天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵や漫画を描いて生きていく

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きの活動について

投稿日:

ユーチューブ,漫画,アップロード

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きの活動について

 

またもユーチューブに漫画をアップロードしました!

 

こちらが今回ユーチューブにアップロードした漫画です!

 

これは漫画アート芸術家がブログで連載している「もっとがんばれ!バカオ君」の過去作を、ユーチューブ用にまとめて編集したもの。

 

今はユーチューブっていう素晴らしいプラットフォームのおかげで、世の中に自分の作品を動画を使って見せていけるようになりました。

 

下の記事ではユーチューブで漫画を宣伝、公開できることの凄さについて書いています。

ユーチューブで漫画を宣伝公開できる現代の凄さ!広がる未知の可能性

 

ユーチューブに漫画をアップロードすることで、多くの人の目に作品が触れるチャンスを作ることが出来ます。

 

ユーチューブに漫画をアップロードするといっても作品が上位表示されて人目に付くようになるには、それなりのコンテンツ量や継続性が必要になってくるでしょう。

2019年1月時点で僕はユーチューブにいくつか動画を挙げていますが、ユーチューブ検索からアップロードした漫画動画が見られることはほぼほぼない状態です。

 

特に初めのうちはユーチューブに漫画をアップロードしただけでは、ほとんど誰にも見られない動画になってしまう可能性が高い。

 

なのでユーチューブに漫画をアップロードする時は、SNSやブログで告知すると良いです。

SNSやブログ、その他人の集まっているプラットフォームへユーチューブに漫画をアップロードしたことを宣伝してみる。

それであなたの作品に興味のある人がいれば、ユーチューブ漫画を見てくれるかもしれません。

 

 

今はブログでもユーチューブでも漫画をアップロードできます。

しかし漫画をアップロードしたメディアに集客をしてこないと、誰にも見られないコンテンツになりかねないんですね。

 

そんなことから自分のチャンネルが育つまでは、SNSなどを駆使してお客さんをユーチューブに引っ張ってくるとか、作品を見てもらえる環境を作っていく必要があります。

 

 

スポンサードリンク

リアルとネット両方を駆使して活動する

誰もがSNSやブログ、ユーチューブなどで自分の作品を投稿できるようになった今。

世の中には名もないクリエーターの作品が溢れかえっています。

誰もが作品を世の中に発表できるようになった分、競争も激しくなっているのかもしれません。

 

ブログやユーチューブなどを使って作品を世に出すのはいいけど、そもそも人に見られていないのでは始まらない。

 

ではどうしたらいいのか?

 

リアルもインターネットも両方駆使して自分という作家や作品をPRしていくというのがベストだと感じます。

 

例えばリアルの活動でいえば~

 

・コンペに出してみる

・漫画賞に応募してみる

・ギャラリーの展示会に作品を出してみる

・何かのイベントに参加して名前を売ってみる

・路上で作品を描くライブドローイングをやってみる

 

など色々手があるでしょう。

 

これらリアルな活動にプラスして、ユーチューブなどのインターネット環境も駆使して活動していくのです。

まずSNSは必須ですよね。

 

ネットを駆使した活動と言えば~

・作家としての自分や作品をSNSを通して発信してみる

・ブログやHPを作って自分の作品や経歴を載せてみる。

・ラインスタンプやBASEなどで自分の商品を販売してみる。

・自作の漫画を電子書籍にして販売してみる。

・noteで連載漫画を描き、有料月額課金で読者を募ってみる。

・自分の漫画を描くスキルを情報発信してみる。

・ユーチューブに漫画をアップロードして、動画で見せる漫画表現を追求してみる

 

等々いろいろなことが出来ますよ。

 

まあどんな活動をするにも自分の母艦となる基地を持っておくと良いでしょう。

 

僕はやっぱり母艦となる基地はブログをおすすめしますね!

ブログは長い文章も書くことが出来、画像や自分の作品をギャラリーのように載せることもできます。

ブログにSEO対策を行えば、ヤフーやグーグルの検索結果から見込み客を集客することだって可能です。

 

作品と作家はイコールです。

作家の人柄や人生を知ることで、読者は作品に対する興味をそそられることだってあるのです。

 

ブログなら思う存分自分の思いや人生遍歴を書くことが出来る。

自分という作家の基地をブログに置き、ここを起点としてユーチューブやSNSなどでの発信をしていくんです。

 

ユーチューブから作家に興味を持ってブログにやってくる人もいるだろうし、逆もあり得ます。

作家としてリアルな対外活動をしたら、それをブログやSNSで発信してみる。

体験したことは何でもネタになるので、漫画でも記事にでもすればいいんです。

 

すると作家の活動全体がコンテンツになるんですね。

 

「自分の活動をすべて切り取ってコンテンツ化していく!」

これ、すごく面白い生き方だと思います。

 

まさに僕が理想とする「生きる=創造する」という状態です。

 

今の時代クリエーターにとって、これ以上ないほどエキサイティングな時代になっています。

 

この恩恵を十分に活用しましょう!

 

その第一歩となるのがユーチューブに漫画をアップロードして、自分のチャンネルを育てることなんだと感じています。

 

漫画アート芸術家(粕川裕康)のユーチューブチャンネルはこちらのリンクをクリックして下さい!

 

以下は漫画のペン入れをしている動画をユーチューブにアップロードしたことについて記事にしました♪

漫画描いてる所をユーチューブ動画にしてみたぞ~【ペン入れ】

愛野すず
ユーチューブかぁ、私もユーチューバーになってみようかなw

 

 

スポンサードリンク

-絵や漫画を描いて生きていく

執筆者:

関連記事

フリーランス,感想

フリーランスになった感想を四コマ漫画と実体験を通して告白!

  「フリーランスになった感想ってどう?」 ぼくはこの質問に対して「最高に幸せ!」と答えます。   漫画アートをつくる筆者はフリーランス稼業に入って、最高に幸せな状態になりました。 …

スマホ,便利すぎ,表紙

スマホが便利すぎる理由!6年ぶりに持つ驚き5つを漫画描きが書く~163話

  スマホって便利すぎでしょ! ってあらためて思う今日この頃。   ずっとガラケーを使い続けてもう6年、ようやく僕もまたスマホを持つことになりました! いや、6年以上前はスマホを使 …

日記,効用

日記を書く効用とは?創作意欲も増した日記を書くメリットに迫る!

日記を書く効用とは何か? 今日は18歳の頃から日記を書き続けてきている漫画アート芸術家が、日記を書く効用について書いていこう!   実は日記を書くと異様な創造意欲がわいてくる!   …

マーケティング

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は「漫画描きはマーケティングを学べ!」という事について書いていきます。     マーケティングと聞くとイ …

就職 向いてない人

就職に向いてない人が好きな事を仕事にして生きるのに必要な第一歩

これまで生きてきて、虫唾が走る言葉がある。 「社会に出たら就職しなさい」 僕はこれまで何度この言葉を言われてきただろう。 言ってる人にとっては当たり前なことかもしれない。 世の中の多くの人は「就職」は …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!