天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

創作活動

金がないときの自分を描いた漫画「神殺し」を紹介!

投稿日:2017年1月8日 更新日:

神殺し001

ここでは筆者が2010年に制作した読み切り漫画「神殺し」の制作秘話と、当時の金がない僕の人生体験について書いていきましょう。

「神殺し」でぼくは、金がない当時の心境を漫画で告白しました。

 

僕は過去に体験した出来事をもとに、漫画制作を始めることがあります。

その代表作が、金がない自分を描いた漫画「神殺し」だったのです。

 

この記事では、金がない自分をモデルに描いた漫画「神殺し」の制作秘話に迫ります。

 

スポンサードリンク

金がないときの体験を漫画に昇華した

 

何か印象的なことを体験したとき、それを漫画制作に使ってみるという方法があります。

その体験をしてどう思い?感じ?どんな精神状況だったのか?

これを漫画作品に反映させるのです。

 

漫画を描くときに感情的なリアリティがあると、そこに共感する人が現れます。

親の子供に対する愛情というのは、実際に子供を持ってみないと分からないもの。

実際に子供を持ってみて感じたことを漫画に描けば、子供を持っていない人が描くよりもリアルな感情を描くことが出来るでしょう。

 

実際に体験したことは、貴重な財産なのです。

 

自分が体験したことは創作に使えるので、大切なネタになります。

自分が体験したと同じような状況にあるキャラクターを作るのです。

 

自らの分身として描かれたキャラクターには、親しい気持ちがわいてくるでしょう。

金がないときの自分の状況をモデルに作った漫画「神殺し」。

 

では「金がないとき」という状況をどう漫画に反映させたのか?そこについて以下より書いていきます。

 

【金がないときの自分を描いた漫画】経済的危機が創作のキッカケ

少年が下を見ている画像

 

これまで人生で何度も経済的な危機をくぐりぬけてきました。

 

僕はアートや漫画を創作することを最優先に生きてきたのです。

就職して働いてお金を稼いでという世間一般の発想に、まったく興味がわかなかった。

 

就職するくらいなら創作をしていたいし、好きな作品に触れていたい。

生活するためのお金を作らずに好きなことに夢中になっていたので、何度も経済的ピンチに陥ってきたということです。

しかし「表現者として生き行く」という思いは一度も揺らいだことがないのです。

それはやっぱり他のどんなことよりも漫画やアートを作ることが楽しいから。

 

多くの人々のように就職して働けば収入も増えるでしょう。

しかし貴重な時間を切り売りしてお金を稼ぐくらいなら、本当に大切な創作活動に時間を当てようと考えていました。

 

お金を稼ぐのも大切だし、お金は好きですよ。

でも興味もない仕事に時間と労力をかけるくらいなら、好きな創作に取り組んでいたいのです。

 

これら体験から学んだ教訓は「好きなことに夢中になるのはいいけど、必ず収入源の仕組化をしておいたほうが良い」ということ!

 

自分が持っているスキルを育てて、仕事に繋げることが大切なのです。

就職などに興味がないのなら、今あなたが持つ能力を用いて収入を仕組化するための手を打っておく必要があります。

 

「神殺し」を描いていたころの僕の過ちは、「就職やアルバイトをすることでしかお金は稼げない」と思っていたことにあります。

 

今の時代はインターネットを使えば就職、アルバイトをしなくても収入や資産を作れる道があるのです。

僕のような性質の人間は、上のような稼ぎ方を絶対に行っておいた方が良いと心底反省しました!

 

まあ、そんな風に色々あって経済的などん底を何度も経験してきた粕川。

しかし「金がないとき」という状況がエネルギーとなって創作意欲が湧いてくることもあるのです!

金がないとハングリ―精神が湧いてくるというか、何も失うものはないという開き直りの気分になります。

 

金がないときに、人はどんな漫画を描くのか?

金がないときなんて、普通ならあまり公表したくない事ですよね。

でも金がないときという状況は、考え方によって創作にプラスに働くと感じました。

 

そんなことから、「金がないとき」という状況をそのまま漫画にしようと思ったのです!

 

転んでもタダでは起きない。

あらゆる状況を創作の種に使うということです。

 

スポンサードリンク

金がないときの自分でさえ漫画に投影させる

漫画「神殺し」の主人公がいる画像

漫画「神殺し」より

漫画の冒頭は当時の自分の部屋をモデルとして使用し、金がないピンチに陥った青年の告白から始まります。

 

「神殺し」は一つの謎を追ってゆくストーリー構成。

まず初めに謎を出し、それに対する答えへ向けて物語を展開させました。

ミステリーの手法ですね。

 

謎とは何か?

「神殺し」の場合ダン!という謎の音がそれに当たる。

 

漫画「神殺し」の主人公が驚いている画像

漫画「神殺し」より

 

物語は「音の謎」へ向けて転がっていくのです。

ここでストーリーは一つの方向性を持ってきた。

ではそこからどう発展させたのか?

 

金がない経済的苦境のなかにあった僕にとって、陰惨なストーリーは心の癒めになりました。

だから金がないときの陰惨な女性キャラクターを登場させたのです。

 

「神殺し」の中で陰惨な状況にある女キャラクターを登場させ、主人公と接点を持たせることでストーリーを組み立てました。

この女の告白によってストーリーは進んでゆく。

漫画「神殺し」で女性の顔に驚く主人公の画像

「神殺し」より

 

女キャラと主人公に共通するのは、金がない経済的苦境。

女キャラと主人公を、金がない粕川の心境とダブらせたのです。

 

こうやって僕は漫画に、自己の状況を反映させました。

 

体験したことを漫画に反映させる方法は人それぞれ。

自分の状況をきっかけにして漫画制作を始めるという方法もあるのです。 

 

金がない自分をモデルにした漫画の最後に

「神殺し」は、金がない自分をモデルにして作った漫画。

ここから分かることは、自分の状況をキャラクターに当てはめて漫画を作ることが出来るということ。

 

アイデアの源は、人生にあり。

人生体験はそのまま創作に使えます。

 

金がない体験を通して感じた思いに、オリジナルの創作をつけくわえて制作した漫画が「神殺し」だったのです。

 

以下の画像をクリックする事で「神殺し」の漫画閲覧ページに移ります!

興味のある方はどうぞご覧ください!

神殺し001

金がない粕川をモデルに描いた漫画「神殺し」を読んでみる♪

スポンサードリンク

-創作活動

執筆者:

関連記事

栗なマロロン君のイラスト

栗キャラクターのマロロンが誕生した当時に漫画表現の原点に立ち返っていた!

栗なマロロン君のイラスト   今回ご紹介する「栗なマロロン君」は、僕の代表キャラクターの一つ。 名前の通り、栗のキャラクター。   僕は特別栗が好きなわけじゃないけど、とあるきっか …

魔法屋敷表紙02

ヘンゼルとグレーテルをもとに漫画を描いた理由と童話の魅力

  こちらは漫画アート芸術家が2012年頃に制作したヘンゼルとグレーテルをもとにして描いた漫画「魔法屋敷」。 ヘンゼルとグレーテルといえばグリム童話で有名ですね。   僕は幼いころ …

アトランティスの漫画

アトランティスがネタの漫画を描いた理由を告白!超古代文明とラブクラフトがヒントだった?

こちらはアトランティスをネタに描いた漫画「偉大な男」(2015年制作)。   漫画の主人公はアトランティス大陸を発見して世界に名を残したいと考える青年、秘宝ゆうや。 秘宝ゆうやは自らを偉大な …

栗 キャラクター

栗のキャラクターは侍だった?甘栗を食べた時に生まれたマロロン!

  こちらは栗のキャラクター「栗なマロロン君」。 栗なマロロンは身体が栗でできている侍のキャラクター。   マロロンは2002年ころに誕生したのです。   ではどうして栗 …

バカオ、赤ずきんに会う 四コマ漫画

創作漫画「赤ずきん」はグリム童話の原作を読みこんで作った漫画~126話

こちらは漫画アート芸術家の粕川が2016年~2017年にかけて制作していた、グリム童話の赤ずきんを描いた創作漫画。 赤ずきんの創作漫画といっても原作のストーリーをそのまま描いた、漫画というよりは絵物語 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!