天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵や漫画を描いて生きていく

社会の仕組みを知ることで分かる自分らしい生き方!表現者が生きていくために知るべき事とは?

投稿日:2017年4月4日 更新日:

そびえたつビルの画像

 

社会の仕組みを知ることで、本当に自分らしい生き方にシフトチェンジできる。

ぼくはそう思っている。

 

今僕たちの生きる社会の仕組みにあるのは、金融資本主義。

これが、世の中を支配するシステム。

 

僕たちは何かを生み出す表現者として、この社会を生きていく人間だ。

人生をより幸福に生きるためにはまず、自分が属している社会の仕組みを知ることが大切。

生活のベースとなる社会の仕組みを知ることにより、その上でどう生きていけばいいかが分かるだろう。

 

表現者として自由に生きていくためには、生活基盤にある社会の仕組みを知る必要がある。

社会の仕組みを知る、そこから夢実現のための行動をとっていくことが大切なのだ。

 

社会の仕組みを知るためには、僕たちが生きる世界の現実をみなければならない。

この記事では表現者が生きていく上で押さえておくべき、社会の仕組みについて解説していこう。

 

スポンサードリンク

社会の仕組みを知る:資本主義の世の中とは?

お札や硬貨がある画像

 

僕たちが生きる社会の仕組みを知るには、まず資本主義について知る必要がある。

資本主義( capitalism)とはお金を持っている人が商業や産業などを作り、労働者を雇って働いてもらい、価値を生産する社会のこと。

 

資本主義社会では、全てのモノが商品として扱われ、お金を介して売買される。

資本主義社会を循環する血液は、お金だ。

資本主義の世界では、お金が価値の尺度になる。

 

そうだろう、お金がなければ食べるものも着るものも住む場所も確保できない。

僕たちは、お金を生み出さなければならない社会にいるということだ。

 

資本主義の世界では、人間といえどお金で換算される存在になってしまう。

なんという不思議で面白い世の中だろうか。

 

資本主義の世界では、お金をもっている人がお金を持っていない人を労働者として使うことができる。

資本主義社会では、お金を持っている人が企業の株とお金を交換することにより、企業の運営に対して発言権をもつことができる。

お金を持つ人は、大企業の実権さえ握れるといっても過言ではない。

 

お金を持つ人は教育や医療、農業など、人間が生きていく上で欠かせない分野で影響力を持つことができる。

お金を持つ人は著名なメディアの株主になって、発信する情報を操作することができる。

ぼくたちが知る常識や歴史というのは、メディアや教育、周りの人からの情報で成りたっている。

そんな情報の発生源を、お金を持つ人は操ることができるのだ。

 

お金を持っている人は、軍隊を買うこともできる。

お金を持つ人は、いざとなれば力で制圧する手段もあるということだ。

 

お金を持つ者は、社会を動かす実権さえにぎることができるだろう。

政治家が活動をするために必要なお金を出している人たちがいる。

お金というアメを与えられた権力者は、お金を出してくれた人の言い分を無視するわけにはいかなくなるだろう。

 

この資本主義世界では、「お金が権力だ」ということを知る必要がある。

世界は、お金を中心に回っているのだ。

 

お金だけがすべてではないという意見もある。

確かにそうだ。

お金よりも素晴らしいものはたくさんある。

 

しかし資本主義社会でお金がないことには、思うような生活はできない。

お金よりも愛が大事とはいいつつも、お金がなくては愛する人にプレゼントを買ってあげることもできない。

食べることができなければ、夢や愛だなんて言っていられない。

 

お金は、実質的な権力そのものなのだ。

この社会の仕組みを知る必要がある。

 

そして僕たちが自分らしく自由に生きていくためには、お金を生み出せる人間になる必要があるのだ。

 

資本主義社会の現実

社会の仕組みを知る

 

資本主義社会では、資本家という人々が存在する。

資本家はたくさんお金を持っている人のこと。

 

資本家はお金を投資して、生産設備を持つことが出来る。

しかしこれだけでは生産活動は始まらない。

 

資本家はもう一つ重要なものに投資しなくてはいけないのだ。

 

それは「労働力」である。

つまり人を雇い、働いてもらい、生み出した商品サービスを売買する。

こうすることで、投資したお金はさらに大きくなって戻ってくる

戻ってきたお金を再投資して、より大きな経済の循環を作り出していくのが、資本主義の世界だ。

 

世の中にいるサラリーマン、アルバイトの方々は、この「労働力」を提供する人々に属する。

労働力を商品として売っているのが、サラリーマンやアルバイト、派遣社員の方々なのだ。

 

僕たちがこの社会で生きていくためには、お金が必要である。

では多くの人は、どのようにしてお金を稼ぐのか?

9割以上の人は、どこかの企業や公務員として働くだろう。

働いた対価として、お給料を得るという人がほとんどだろう。

 

そしてこの現実をさも当たり前なことのように思い、何の疑問も感じていない。

 

しかし、冷静になって考えて見よう。

 

僕たちは企業で働くことによってお金を得る時、何を犠牲にしているだろうか?

「時間と自由」である。

 

時間というのは、誰にも平等に与えられた最高の資産である。

そして時間だけは、どんなにお金を積んでも買えるものではない。

僕たちは生まれたその瞬間から、死に向かって歩みだしている。

貴重な人生の時間を、生活するための労働として消費している。

 

企業に勤めるということは、毎日決まった時間に決まった場所へ行き、決まったことをしなければならない。

これは自由を拘束されるということだ。

でも、そのおかげで生活していくために必要なお金を稼ぐことができる。

 

社会の仕組みを知るには、この現実を直視する必要がある。

生きていくためには、お金が必要。

でもお金を稼ぐ手段は、雇われて働くことだけしか見えてない人が多い。

 

一分一秒が、かけがえのない人生。

同じ日は、一日としてない。

 

この人生をどう生きるかは人それぞれ。

たった一度の人生どうせなら好きなことをして、自由にのびのび生きたいと思う。

 

猛烈な勢いで漫画アートの制作にはげみ、伝説的な表現者になりたいと、僕なら思う。

自由に表現活動を行い、好きな場所で好きな時間に好きな仲間たちと、楽しく生きられたら素晴らしいと思わないだろうか?

 

「そんなこと言っても難しいでしょ」と思う方が大半だろう。

しかしそれは可能なことなのだ。

 

今この時代、ネット環境が整備され、世界が一瞬でつながれる環境のなかにある。

僕たちが望み、行動すれば可能なことなのである。

スポンサードリンク

変革の時代を僕たち表現者はどう生きるのか?

時代は凄まじい変革の中にある。

現代は最高に楽しくエキサイティングな時代だと、僕は感じている。

 

一昔前までは、自分のことを世に認知してもらうためのハードルは高かった。

テレビに出るとか、本を書くとか、取材されるとか、ラジオに出るとか、著名なメディアで取り上げられる必要があった。

 

しかし今、インターネットを使えば誰もが情報発信をすることができる。

パソコン一台あればどこにいても、ビジネスを展開できる環境がある。

パソコン1台あれば、自分のスモールビジネスを作ることも可能な時代なのだ。

 

しかし、多くの人は言う。

「会社を辞めて独立するなんて怖くてできない」と。

そう思うのも当然だと思う。

 

僕たちは生まれた時から親、兄弟、学校、友達、先生、メディアなどから、マインドコントロールを受けてきたのだから。

 

一体、どういうマインドコントロールを受けてきたのだろうか?

「教育の最終目標が企業で就職すること、良い社員になることをゴールにしている」というマインドコントロールだ。

 

それもそう。

資本主義社会では資本家がお金を投資して生産設備を持ち、労働者に働いてもらうことで利益を生み出す。

こうして経済がまわるという、社会の仕組みがある。

 

資本主義をまわしていくためには、上からの命令に素直に従い、働いてくれる労働者が絶対に必要なのである

労働者は自分の時間と自由を、お金と引き換えに交換することになる。

お金をもらえるんだから毎日指定の場所に行き、指定の時間、上からの命令に従って働かねばならない。

 

しかもそれでもらえるお金というのが、生活をしていくために必要なお金でしかない。

食って、寝て、遊んで、月曜日からはまた仕事が始まるという生活。

 

正社員というのは忙しいから、自由な時間なんてほとんどなくなる。

残業や仕事内部での人間関係など、肩の重荷になるような要素はいっぱいあるだろう。

毎日満員電車に乗って、毎日同じ会社の人と顔を合わせ、同じような業務を延々と続ける日々。

 

そんな状況下でも「僕たちは自由で平等な社会にいる」と、言うかもしれない。

 

しかしだ。

この社会には「お金」という足かせが存在することを忘れてはいけない。

 

例えばあなたが明日から会社を辞めて、海外に行って自由に画家活動をすると決めたとしよう。

その後の生活はどうなるだろうか?

 

生きていくために必要なお金をどう確保するのだろうか?

不労所得を持っている人なら問題ないだろう。

しかし雇われて働く労働者としての収入しかない人にとっては、収入源が途絶えるということは緊急事態である。

 

「お金がなくなったら路頭にまよい、もしかしたら…」

なんて恐怖がつきまとい、結局「やっぱりやめよう」と行動できない人間になってしまう。

 

望みとしては自由に生きたいのに、お金という足かせがあるために、結局雇われざるを得なくなる。

●毎日当たり前のように満員電車に乗って通勤する人々

●残業続きで、自由な時間がほとんどない生活

●利益最優先でこき使われる労働者

●同じ時間に同じ場所に行かなければならないという制約

●上からの命令に逆らったり、業務についていけなければいつ首を切られてもおかしくない状況

 

 

僕はこれを現代社会の「合法的な奴隷制度」だと思っている。

 

仕事が本当に好きでやりがいを感じているなら、働き続けるのはアリだ。

しかし、お金のためになんとなく毎日のルーチンワークに乗る生活をしているなら、奴隷制度のレールにのっていると言わざるをえない。

 

働くことは尊いこと、日本のために身を粉にして働くのは人として当たり前であるという意見もあるだろう。

しかし本当はもっとやりたいことがあるのにお金のために雇われる状況は、「生活するために自ら奴隷」となることを認めるに等しい。

 

僕は社会の底辺で何年間もウロウロしてきた人間だから、それがよく分かる。

就職もアルバイトも派遣仕事もいろいろやってきた。

お金よりも漫画アートの創作を優先していた、底辺をうろつく人間だったからよく分かる。

 

一人でも多くの人が本当にしたいことを仕事にし、自分の個性を生かして誰かの役に立てる世界になってほしいと思う。

 

そのためには、合法的な奴隷制度から足を洗う必要があるのだ。

スポンサードリンク

自分らしい人生を確立するためには

 

社会の仕組みを知る人で、自分らしい人生を確立するためにはどうしたらいいのか?

 

自分でお金を生み出す力を身につけなければならない!

それぞれの人が持つ特技、長所、魅力を生かして、それをビジネスにするということだ。

 

僕たちのように何かを表現する人間ならば、それが最強の武器となる。

 

自分にしかない強みを生かして、自ら生きていける力をつけるのだ。

雇われて生きていくのではなく、自らの力でお金を生み出す力をつけるのだ。

これが大切。

 

かくいう僕も、今その段階に入っている。

だから、心からこれらのことを書くことが出来るのだ。

スポンサードリンク

社会の仕組みを知る人には二つの選択肢がある

社会の仕組みを知る人には、以下2つの選択肢がある。

●自由と時間を犠牲にして雇われる生活を続けていくのか?

●本当に自分らしい人生を、今歩みだすのか?

 

僕は後者を選ぶ。

あなたはどちらを選ぶだろうか?

 

本当に自分らしい人生を生きるためには学ぶべきこと、行動すべきことがたくさんある。

自分らしい人生に舵を切るには、まず明確な夢や目標を持つことが大切だ。

 

社会の仕組みを知るなかで自分らしく生きたいと感じた人は、勇気をもって1歩を踏み出そう。

自分の長所と短所を把握し、人の役に立てる強みをビジネスに変えていくのだ。

 

自分にはそんな特技などないと思うかもしれない。

でも、僕から言わせてもらえば、誰にでも必ず強みがある。

間違いない。

 

例えば友達がたくさんいるというのは、コミュニケーション能力が高いというその人の強みだ。

ゲームに一日中熱中できるというのも、強み。

漫画のことに異常に詳しいというのも強み。

どんな人だって探せば、特技や強みがある。

 

特殊な能力は、漫画家とか歌手とかスポーツ選手のような人たちだけが持っているなんて思わないでほしい。

日本中の温泉巡りをした経験があることだって、強みになる。

 

そのあなたにしかない、ニッチな強みを商売にするのだ。

今の時代ブログも、ユーチューブもSNSも電子書籍も、人に価値を発信するための方法はたくさんある。

なんでも手が付けられるところから、始めてみるといいのだ。

 

ビジネスはやってみないと分からない。

考えるよりも、体験のなかで学んでいけることがある。

ぼくなんてまだひよっこだけど、フリーランスとして活動したことにより、見えてきた世界がある。

それは実際に体験しなければ、分からなかったこと。

だから、本当に生きたい人生があるなら、迷わずその方向に進むことだ。

 

表現者はモノを売る力も身につけよ!

本当に生きたい人生に進むと言っても、何をしたらいいか分からないという人もいるだろう。

そんな時に僕がおすすめしたいのは、モノを売る力を学ぶ」こと。

表現者である以上、自分の作品を売る必要がある。

自分の作品を売らないにしても、ものを売るセールスというスキルは、人生を生きていくうえで非常に重要な能力となる。

 

なぜなら資本主義の世界では、モノやサービスを販売することでお金がやりとりされるからだ。

 

モノを売る力のない人は、モノを売ってくれる誰かに頼まなければならない。

誰かに頼むということは、その人がいないとビジネスが回らないということになる。

それぞれの強みを生かして協力することで、ビジネスを回した方が効率的なのは確かだ。

しかしモノを売る力がない人が誰かに販売を全面的に頼るというのは、ビジネスを回すうえで最も重要な権限を人にわたしていることになる。

 

セールスの能力は、自分らしく生きるビジネスを確立するために、最重要項目である。

そんな重要な能力をまったく磨かないなんて、僕には考えられない。

 

モノを売る力をしっかり身につけた上で、セールスの得意な人に任せればいいのだ。

そうすれば、状況がどう動いてもこの社会をわたっていくことができる。

いざとなれば自分の商品だけでなく、人の商品を売ることを仕事にすることだってできるのだ。

それもパソコンを持っているだけで。

 

資本主義社会に生きている以上、表現者といえどモノを売る力は必須だと僕は思う。

セールスを学ぶことで世の中で売れるモノや人気のあるものが分かり、マーケティングなどビジネスで重要なことが学べる。

 

そんなことで僕は表現者は創作をすると同時に、モノを売る力を身につけた方が良いと強烈に感じているのだ。

 

もし表現者でモノを売る力も磨いてみたいと思う人は、以下の記事も読んでみてほしい。

物を売る力は人生の必須科目!漫画絵描きが生きてく為のサバイバル術を学べ

愛野すず
最後までお読み下さりありがとうございました♪

スポンサードリンク

-絵や漫画を描いて生きていく

執筆者:

関連記事

マーケティング

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は「漫画描きはマーケティングを学べ!」という事について書いていきます。     マーケティングと聞くとイ …

ユーチューブ,漫画,宣伝

ユーチューブで漫画を宣伝公開できる現代の凄さ!広がる未知の可能性

  さてさて、ユーチューブで漫画作品を公開、宣伝できる良い時代になっています。   いつもながら本当に現代は凄いなと驚きます。   クリエーターは自分で自由にメディアを持 …

バカオ 油彩画

緑の時代を生きる油絵画家の新作事情

  この作品は今描いている最新作の一枚で14×18cmのキャンバスボードに油彩で描いた絵画。   僕はついに解禁する時が来た。 何を解禁するのか?   禁断の粕川アートを …

web,漫画,稼ぐ

Web漫画を描いて稼ぐには?何も分からない人が行うべき8つの道

  「web漫画を描いて稼ぐにはどうしたらいいんだろう?」 こんな疑問を持つ方がいることでしょう。   今の時代、web漫画を描いて稼ぐ方法はたくさんあります。 いやぁ~、良い時代 …

お金のかからない休日の過ごし方

【お金のかからない休日の過ごし方】漫画絵描きが創作力を上げる方法

  お金のかからない休日の過ごし方は人それぞれあるでしょう。 できればお金のかからない休日を過ごしつつ、自身の創作的能力を上げたいものです。   大丈夫。 絵や漫画を描くクリエイテ …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画