はペンタブレットで直接PCモニター上に描かれた無機質な線よりも、人間の描いた生命感のこもった線に魅力を感じるので、あえてアナログで描いています。

 

手描きの線にはライブ感が現れます。

PCソフトで描いた線はちょっと間違えても簡単に消せる。
手描きでも線は消せるんですが、ホワイトを使う為何度もという訳にはいかない。

手描きの線はその瞬間の描いてる人の鼓動が宿るので、ライブ感が生まれるのです。

 

僕はそんな線のライブ感を大切にしていますから、心を込めて全ての絵を描かせて頂いてます。

 

以下は僕が四コマ漫画「もっとがんばれ!バカオ君」を描いている時の制作風景です。

 

作画が終了したらスキャナーでPCに原画を取り込みます。

 

スキャナー

 

4.クリップスタジオペイントEXで仕上げ&加工

 

僕はクリップスタジオペイントEXという漫画制作専用ソフトを使用して四コマ漫画の仕上げを行っています。

具体的な作業はトーン貼り、セリフ入れ、カラー指定があれば色付けなどをこの段階で行います。

 

クリップスタジオペイントEXは漫画制作をデジタルで行いたい方にはうってつけの商品です。
ネームから仕上げまでの全工程をこのソフト一本でまかなえる。

 

漫画の仕上げを全てアナログでやっていた時代と比べ、技術の進歩に驚かされます!

 

5.完成データを納品

四コマ漫画 サイズ大

四コマ漫画が完成したら、画像データの納品を行い、内容を確認して頂きます。

四コマ漫画の枠サイズ、解像度などご指定があればその数値で作成する事も可能です。

 

著作権はお譲りしますので、サイトでも広告でもご自由にお使い頂けます。

 

最後に

あなたの特技をインターネットを使う事でそれを必要とする人に届ける事が出来るという素晴らしい時代になりました。

 

以前ならば漫画や絵を描く事で収入を得るという事は雑誌に掲載されるとか、展覧会を開くとかハードルの高いものでした。

 

しかし現代ではインターネットなどを駆使してあなたの特技を世の中に認知させたり、思いを伝えたり、ビジネスに展開させる事が容易になっています。

このチャンスを使わない手はないのです!

 

あなたも何らかの創作活動を行っているなら、是非ココナラのようなサービスを活用して、あなたの才能を欲する人へ向けて商売を始めてみてはいかがでしょうか?

 

またココナラには様々なサービスが出品されているので、あなたの求める商品が見つかるかもしれません。

 

ココナラに新規会員登録したい方は以下のリンクからどうぞ♪

ココナラ

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

-絵や漫画を描いて生きていく
-,

執筆者:

関連記事

web漫画,読まれない

自作のweb漫画が読まれない人へ!漫画を描いて生きる初めの一歩

web漫画を描いてるんだけど読まれないという悩みを抱えている人は多いかもしれません。   いまはSNSや漫画投稿サイトなどがあるので、不特定多数の人に自分の漫画を読んでもらえるチャンスはあり …

ユーチューブ,漫画,アップロード

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きの活動について

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きの活動について   またもユーチューブに漫画をアップロードしました!   こちらが今回ユーチューブにアップロードした漫画です! & …

四コマ漫画001

ブログに自作漫画を載せる事から始めろ!無名漫画家が認知される方法~第57話

この記事では漫画描きが、ブログに自作の漫画を載せることの大切さについて書いています! 筆者は2016年9月からこのブログを始めて以来、自作の絵や漫画を載せるようになりました。 さらに自身の生きてきた人 …

マーケティング

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は「漫画描きはマーケティングを学べ!」という事について書いていきます。     マーケティングと聞くとイ …

漫画家,ビジネス

漫画家や絵描きはビジネスを学んで仕事や収入を自ら生み出そう!

  どうも、漫画アート芸術家の粕川です!   漫画家や絵描きはただ作品を作っているだけではいけません。 作品を作り、それを販売し、収入の仕組みを作る。   漫画家や絵描き …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!