漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

ホラーについて 傑作紹介 自作の四コマ漫画

デモンズ2を観て考えた恐怖やホラー映画~「バカオ喰われる」

投稿日:2018年1月24日 更新日:

表紙

バカオ喰われる 四コマ漫画

スポンサードリンク

デモンズ2を観て恐怖、ホラー映画について考える

ホラー、怪奇漫画を生み出していこうと思っているので、ホラーコンテンツに頻繁に触れるようにしている。

 

そんなことからレンタルDVDショップで洋画ホラーに的をしぼってたくさん観始めています。

僕は以前からイタリアのホラー映画監督ダリオ・アルジェントが好きでした。

最近もダリオがかかわった2本のホラー映画を観たのです。

その作品が~

・ダリオアルジェントのドラキュラ
・デモンズ2

ダリオアルジェントのドラキュラの感想は以下の記事に書いあります。

⇒ダリオ・アルジェントのホラー映画の魅力をズバズバ書いた記事はこちら!

 

デモンズ2について

で、予想以上に面白かったのが「デモンズ2」!

デモンズとはダリオアルジェントがプロデューサー(製作)、ランベルト・ヴァ―ヴァが監督をとったイタリアのホラー映画のこと。

僕はデモンズをすでに何回も観ており、素晴らしいホラー映画だと感じていました。

 

デモンズは一見ゾンビスプラッター映画に見えるけど、実はH.Pラブクラフトの生み出したクトゥルフ神話を基盤に置いたホラーなのです!

僕はラブクラフトの作品が死ぬほど好きなので、彼の世界観が根底にあることを知って感銘を受けました!

 

ちなみにデモンズの正統的なシリーズは2まで。

デモンズはシリーズ6まで出ているけど、3~6は日本の配給会社が「デモンズ」とタイトルにつけただけで正式な「デモンズ」シリーズではないのでご注意を。

 

デモンズ1の内容を簡単に書くと~

「映画館の中に閉じ込められた人々がデモンズ(悪魔)におそわれ、戦う」物語。

デモンズ2は「高層マンションに閉じ込められた人々がデモンズ(悪魔)におそわれ、戦う」物語。

基本コンセプトは1と一緒。

 

デモンズ1は映画を通してデモンズが現れてきますが、デモンズ2ではテレビ画面からデモンズが現れます。

デモンズに喰われた人々はデモンズに変身し、他の人間を襲う。

これはゾンビ映画のパターンに似ている。

デモンズはゾンビの様にゆっくり歩かず、全速力で追いかけてくる所が怖い!

 

それにしてもデモンズ2で映画観に閉じ込められた筋肉ムキムキグループのボスっぽい黒人キャラクターが面白かった!

このキャラはデモンズにタマキンをつぶされてしまうのですが、必死で逃げ戦う姿が面白さをさそう!

高層マンションに閉じ込められた人々はデモンズに感染され、恐ろしい恐怖を体験するのです!

 

デモンズ2のウリの一つに1980年代後半のロック音楽(ザ・スミスやアート・オブ・ノイズなど)が大々的に使われて、恐怖演出を盛りあげていることが挙げられる。

またデモンズ2は1987年のアボリッツ・ファンタスティック映画祭で恐怖映画賞にノミネートされたようです!

 

確かにデモンズ2は1に負けず劣らず恐怖と幻想性を感じさせてくれるホラー映画で、僕は大好き!

 

ちなみにデモンズ2はダリオ・アルジェントの娘アーシア・アルジェントの映画デビュー作でもあります!

 

ホラー物語の典型的な物語パターン

 

ホラー

「ある空間の中に閉じ込められた人々が恐怖の対象に襲われる」というシチュエーションはホラーの代名詞であり、僕も大好きなパターンなのです!

 

例えばゾンビ映画の元祖と言われるジョージ・A・ロメロの映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968年)も「閉じ込められて襲われる恐怖」。

プレステのゲーム「バイオハザード1」も洋館に迷い込んだ主人公たちは周りをゾンビに囲まれ洋館から出られなくなる「閉じ込められて襲われる恐怖」。

「13日の金曜日」はクリスタルレイクというキャンプ場で孤立した若者たちが徐々にジェイソンに襲われる恐怖。

この場合「クリスタルレイクというキャンプ場に閉じ込められた」状況なわけです。

 

逃げ場所がなくなる恐怖というのがあるのです。

例えば砂漠にあなたがいたとしてゾンビに襲われてもそんなに怖くない。

砂漠は広いのでどうにでも逃げられるから。

 

しかし人気のない山中の小屋で真夜中、周りを大量のゾンビに囲まれたら…怖いわけです。

名作ホラー映画には主人公をある空間の中に閉じ込めた状況で恐怖の対象に襲われるという演出がとても多い。

このシチュエーションに対して視聴者の僕はワクワクドキドキするわけです。

 

恐怖の対象に対して対抗するすべがない時に、恐怖は生まれます。

・逃げ場所がない
・恐怖の対象に強大な力があって太刀打ちできない
・タイムリミットがある
・狭い場所に閉じ込められる
・暗くて周りがよく見えない
・意味不明に気持ち悪いもの
・体の自由がきかない
・未知な存在

 

このような要素はホラーとして使うと人に恐怖感を抱かせやすいでしょう。

人が何に対して恐怖を感じるのか?を考えていき、その要素を適切に配置する事でホラー作品は生まれてくるのかもしれません。

 

デモンズ1、2はある空間に閉じ込められた人々が未知な存在(デモンズ)の恐怖におびえ、戦うというシンプルなホラー構成をとっている。

「主人公がある空間に閉じ込められて恐怖の対象に襲われる」というプロットはアイデア次第で無限に物語を生み出すことが出来るのです。

僕もこのプロットを借りて物語を作ってみようと思います。

 

このような物語の型はたくさんあります。

いろいろなストーリーパターンを知る事は漫画創作を行う上で役に立つのです。

1970~80年代の洋画ホラー映画は黄金時代!

しかし洋画ホラー映画は1970~80年代にかけて発表されたものが一番好きですね!

この時期のホラーはものすごく面白い!

 

僕の中では1990年代に入ってホラー映画はやや面白さを失ったように思います。

もちろん1990年代以降でも面白いホラーは存在する。

しかし1970~80年代のホラー映画の空気感とは微妙に違うのです。

 

ホラー映画の黄金時代のような雰囲気が70~80年代のホラーにはあるのです。

 

1970~80年代に発表された有名な作品をあげると「悪魔のいけにえ」「オーメン」「エクソシスト」「サスペリア」「ハロウィン」「13日の金曜日」「ザ・フライ」「シャイニング」「13日の金曜日」「エルム街の悪夢」「パペットマスター」「チャイルドプレイ」「ペットセメタリ―」「ゾンビ」「バタリアン」「デモンズ」「サンゲリア」「死霊のはらわた」…

挙げ出すときりがないけど、僕の中でホラーの世界観の基盤を作ったのはこれら作品なわけです。

現代の様にCGを使ったキレイな画面ではない、作り物っぽさが感じられる方が逆に怖さを誘うように僕は感じています。

最後に

 

 

1985年に発表された「デモンズ2」はホラー映画の黄金時代に生まれたダリオ・アルジェント&ランベルト・バーヴァが放つホラーファンが絶対見逃せない作品となっています。

 

デモンズに噛みつかれた人が次々にデモンズに変身するシーンのグロテスクさは必見!

デモンズ2のDVDジャケットのデザインセンスも最高にホラー的でゾクゾクしちゃう!

 

基本的にデモンズ2は1のコンセプトをそのまま引き継いでパワーアップした映画という感じ。

デモンズ1が好きで、もっとデモンズを味わいたい!という人はデモンズ2も楽しめるでしょう。

僕はデモンズ的ホラーが大好きだから、展開が似てても病みつきになって観ていました。

好きなラーメンは何度でも同じものが食べたくなる感覚に似ている…

 

そんなデモンズ2を見ていて思わずゾンビが出てくる四コマ漫画を描きたいと思い、今回の四コマ漫画を描いた次第なのです。

 

僕はとりあえずダリオ・アルジェントやその他ホラー映画などを観てホラー創作力を磨いていこうと思っています!

デモンズに興味のある方はまず1からご覧になることをおススメします。

 

⇒次の「もっとがんばれ!バカオ君」

バカオ
デッモ~ンズ!
スポンサードリンク

-ホラーについて, 傑作紹介, 自作の四コマ漫画

執筆者:

関連記事

バカオのヘンゼルとグレーテル 四コマ漫画

ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のイラストを見て浮かんだ四コマ漫画

バカオのヘンゼルとグレーテル 四コマ漫画 Contents1 ヘンゼルとグレーテルに登場するお菓子の家のイラストをネタに考えた漫画2 ヘンゼルとグレーテルに登場するお菓子の家のイラストを見て感じた、漫 …

バカオの前世 4コマ漫画

宿曜経とは何か?相性についても語る漫画アート芸術家【四コマ漫画】

Contents1 実は手相、四柱推命、宿曜経も見れる漫画アート芸術家2 宿曜経とはなんぞや?3 宿曜経の相性について思うこと4 宿曜占星術でいう相性の意味5 おすすめのスピリチャルサイトとは! 実は …

四コマ漫画劇場vol.7の表紙

四コマ漫画劇場vol.7

四コマ漫画劇場vol.7の表紙   ここは2010~2011年にかけて漫画アート芸術家が描いていた四コマ漫画を掲載している、四コマ漫画劇場vol.7のページです。   当時書いてい …

バカオ イラスト

【四コマ漫画】もっとがんばれ!バカオ君 第34~42話

どうも! 漫画とアートを融合して創作を行う漫画アート芸術家の粕川です! このページでは粕川裕康が描いた四コマ漫画「もっとがんばれ!バカオ君」の第34~42話を収録しています。   漫画の後に …

動きの重いパソコン 四コマ漫画

パソコンの動きがあまりに重いから誕生した四コマ漫画!

Contents1 パソコンの動きがあまりに重いので思わず描いた四コマ漫画2 重いパソコンに対応するために最後の手段に出る パソコンの動きがあまりに重いので思わず描いた四コマ漫画 最近僕のパソコンの動 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。アートの要素を含んだ漫画制作をしています。油絵などアートも制作します。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!
******************************
出雲大社漫画イラスト
******************************

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!