天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康のブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

投稿日:2018年4月28日 更新日:

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。

 

この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。

父の肖像 油彩

 

僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事をしながらも、空き時間を見つけては油絵を描いています。

僕の中で絵画(油絵)を描くことは生きる上で欠かせない行為。

油絵を描くことが重要な活動だからこそ、自分の中で高いハードルを設けてきました。

満足のいく絵の仕上がりにならないと落胆し、ひどい時はしばらく油絵を描くことから離れることもあった。

 

しかし、油絵を描かないわけにはいかないのです。

僕は油絵において絶対に生み出すべき作品があります。

魂に刻み込まれたこの執念を実現するために今日も油絵の筆を握るのです。

 

このブログでは、あまり油絵の活動を書いてこなかった。

というのも自分の中で油絵を描く活動をどう情報発信すればいいかがよくつかめていなかったのです。

しかし色々な人のブログや情報発信を見るなかで、ヒントが見えてきました。

だからムダなものはそぎ落とし、単純明快に油絵を描く活動について書いていきます。

 

スポンサードリンク

人の顔を描く連作

僕は現在人の顔を油絵で描く連作を行っています。

人の顔を描く連作は2017年中ごろ辺りから行っていました。

父の肖像 油彩

 

人の顔を描くといっても写真をもとに描いています。

幸いなことに人の顔を描く機会をよくいただき、現在油絵は人の顔を描く連作オンリーで進んでいます。

 

油絵で人の顔を描くのは理由があります。

 

僕は画家として何を描きたいのかな?と思ったとき「生命を描きたい」という答えが見えたのです。

樹木や動物、人間や大地、太陽や水…この宇宙に息づく生命を絵画でとらえたいと思ったのです。

 

ここには「宇宙万物は一体である」という観念があります。

 

人間も動物も天体も、全ては一つのものから生まれました。

宇宙は初め小さな点であり、ビッグバンが起こることで宇宙が誕生しました。

宇宙は生成進化し、やがて地球や太陽、水や植物、動物や人間など生命を育んでいきました。

 

僕は宇宙そのものが生命体だと思っています。

宇宙という生命に包まれた天体、その中の地球に住む小さな人間。

宇宙と人間、大きさは違うけど生命である点で一緒。

 

僕は宇宙からなる生命そのものを絵画によって表現したいと思いました。

そしてまず手始めに生命体である、人の顔を描く連作を始めているのです。

 

人の顔を描いて、その人の魂をとらえる

絵を描く少年

絵を描く少年

僕が人の顔を描くときに考えることは「その人の魂をとらえる」ということです。

僕は人の顔の表面的な映像を描きたいのではありません。

 

その人間の最も奥深いところにある真実なもの、その人間の魂を描きたいと思っています。

 

「人の魂を描く」。

この大いなる仕事は地道な前進からしか生まれません。

 

現時点では写真から見える外観を描くことから抜けていない。

しかしこれを重ねるなかで、徐々に人間の奥深いものをとらえられるようになりたいと思っています。

 

人の魂の深淵を描くなかで、もはや顔の形にこだわる必要はなくなるかもしれない。

形態や色彩からも解放されるかもしれない。

人の顔というのは絵を描くきっかけであり、最終的にはそこから感じたものを描くことになるでしょう。

 

しかし少なくとも現時点では、きちんと人の顔の外観を描けるようになる必要があります。

僕は階段をのぼるように、一歩づつ着実に上がっていきたいのです。

 

人の魂を描こうとする場合写真を見て描くより、直に会って目の前で描いた方が良いでしょう。

ある程度その人のことを知っていたり話したことのある方が、絵も本質をとらえやすくなるでしょう。

実際に人を前にして描くという事も今後行っていこうと思います。

 

僕はいま油絵を描くという一大事業のスタートラインを切ったところにいます。

全ては小さな一歩の積み重ねから生まれるのです。

ここからより進化向上し、変化し続けていきます。

 

そしてその全ての軌跡を、このブログに書きましょう。

漫画とアートを融合する過程も含めて。

 

少なくとも今は着実に確実に、目の前にある人の顔をキチンと描けるよう取り組んでいこうと思います。

 

人の顔は十人十色、星の数ほどある。

しかし顔の造作をこえて、よりその人間の本質に迫るものを画家はとらえるのです。

人の顔の造作をこえた本質とは、その人間の「魂」のこと。

 

人の顔を描くというのは、その人間の魂を描くことなのです。

 

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="0014" name="愛野すず"]人の顔を描いた他の記事は、以下のリンクに載っています♪[/speech_bubble]

油絵で人の顔を描いた肖像画2点を紹介【2017年制作】!ココナラでの制作実績

肖像画制作ご依頼エピソードと絵画の完成について

 

油絵を描きたい心根を激白した4コマ漫画!2017年制作「赤ちゃんの油絵」を公開!195話

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="0018" name="粕川"]芸術とは自己の魂の表明である[/speech_bubble]

 

スポンサードリンク

-絵画について

執筆者:

関連記事

日本美術,絵画,特徴

日本美術の特徴とは?日本絵画を美術館でみてきた感想を告白!

どうも、漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です。 僕は今日幅広く日本美術が展示された美術館へ行き、日本絵画をみてきました。   このように森に囲まれた美術館です。 &nbsp …

平山郁夫,感想

平山郁夫の生絵画を観た感想とは?悠久のシルクロード展に行ってきた!

2016年11月9日水曜日、僕はとある美術館で「平山郁夫 悠久のシルクロード展」を見てきた。   この時ある発見をした。   それは「幻想的な絵」を形作る、要素についてだ。 平山郁 …

ゴッホ,イエロー

ゴッホが愛したイエローの魅力!手紙に書かれたクロームイエローの感動

  ゴッホといえばイエロー(黄色)。 ゴッホはクロームイエローを使って幾多の傑作を描いた。 僕もイエロー(黄色)の絵の具が好きなので、ゴッホがイエローを使いたくなる気持ちが分かる。 &nbs …

ゴッホとゴーギャン展,感想

ゴッホとゴーギャン展の感想を激白!天才が自分様式を見出した瞬間

ゴッホとゴーギャン展の写真 2016年10月15日の土曜日、東京都美術館にて「ゴッホとゴーギャン展」と、上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」を観てきた。 僕はゴッホとゴーギャンという芸術家が …

ライオン,油彩画

動物の絵を描く画家は自分スタイルの絵を探していた

どうも、油絵画家活動を行う漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です。   本日は僕が2017年頃に描いていた動物の絵を見せていきたいと思います。 上にのせた絵は友人からの依頼で …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/アート要素の入った漫画を描く表現者

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!アート要素の入った漫画を描く人です。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください⇒自己紹介記事を見てみる
漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

昔書いてたブログはこちら

猫のチッティのイラストバナー

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画
最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!