漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

特撮ヒーロー

キカイダー01のdvd1~2まで観て感じた魅力とかっこよさ!

投稿日:2017年10月13日 更新日:

 

漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川は特撮版「キカイダー01」を観だしている!

 

「人造人間キカイダー」が驚くほど傑作で、最終回を観た時「これで終わってしまうのか…」と残念な気持ちがあったから「キカイダー01」にはそれほど期待をしていなかった。

 

しかしキカイダー01はいきなり面白かった!!

 

キカイダー01は幼い頃ビデオで観た事があったけど、大人になって観るこの作品は前作「人造人間キカイダー」に匹敵する魅力がある!

今回はそんなキカイダー01の感想、魅力、かっこよさについてdvdのvol.1~2まで観た粕川が書いていくぞ!

 

スポンサードリンク

キカイダー01とは

キカイダー01は1973年5月12日~1974年3月30日にかけて毎週土曜日の20:00~20:30にNETテレビで放映されていた特撮テレビ番組。

原作は石森章太郎で「人造人間キカイダー」の続編となる。

 

キカイダー01の舞台はキカイダーがダークを全滅させてから3年後という設定になっている。

今度の敵は前作「人造人間キカイダー」で人気キャラとなったハカイダー!

 

ブラック、レッド、ブルー、シルバー計4体のハカイダーがハカイダー部隊と名乗り、世界征服に動き出したのだ!

 

悪の動きを感知したキカイダー01は「仁王像」の中の深い眠りから目覚め、正義のために戦っていく!

キカイダー01が仁王像の中から爆発するように出てくる映像はop冒頭からかまされていて、発想が面白い!

 

キカイダー01が人間の時の名前はイチローという。

 

 

キカイダー01のdvd vol.1~2までの物語はアキラという謎の少年をめぐってハカイダー部隊とキカイダー01が死闘を繰り広げるという内容だ。

 

キカイダー01の物語序盤の面白さは、アキラやリエコというキャラクターに謎を持たせて視聴者を引き付ける展開にある。

・アキラ少年の背中には謎の暗号が刻まれている。ハカイダー部隊がアキラを狙うのはなぜか?
・アキラをかばうリエコという女性は一体何者なのか?

この2つの謎を解こうとする主人公イチローに視聴者の目線を合わせ、ミステリータッチの物語で進んでいく。

 

アキラ少年をめぐってキカイダーと敵組織が戦うという展開は、ジョンコナーの命をかけてターミネータ同士が戦った映画「ターミネーター2」を思わせる!

 

僕はキカイダー01の展開を見ていて、漫画の先を読者に読みたいと思ってもらう為には物語に謎の要素を残しておき、それを少しずつ明かしていく演出が使えるな!と思った。

 

キカイダー01の魅力やかっこよさ!

サイボーグ

 

キカイダー01はとにかく色んな点でかっこいい!という印象がある。

粕川が感じたキカイダー01のかっこよさや魅力について以下から書いていこう!

 

キカイダー01のop&edがかっこいい!

特撮テレビ番組はop&edがかっこいいとそれだけで観たくなってしまう。

そしてop&edがかっこいい作品には名作が多いと僕は感じている。

例えば仮面ライダー、超人バロム1、イナズマンに秘密戦隊ゴレンジャーなどなど!

 

特にキカイダー01のopは粕川が知る限り特撮ヒーロー史上トップクラスにかっこいい!

キカイダー01のop、edは子門真人氏が歌っており、子門氏の声以外ありえない!というくらい曲にマッチしている!

 

子門真人氏は初代仮面ライダーのop&edや、その他有名アニメや特撮番組の主題歌を沢山歌っている人。

キカイダー01のopは子門真人氏でなければ出せない躍動感、勢いがあり、映像も含めて最高に素晴らしいと思う!

⇒キカイダー01のopはこんな曲!

 

op冒頭でキカイダー01が仁王像の中から登場するシーンに始まり、テンポの良い音楽の中ダブルマシンに乗る01が本当にかっこいい!

キカイダー01のedもメチャメチャテンポが良くて疾走感のある曲調が印象的だ。

 

キカイダー01は同時期に仮面ライダーv3が放映されており、1973年と言えばテレビで特撮ヒーローものが大流行していた時期。

「キカイダー01」は低予算での制作状況だったにも関わらず、生まれるべくして生まれた傑作という感じがする。

 

それはop&edの魅力のみでなく主人公・イチローや01のかっこよさ、作品全体から発されるエネルギーを観ているとそう感じる。

 

キカイダー01のopは特撮ヒーロー史上に残る名作だ!

 

またキカイダー01は「人造人間キカイダー」で使われていたBGMや次回予告に流れる音楽も同じものが使われる事があり、前作の延長線上にある作品だという感がある。

 

前作が好きな人はキカイダー01が続編として同じ要素をたくさん持っているので、安心して01を観る事が出来るだろう。

イチローは南隊員!

キカイダー01に変身する主人公のイチローは何と…

帰ってきたウルトラマンで南隊員を演じていた人ではないか~!

 

その名も…

 

池田俊介氏。

 

帰ってきたウルトラマンを知っている人ならご存じであろう南隊員である。

 

南隊員は情が厚く、郷秀樹が失態を犯した時も温かい心で見守ってくれる人だった。

MAT隊員が対立した時でも仲裁役となったり、かぎっ子の少年と心を通じ合わせてくれた優しいお兄さんの南隊員。

 

その南隊員が何と、キカイダー01で主役のイチローを演じているでのだ!

 

僕は池田駿介氏は南隊員としての印象が強いから、どのようにアクションやキャラクターを演じるのかとても楽しみにしていた。

そして予想通りキカイダー01でも南隊員を彷彿とさせる心優しいお兄さんキャラクターが爆発している!

 

帰ってきたウルトラマンを観慣れている人からするとアキラ少年をダブルマシーンに乗せて走る映像が南隊員に見えるかもしれない。

しかしやがてイチローの姿に変わっていく。

 

そう、池田俊介氏にとってイチローというキャラクターは南隊員と並ぶ最強のハマリ役だったのだ!!

 

トランペットを吹きながら登場するイチロー!

トランペット

前作人造人間キカイダーの主人公ジローは登場する時、ギターを弾きながら、しかも決まって高い所から!登場するのが面白かった!!

 

そしてキカイダー01のイチローも仲間がピンチの時、楽器を鳴らしながら登場する!

真っ白いトランペットを吹き鳴らしながら!!!

 

なぜトランペットなのか?と疑問に思ったけど、僕の予想ではマイルス・デイヴィスを意識してのトランペットなのではないか?と思っている。

 

キカイダーシリーズの面白さは味方がピンチに陥った時に突然楽器の音と共に現れる主人公(高い所から!)というお決まりのパターンがある!

 

ある時は神社の屋根のてっぺんから、灯台の一番高い所、建物の看板の上、ロープウェーの縄の上に立って登場なんてこともあった!(笑)

水戸黄門のようにお決まりだけどかっこいい演出というのがあって、キカイダーシリーズの主人公が登場する時はまさに「傑作お決まりパターン」である!

 

ジロー・キカイダーも登場!

キカイダー01では前作「人造人間キカイダー」の主人公ジロー(伴大介氏)・キカイダーが頻繁に登場する!

 

僕は「人造人間キカイダー」の最終回を観た時これでジローともお別れなのかと残念な気持だったので、01でもジローが頻繁に登場してくれてとても嬉しかった!

 

「人造人間キカイダー」の最終回でジローはミツ子やマサル達と一緒にスイスへは行かず、日本全国を旅して修行をするという事を言っていた。

僕はジローが日本を旅しながらどんな修行をするのかとても気になっていたけど、キカイダー01に頻繁に登場している所を見ると、01につながる伏線の意味合いもあったのかもしれないと思った。

 

キカイダー01はキカイダーのお兄さんであり、キカイダーより前に光明寺博士に製作されていたという設定になっている。

どうしてキカイダー01が仁王像の中で眠っていたのかというと、光明寺博士が日本をとりまく悪のエネルギーが増加したときに眠りから覚めるようにセットしていたのだ!

 

劇中ではイチローとジローが兄弟の眼差しで握手し、一緒にバイクを走らせ、アキラ君を守るために闘う姿が印象的だ!

 

キカイダー01でジローはあくまでサブキャラクターだから物語の補佐的な出演だけど、仮面ライダーでいう「1号2号ダブルライダー編」を思わせる!

 

先にも述べたようにキカイダー01は製作費が少ない中で工夫して作られていたようで、ジローが登場するシーンは前作の映像を使っていたり、同じ映像を何回も使いまわしている事も多い。

それでも伴大介氏やジローが好きな人にとってキカイダー01は、その出演姿を見れる貴重な作品である。

 

ed映像でもキカイダー兄弟はコンビで登場するので、01はキカイダー兄弟の物語なのかな~と思いきや違う。

 

ジローを演じる伴大介氏はキカイダー01の放映中、新番組「イナズマン」の主役に抜擢されて01に出演し続ける事が困難になり、途中からほとんど登場しなくなってしまう(過去映像の使いまわしで登場しているように見せている)。

ジローの後釜として登場したのが01の相棒で女性の人造人間ビジンダーだった。

 

ちなみに僕はイナズマンもdvdで観ているけど、伴大介氏(イナズマンでの表記は「伴直弥」)のキャラクターとして、渡五郎よりもジローの方が好きだ。

渡五郎はイナズマンの人間時の姿だけど、ジローとはまたキャラクター性が違う。

ジローから発される独特のナイーブさと優しさは他のキャラにはない魅力がある!

ジロー(伴大介氏)が途中からいなくなってしまうのは寂しいが、キカイダー01のイチローはジローに匹敵する魅力的なキャラクターだ。

 

アンドロボットのデザインがかっこいい!

特撮ヒーロー番組のお決まりキャラクターに主要怪人をサポートする複数名のザコ的キャラがいる。

仮面ライダーでショッカーの戦闘員というスーツをかぶった複数人の戦闘用ザコ敵キャラが登場したのが始まりだ。

このショッカー戦闘員の発想はその後の特撮番組にも引き継がれ、キカイダー01にも登場する。

 

その名前が「アンドロボット」。

 

このアンドロボットのデザインがかっこいいのだ!

前作人造人間キカイダーのザコ的キャラデザインも良かったけど、01のアンドロボットは特に印象深い!

アンドロボットの赤と黄色の派手なデザインは仮面ライダーストロンガーの相棒タックルを感じさせる!

アンドロボットが空中回転ジャンプする姿が粕川にはとりわけかっこよく見えた!

 

ちなみにアンドロボットは攻撃をする時などに「ハイル」という言葉を発するが、キカイダー01の敵組織がするポーズを見ているとある存在の影響が見えてくる…

 

それは

 

ナチスドイツ。

 

「ハイル、ヒットラー!」とはドイツの総統アドルフヒトラーへの忠誠を示す掛け声である。

ナチスドイツの総統アドルフ・ヒットラーがとっていたポーズと似たような事をアンドロボットはしている。

 

さりげなくナチスドイツの要素を隠し持っているキカイダー01に僕は好感を感じた!

キカイダー01の変身

 

「チェンジキカイダー~ゼロッワン!」

 

この掛け声とともにポーズを取り、イチローはキカイダー01に変身する。

 

「チェンジキカイダー~」で両手を弧を描くように頭上で交差させ、「ゼロッワン!」の掛け声の後に両手を左右に開放すると、頭の機械の映像になり、1のデザインが現れてカメラが引いていくとキカイダー01になっている。

 

ジローキカイダーの変身よりもアクションが大きくなり、仮面ライダーの変身ポーズに対抗しているような意識さえ感じる。

 

キカイダー01の変身はイチロー役・池田駿介氏の演技あっての魅力だと思うし、役者と変身ポーズが融合した「傑作変身ポーズ」だと僕は感じている。

 

初代ウルトラマンや仮面ライダー1号2号、バロム1の忘れがたい名変身シーンに並ぶ傑作変身ポーズが、キカイダー01にはある!

 

キカイダー01の弱点や必殺技

アンドロイド

前作「人造人間キカイダー」の弱点はプロフェッサーギルが吹く笛の音だった。

キカイダー01はジロー・キカイダーの様に不完全な良心回路は持っていないのでギル(01ではギルの脳を持つハカイダーが笛を吹く)の笛の音には反応しない。

 

しかしキカイダー01は太陽電池を動力源としているため、太陽の光が届かないと力が10分の1に減ってしまう。

 

つまり夜間や暗い所で敵に襲われるとピンチなのだ。

劇中でもよく太陽光線の届かない所で敵と戦う事になるが、弟のキカイダーに助けられたりして窮地を脱する事が多い。

 

キカイダー01の必殺技にはゼロワンカット、ブラストエンドやゼロワンドライバーなどがある。

ゼロワンドライバーはキカイダー01が回転しながら行うアタック攻撃で、ストリートファイター2のラスボス・ベガの必殺技「サイコクラッシャーアタック」のはしりのようにも見えるぞ!

 

キカイダー01のハカイダー

前作で白骨ムササビによって倒されたハカイダーはプロフェッサーギルとダークが誇る科学者の脳を移植されてよみがえっている。

 

キカイダー01に出てくるハカイダーは前作「人造人間キカイダー」に出てくるハカイダーとはちょっと違うと思った。

 

キカイダー01の前半部では敵組織がハカイダー4人部隊であり、ハカイダーは前作プロフェッサーギルのような悪の親玉的な役になっている。

ハカイダーが仮面ライダーでいうゾル大佐や地獄大使のような悪組織の幹部のような存在になっているのだ。

 

前作「人造人間キカイダー」に出てきたハカイダーはダークに従わず、自らの意思でキカイダーを倒す事に執念を燃やす存在だった。

 

キカイダー01のハカイダーも基本設定は同じだけど人間態のサブローになるわけでもなく、前作で感じられたキカイダー宿命のライバルという雰囲気は薄くなっていた。

キカイダー01では途中から悪の犯罪組織シャドウが出てきて、この頃から「キカイダー01」「悪の組織シャドウ」「ハカイダー」という三角構図が出来るけど、前作のハカイダーとはどこか違う印象がある。

 

前作で人気の出たハカイダーというキャラクターを、キカイダー01ではレギュラー敵役にして味を薄めたハカイダーになっているとdvdvol.2まで観ている粕川は感じた。

 

ちなみにハカイダー部隊の一人シルバーハカイダーは仮面ライダーXが行うような棒を使った大回転を見せてくれる!

 

粕川が感じたキカイダー01の感想!

粕川&マロロン イラスト

キカイダー01は前作「人造人間キカイダー」をより子供向け特撮ヒーローとしての特徴を強く押し出した作風になっている。

またキカイダー01は物語が「人造人間キカイダー」の延長線上にあり、弟のジローとのダブル兄弟キカイダー編という感じもする。

 

そしてとにかく、とにかくopとedがメチャメチャかっこいい!!

opとedを観るためだけでもキカイダー01を観たくなってしまう!そんな勢いのある作品なのだ。

 

1971年~1974年末は「変身ブーム」という特撮ヒーロー作品における黄金時代となっている。

この時期はたくさんの特撮番組が製造されており、中でも「キカイダー01」は後世に残る名作としての勢いを明らかに感じる作品だ!

 

また主人公イチロー役の池田駿介氏が「この人以外ありえない!」ってくらいキャラがハマってて、かっこいい!

 

帰ってきたウルトラマン時代の南隊員の魅力を知っている人は、絶対に見逃してはいけない作品だ!

僕は伴大介氏(ジロー)も好きなので、ジロー・キカイダーが頻繁に出ることや、兄であるキカイダー01と関わるシーンはいつもワクワクしながら観ている。

 

人造人間キカイダーの最終回で「これでジローともお別れなんだな」と寂しい思いをした人にとっては、その先の物語を描いた続編として非常に興味深い作品となっている。

 

物語的には僕が観たのはまだ序盤なのでアキラ君とリエコの謎で興味を引いているけど、これから新しい敵組織が現れてもっと物語が膨らんでいく予感十分だ!

 

仮面ライダーから仮面ライダーV3に変わってよりヒーローものとしての特徴が強化され人気が出たように、キカイダー01も前作からよりパワーアップした特撮ヒーローものとして成功している。

 

キカイダー01で何より見てほしいのは池田駿介氏が演じたイチローのキャラクター、弟ジロー・キカイダーとの絡み、そして特撮ヒーロー番組黄金時代を支えたキカイダー01の作品全体から発される勢いなのだ!

 

 

スポンサードリンク

-特撮ヒーロー

執筆者:

関連記事

帰ってきたウルトラマンの「悪魔と天使の間に」の面白さを徹底解明して漫画創作に生かす

      僕は「帰ってきたウルトラマン」でトップラスに好きなエピソードがある。 それは第31話「悪魔と天使の間に」。   これは「帰ってきたウルトラマン」で初 …

キカイダー

【特撮】人造人間キカイダーの面白さの秘密は父を訪ねて三千里!

(c)石ノ森章太郎/NET・東映 特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」は時代を超えて人の心を打つ面白さがある。 僕は今DVDで人造人間キカイダーを観ており、この作品の素晴らしさに大きな感銘を受けている …

子供の頃に観たウルトラマン 粕川

子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーの歴代ランキング3

子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーがその後の人生を変えた! こんな話、信じられますか? このブログを運営する漫画アート芸術家の人生は、子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーによって変わったのです! …

アンドロメダ

ウルトラマンエース最大の魅力は北斗星司と南夕子の…

生まれて初めて借りてもらったビデオが人生を変えた。 当時僕は5~6歳、母に近くのレンタルビデオショップに初めて連れて行ってもらった時、その作品と出会った。   「ウルトラマンエース」! (c …

キカイダー

人造人間キカイダーの最終回を観て感じた感動と漫画創作意欲の原点

僕は先日特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」の最終回を観終え、キカイダーの全エピソードを知った。 そして人造人間キカイダーの最終回を観た時に自分が「漫画を描く原動力」「どうして漫画を描くのか?」の理由 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!