漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

自作の四コマ漫画

「壁ドン」ネタで描いた9コマ漫画!壁ドンの起源って何?

投稿日:2018年9月26日 更新日:

表紙

壁ドン 漫画

スポンサードリンク

「壁ドン」ネタの9コマ漫画!

今回の「もっとがんばれ!バカオ君」は壁ドンネタで描いています。

 

「壁ドン」とは男性が女性を壁際に追いやり、壁に手を「ドンッ」とついて迫っていく行為をいいます。

2014年には「壁ドン」という言葉がユーキャン新語・流行語大賞でトップ10にランキングされたほどブームになりました。

 

壁ドンの派生語もたくさんあって、例えば~

 

・床ドン

・顎クイ

・股ドン

・蝉ドン

・網トン

 

などがあります。

 

壁ドンは恋愛系漫画やドラマ、映画などでも使われることの多い行為です。

壁に追いつめられた女性の頭横あたりに手をついて、男性の腕で女性の顔を覆うように顔を近づけるのが正式な「壁ドン」だそうです。

もしくは壁ドン後に、女性の耳元で愛の言葉をつぶやくまでを壁ドンというようですね。

 

愛野すず
ロマンチックね~

 

壁ドンと言えば、イケメンの男が女性にする印象が強いですが、今回の漫画ではイケメンとは程遠いバカオが「壁ドン」を披露しています。

 

壁ドン 漫画

 

ついでに「壁ドン」したと同時にバカオは、ボロ小屋の一部を破壊してしまったようです(笑)

バカオが壁ドンで告白!?

 

一般の漫画で使われる「壁ドン」は、「まだ恋人未満だけど好きな気持ちはある」状態から、ガチで相手との距離を縮める状況のときに初めて成り立つとの意見があります。

また女性が男性に対して壁ドンをするのは、「逆壁ドン」と言います。

 

特別僕は壁ドンの行為が好きなわけではないけど、ある時ふと「壁ドン」というワードが頭に浮かんだので、漫画にしてみました。

 

壁ドンネタの漫画ネーム

こちらは今回の壁ドンネタ「もっとがんばれ!バカオ君」のネーム(完成作の元となるラフ画)になります。

壁ドン,漫画,ネーム

壁ドン,漫画,ネーム

 

こんな風な感じで漫画の元ネタを作り、ネームを下敷きに下描きとペン入れをして漫画を描いていきます。

僕はもはや4コマ漫画にはこだわりません。

 

web漫画であれば縦続きのコマ割りで、ひたすらコマを並べて漫画を描きたい衝動に駆られているのです。

 

壁ドンはいつから使われた?

壁ドン

 

壁ドンという言葉でこの行為が使われだした起源は2008年、新谷良子さん(声優)が「萌えるシチュエーションの一つ」として「壁にドン…黙れよ」の言葉を残したのが最初だといわれています。

 

その後渡辺あゆさん(漫画家)が描く、「L♥DK」という少女漫画やその映画作品で「壁ドン」が使われたことで流行になっていきました。

 

原作漫画「L♥DK」の冒頭から壁ドンは登場するようで、女性読者がSNSで拡散することで新語として定着していったようです。

また「L♥DK」に影響を受けて他の漫画やアニメでも使われたことで、壁ドンは広がっていったといいます。

 

典型的な「壁ドン」として世間に認知されたキッカケのシーンは、原作漫画「L♥DK」の14巻で使われた壁ドンだという意見もありました。

 

スポンサードリンク

実は以前から漫画で使われていた壁ドン

実は「壁ドン」は以前から漫画で使われていました。

 

例えば「ベルサイユのばら」(1972年~73年)、「王家の紋章」(1976年~)、「ときめきトゥナイト」(1982年~1994年)など、少女漫画では定番的な行為として「壁ドン」が登場しています。

 

粕川
僕は「ベルサイユのばら」を全巻持っているしアニメも全部録画したけど、そういえば壁ドンが使われていたような気がする(笑)

 

また現代と昔では同じ壁ドンでも使われ方が異なるようです。

昔の作品で使われる壁ドンは、「女性に男らしい姿を見せて愛を求める”攻め”の壁どん」でした。

 

一方現代の作品で使われる壁ドンは、本当は弱さを持つ男でも、いざとなれば男らしさを見せないと女性との関係を詰められない。男の弱さを匂わせる”お願い”の壁ドン」的な意味合いがあるようです。

 

時代によって「壁ドン」の意味も変わるんですね。

 

壁ドンはなぜ突然ブームになったのか?

なぜ以前から少女漫画作品などで使われていた壁ドンが、突然ブームになったのでしょうか?

そこには「壁ドン」という言葉自体のインパクト、分かりやすさが関係している可能性があります。

また女性の立場が強くなってきたことも、壁ドンが流行った背景にあるといわれています。

 

1970年代の少女漫画では愛情表現の際に「男が女の手首をつかんで抑えにかかる」というシチュエーションが多く使われていました。

これは女性の動きを男が強引に封じている行為ですね。

 

一方「壁ドン」は男に片方の手で覆いこまれているけど、女性は脇にそれて抜け出すことが出来ます。

壁ドンは男が強引に女性との距離を縮めようとする行為に見えますが、それを受け入れるかどうかは女性次第という見方もできるわけです。

 

男性が女性に対する接し方で昔と現代では変化が出たことを、「壁ドン」が物語っているようにも見えます。

 

壁ドンの起源

壁ドンには恋愛で使われる言葉の他に、もう一つの使われ方があります。

 

それが集合住宅などで使われる壁ドンです。

「壁ドン」はマンションなど集合住宅の中で、隣に住む人の生活音がうるさすぎる時、隣人に聞こえるように壁をドンっと叩いて抗議する行為の意味でも使われています。

 

以前は「イラ壁」や「壁殴り」と呼ばれていましたが、その後「壁ドン」と呼ばれるようになりました。

 

では「恋愛で使われる壁ドン」と「集合住宅で使われる壁ドン」、どちらが「壁ドン」の起源なんでしょうか?

「恋愛で使われる壁ドン」は「集合住宅で使われる壁ドン」の使われ方とは異なるところから生まれたようです。

 

「集合住宅で使われる壁ドン」が起源の使い方という声もあれば、「恋愛で使う壁ドン」が起源の使い方という意見もあります。

 

でも両者の「壁ドン」は異なる用法の言葉として生まれていたんですね。

 

粕川
ところで、バカオはどんな意味合いで「壁ドン」をしたの?ひょってして、すずの事が好きだったの?
バカオ
バッカいうなよ~俺はねぇ、よく漫画とかで「壁ドン」を見かけるからただやりたくなった、それだけなのさ~!
愛野すず
ああ良かった、マジでバカオに迫られたらどうしようかと思ったわ(汗)
バカオ
言ったな~すずめ!俺が本気で「壁ドン」したら、すずなんてコロっと惚れちゃうんだからな~!

 

愛野すず
本気で壁ドンしたら、壁をぶち破っちゃうの間違いでしょう(笑)

壁ドン 漫画

 

バカオ
そ、そうかもしれない…テヘヘヘ(赤面)

 

粕川
次の「もっとがんばれ!バカオ君」ではバカオが大草原の小さな家に住んじゃうぞ!

「バカオ、大草原の小さな家に住む」7コマ漫画~もっとがんばれ!バカオ君

バカオ
一つ前の「もっとがんばれ!バカオ君」はこちらから!

「猫のチッティはごちそうが食べたい」5コマ漫画もっとがんばれ!バカオ君

 

愛野すず
今日もブログをお読みいただきありがとうございました!あなたに感謝の波動を送ります!はあぁああ!

 

 

スポンサードリンク

-自作の四コマ漫画

執筆者:

関連記事

「イライラ」第53話もっとがんばれ!バカオ君

いよいよ来ますね夏本番! 梅雨の時期はいかがでしたか? これから湿気のじめじめから夏のギンギンに変わります。 夏は爽快で好きです。   この四コマ漫画は人生が思うようにいかずムシャクシャして …

金持ちなタコ 7コマ漫画

「大金持ちのタコ」7コマ漫画もっとがんばれ!バカオ君

新キャラクターの金持ちになったタコ 今回の漫画に登場するキャラクター「金持ちのタコ」は、新キャラクターです。 彼は今では遊んでても豊かなお金に恵まれるタコですが、昔はひどい貧乏人でした。   …

チッティあやし四コマ漫画

四コマ漫画「チッティあやし」もっとがんばれ!バカオ君

ブログのリライト始動! 最近このブログのリライトをし始めています。   リライトとは、一度書いた記事を推敲したり、作り直してより良い記事にしていく作業のこと。   自分の中でタイミ …

「ホットケーキ」第54話もっとがんばれ!バカオ君

四コマ漫画のネタが思いつく時というのは移動中が多い。 なぜだろうか?   恐らく視界が次々に変わっていく事に原因がある。 外を移動していると人や風景や空が視界に入る。 それだけではない、匂い …

UFOの中身

漫画のペン入れをする順番~「UFOの中身」第68話

本日の記事は以下に紹介する四コマ漫画の制作風景をもとに「アナログで漫画を描く際のペン入れの順番」について書いていこう。 それではまず四コマ漫画をご覧ください。   四コマ漫画の最後に出てきた …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!