天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

創作活動

アートで異端さを表現する人の絵に対する考え方を紹介!

投稿日:2016年12月18日 更新日:

大地よりはえたる者の油絵の画像

 

筆者にとってアートを作るのは、自身の異端さを表明することだ。

その証拠が上の油絵である。

 

上の画像は、筆者が2016年に描いた油絵「大地より生えたる者」のシリーズ3。

キャンバスのサイズは18cm×14cm。

 

僕はシンプルなものが好きなので、複雑さをアートのなかから排除したい。

だから雲も山も象徴として、単純化して描いた。

 

この記事ではアートを通して異端さを表現しようとする、筆者の絵に対する考え方を書いていこう。

スポンサードリンク

生命体の異端な形はアート?

大地よりはえたる者の油絵の画像
僕は絵を描くとき、自身を強く表現することを考える。

絵を描く時々の感覚を、アートを通して表すのだ。

絵を描くその時に何を感じているかが、アートの中に反映される。

 

絵を描くとき、そのアートのテーマを決めることで、描く絵の方向性が定まる。

テーマに深く切り込むために、様々な手法で描いてみる。

 

僕はアート作るとき、絵の存在としての強烈さを大切にしたい。

見た人が「何これ?」「どういう意味?」「ええ!」というような、異端さを感じさせるようなアートにしたい。

 

絵は壁に飾って、鑑賞されるだけのものではない。

アートは人の心に衝撃を与え、魂を揺さぶり、打ち砕くような異端さが欲しい。

アートは、異端さによって人に新しい価値観を提示する役割を持つのだ。

既存の価値観をぶち壊し、新たなる視点を提示するのがアートなのだ。

 

アートが強烈なインパクトで、人の心に刻み付けられるような体験。

僕はそういう異端なアートが好きだ。

大地よりはえたる者の油絵の画像
「あらまあ、この絵素敵ね」とか「綺麗に描けてますね」なんて言う絵を描くことは、自分の役目ではない。

 

だから僕はまず第一に「うまく描くことをぶち壊す」。

なぜかと言うと、絵を描く人の大半は「絵をうまく描こう」と考えるから。

僕は天邪鬼な人間だから、多くの人が行く方向と逆路線を行く。

 

僕が絵を描く目的に「きれいに、美しく」は存在しない。

それならば「強烈に、激しく、革命的に」表現することを選ぶ。

 

だから筆者は大地よりはえたる者の絵を、異端な形の生命体アートとして描いた。

上の絵を身内の人に見せたとき「頭おかしくなった?もっとちゃんと描きなよ」と言われた。

しかしこれは成功の証である。

 

なぜなら筆者は、異端なアートを作りたかったからだ。

人の心に異端さを感じさせることができれば、その絵は成功しているのだ。

ちゃんとした絵なんて、僕でなくても描ける。

僕の役目は、漫画アートで強烈に自己を表明することにある。

 

異端さを表現するためにデッサンをし続ける

大地よりはえたる者の油絵の画像

 

上手さをぶち壊すと書いたけど、デッサンをやらないというわけではない。

 

デッサンは大切だ。

でも絵のうまさは破壊する。

これは、どういう意味なのか?

 

対象を正確にとらえるデッサンの練習は、絵を描く基本。

これがないと、子供の落書きになってしまう。

対象を変形させて描くのでも、元となる対象がしっかり捉えられている必要がある。

その上で変形させることに意味がある。

 

デッサンは対象を観察する目を鍛えてくれる。

観察し、見えている通りに描くデッサン。

観察から、変形は生まれる。

 

観察したものを、誇張して描くのだ。

どう誇張して描くかは、自らの感覚に従えばいい。

 

僕は激しく絵を変形させるために、デッサンをしている。

変形し、歪ませる効果を引き立たせるために、デッサンをする。

 

僕は外にいる時いつもスケッチブックを携帯しており、時間があると何かを描いている。

 

スケッチブックに車が描いてある画像

漫画,独学,方法

 

日頃スケッチをする理由は、絵を激しくゆがませて自己表現するためだ。

 

絵で自己表現するための大前提として、デッサンがある。

デッサンをして絵の基本を確認しながら、その上で自己表現として絵をゆがませるのだ。

 

最後に

大地よりはえたる者の油絵の画像

 

筆者はうまく、キレイに描くために漫画アートを作っているのではない。

人の心に「何だこれは!」「異様だ!」「頭おかしい!」と思わせるくらい異端な、理解不能な漫画アートを作りたいと思っている。

なぜなら、それが僕という人間だから。

 

人の心をわしづかみ、覚醒させるような体験をもたらす異端なアート。

そんなアートが素晴らしいと思う。

 

絵のスタイルを作るためにした奮闘記を紹介!こうして自分様式の絵を考えた!

愛野すず
最後までお読みくださりありがとうございました♪

スポンサードリンク

-創作活動

執筆者:

関連記事

栗 キャラクター

栗のキャラクターは侍だった?甘栗を食べた時に生まれたマロロン!

  こちらは栗のキャラクター「栗なマロロン君」。 栗なマロロンは身体が栗でできている侍のキャラクター。   マロロンは2002年ころに誕生したのです。   ではどうして栗 …

大地よりはえたる者の油絵の画像

絵のスタイルを作るためにした奮闘記を紹介!こうして自分様式の絵を考えた!

この記事では、自分の絵のスタイルを築こうと奮闘していた筆者の体験記を書いている。   絵のスタイルとは何か? 作品を見たときに誰が描いたかがはっきりわかる、明確な特徴のある絵のことだ。 &n …

肖像画制作ご依頼エピソードと絵画の完成について

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う芸術家の粕川です。 今回は絵画と漫画制作の活動報告となります。   僕は2017年6月3日から約1か月程ブログの更新をしていません …

no image

絵画や漫画を制作する時大好きな音楽を反映させる!その名はブルース

僕は14歳の頃に音楽に目覚めた。 キッカケは当時流行っていた日本のヴィジュアル系ロックバンド。 まもなくエレキギターを購入すると日夜練習に励むようになった。   しかし僕は18歳でアートと出 …

岩場 油彩

4枚の油絵が売れた件と即興で絵画を生み出す理由について

どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は4点の油絵が売れた件とどうして即興で油絵を描くのか?について書いていきます。   Contents1 売れた4点の油絵2 即興 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画