漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

絵や漫画を描いて生きていく

ユーチューブで漫画を宣伝公開できる現代の凄さ!広がる未知の可能性

投稿日:2019年1月15日 更新日:

ユーチューブ,漫画,宣伝

 

さてさて、ユーチューブで漫画作品を公開、宣伝できる良い時代になっています。

 

いつもながら本当に現代は凄いなと驚きます。

 

クリエーターは自分で自由にメディアを持ち、発信していくことが出来るからです。

メディアといえばテレビ、新聞、ラジオなどのマスメディアを思い浮かべますが、ブログやメルマガ、ユーチューブだって立派なメディアです。

 

 

例えばユーチューブを見てみましょう。

名もないクリエーターが世界中の人達が視聴できるユーチューブという場の中で、自分の作品を公開、宣伝していくことが出来るのです。

 

ユーチューブって動画じゃないですか。

僕は漫画アート芸術家という漫画アートを作る人。

であればユーチューブ上で僕は漫画アートを動画という形で見せていく選択肢もある。

クリエーターは自分の存在や作品をユーチューブの場の中で、宣伝していくことが出来るわけです。

 

別に有名な人じゃなくても、漫画を描いているのであればユーチューブに作品を投稿する事は出来ます。

 

もちろんユーチューブ上で作品をたくさんの人の目に触れるようにするには、試行錯誤が必要でしょう。

 

しかし世の中にあなたの作品を発表できる場はすでにあり、後はやるかやらないかの世界になっています。

 

これってすごいことですよ!

 

確かに漫画を動画の形に編集したり創作を継続的に続けていくのは、人によってはしんどい事かもしれません(僕は楽しくてしょうがないけど☆彡)。

でもクリエーターがインターネット環境を通じて自分や漫画を宣伝し公開していくことができるありがたさは、計り知れないと思っています。

 

しかもユーチューブという表現の場は始まってまだ歴史も浅いわけです。

今後色々な漫画の見せ方や宣伝の仕方が開拓できる余地があるってことです。

ユーチューブというフィールドだから見せられる漫画表現というのもあると思うんですよ。

 

色々面白いことをしてみて、まだ歴史の浅いユーチューブ漫画の世界になんらかの流れを作ることだって出来るかもしれません。

 

現代はnoteとかVoicyとかココナラとか色んなプラットフォームがあって、今後もたくさん出てくるでしょう。

 

こういったプラットフォームの特質をよく理解して積極的に絡んでいくことで、表現者は自分の作品や宣伝を世の中にしていくことができるのかもしれません。

 

とにかくクリエーターはまず自分のメディアを持つことが大切だと感じています!

自分のメディアという基地を持って、そこを起点にリアルでもネットでも活動領域を広げていくんです。

自分のメディアは自らの人生や作品、作家自身を自由に見せていく事が出来るんですよ!

 

そんな自分メディアの一つとしてユーチューブはおすすめだし、動画の世界は今後より大きく育っていく領域だと感じています。

 

スポンサードリンク

全ては小さな1歩から!漫画コンテンツをユーチューブに積み上げよう

千里の道も一歩から!

 

たとえ小さくても、コンテンツをユーチューブに積み上げていくことから全ては始まります。

 

まずはこれまで描いてきた漫画をユーチューブで宣伝するのだっていいじゃないですか。

 

漫画などのコンテンツを発表する場にしても昔から貸本漫画とか、雑誌連載とか単行本化とかいろいろありますね。

でも今は大手出版社で漫画を連載させてもらわなくても、自分の作品を世に出し、宣伝していく事が出来ます。

 

例えばSNSやブログや漫画投稿サイト、電子書籍やユーチューブなどがそうです。

SNS上でひたすら作品を流していくこともできるし、ブログやHPを作ってそこに自分の作品などをためていくことも出来ます。

 

漫画を描いているのならユーチューブ上でこれまで描いてきた漫画を載せてみたり、自分の漫画をアニメのような形で見せていく方法もあるでしょう。

 

動画というフィールドの中で漫画をいかに見せ、宣伝するのか?って考えただけでもすごく色んなことが出来るだろうなと感じます。

リアルの活動も含めて、インターネットの可能性を最大限活用することで、クリエーターの活動領域はより広がっていくでしょう。

 

この限りなく自由でクリエイティブな環境と、自分の創作能力をどう掛け合わせていくのか?

ユーチューブ上で展開できる漫画の広大な地平線を思うとワクワクしてきます!

 

僕はまだユーチューブにやっと足を踏み入れた程度にすぎません。

現在はブログ連載している「もっとがんばれ!バカオ君」の過去作をユーチューブ上に挙げている段階です。

 

しかし今後はより本格的にユーチューブに進出し、自分に出来る色々な漫画アートの活動を動画という形でも配信していきたいと思っています。

 

ユーチューブは今後より多くの人に見られ、人々がエンターテインメントを楽しむ場所になっていくでしょう。

 

まだあまり開拓されていないユーチューブの漫画という市場、この広大な地平線に何を刻み込むかはまさに表現者の意思にかかっています。

 

 

全ては小さな一歩から始まりまります。

ユーチューブという表現の場を、漫画描きは最大限活用していきましょう!

 

ということでまた「もっとがんばれ!バカオ君」過去作のユーチューブ動画を作りました!

 

 

 

ユーチューブネタで描いた「もっとがんばれ!バカオ君」は以下の記事に載っています☆

「バカオ、ユーチューブに進出する!」四コマ漫画~もっとがんばれ!バカオ君

 

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きとしての活動について書いた記事は以下のリンクからどうぞ☆

ユーチューブに漫画をアップロードして感じた漫画描きの活動について

愛野すず
最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサードリンク

-絵や漫画を描いて生きていく

執筆者:

関連記事

就職 向いてない人

就職に向いてない人が好きな事を仕事にして生きるのに必要な第一歩

これまで生きてきて、虫唾が走る言葉がある。 「社会に出たら就職しなさい」 僕はこれまで何度この言葉を言われてきただろう。 言ってる人にとっては当たり前なことかもしれない。 世の中の多くの人は「就職」は …

マーケティング

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は「漫画描きはマーケティングを学べ!」という事について書いていきます。     マーケティングと聞くとイ …

スマホ,便利すぎ,表紙

スマホが便利すぎる理由!6年ぶりに持つ驚き5つを漫画描きが書く

  スマホって便利すぎでしょ! ってあらためて思う今日この頃。   ずっとガラケーを使い続けてもう6年、ようやく僕もまたスマホを持つことになりました! いや、6年以上前はスマホを使 …

ココナラ 四コマ漫画

ココナラで四コマ漫画を描く方法!頂いたアイデアを漫画にしよう

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。     「ココナラ」って知ってますか?   ココナラは1コイン(500円)から自分の得意を販売する …

no image

社会の仕組みである資本主義を知ることで真に自分らしい人生を構築する

  金融資本主義。   今の世の中を支配するシステム。   僕たちは何かを生み出す表現者としてこの社会を生きていく人間だ。   僕は人生をより幸福に生きるために …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!