漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

芸術とは

絵画芸術が現実を越えた現実感をもたらしてくれる理由

投稿日:2017年4月17日 更新日:

油彩「混沌」

油彩「混沌」

絵画の魅力って何?

僕はまたもやヤフー知恵袋でこんな問いを見かけてしまった。

 

「絵画作品は現実とは違う現実感をもたらしてくれるそうですね。

現実にはありえないくらい誇張した表現がかえって

現実感をもたらすというのは一体どういう意味なのですか?」

という内容。

 

確かにあまり絵画を知らない方から見ると

ピカソのキュビスム作品や晩年のセザンヌの

抽象化された表現に???と感じてしまうのも

無理はない。

 

例えば絵の上手なイラストレーターならとても写実的に

自然や人物を描くので、こちらの方がよっぽど現実的

なのではないか?

そんな風に思う方もいるかもしれない。

 

今日はこの疑問に僕がお答えしていこうと思いマンモス…。

 

 

上の洒落も芸術なんですよ、フフフ。

 

スポンサードリンク

絵画は作家の内的な真実を表わすもの

自画像 アクリル画

少なくとも僕は絵画というものを作家の内的な真実を表わすものだと思ってる。

 

なぜ芸術家は絵を描いて表現をするのか?

と問われた時、

表現せずにいられない内的な衝動があるのではないかと思う。

 

芸術家、画家というくらいだから絵を描くとか

何かを創造する事にこだわりがあるのだろう。

 

こだわりとは自分は周りとは違うんだという意識。

周りとは違う自分を絵や何らかの表現で生み出すのだ。

 

絵を描くとき周りと違うという事は、普通の人が描くようには描かないという意味でもある。

例えばとことん写真のように写実的に描くとか、自分のイメージを絵にするとか、激しい色彩で塗りたくるとか。

%e7%82%b9%e6%8f%8f

 

これらは他の人と違う自分を示すための意思表示なのかもしれない。

絵のある部分で突出していれば、その他大勢の人たちとは違う自分として表現できるから。

 

芸術家や画家になるような人は我が強いというか、自分らしい何かを生み出したい欲求の強い人が多いのだと思う。

そうでないと売れる見込みが不透明な絵に人生を捧げようとは思わないだろう。

 

それだけの自己顕示欲、表現欲求があるからこそ茨の道も突き進めるパワーが生まれるのだ。

芸術家にとって強烈な表現欲求は最高の才能といって良いと思う

 

そんな人たちが絵を描くわけだから、普通なものであるはずがない。

いかに自分らしく、その人にしかない感覚を表現できるかという世界で誰かと同じようなことをする事にどんな意味があるだろう?

 

彼ら芸術家達はひたすらに自身の表現を追い求めるのだ。

 

内なる特異な感覚を表現するから異端になる

IMG_2217

個性の強い表現者はその特異な性質、感覚を作品に昇華することを知っている。

 

人類の歴史上不滅の仕事を成した表現者には特異な人間が多いのを見ても分かる。

 

作品が個性的というのは、それを生み出した人の内部にも特異な感覚が存在しているという事なのだ。

 

僕は芸術の、絵画の素晴らしい役割にこんなことを挙げる。

 

「絵画は人々に全く新しい現実を突きつけ、覚醒させる役割がある」と。

 

これを聞いてよく分からないと思う方が大半だろう。

一般に絵画とは見た目に美しく、心地良く、キレイであると感じる人が多い。

確かに印象派の絵画はそんな作品が多い。

眼のための、視覚のための芸術と言えようか。

 

しかし僕はもっと突っ込んで絵画は人々の意識を覚醒させる力があると感じている。

 

例えばファン・ゴッホの絵画を思い出してほしい。

ゴッホ

彼が独特な手法であれらの絵画を描くまで、他の誰も現実世界をファン・ゴッホのようには見ていなかった。

 

人々は太陽があつかましく真っ黄色で、糸杉が燃え盛るように打ち震え、麦畑が波打つゴッホのようには自然を見ていなかった。

バロック時代スペインの画家エル・グレコが人物を極端に引き延ばして描いたようには見ていなかった。

 

それまでの人々は自然を円柱、円錐、球体など幾何学的造形として捉えたセザンヌの感覚なんてとても信じられなかっただろう。

 

しかし上の芸術家たちは内なる個性に従うことで、人々にかつてない現実、リアリティを示したのである。

それは新しい現実の見方、視点を示したということ。

 

これは実に驚くべきことであり、単に綺麗だとか美しいなんて形容からはレベルの違う所に位置しているのだということを知ってほしい。

 

これこそ芸術なのだ。

 

そして芸術家たるもの人々の首っ玉をわしづかみ、新たなる現実を示す覚悟で創作をすべきである。

 

ああ、なんと未知でクリエイティブなこの世界!

芸術の素晴らしさがここにある!

 

現実を越えた現実こそ、本当の現実だ

30419337210_b9ea67ab56_b

特異な個性を持つ表現者は現実を表現するために自己の内部に浸透し、より本質的なリアルを生み出す。

それは作家本人にとって紛れもなくリアルな感覚なのだから現実を越えた現実なのだ。

 

絵画作品は現実とは違う現実感をもたらすとは本当の事。

あなたはゴッホが描いた星月夜をあんな風には見えないから嘘を描いていると言うかもしれない。

 

しかしゴッホは彼にしか見えない心の目で捉えた現実を描いたのだ。

それは僕たちが見上げる夜空とは違うだろう。

しかし紛れもなく真実であり、現実を越えたリアリティを持っている。

なぜ真実かと言えば芸術家が独特な内なる告白を絵を通して語っているからだ。

 

それは僕たちに新しい現実の見方を示してくれる。

芸術の素晴らしい力である。

 

油彩 「幻想の森」

油彩 「幻想の森」

 

僕も森を、万物を普通には描かない。

普通に描いていたら自然の二番煎じに過ぎないからだ。

だから粕川の内的真実を描く。

それは奇妙に曲がった木であり、燃え盛る木であり、万物が躍動する何かだ。

 

s_IMG_3150

 

外見的には自然とは違うかもしれない。

しかしより本質に迫った本当を表現するのが表現者。

 

そのためなら僕はどんなものでも激しく変形させる。

破壊する。

そして再創造する。

 

これが僕の芸術である。

 

まとめ

「大地より生えたる者」ドローイング

「大地より生えたる者」ドローイング

 

現実と違う、より真実な現実感を絵画はもたらしてくれる。

その仕組みは作家の個性にある。

作家は表現者として自我が強いために、普通であることを拒否するだろう。

普通の人が見るようには世界を見ないだろう。

 

より自分に寄せた、独特な観点で世界を把握する。

そんな個性から生み出される作品は当然奇妙な、独自なものとなる。

 

しかし単に客観的な現実を描き映すよりかは遥かにリアルだ。

これが絵画芸術のカラクリなのである。

 

スポンサードリンク

-芸術とは
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

芸術作品の価値はゴッホとゴーギャンに共通するアレにあった!

    ゴッホとゴーギャン展を見てきてすごい事に気づいてしまった!   僕はよく美術館へ行くのだけど、それには意味がある。 様々な作品に触れることによって自分の中の創造力を掘り起こ …

no image

絵はそれ自体が生命!?芸術はいびつなものこそ素晴らしい!

  これからちょっと変わった「絵」の捉え方をご紹介する。 何を隠そうこれは僕の絵という芸術に対する見方なのだ。   「絵には完成もなければ、 未完成という概念もない。 絵とはそれ自 …

no image

アートを生活空間に置くことで得られるメリットとは何か!

  アートを生活空間の中に置く。   これから生まれるメリットは色々ある。   ・空間自体が華やかになる ・生活空間にアートを置くことにより、それ自体で自己表現となる & …

no image

フランスの象徴主義画家カリエールが教えてくれる自分の作風の見つけ方とは

僕は2016年11月19日土曜日 損保ジャパン興亜ビル42階にてカリエール展を見てきた。   今日はカリエール絵画を生で見て感じたことを書いていこう。   19世紀フランスを代表す …

no image

絵を描く時ジャンルを絞って特化させようと考える人の盲点

  今日は僕の特異な絵に対する考え方を書いてみる。 世の中に十人十色、様々な表現に対する思いを知ることで創作における何らかのヒントになるかもしれない。     Conte …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!