天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

ブログ運営 もっとがんばれ!バカオ君

ブログとはなんだろう?漫画描きが思う本当のブログの正体に迫る!176話

投稿日:2019年3月8日 更新日:

ブログとはなんだろう

 

「ブログとはなんだろう?」

 

そう思う方へむけてこの記事では、独特なブログ論を書いてみます。

ここで書くのは漫画描きが自分の活動をPRすることを想定した、ブログとはなんだろう論です。

 

筆者は2016年9月からこのブログをはじめた漫画アートを創作する人間です。

 

ブログを運営するなかで色々と感じることがあったので、現時点でのブログ論を漫画にしました。

まずはブログとはなんだろうネタで描いた四コマ漫画をご覧ください!

 

ブログとはなんだろう

こちらの漫画は当ブログで連載中の「もっとがんばれ!バカオ君」シリーズの176話目です。

前後の「もっとがんばれ!バカオ君」は以下のリンクに載っているので、興味のある方はあわせてご覧ください♪

 

アナログ漫画をデジタル漫画化する非効率性に気づいて方向転換した話

「Pちゃんの空中タクシー」175話~Pちゃんが空中タクシー業を行う初エピソード!

 

スポンサードリンク

ブログでは運営者の生きざまを書く!

ブログとはなんだろうという問いには人の数だけ答えがあるでしょう。

 

僕にとってのブログとは、運営者の生きざまを記録する場所です!

 

ブログとはなんだろう

 

ブログは運営者の人生の軌跡を、そのまま載せる場所なのです。

これは僕が漫画アートを作る表現者としてブログを始めたことに大きな理由があります。

 

例えば漫画を描く人が自分の作品を世に広めたいと思ってブログを始めたとしましょう。

この場合ブログには自作の漫画を載せるほかに、作者の歩んできた人生を書くべきだと思います。

 

作者の生きてきた道、信念、趣味、影響を受けた作品やアーティストなどを書くのです。

作者がその作品を作るに至った背景を書くのです。

作者自身のことを強烈に書くのです!

 

なぜなら作品と作者は一体だからです。

作品は作者と共に届くのです。

 

セザンヌの絵画は彼の特異な人柄や人生をふくめて見せることで、より理解が深まり価値が高まります。

作品はそれを作った人なくして存在しえないのです。

 

作者の人生や人間性、趣味関心を知ることで、作品に興味が向くということもあります。

 

実際にぼくはヘルダーリンという詩人に興味をもったときが上の流れでした。

ヘルダーリンという詩人が生きた人生やエピソードにまず興味を持ち、その後に作品を読むようになったのです。

作家の人生や人間性が、作品に興味を持つきっかけになったりするのです。

 

また作者の人生体験を知ることで、より作品の理解が深まることもあります。

画家のゴッホはこのタイプです。

 

ゴッホは生前たくさんの手紙を残しており、彼の苦悩や絵画に対する思いをなどを書き残しています。

ぼくはゴッホの人生とその裏にある思いが明かされることで、作品に対する感銘がより強まりました。

このように作家の思いや人生遍歴を書くことで、より作品が届きやすい状況をつくることができます。

 

 

なので漫画描きがブログを書く場合、作品だけでなく自分自身の人生遍歴も含めて書くと良いのです。

漫画描きの活動をアピールするブログは、作家の人生を刻印したものになります。

 

これらのことから漫画アートを創作するぼくにとって、ブログは生きざまが刻まれる場所になるのです。

 

人生体験を人の役に立つ形で情報発信する

ブログとはなんだろう

 

ブログが作家の人生遍歴を書く場所だとしても、日記を書くというのではありません。

ブログ運営者の人生を誰かの役に立つ情報として切り取り、発信するのです。

 

ブログで日記を書くのであれば、自己満足で好きなように書けばいいでしょう。

しかし無名の一般人が日記ブログを書いても大きなアクセスを集めるのは難しいです。

 

検索結果に表示されるための対策をとり、誰かの役に立つ情報を書くことで、アクセスの集まるブログになります。

なのでブログで作家の人生を書くときは、誰かにとって役にたつ切り口で書く必要があります。

 

僕はこれまでたくさんの仕事を転々としてきたので、いろんな職の体験があります。

例えばこの体験を誰かの役に立つ形で発信する場合、仕事の体験談を書くという方法があるでしょう。

ある職の体験談は、その仕事にこれから就きたい人にとっては知りたい情報だったりします。

 

どんな些細な人生体験でも、誰かの役に立つ情報にすることができるはずです。

これまでドラゴンクエストをやり込んできたゲーマーの人なら、ドラクエの攻略法を情報発信できます。

 

人の役に立つ切り口で人生をきりとって情報にするのです。

これは自分の人生をコンテンツ化できる、とても面白い表現だと思います!

 

こんなことを書いていますが、ぼく自身まだブログ修行中の身。

誰かの役に立てるコンテンツを作れるよう今後とも励んでいきたいと思います!

 

スポンサードリンク

運営者の関心がブログのカテゴリーになる

ブログとはなんだろう

 

ブログのカテゴリーは、運営者の興味関心が反映されると僕は感じます。

ブログのカテゴリーは記事を分類するとき、ジャンルごとにまとめる機能です。

 

漫画描きとしての自分をPRするブログであれば、作家自身に注目を集める必要があります。

 

作家が影響を受けたものや興味関心があることは、漫画描き作家に関係する重要な部分です。

それなら自分が好きな対象を熱烈に語る記事を書こうとぼくは思いました。

こうしてブログ運営者の興味関心がカテゴリーにあらわれることになったのです。

 

例えば僕の場合、影響を受けたアーティストやホラー、大草原の小さな家のブログカテゴリーがあります。

 

運営者が好きなことに関する記事を書くことで、同じものが好きな人がブログに訪問することになります。

同じものが好きだということは、共感をもってくれる可能性が高いということです。

ひょっとしたらその人は漫画描きであるあなたやその作品に興味をもってくれるかもしれません。

 

ブログに自分の興味関心を反映させることで、このような読者の方と繋がるチャンスが生まれるのです。

 

ブログは作者と共に変化する

ブログは運営者と共に変化するとぼくは感じています。

僕はブログを始めた当初と今では、ブログの方向性が異なります。

 

ブログを運営するなかで、徐々にやりたいことが明確になってきたのです。

ブログは運営してみて初めてわかることがあります。

 

ブログがはじめに思い描いていた構想と違ってくるのは、運営者が成長している証です。

はじめから自分に最適なブログの方向性が分かれば一番よいですが、なかなかそんな人ばかりではありません。

 

ブログは書くなかで自分にあった方向性を見定めていけば良いのです。

 

そして運営者の変化の履歴が、人生の軌跡そのものです!

 

ブログは運営者の歩みを残せることに価値があります。

ブログの方向性が変わるありのままの流れを、ブログに残せばよいのです。

これこそが作家の人生をブログに刻み込むことになります。

 

作家の変化も含めてブログに残していくことが、生きざまを書くことに繋がるのです!

 

ブログとはなんだろうの結論

ブログとはなんだろう

 

ここではブログとはなんだろうの、僕なりの結論を書きます。

 

「ブログとは運営者そのものである。

よってブログは芸術なのだ!」

 

これが漫画アート芸術家であるぼくの答えです。

 

なぜブログは芸術なのか?

 

僕のなかで人間はそれ自体が芸術です。

僕もあなたもあの人も、芸術作品なのです。

生きるとは、人生とは、その人独自の芸術作品を作ることなのです。

 

だから人間=芸術。

 

ブログは運営者が生きてきた軌跡を書くことに価値があると僕は思っています。

運営者が生きてきた個性をのせることで、ブログはオリジナルな価値をもつことになります。

 

ブログは運営者そのもの。

であるなら、ブログは芸術そのものなのです!

 

芸術はいろんな個性を持つあなた自身です。

そんなあなた自身を反映させるブログはやっぱり芸術です!

 

ブログとはなんだろうに対する漫画アート芸術家の答え、それがアートなのです!

 

ブログは、あなたという個性を最大限発揮したアートを作るつもりで書きましょう!

人生を生きることそのものがアートなのです!

 

 

自分らしくブログを書くことの大切さを強烈に感じた!4コマ漫画あり!164話

 

スポンサードリンク

-ブログ運営, もっとがんばれ!バカオ君
-

執筆者:

関連記事

小説,漫画,想像力

小説は漫画創作に必要な想像力を磨く!第98話~お肌ツルツル

小説を読むと漫画創作のために必要な想像力が磨かれます。 僕は漫画創作をしていますが、小説を読むときに使う想像力が漫画創作の役にたつことが多々あります。   例えば以下に添付する四コマ漫画は、 …

ペンタブ,下手になる

ペンタブで描くと絵が下手になる?手描きに慣れてる人の対処法とは?178話

  「ペンタブで描くと絵が下手になる」 このように感じている人がいるのではないですか?   ぼくもまさにペンタブで描くと絵が下手になる体験をしています。   筆者はこれま …

バカオ美容室へ行くの四コマ漫画

「バカオ美容室へ行く」第73話~もっとがんばれ!バカオ君

  バカオもなにげに美容室へいってたなんて! じつはおしゃれだったんだな!   さてお次の「もっとがんばれ!バカオ君」は以下のリンクからどうぞ! 「創作意欲満々の理由」第74話~無 …

漫画ネームのスイッチ

「漫画ネームのスイッチ」173話~漫画のネーム案は突然頭の中をよぎる?

  現在筆者はユーチューブ漫画動画用の漫画制作をしています。 漫画動画用のネームを描くとき、なかなかネームを描くスイッチが入りませんでした。   しかしこのとき漫画の神がおりてきて …

物件見学 四コマ漫画

「物件見学」第95話~もっとがんばれ!バカオ君

    物件見学中に… 先日とある物件を見学していて、さあ中を見てみよう!となったときに気づいた事…     くつ下がびっこだった~!   サンダルを …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画