漫画アート芸術家のネットビジネス奮闘記

漫画アートの創作や文章を書くことが好きで、社会の底辺で生きてきた漫画アート芸術家が、お金と自由を手にするためにネットビジネスに取り組む奮闘記ブログ。

創作活動

栗のキャラクターは侍だった?甘栗を食べた時に生まれたマロロン!

投稿日:2016年11月15日 更新日:

栗 キャラクター

 

こちらは栗のキャラクター「栗なマロロン君」。

栗なマロロンは身体が栗でできている侍のキャラクター。

 

マロロンは2002年ころに誕生したのです。

 

ではどうして栗のキャラクター生まれたのか?なぜに侍なのか?

ここでは栗のキャラクターマロロンの誕生秘話を書いていきます!

 

マロロン
せっしゃがマロロンでござる。よろしく頼もう~!

 

スポンサードリンク

栗なマロロンとはどんなキャラクター?

 

栗のキャラクターマロロンの基本的な性格をまず書いていきます。

 

栗なマロロンの特徴

栗 キャラクター マロロン

・自分のことを史上最強の侍だと信じ込んでいる(実際はそんなに強くない)

・人情深い

・やたら情熱的(目が炎になっており、これは情熱的なことを表わす)

・古風な価値観を持っている

・背が低いことを気にしている

 

栗なキャラクターマロロンの性格

栗 キャラクター

 

マロロンは猪突猛進で単純なため、よく勘違いをする。

とにかく思い込みが強く、自分がこうだと決めたら周りが何をいおうと意見を変えない。

 

マロロンは幼いころ悪い侍に殺されそうになったことがあるが、伝説の侍に命を助けられた。

伝説の侍に心から感謝すると同時に彼に憧れたマロロンは、それいらい剣の練習に取り組む。

 

侍としての実力は中の上だが、自分では世の中で最強の侍だと信じ込んでいる。

マロロンの将来の夢は侍として歴史に名前を刻むこと。

 

マロロンはいつも小脇に剣を所持しているが、実はコレおもちゃの剣である。

本物の剣は高くて買えないためおもちゃの剣でマロロンは我慢している。

おもちゃの剣を持っていることを人に指摘されると悔しがる。

 

マロロンは「武士は食わねど高楊枝」タイプのキャラクターである。

「武士は食わねど高楊枝」⇒貧しくとも、さもたくさん食べたようにふるまって楊枝を加える武士のこと。

武士は貧しくても清貧を大切にし、対面をつくろう様をいう。

 

マロロンは対面を気にするタイプで、貧しくても貧しそうには見せない。

おもちゃの剣でも本物の剣を持っているようにふるまう。

マロロンは心根に武士の気質を持っているのだ。

 

マロロンはおだてに弱く、ほめられると調子に乗る。

このためだまされやすく、詐欺師に引っかかりやすいタイプである。

 

好きな食べ物⇒栗、マロンケーキ、栗きんとん、栗系の食べ物はみんな好き

嫌いなモノ⇒侮辱されること、持ってる剣をけなされること(剣は自分と同じだと思っている)、夢を否定されること

 

 

以上のような特質を持つのが栗なマロロンなのです!

 

栗のキャラクターマロロンは幼いころ自分の危機を救ってくれた伝説の侍に憧れて、彼のようになりたくて世界一の侍を目指していたのです!

マロロン
フフフ、ま、一言でいえば誇り高き侍なのでござる!

 

栗のキャラクターマロロンの誕生エピソード

0048

 

ここでは栗のキャラクターマロロンが誕生したエピソードを物語調で書いていきましょう。

マロロン
フム、せっしゃの誕生は伝説そのものでござる!

 

栗のキャラクターマロロンが誕生したのは2002年。

僕はこの当時、高校を卒業して就職も進学もせず家にこもって創作や読書に励んでいた。

高校を卒業したあたりから異常な読書欲が湧いてきて、図書館で山のように本を借りては読みまくる日々。

と同時に漫画や絵画の制作と、この時期は音楽もやっておりギターを弾いていた。

 

そんなある日の夕方、僕は漫画制作の途中休憩をとっておやつを食べようとする。

このときに出てきたのが甘栗だった!

 

img100522145651

 

マロロン
おお甘栗!あの美味なる触感!

 

僕は甘栗を食べていて、何かスカスカした食べ心地と微妙な味わいを感じていた。

それほど好きなわけではない甘栗。

しかし栗の形は何か心を引くものがあった!

 

「栗かぁ…これ漫画のキャラクターにならないかな?」

僕の頭にこの質問がよぎった。

 

次の瞬間、紙を取り出し鉛筆でスケッチしていたのだ!

こうして生まれたのが栗なマロロンであった。

 

僕はマロロンの他にマロロンの両親や友達まで作っておいた。

下の画像は僕が初めて栗なマロロンの両親や友達を紙に描いたものである。

栗 キャラクター マロロン

栗 キャラクター マロロン

 

ある夕時に食べたおやつの甘栗がきっかけで生まれた栗のキャラクター!

この体験が粕川に刺激を与え、栗のキャラクターが創造されたのであった!

 

マロロン
せっしゃが生まれたのは甘栗のおかげでござる!

 

とまあ、こんな感じで栗なマロロンは生まれたわけです。

栗なマロロンはこれ以降僕の漫画によく登場するおなじみキャラクターとなりました。

 

栗のキャラクターマロロンが主人公の漫画

栗 キャラクター マロロンイラスト

 

僕は栗キャラクターのマロロンを主人公にした漫画を2011年ころに描きました。

それまでもクリのマロロンは僕の漫画に登場していたけど、17ページ読みきり漫画の主人公として登場したのはこれが初めて。

 

今見ると恥ずかしい作品だけど、くりのマロロンが初主演を果たした記念すべき漫画としてここに掲載しておきましょう。

僕は今後も栗なマロロンを使って新作を出していこうと思います。

 

ブログは自分が歩いてきた軌跡(作品や人生など)をコンテンツとしてのせておくことが出来るので、本当に漫画描きにとってありがたいツール!

僕は自分が歩いてきた道のりを、ありのままこのブログに残していきたい。

 

だから未熟な作品も載せる。

 

未熟なところも含めて僕であり、栗なマロロンだから。

 

ブログは表現者の生き様や、作品、思想、未熟さなど、あるがままを書く場所です。

もし僕が未熟だからと言ってマロロンの漫画をのせなかったら、自分の人生の一部を隠していることになる。

それでは表現者はいけないのです。

 

表現者はあるがままを表現する、見せていくのです。

 

もちろん僕が作ってきた全ての作品をブログに載せているわけではないんですよ。

ただ粕川の人生で重要点になった作品は、出来る限りアップしていきたいと思います。

 

それでは栗のキャラクターが主人公の漫画「栗なマロロン君」(2011年)をお読みになりたい方は以下の画像をクリックしてくださいませ↓!

 

栗なマロロンくん001

 

マロロン
せっしゃもひとまず不思議な世界への穴に入ってみるでござる!

スポンサードリンク

-創作活動

執筆者:

関連記事

画家,主人公,漫画

画家が主人公の漫画「幻想の森」は漫画にアートを融合した作品

このページには画家が主人公の漫画が載ってます! 漫画アート芸術家が2016年ころに制作した漫画「幻想の森」の閲覧ページです。   画家が主人公の漫画「幻想の森」の主人公は貝賀亜斗(かいがあと …

自画像

漫画アート芸術家が独学で絵を描きだした時に考えていた事

自画像 アクリル画   Contents1 絵を独学で学んできた僕がいかにして絵が描けるようになったか2 絵を独学で学びだした3 絵の描き方の教則本で独学を始めた4 描いた絵は人生の軌跡5 …

幻想の森

漫画「幻想の森」は漫画とアートの融合?漫画と絵画を組み合わせる方法

  どうも、漫画とアートを組み合わせて創作活動を行う粕川です。   本日はただ今制作中の漫画作品の制作秘話について書いていきます。 僕は2017年7月現在「幻想の森」というタイトル …

ツイッター漫画 目次

粕川裕康のツイッター漫画(超短編漫画集)

これは粕川裕康が2010年頃ツイッター漫画として描いた一連の超短編漫画集です。 ⇒ツイッター漫画って何?という方はこちらの記事を!   それではどうぞご覧ください。   &nbsp …

新しき人生 四コマ漫画

「新しき人生」四コマ漫画~もっとがんばれ!バカオ君

新しい人生の始まり 僕は新しい人生を歩み始めています。 長いこと住んでいた惑星から離れたのです。   長いこと住んでいた惑星から離れるにあたり、人生の新しいステージに進むにあたり、マインドセ …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!