天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康のブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

影響を受けた作品群 漫画作品集

アボンリーへの道の好きな話と出会ったエピソードを描いた四コマ漫画!

投稿日:2019年2月13日 更新日:

アボンリーへの道, 好きな話

 

アボンリーへの道で好きな話はあるかと聞かれたら、僕はもう断然で「フェリシティの初恋」なのです!

 

なぜかというと僕が生まれて初めて見たアボンリーへの道が「フェリシティの初恋」だったから!

しかもこのフェリシティの初恋には、あの伝説的キャラクターが初登場するじゃないですか!

 

そう…ガス…ガス・パイクがぁ~!

 

っということでまずは僕がアボンリーへの道「フェリシティの初恋」をみたときのエピソードを四コマ漫画にしたので、そちらをご覧ください!

 

アボンリーへの道,好きな話

 

そうです、僕はとある偶然のタイミングからアボンリーへの道と出会うことになってしまったのです!

僕は上に挙げた漫画のほかにも、フェリシティの初恋があんまり素晴らしくて描いた漫画があります!

 

この記事ではアボンリーへの道の好きな話「フェリシティの初恋」についてネタバレで書いていきます!

 

スポンサードリンク

真夜中に再放送されていたアボンリーへの道!

僕がアボンリーへの道と出会ったのは2004年の4月ころでした。

この時期、真夜中にアボンリーへの道が再放送されていたのです!

 

アボンリーへの道と言えば1990年から1996年にかけて放送されていたカナダのドラマなので、2004年というと久々の放送だったわけです。

 

それでアボンリーへの道は自然の景観が美しくキャラクター達がみずみずしくて、まるでメルヘンの物語世界に迷い込んだかのような嬉しい気持ちになりました!

 

フェリシティの初恋はフェリシティがハンサムな青年に初恋をする話。

でも、見どころはそこじゃないんですよ!

 

フェリシティの初恋の本当のみどころは、ガス・パイクが登場することなのです!

 

 

アボンリーへの道の好きな話はガス・パイクが初登場するエピソード!

ガス・パイクといえば船員としてプリンスエドワード島にやってきた無学の青年の、彼ですよ、彼!

 

僕はあのガス・パイクのキャラクターが本当に素晴らしいと思いました!

いや、アボンリーへの道のキャラクターはみんな好きなんだけど、とりわけガス・パイクには異常に感情移入してしまったのです!

 

ガスはひょんなことからキング家の手伝いをするようになり、納屋で生活するようになります。

このエピソードでガスとフェリシティは初対面したわけです。

 

なんというかガスがかもしだす雰囲気とか、素朴なキャラクター像がすごく良かったのです!

 

さらにいうと、ガスが弾くあのバイオリン曲が異常に素晴らしかったんですよ!

フェリシティの初恋でガスが初登場するシーンで流れてたあの曲です!

 

あのバイオリン曲を聞くと何かこう、爆発的に深い感動が押しよせてくるのです!

 

 

それでフェリシティはハンサムな青年デビッドに会いに行こうと、実家を飛び出してロングサンドホテルにいこうとする。

でもガスは夜にフェリシティ一人で出歩くのは危険だから、馬にのせてロングサンドホテルまで連れてってくれます。

 

けっきょくフェリシティはデビッドに失恋してしまいました。

一方、ロングサンドホテルの外からフェリシティとデヴィッドのやりとりを見まもってるガスの複雑そうな心境が印象的なのです!

 

フェリシティの初恋のラストシーンが超絶感動する!

フェリシティの初恋でガスは最後キング家を出て缶詰工場へいくことになります。

この納屋のシーンでフェリシティとガスのやりとりが、もう比類なく良いんですね!

 

フェリシティの初恋の最大の感動場面はラストシーンにあります!

最後ガスが一人荷物を背負って、草原を歩き去っていくあのシーンです!

このラストシーンではガスの弾くバイオリン曲もBGMで流れている!

 

もうこれがたまらなく素晴らしいシーンなんだなぁ!

 

あのガスが一人草原を歩いていくシーンの詩情ったらないですよ!

あの素晴らしさに匹敵するのは西部劇「SHANE」のラストシーンでジョーイ少年が叫ぶ「シェーン、カムバァーック!」の名場面くらいなもんだと思ってます!

 

 

ラストシーンのガスの背中が、胸を打つなにかを語っているのです!

フェリシティの初恋のラストシーンは言葉では言えないけど、心にしみわたる深い感動があるのです!

 

あれなんですよ、クリエーターが表現すべきは!

言葉にはできない。けど心に響くなにか深いもの…

 

これを表現するために俺は創作をやってるんだ!とマジでそう思いましたね!

 

アボンリーへの道のフェリシティの初恋は、そんな人生を変えるような傑作だったのです!

 

アボンリーへの道のフェリシティの初恋の素晴らしさは以下の記事で、より情熱的に語っているので興味のある方はどうぞ!

アボンリーへの道のガス・パイクとフェリシティの初恋が人生を激変させた!

スポンサードリンク

-影響を受けた作品群, 漫画作品集
-,

執筆者:

関連記事

アートスープ,漫画

群馬県アートスープで作品展示の為の必要書類に関する漫画と展示した思い出【制作実績】

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”0029″ name=”粕川”]どうも、漫画アートクリエーターの粕川です![/speech_bubble] & …

猫のチッティのイラスト

【4コマ漫画】猫の鳴き声はにゃーん。あの猫の鳴き声は?

猫はにゃーんって鳴きますね。 ではあの猫は、何て鳴くのか? そんな発想から、今回の4コマ漫画を描きました。   [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ …

週刊少年ジャスト,3号

真・バカオクエスト3話と週刊少年ジャスト3号を紹介【2001年制作】

  この記事にはぼくが高校3年生のとき(2001年)に、クラスメートと作った雑誌(同人誌)「週刊少年ジャスト3号」と、そこに掲載されていた「真・バカオクエスト」3話が載ってます! &nbsp …

主人公,孤独,漫画

主人公が孤独になる漫画「閉じこめられた男」7ページ【2010年制作】表現者に必要な孤独とは?

ここには漫画アート芸術家が2010年に描いた漫画「閉じこめられた男」(7ページ)が載っています。 この漫画は実家の押し入れに眠っていた創作群の一つで、2019年に発見しました。 押入れの中に眠っていた …

変身ドクロイダー,3話

「変身!ドクロイダー」週刊少年JUST版第3話【巻頭カラー!】又八の夢の巻

  ここは漫画アート芸術家が2002年~2003年ころ、「週刊少年JUST」に掲載していた「変身!ドクロイダー」第3話の閲覧ページです。   上にあるのは週刊少年JUST第3号の表 …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/アート要素の入った漫画を描く表現者

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!アート要素の入った漫画を描く人です。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください⇒自己紹介記事を見てみる
漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

昔書いてたブログはこちら

猫のチッティのイラストバナー

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画

読み切り漫画選

漫画,芸術家

最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!