天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康のブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

カリエール展へ行った感想と創作的発見を告白!淡い幻想的絵画の魅力とは?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

カリエール展

僕は2016年11月19日土曜日、損保ジャパン興亜ビル42階にて、カリエール展を見てきた。

この記事では、カリエール展で絵をみた感想や創作的な発見を書こう!

スポンサードリンク

19世紀フランスを代表する象徴主義画家のカリエール

img_1922

ウジェーヌ・カリエール(1849年1月16日~1906年3月27日)は、フランスの画家。

19世紀後半、印象派がパリを席巻していた頃、それを乗り越えようとする芸術運動が起きた。

それが象徴主義。

絵画における象徴主義の画家が、カリエールである。

象徴主義絵画といえば、先駆者となった画家にポール・ゴーギャンがいる。

彼らは対象物をその通りに描かず、画家の観念的なものを絵で表現する。

象徴主義絵画のモチーフは、画家の観念にそって変形、誇張され、絵は自己表現的様相を帯びる。

カリエールは初め、鮮やかな印象派風の絵を描いたが、やがて色彩は力をなくしていく。



カリエールの絵は、茶褐色のセピア色で支配されるようになったのだ。


画家カリエールの特徴はもう一つある。

カリエールは描く対象を、徹底的にかすませて描くのだ。

もう輪郭線はないと言っていい。

全てが霧に包まれたように、淡く描かれる。

カリエールの霞みかかった淡い絵には、幻想性を感じる。

淡くぼかして描くだけで、何かワクワクさせるものがあるのだ。


生の絵画を見ると分かるが、カリエールは絵具を油の溶液で強めに溶いて描いてる。

いわゆる厚塗りの絵画ではない。


油でたっぷり溶いたセピア調の絵具を、薄く何層も重ね、輪郭線は捉えないように描くのだ。


これまで淡く幻想的に描かれた絵画は見たことあったけど、カリエールのそれは徹底している。

自分は霞がかかった対象しか描かない!とでも言わんばかりの勢いで、淡くボカして描くのである。


淡くボカシすぎることによって、現実離れした象徴派の絵画になっている感じだ。




僕はいつも思うのだが、個性は徹底した行き過ぎから生まれる

ボカすといっても中途半端なボカしだと、それほど印象に残らない。

例えば僕は漫画家・赤塚不二夫氏が好きなのだが、氏の漫画は徹底してる。

中途半端なギャグではない。

ギャグのジャンルをぶち壊し、本人自身がギャグを象徴する存在となっているのだ。

赤塚不二夫氏は人生そのものをギャグとして、芸術化した革命的な漫画家である。


だからこそ漫画史を変える作品を生み出し、永遠な漫画家となったのだ。


カリエールのボカシによる幻想性は、これに似ている。

ここまでやるか!と思わせるほど、霞がかった絵が展開されるのだ。


僕も幻想による創作をテーマにしているから、見習おうと思った。


カリエール展の絵の主題に関する感想

カリエール展

カリエールは農民や農村をよく描いた。

とりわけ妻や友達など、親しい人を対象に肖像画を描いている。


カリエールは子供と母の絵など、人間性に主題を当てて絵を描くことが多い。

カリエールは自身の作風を確立してからは色彩を弱め、濃淡によるセピア調で描くようになった。

セピア色による描写が、純粋で素朴な人間性の表現に成功している。

地味に見えるほど濃厚な茶褐色で母子などを描き、確かな人間愛を形にしている。

カリエールは風景画も描くけど、本領発揮の場は人物画だろう。


特に身近な妻や子供などを描かせると、表現力の深さはハンパでない。

僕はカリエール展を見るまで、カリエールを知らなかった。

しかし今回カリエール展を拝見して、素晴らしい芸術家だという感想をもったのである。

スポンサードリンク



カリエール展を見て感じた画家のルーツについて

カリエール展

カリエールの芸術を構成するルーツはどこかと探ってみた。


あなたも好きな芸術家がいたら、その人のルーツとなった作家は誰かを探ると面白い。

多くの人は影響を受けた人物がおり、その要素を吸収しつつ、自分の独自性を付与して作風を作る。

カリエールは、イギリスの風景画家ターナーに作風の起源がありそうだ。

ターナー,絵画
ターナーの絵画

ターナーの絵は、霧に包まれたように淡く描かれる。

ターナーと言えばイギリスを代表する風景画家で、霞がかった独特な絵で美術の歴史に残る存在だ。

印象派を予見させるような描き方と絵の独特な解釈で、これまでにない風景画を生み出したターナー。

ターナーの霞がかった絵柄を吸収して人物画に取り入れたのがカリエールなんだと、 ぼくは思った。

カリエールはジャン・フランソワ・ミレーなどバルビゾン派の影響も受けており、素朴な農民を主題に使うことが多い。

このようにある作家のルーツをたどると、影響を受けた人物がいることがわかる。

影響を受けた作家の要素を吸収し、自分の個性をどう付与しているかを見るとどうなるのか?

いかに自身の作風、個性を作品に反映させればいいかが見えてくるのだ。

先人がいかに絵の個性を作ったかが分かれば、自分が作風を作るときの参考になるだろう。

好きな作家の良いところを吸収し、そこに自分なりの解釈や感覚を加えれば、オリジナルの個性は出来上がる。

好きな作家のルーツをさかのぼり、いかに個性が築かれたかをみると、より絵をみる楽しさを味わえるだろう。

カリエール展の感想まとめ

カリエールは僕たちに徹底した個性を身につけろ、ということを教えてくれる。

ターナーから淡くぼかす幻想性を吸収し、自分なりの解釈を加えて生まれた、カリエールの画風。

農民を素朴に描くミレーなどの要素を取り入れ、身近な人物を深い人間性をもって描いたカリエール。

カリエール展をみて、いかにカリエールが自身の世界観を築いたかが分かった。


徹底して対象をボカす描き方に、カリエールの特徴がある

シンプルなセピア調の色で、素朴な人間性を描いた感性も独特だ。

カリエールは淡くぼかした描き方で、温かい人間性を描く画家だという感想を、ぼくはもったのである。

スポンサードリンク

-絵画について
-

執筆者:

関連記事

デトロイト美術館展,上野

上野のデトロイト美術館展で見たドイツ表現主義絵画の感想を書く!

2016年10月15日 東京にある上野の森美術館にて「デトロイト美術館展」をみてきた。 上野のデトロイト美術館でひときわ印象に残ったのが、ドイツ表現主義の部屋だった。 ここでは上野の森美術館で見てきた …

ピカソ,キュビズム

キュビズムとは何?ピカソ達が生み出した20世紀の革命的表現に迫る

あなたはキュビズムという言葉を聞いたことがあるだろうか? キュビズムは、20世紀の美術史上を革命した絵画運動である。   キュビズムの創始者の一人が、スペイン生まれの芸術家パブロ・ピカソ。 …

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

ゴッホ,イエロー

ゴッホが愛したイエローの魅力!手紙に書かれたクロームイエローの感動

  ゴッホといえばイエロー(黄色)。 ゴッホはクロームイエローを使って幾多の傑作を描いた。 僕もイエロー(黄色)の絵の具が好きなので、ゴッホがイエローを使いたくなる気持ちが分かる。 &nbs …

日本美術,絵画,特徴

日本美術の特徴とは?日本絵画を美術館でみてきた感想を告白!

どうも、漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です。 僕は今日幅広く日本美術が展示された美術館へ行き、日本絵画をみてきました。   このように森に囲まれた美術館です。 &nbsp …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/アート要素の入った漫画を描く表現者

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!アート要素の入った漫画を描く人です。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください⇒自己紹介記事を見てみる
漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

昔書いてたブログはこちら

猫のチッティのイラストバナー

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画
最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!