天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

人生遍歴

引きこもり生活から本当の自分を取り戻した漫画アート芸術家

投稿日:2017年5月29日 更新日:

引きこもり,芸術家

漫画アート芸術家のぼくは引きこもり生活をするなかで、本当の自分を見出すことができた。

ここでは引きこもりになったことで、自分の創作世界を見つけ、本来の自分らしさを発見することができた漫画アート芸術家の体験談を書いていこう。

 

スポンサードリンク

引きこもりになった芸術家は空想世界に生きていた!

空想世界のがある画像

 

20歳前後の僕は、アルバイトをしながら空き時間に漫画アートの制作をする生活を送っていた。

就職という選択肢はなかった。

就職だと時間の拘束が長く、組織に属すことにどうしても抵抗感があった。

 

当時のぼくはアルバイトをして、アート系の専門学校へ行くお金をためていた。

僕は漫画アートの制作や、素晴らしい本や芸術に触れる生活が出来れば他に何も望まないような人間だったので、お金はほとんどかからなかった。

 

表現者にとって最大の喜びは「創作」をしているときにある。

漫画アートを作っているとき、僕は幻想世界をさまよっているのだ。

これが一番豊かな時間だ。

 

しかし生活をするためには、現実と向き合わねばならない。

幻想世界をさまよう芸術家にとって、現実世界に戻るのは別世界に来るような不思議な感覚。

現実世界に戻るというのは例えば~

 

●車の教習所へ行く

●アルバイトをする

●友達と遊ぶ

 

など、社会や人と関わることを指す。

 

ぼくにとって本や芸術を楽しみ、創作をする行為は、内部世界の体験だった。

漫画アート芸術家は、外部世界と内部世界を行ったり来たりしていたのだ。

 

ぼくは実家で引きこもり生活をしていたとき、自分は空想世界に住んでいると考えていた。

実家の家を、「海の見える丘の上の下宿」と考えていたのだ。

海の見える丘の上の下宿

 

「海の見える丘の上の下宿」とは、僕の空想上の世界のこと。

「海の見える丘の上の下宿」のまえには、海が広がっており、青い空や幻想の森がある。

そんな「海の見える丘の上の下宿」にぼくは住んでいると、空想していたのだ。

このように空想していたおかげで、ぼくは漫画アートを創作する意欲に満ちていた。

 

ぼくの空想世界では愛する映画やアニメ、小説のキャラクターが生きており、筆者が生み出したキャラクターもそこに存在している。

ただ実家に住んでいただけなのに、自分の中では「海の見える丘の上の下宿」に住んでいると思っていた。

ちなみに、僕の実家の周辺に海はない。

 

僕は普段から空想する習慣が身についており、他の人とは違った現実の見方をしていた。

この空想の習慣こそ「漫画アートの創作」に役立っているのだ。

 

漫画を描く時、物語やキャラクターが思い浮かばないという人がいる。

僕はその人たちに「自分の空想世界に徹底的に入りこむことで、漫画創作力は生まれる」とお伝えしたい。

 

現実世界にいながら空想するのだ、あなただけの理想郷を!

目を閉じて、さあ…

あなたの周りには、何が見えるだろう?

見慣れた部屋や景色?

 

空想を働かせよう。

あなたが描きたいと思う漫画や絵の世界を、明確に思い描くのだ。

そこにはどんなキャラクターがいて、何を話しているだろう?

 

どんな風景がひろがっているのか?

その世界にいるあなたは、何をする?

 

空想世界をイメージできるようになると、それを漫画にしたり一場面を絵画として描いたりできるようになる。

まずは、日頃から空想をする習慣を持とう。

 

例えば皆が目の前の木を見てるなら、あなただけはその木を「ジャックと豆の木」として空想し、豆の木を登った物語を想像してみよう。

このような空想の習慣から、漫画や絵を作るために必要な創造力が養われるのだ。

 

 

周りに流されて生きてきた漫画アート芸術家の日々

歩く少年のイラスト画像

歩く少年のイラスト

 

僕は高校卒業後、本来の自分を取り戻すために引きこもり、自己の創造世界に没頭した。

それまでの僕は、外部世界に流されて生きる人間だった。

●本当はやりたくないけど皆がしてるからから自分も

●まわりと調子を合わせて偽りの自分を演じる

みたいに、本来の自分じゃない人を演じていた。

 

こういうことをしてると段々疲れてきて、「俺は一体何をやってるんだろう?」という気持ちになる。

なぜ偽りの自分を演じるかと言えば「皆と一緒じゃないとおかしい」という暗黙の空気を感じていたからだ。

 

僕は太宰治氏の「人間失格」を読んでいるとき、「これは自分のことを書いている!」と感銘を受けたことがある。

「人間失格」は「みんなの前では道化(ピエロ)になって人を楽しませてるが、心底では偽りの自分を演じることに苦悩する」主人公の物語。

 

太宰治氏は作品に自分を投影させるので、「人間失格」を読んだとき、すごく共感を感じた。

そして自分の恥ずかしい部分をさらけ出して、作品に昇華する技に心から感動した!

この手法は、ジョンレノンやファンゴッホも行っている。

僕は彼らのように、自らをストレートに表現する人でありたいと思う。

 

だから漫画アートでも、ありのままの自分を描くのだ。

一切を包み隠さず、暴露するのだ。

 

苦しい時は苦しいことを、楽しい時は楽しいものを表現する。

だから僕にとって漫画アートを作ることは、自己表現なのである。

 

スポンサードリンク

「皆がしているから私も」の日本的な圧力

愛野すずがプレートを持つイラスト

愛野すずがプレートを持つイラスト

 

日本社会には「皆がやってるから私も」的な考え方があるように思う。

これは協調性を持てるメリットはあるけど、暗黙に行動を強制させる力もあるように感じる。

例えば「皆が右に行ってるんだから、あなたも右に来ないとおかしい」のような空気感があり、その圧力で無理やり右に来させるような力だ。

 

僕は、これが嫌いだった。

だからあえて人と違うような生き方をして、普通よりは異端な人間であることを選んだ。

しかし芸術と出会う以前の僕は流されるままに生きてたから、「皆と一緒」の圧力で大きなストレスを味わった。

 

このストレスが最高点に達したのが、高校卒業あたりのころ。

そのため僕は就職も進学もせず、自分の創造世界への引きこもりになったのだ。

 

 

引きこもりになって世の中から隔絶して生きていた芸術家

引きこもり世の中から隔絶して生きていた芸術家

 

20歳前後の僕は引きこもり、ほとんど世の中から隔絶して生きていた。

例えれば、仙人が奥深い山にこもって修行をしているイメージだ。

 

まだ若く人生の夜明けという時に、僕は自らの創造世界に引きこもって自分の世界を探求した。

しかしこれは、最高に素晴らしい時間だった!

この時期に自分の世界を探求することで、生涯をかけて生み出したい創作を発見できた。

そして今この瞬間も、尽きることのない創造意欲を感じている。

 

全てはあの時、徹底的に自分の世界に引きこもり「表現したい何か」を見つけたからだ。

表現者は人生のある時期に、「自分の世界に引きこもる」時間を必要とするのだろう。

 

自分に眠る表現世界を見つけるためには、外部の雑音を排除して、自己の内部に深くもぐる期間が必要だ。

これは、孤独な時間である。

 

一人の時間に自分と向き合ったとき、表現すべき大切なことが見つかったのだ。

自分を孤独の極限状態に追いこんだときに、達成したい目標や創作したいものを見つけた。

引きこもり生活が、芸術家に本来の自分を取り戻させたのだ。

 

ナポレオン・ボナパルトは言う。

「孤独は、天才の学校」~ナポレオン

 

多くの人は、孤独な状況を恐れる。

しかし表現者にとって本当に大切なものは、一人になった時に訪れるのだ。

 

主人公が孤独になる漫画「閉じこめられた男」7ページ【2010年制作】表現者に必要な孤独とは?

 

スポンサードリンク

引きこもりになって本当の自分を見つけた時に芸術家が得たもの

 

僕は、まわりに流されて生きてきた人間だった。

しかしある時期を境に、物事に動じない性質を身につける。

 

実家に引きこもり、自分自身と向き合ったときからだ。

まさに僕が芸術と出会った、18~20代前半ころのこと。

 

それまでは何も考えず毎日を、流されるままに生きていた。

しかし「皆と一緒」の圧力から出て引きこもりになった僕は、愛する創作の世界に没頭できた。

この体験により、本来の自分を取り戻すことになる。

それまで皆に合わせて、偽りの自分を生きていた日々とおさらばしたのだ。

 

これを後押ししてくれたのがファンゴッホやセザンヌ、ミケランジェロなど個性の強い芸術家たちだった。

ぼくは彼らの伝記を読んで、大きな感銘を受けた。

 

異端であるがゆえの個性。

彼らの存在は普通になり切れない異端児の僕にとって、共感がもてた。

 

その時だ、芸術を生み出そうと思ったのは!

漫画アートを通して、ありのままの自分を打ち出すようになったのは!

日本人が持つ「皆がしてるから私も」的な価値観に、反逆するようになったのは!

 

僕はこのことをお伝えしたい。

「あなた自身に忠実であれ」

●本当はどう生きたいのか?

●何を作りたいのか?

●何を発信したいのか?

 

これらに正直な気持ちで答え、それを実践するのだ。

 

まわりの目を気にした生き方ではなく、本心が望む人生を生きよう。

それは難しいと言うかもしれない。

しかし皆と同じ方向を歩いていたら、その他大勢と変わりない人生を歩むことになるだろう。

 

パッケージ化された人生が生きたい人は、それでいい。

しかし少しでも自分らしく生きたいと願うなら、心の声に耳を傾ける必要がある。

 

僕の場合「皆に流される人生」を抜けられたのは、外部と接触を断ち、創作世界に引きこもりになったのが原因だった。

人によって気づき方は違う。

 

「みんな一緒」の圧力から、本当の自分らしさに軸を移すことから始まる。

この歓喜に満ちた人生を素晴らしいものにするか、決められたレールの上を歩むのか?

これを決めるのは、あなたを置いて他にない。

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

-人生遍歴

執筆者:

関連記事

なぜ漫画を描くのか?人生を変えた漫画表現との出会いを激白!

なぜ漫画を描くのか?人生を変えた漫画表現との出会いを激白!

  筆者は物心ついたころから絵を描いており、7歳のときにはオリジナルで漫画を描きだしていました。 それ以降も漫画を描き続け、現在このブログで漫画を連載しています。   では漫画アー …

バカ,主人公,漫画,イラスト

バカが主人公の漫画は小学校4年生の時生まれた!バカオ誕生秘話とは?165話

バカオの誕生秘話のイラスト   バカが主人公の漫画「もっとがんばれ!バカオ君」。 バカオは単純で早とちりで見栄っぱりなために、結果的にバカな目にあうことが多いバカ漫画の主人公です。 &nbs …

無料ブログに漫画を不定期配信していた頃の話を振り返る!昔のブログも紹介

無料ブログに漫画を不定期配信していた頃の話を振り返る!昔のブログも紹介

  僕は2010年頃から無料ブログを始めている。 無料ブログとは、その名の通り無料で始められるブログのこと。   無料ブログではseesaaブログを初めに使い、その後にFC2ブログ …

アリスの食事会のイラスト

童話は現実と幻想が混在した物語作りの教科書!現実と幻想の切りかわる場面を紹介

  童話は現実と幻想のはざまにある、物語作りの教科書だと思っている。 漫画アートを作る筆者は、童話から物語作りのエキスを吸収することが多い。   童話なんて子供の読むもの、なんて思 …

高校時代,漫画

高校時代に描いた漫画雑誌とは?あなたが過去に描いた絵は価値がある

  高校時代に漫画を描いてた人っていると思うんですよ。 もちろんぼくも高校時代に漫画を描いてました。 ぼくは小学校1年生のころに漫画を描き始めたので、その延長で高校時代も漫画を描いてました。 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画