天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

ブログ運営

ブログ運営をした感想を紹介!1年3か月時点でのブログ体験談とは?

投稿日:2017年12月19日 更新日:

ブログ,感想

 

ここではブログを約1年3か月ほど書いて感じた、ブログ運営の感想に迫ります。

 

ブログを始めてみたいという人はいても、なかなか手がつかない人も多いことでしょう。

あるいはブログをすでに始めていて、ほかのブロガーの感想が知りたいという人もいるでしょう。

 

そんな方達へ向けて、漫画アート創作についてブログで書いてきた筆者が感想をしたためてみます。

 

スポンサードリンク

ブログ運営を1年3カ月行った感想

このブログ「漫画アート芸術家」は2016年9月にスタートしました。

ブログ運営を1年3か月してみた感想は、とても楽しい!ということです。

 

ぼくにとってブログを書くことは、文句なく楽しい行為の一つです。

 

例えれば、漫画やアートを作るときのワクワク感に近いですね。

 

ブログを書くと自分の思いを世のなかに発信できます。

これはとてもエキサイティングな体験です。

 

ブログを始めた感想としては、マラソンのようだとも感じました。

マラソンといっても、楽しいマラソンです。

ブログはすぐ簡単に結果が出るものではありません。

だからブログ運営をするというのは楽しい長距離走を走っているような感想なのです。

 

自分の思いを街頭演説でどうどう語る行動力がなくても、ブログがあれば自分の思いを発信することができます。

 

ぼくはこのブログを始める以前、無料ブログを書いていたことがあります。

無料ブログを書いていた期間は2009年~2013年ころ。

初めはseesaaブログ、次にFC2ブログで書いていました。

 

しかし今現在は独自ドメインをとってサーバーを借り、ワードプレスを使ってブログを書いています。

ブログのカスタマイズの自由度やSEOが強い点など、あきらかにワードプレスでのブログ運営のほうが面白いです。

 

ブログ運営の感想は自身の表現?

 

ぼくはブログを書くというのは漫画アートを作るように、自分自身の表現ととらえています。

 

芸術家が作品を作るのにちかい感覚でブログをこれまで書いてきました。

つまり自分自身の思いをブログに書いてきたのです。

 

自身の表現のほかにもブログ運営をする理由はあります。

ブログは自作の絵や漫画コンテンツの置き場所になる点でも優秀です。

 

ブログ運営を1年3カ月してきた感想で、一番の魅力は自身の思いを語れる面白さにあります。

 

ぼくは漫画アートを作るクリエーターなので、表現したいものがあるんですよ。

クリエーターは表現したいものがあるから、作品を作ります。

ぼくのばあい漫画や絵だけでなく、文章でも自身の表現をしたくなるのです。

 

自身の思いを文章で書くといっても詩や小説を書くというのではありません。

 

好きな作品の良さを語ってみたり、購入してよかった商品の紹介をしたり、自分が得意なことの情報発信をしたり、作品制作の過程を書いたり。

これらも自身の表現の一部だと思っています。

 

だとすればぼくにとってブログ運営は、自身を表現する手段の一つだという感想になるのです。

 

自身の表現手段だけでなく、だれかの役に立つ可能性があるところもブログの魅力です。

ブログを書いていると、情報が誰かの役に立ったり、素晴らしい商品を必要とする人に紹介することもできます。

これはただ自身の表現だけでなく、誰かの役に立てる可能性があるということなのです。

 

ぼくは以前無料ブログに不定期で四コマ漫画を連載していました。

これもブログによる自己表現の一つだと言えます。

無料ブログで四コマ漫画を描いていた時期のことは以下の記事に載っています。

無料ブログで四コマ漫画を不定期で配信していた漫画アート芸術家

 

 

ブログは人生を活用できるという感想

ブログは自分が生きてきた人生をコンテンツに昇華することができます。

これはすばらしい魅力です。

 

ブログは自分の体験をもとに記事を書くことで、他のブログとは違う価値が生まれます。

ブログは自分の人生体験が役に立つのです。

 

べつにたいそうな人生経験でなくてもよいのです。

ごくごく平凡な人生体験であっても、物事の感じ方は人によって違います。

だからどんな人生を生きている人でも、オリジナルな方向性からブログを書くことができます。

 

自分が感じたことを書くだけで、それはあなたというフィルターを通した記事になるのです。

だからブログは自分が生きてきた人生そのものをコンテンツ化できる、とても楽しい媒体だという感想になるのです。

 

四コマ漫画ブログ化に方向転換!四コマ漫画ブログを調べた感想とは?

ブログ運営の感想~走りながら考えろ

ぼくはブログ運営の感想として、走りながらブログの方向性を考えることが大切だと思いました。

 

ブログを始めるとき、ブログの方向性や自分のキャラクター設定などを決めた上で開始するのが大切なんて言葉をよく目にします。

 

しかしブログの初心者がまだ書いていない内から、ブログの方向性を明確にするのはなかなか難しいでしょう。

仮にブログの方向性が決まっていても、途中で考えが変わることもあります。

 

ブログは書いていくなかで自分に合った題材や方向性が分かることもあるのです。

なのでまずはブログを書き始める。

ブログ運営をしながら、徐々にブログの方向性を最適化していけばいいという感想を持ちました。

 

実際にぼくはブログを始めた当初と今では、方向性が違います。

ブログを始めた当初は、特化型のブログを書こうとしていました。

しかしブログを書くなかで、特化型のブログは自分に向かないという感想に至ったのです。

 

人には2種類のタイプがあります。

・物事の計画を十分に立ててから動き出す人
・大まかな方向性が分かったらとりあえず動き出す人

 

僕は明らかに後者の人間です。

ざっくりとした方向性が分かればまずは行動を起こし、走りながら計画を立てていきます。

 

実際に行動をしてみないと分からないことがあるのです。

何も行動を起こさないで考え続けていると、行動を起こすこと自体が怖くなってしまうこともある。

何もしないで考えているくらいなら、まずは一歩を踏み出して走りながら状況に応じて変化していこうという姿勢なのです。

 

 

このブログを始める時も、自分が書きたいことのざっくりした方向性が分かったからとりあえず初めたのです。

 

しかしブログを運営している内に初めに構想していたブログのテーマとは徐々に方向転換していることに気づきました。

ブログを書くなかで本当に自分がやりたいことが見えてくることもあるのです。

 

スポンサードリンク

素の自分でブログを書こうと気づいた感想

ブログ,感想

 

ぼくは現在、素の自分でブログを書こうという感想にいたっています。

 

ブログを始めるときは自分のキャラクター設定を明確にするのは大切だといわれます。

 

しかし実際にブログ運営を始めると、当初予定していたものと違う地平が見えることもあるんですよ。

これは行動してみないと分からないこと。

 

 

僕もブログを始める前に自分のキャラクター設定を考えました。

しかし今現在(2017年12月19日現在)のぼくは、当初考えていた方向とは違う目的が見えています。

 

ブログ上で見せる自分のキャラクターは、今では「本来の自分でいれば良い」という結論にいたっています。

ムリに作ったキャラクターなんてウソッぱちです。

ウソッぱちは読者にバレるんですよ。

 

だから僕はブログ上で自分ではない誰かを演じるキャラクター設定なんてしない。

素の自分でいます。

 

ブログ上で素の自分ではいますが、戦略的に動いてこうという感想はあります。

ブログ運営をする上で、戦略的に行動計画を練っていくのは重要です。

 

ブログで書く言葉尻についての感想

ブログで書く言葉尻も統一させたほうが良いといわれています。

 

例えば「ですます調」で書くならずっとですますの書き方で記事を書いたほうがよいといわれています。

語尾を統一させて自分というキャラクターを明確にしようという考えですね。

 

しかし僕は文章の奥に本来の自分がいれば、語尾はその時々で変わってよいと思うのです。

逆に語尾を統一することにこだわって、素の自分らしさを失ったらおしまいだ!

 

その時々の自分に素直になって、文章の書き方を変えるという方法もありなのだという感想に至りました。

 

僕は「~だ、~である」という文章の書き方が多いけど、「ですます」で書きたい時もあるのです。

でも今ではある程度「ですます」に統一するようにしています。

 

ブログでは「ですます」調を基本にしつつ、記事の性質によっては「~だ、~である」を使う感じです。

強く訴えたいことについて記事で書くときは、「~だ、~である」を使った方がより強く響くと思うからです。

 

色んな語尾で書く記事が混じってても、面白いんじゃないかと思うのです!

 

僕は漫画や絵を作る表現者の性質上、マニュアルに反発したくなるところがあります。

「語尾を統一しろ」と言われると、あえていろんな語尾を混ぜたくなる。

 

このブログでは語尾が異なる記事が混じっているので、筆者の性格は本当はどっちなんだろうと思う方もいるかもしれません。

 

しかしそのどれも僕です。

 

僕は一つのものに規定されるのが嫌なのです。

 

水の様に自由に、その時々の状況に応じて変化していくのです。

 

 

総合的にみたブログ運営の感想

それにしても総合的にみて、ブログ運営はとても楽しいですね。

 

ブログを運営するというのは自分のメディアを持つこと。

メディアとはテレビ、ラジオ、新聞のようなもの。

ブログを運営することで自分のメディアを持ち、考えや作品、いろんなことを発信できるようになります。

 

こんなに面白い事はなかなかないですよ!

一昔前までは、テレビやラジオなどのメディアに出て情報を発信できるのは一部の人だけでした。

でも今はブログやメルマガやユーチューブなど、誰もがメディアを持てる時代なんですね。

こんな面白いことをやらない手はないのです。

 

漫画アートを作るのも楽しいけど、ブログ運営も楽しい。

 

ブログ運営をしていて気づいた感想は「本来の、等身大の自分でいよう!」ということです。

 

 

・意図的に自分のキャラクターを作ったり

・語尾を無理に統一したり

・毎日記事更新にこだわったり

・SNSで反応されるかどうかを必要以上に気にしたり

・SEOを気にして書きたいことが書けなかったり…

 

 

こんなものは僕には必要ないのです!

 

あるがまま、なすがまま。

ひたすらに筆者が書くべき記事を書き、楽しいブログ運営を続ける。

これが出来るのがブログの最高に面白いところなんですよ!

 

 

ブログを始めることに迷っている方は思い切って一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

自分らしくブログを書くことの大切さを強烈に感じた!

 

 

 

スポンサードリンク

-ブログ運営
-

執筆者:

関連記事

自分らしくブログを描く事に関する四コマ漫画

自分らしくブログを書くことの大切さを強烈に感じた!4コマ漫画あり!164話

自分らしくブログを書くことの重要性を強烈に感じているんですよ。 ブログに限らず漫画アートも、自分らしさを突き詰めることの大切さにあらためて気づきました。   そんな思いから描いた四コマ漫画が …

ブログとはなんだろう

ブログとはなんだろう?漫画描きが思う本当のブログの正体に迫る!176話

  「ブログとはなんだろう?」   そう思う方へむけてこの記事では、独特なブログ論を書いてみます。 ここで書くのは漫画描きが自分の活動をPRすることを想定した、ブログとはなんだろう …

猫のチッティ

ワードプレスで漫画ブログをやる人が少ない理由を考察!疑われた猫のチッティ~第5話

ここでは、「猫のチッティ」ページ連載漫画の第5話「猫の惑星の王子って本当?」の巻(1ページ)を掲載しています! また漫画の後には、ワードプレスで漫画ブログをやる人が少ない理由について、筆者なりの考察を …

ブログで絵を描く

ブログで絵を描く事を続ける秘訣とは?表現者の新しいブログ概念を紹介

  ブログで絵を描く、漫画を描くというのは楽しいものです! あなたもブログに自作の絵や漫画をのせてみたい人ではないですか?   ブログは面白い情報発信メディアですが、続けなければ威 …

ネット,漫画連載

ネットで漫画連載をする極意を紹介!新時代の漫画連載場所はブログだ!猫のチッティ7話~猫アニキが連れてきたとっておきの仲間とは?

ここでは現役漫画アートクリエーター粕川(@artkasukawa)が、ネットで漫画連載をするための極意を紹介しています! しかし、ネットを使った漫画連載がどんなものなのか分からないと始まりませんよね。 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!