天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

漫画

ウェブコミックとは何?WEBコミック描きが登録したいサイトや画像形式も紹介

投稿日:

ウェブコミックとは何?のイラスト画像

 

愛野すず
ウェブコミックって何なの~

インターネットが市民生活に浸透した現代。

漫画も、新しいウェブコミックが登場しました。

 

筆者はこのブログでウェブコミックを発表している漫画アート芸術家です(@artkasukawa)。

 

ここではウェブコミックを作る筆者が、ウェブコミックとは何かについてや有名なウェブコミック作家、ウェブコミックで使う画像形式などを解説していきます!

ウェブコミックを描く人が登録しておきたいサイトも書きましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

ウェブコミックとは何か?

ウェブコミックとは

当サイトのウェブコミック閲覧ページ

 

ウェブコミック(Web Comic)は、ブログやサイトなどのウェブ上で読める漫画のことです。

ウェブコミックは、オンラインコミックと呼ばれることもあります。

 

インターネットにあるウェブサイトで漫画が公開されていれば、それはウェブコミックといえます。

紙に印刷された漫画との違いは、漫画を見る媒体がウェブサイトか紙かの違いです。

 

ウェブコミックは、ブログやサイトがあれば漫画を公開できるので、たくさんの人が利用しています。

 

ウェブコミックの場合、画像だけでなく音声や動画、文章などの素材も使えるので、多様な漫画表現を試すことができます。

ウェブコミックなら、アニメのような動く漫画として演出することもできるでしょう。

 

紙に印刷される漫画に比べて、ウェブの特性が活かせるので、漫画表現の自由度が上がるんですね。

 

ちなみに筆者はウェブコミックを公開しつつ、ブログの要素と組み合わせています。

ウェブ上に自作の漫画を載せながら、ブログの強みであるテキスト(文章)もプラスして記事を作るのです。

 

以下の記事は、ウェブコミックとブログ記事を合体させたコンテンツです。

縦スクロール漫画とは何?スマホコミックに初挑戦した実験作を紹介!漫画表現の歴史にも迫る【4話】

 

ウェブコミックの有名な作家

ウェブコミックで有名な作家には、以下の方々がいます。

●ほしよりこ⇒「きょうの猫村さん」

●山野車輪⇒「マンガ嫌韓流」

●よしたに⇒「ぼく、オタリーマン」

●小島アジコ⇒「となりの801ちゃん」

●高津カリノ⇒「WORKING!!」

 

ここに挙げた方は、ウェブコミックから人気が出てコミックスや電子書籍などに発展しています。

 

ほしよりこ氏のウェブコミック「きょうの猫村さん」は、コミックス1~2巻で90万部以上の大ヒットを記録。

山野車輪氏の「マンガ嫌韓流」は、コミックス1巻~3巻で78万部以上が売れました。

よしたに氏の「ぼく、オタリーマン」は、コミックスが発売されて1か月ほどで30万部を超えるヒット作になりました。

小島アジコ氏の「となりの801ちゃん」は、15万部以上が売れています。

 

高津カリノ氏がウェブコミックで公開した漫画を、商業作品として新たに作り直した作品が「WORKING!!」です。

「WORKING!!」は、2015年時点で累計発行部数が458.1万部を達成しています。

 

漫画は紙媒体でなくてもヒットできることを、先人たちが証明しているのです。

ウェブコミックは紙媒体に比べ新しく始まった分野なので、今後の可能性に満ちた場所です。

 

絶版漫画をウェブコミックにするサイトとは?

絶版図書館のサイト画像

絶版図書館のサイト画像

 

ウェブコミックには、絶版になった漫画を公開しているサイトもあります。

絶版マンガを公開する有名なサイトが「絶版マンガ図書館(旧名称:Jコミ)」です。

 

絶版マンガ図書館では絶版になった漫画の他に、以下の漫画が無料で読めます。

 

●出版社から掲載許可を得た漫画

●コミックスにならなかった漫画

●新しく誕生した漫画

 

絶版マンガ図書館では漫画と一緒に広告を掲載して、収益を得る仕組みになっています。

だから無料で漫画が読めるわけですね。

 

漫画が絶版になっても、その作品を読みたい読者は一定数いるでしょう。

そんな懐かしい漫画が専門で読めるサイトが、絶版マンガ図書館なのです。

スポンサードリンク

ウェブコミックを描く人が登録したいサイト

ウェブコミックは、サイトやブログがあれば誰でも漫画が公開できるので、無名の漫画を描く人がたくさん使っています。

ウェブコミックを自分のサイトに載せるだけでは、読者を集客することができません。

 

そんなときは、ウェブコミックの人気ランキングサイトに登録することで、自分のサイトに読者を呼び込む集客法があります。

ウェブコミックのランキングがある、有名なサイトは以下。

 

 

これらサイトには4コマ漫画やWEB漫画、絵日記などいろんなジャンルがあるので、好きなものを選んで自分のサイトにリンクを張ります。

ウェブコミックランキングで上位に食いこめれば、あなたのウェブコミックサイトにアクセスを集めることができるでしょう。

ぼくも上記のランキングサイトには登録しています。

 

ウェブコミックを投稿するサイトもあります。

有名なウェブコミックの投稿サイトは以下。

 

 

ウェブコミック投稿サイトにもよりますが、投稿作品をみる主なターゲット層は、中学生や高校生だと言われています。

 

ウェブコミックを自分のサイトに公開しつつ、ウェブコミック投稿サイトに作品を発表することで、認知度をより高めることができるでしょう。

 

筆者はウェブコミックをブログに投稿して、検索エンジンから集客する方法をとってきました。

ウェブコミックを自分のサイトに投稿したら、SNSでも漫画を発信すると、認知度が高まるでしょう。

SNSに自分のサイトへ誘導するリンクを張れば、人が見に来てくれるかもしれません。

 

集客方法は組み合わせて使うことで効果が増すので、色々な手を試してみましょう。

 

スポンサードリンク

ウェブコミックの漫画の画像形式とは?

ウェブコミックに漫画を投稿するときの画像形式は、JPGやGIF、PNGなどがあります。

●jpg⇒写真に使われることの多い画像形式。画質が荒くなる

●png⇒画質は元のまま使いまわせる。jpgよりデータは重い

●gif⇒アニメやイラストなどに強い画像形式

 

ウェブコミックにはAdobeFlashを使ってデータをアップロードし、漫画を読む形式もあります。

 

ウェブ漫画投稿サイトでは、ウェブコミックを読むための専用画面が使えることもあります。

 

ぼくはウェブコミックの画像形式は、JPGにしています。

ブログやサイトでウェブコミックを投稿するなら、jpg形式で十分です。

pngは画質の劣化はないですが、画像データが重くなってしまうので。

 

ウェブコミック投稿サイトに投稿する際は、それぞれのサイトが推奨する画像形式にしてください。

 

ウェブコミックにはどんな漫画が載ってる?

ウェブコミックには、いろいろなジャンルの漫画が載っています。

例えばファンタジー、バトル、ホラー、ラブコメ、ギャグ、SFなどです。

 

漫画描きが描きたいジャンルを描いて投稿すればいいので、いろんなジャンルの漫画が載ってるんですね。

ウェブコミックのページ数も長いものから、1ページ漫画、4コマ漫画、1コマ漫画などバラエティ豊か。

 

ウェブ上では好きなだけ漫画を描いて載せられるので、ページ数の制限はないですね。

筆者は、4コマ漫画や1ページ漫画で連載を描くことが多いです。

短いページの漫画ならすぐ描けるので、ウェブコミックの投稿頻度を上げることができるからです。

 

以下の記事では、4コマ漫画のウェブコミック連載「もっとがんばれ!バカオ君」が載っています。

「もっとがんばれ!バカオ君」第1~6話【四コマ漫画】2015年~2016年制作

以下は1ページ漫画の連載で始めたウェブコミック「猫のチッティ」第1話が載っています。

「猫のチッティ」ページ連載漫画第1話~21世紀の日本にチッティが爆誕した!

 

スポンサードリンク

ウェブコミックの制作法

クリップスタジオの操作画面

クリップスタジオペイントEXの操作画面

 

ウェブコミックの制作法は、画像制作ソフトを使ってパソコン上で漫画を描くのが、今の主流です。

たとえばPhotoshopやクリップスタジオペイントなどのソフトを使えば、パソコン上で漫画が描けます。

 

漫画を描く際は、ペンタブレットや液晶タブレットを使うと描きやすいです。

 

ウェブコミックをデジタルで描くためには、ソフトが必要。

おすすめの漫画制作ソフトについて書いた記事は、以下に載っています♪

漫画が描けるおすすめパソコンソフト9選!デジタルで描くならこれだ!

 

また紙に手描きした漫画をスキャナーでパソコンに移して、投稿する方法もあります。

筆者は昔、漫画のペン入れまでを手描きして、その後にクリップスタジオで仕上げをしました。

 

手描きした四コマ漫画をブログに載せる方法を書いた記事は、以下のリンクに載っています。

ブログに自作の四コマ漫画を載せる為の解体新書

 

また手描きで漫画を仕上げ、そのままウェブ上で公開してもウェブコミックになります。

 

ウェブコミックの最後に

ウェブコミックとはブログやHPなど、インターネット上にあるサイトで公開された漫画のことを指します。

 

ウェブコミックはサイトさえ用意できれば誰でも作れるので、アマチュアで漫画を描く人がたくさん利用しています。

ウェブコミックがきっかけで有名になった漫画家もたくさんいました。

 

ウェブコミックはウェブを駆使できるので、表現の幅が広いです。

新時代の漫画を発表する場所として、ぜひウェブコミックを活用していきましょう!

 

筆者が描いたウェブコミックは以下のリンクに載ってますので、興味のある方はご覧ください♪

漫画アート芸術家が描いたウェブコミック作品一覧ページを見てみる

漫画アート芸術家が描いたウェブコミック「もっとがんばれ!バカオ君」の一覧ページを見てみる

 

ウェブコミックをデジタルで描こうとしている人は、デジタル漫画制作をするために必要なパソコンソフトのおすすめを書いているので、以下のリンクからご覧ください♪

漫画が描けるおすすめパソコンソフト9選!デジタルで描くならこれだ!

スポンサードリンク

-漫画

執筆者:

関連記事

ドラゴンボール,ナメック星

ドラゴンボールのナメック星編が面白い理由はホラー映画の構成にあり

ドラゴンボールのナメック星編はどうして面白いのか?   ドラゴンボールと言えば国民的漫画の代表格! 僕もドラゴンボールには夢中になったなぁ~!   そんなドラゴンボールの中で、ナメ …

鳥と猫がいる画像

天才バカボンはナンセンスの傑作!漫才型と狂ってる型のギャグ漫画

  ギャグと言えば天才バカボン。 天才バカボンと言えば、ナンセンスギャグ漫画!   この記事ではギャ漫画を「漫才型」と「ナンセンス型」にわけて、考察していこう。 そして天才バカボン …

バカオのジャックと豆の木 の表紙イラスト

縦スクロール漫画とは何?スマホコミックに初挑戦した実験作を紹介!漫画表現の歴史にも迫る【4話】

  バカオ 縦スクロール漫画とは何ぞや? 新時代の漫画表現である、縦スクロール漫画。   漫画アート芸術家は、人生初の縦スクロール漫画表現に挑戦しました! 縦スクロール漫画とは、ス …

好きな漫画ベスト10

おすすめ漫画ベスト10!漫画アート芸術家が絶賛する名作を紹介!

漫画アート芸術家は、どんな漫画をおすすめするのか?   筆者はこれまでいろんな漫画を読んできて、影響を受けてきました。 これまで読んできた漫画の積み重ねが昇華されて、今の創作につながっていま …

バカオ表紙 広告漫画 (1)

広告漫画を使うメリットとデメリットを検証!通常漫画との違いにも迫る!

  愛野すず 広告漫画って通常の漫画とどう違うの? 広告漫画を使うメリットとデメリットは?   疑問がゾクゾクですね~。 漫画とアートを組み合わせて創作活動を行う粕川が、広告漫画の …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画