天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵の描き方

感覚で絵を描く創作法!雰囲気を感じてそのまま絵にしよう

投稿日:2016年12月25日 更新日:

絵,感覚,で,描く

 

感覚で絵を描く創作法がある。

僕は雰囲気を敏感に感じ取り、感覚で絵や漫画を描くことがある。

 

この記事では感覚で絵を描く創作法について書いていこう!

 

スポンサードリンク

なぜ感覚で絵を描く記事をかいたのか?

絵,感覚,で,描く

なぜ感覚で絵を描く創作法について書こうと思ったかというと、クリスマスの雰囲気に感動したからなのだ。

僕はこの記事をクリスマスの日に書いている。

12月25日。

 

クリスマスというのはとても雰囲気が良い。

そんな良い雰囲気を絵に描くというのは楽しいもの。

 

降り積もった雪に覆われたレンガの家とプルシャンブルーに彩られた夜空。

赤と緑のツリーが立ち並びコートを着た人々が街路を行く。

 

冬、とりわけクリスマスシーズンには「幻想性」を強く感じる。

 

幻想性は雰囲気がかもしだす。

 

「雰囲気」はアートを作るとき、着想の源となるのだ。

では、どう雰囲気を自己表現していくのか?

 

感覚で絵を描くには感動アンテナを磨く

絵,感覚,で,描く

 

雰囲気を敏感に察知する能力が、感覚で絵を描く創作の始まりとなる。

感覚を絵で描くには、雰囲気を敏感に感じとることが大切。

 

そのときそのとき自分が感じていることを自覚しておくと、感覚がつかみやすくなってくる。

 

しかし多くの人は良い感覚を感じても、それですませて作品制作に至るのは少ない。

 

身の回りには創作のキッカケがたくさん落ちているのに、当たり前という思考があってそこから発展しないのはもったいない。

 

感覚で絵を描く第一歩は「感動アンテナを磨くこと」。

 

何かを見て雰囲気の素晴らしさを感じられないと、そもそも始まらない。

素晴らしいと感じたとき、素直にいいなと思えるようになろう。

 

ちょっとしたことにも感動できる心をもっておくのだ。

 

普通に生活をしていると、素晴らしいものに出会っても「当たり前」という感覚が働いてしまい、感動まで届かないことが大きい。

 

素晴らしい雰囲気を素直に素晴らしいと思える力が創作の原動力になる。

感性を研ぎ澄ましておくことが大切。

 

そのための方法として

 

・様々な人と出会い様々な価値観を知る

・素晴らしい映画や音楽、本に触れて感性を磨く

・美術館などで作品を生で見てみる

 

自分の感覚に刺激を与えることによって感動に気づきやすくするのだ。

 

そのためには感動を受けられる人や作品や体験にどんどん投資すること。

貪欲に感動をつかみに行く!

 

感動によって感覚を刺激していると、さりげない雰囲気からでも多くの作品を作れるようになる。

 

素敵な雰囲気は注意していると様々なところに落ちている。

あなたにとっての素晴らしい雰囲気を察知することが創造の第一歩となる。

 

 

感覚で絵を描くには印象を頭に刻みつけろ

絵,感覚,で,描く

 

雰囲気を感じたらどうするのか?

 

その雰囲気を頭の中に刻み付けておくのだ。

雰囲気というのは漠然としたもので、その空間から生まれる全体的な印象から感知される。

 

感覚で絵を描くためには、脳内に雰囲気を焼きつけて、あとからそれを作ってみるといい。

 

頭に記憶されたその雰囲気はどんなイメージをもたらすだろうか?

雰囲気からいろいろなイメージを連想していき、その感覚で絵を描くのだ。

 

僕は以前クリスマスシーズンに素晴らしい雪景色をみて、その感覚を描いた絵がある。

 

img_1865

アクリル絵具+画用紙

 

あくまで雰囲気を描いているので細部描写はしていない。

心に残ったぬぐいがたい印象をそのまま描きとどめた。

 

宮沢賢治の詩に心象スケッチという、詩作の概念がある。

心象スケッチとは「心で感じたことを記録にのこす」詩の創作法。

僕はまさに雰囲気からもたらされた心象風景を描いた。

 

あなたが感じた感覚を漠然とイメージしてみよう。

その漠然としたイメージを色や形に置き換えて絵を描くと、感覚で絵を描くことができるようになる。

 

スポンサードリンク

雰囲気を描くことと普通に対象を描くことの違い

 

感覚で絵を描くことと普通に対象を描くのはどこが違うのか?

感覚で絵を描くのは、あなたが感じたものをどう表現するかというところに重要点がある。

 

実物を見て絵を描くときは、見えた対象をそのまま描こうとする。

しかし感覚で絵を描くときは、自由に対象を変形して自由に表現することができる。

 

以下の油絵はぼくが対象をみえたように描いたもの。

 

絵,感覚,で,描く

 

ここでは素朴に目に移った世界を描いている。

とくに変わった描き方をしているわけではない。

 

しかし感覚で絵を描くというのは、どう感じたかを描くということ。

感じたものを描くというのは、あなたの主観をそのまま絵に投影するのだ。

 

あなたが感じたのなら対象を大きく変形させたり、歪めても良い。

色も自由に扱う。

感覚で絵を描くのは、雰囲気を自由に表現するということ。

 

僕は雰囲気をもとにしてこんな絵を描いた。

 

絵,感覚,で,描く

 

これはある森を見て、その雰囲気、空気感に感動して描いたもの。

 

感覚という抽象的なものをとらえて表現する行為は、自己表現力を磨いてくれる。

感覚は他の誰にも感知できない、自分だけの印象。

そんな感覚でこそ絵を描こう。

 

僕は森を見て、全てが淡く溶かしだされる雰囲気を感じ、上の絵を描いた。

しかし他の人が見たなら別なふうに描くだろう。

雰囲気をどう感知するかは人それぞれ。

 

感覚で絵を描くことによってあなたのものの見方を示し、作品となる。

 

あなたにとって素晴らしい感覚を得たら、それを脳内に刻み込んでおこう。

 

雰囲気というのはその空間が発する漠然とした、何かしらの印象をもたらす体験。

雰囲気を感じて、感覚で絵を描くと、自分の感覚を自己表現できるようになる。

 

 

最後に

 

あなたが感じた雰囲気を自己表現する。

つまり感覚で絵を描く創作法についてみてきた。

 

雰囲気とは抽象的で漠然としたもの。

そんな感覚をもとにして絵を描く作業は、あなたの自己表現力を磨いてくれる。

 

対象をあるがままに写すのではなく、感覚を絵で表現する。

感覚は人によってみんな違う。

 

感覚で絵を描くことは、感じたことをどう捉える人なのかという自分自身の発見にもつながる。

 

雰囲気という創作衝動をつかむためには感覚を研ぎすませておこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

-絵の描き方

執筆者:

関連記事

no image

肖像画を制作する時に顔を似せるコツとは

  僕は2006年頃とある縁で似顔絵師をやっていたことがある。   イベント、お祭り、お店などでお客さんを前にして似顔絵を描いていた。   その時は色紙に鉛筆やパステルを …

下塗り

油絵の下塗りのやり方を紹介!下塗りをする意味や色とは?

  「油絵の下塗りってどうしてするの?」 こんな疑問を持ってる方がいることでしょう。 油絵はキャンバスに絵を描く前に下塗りをします。   果たしてなぜ下塗りをするのか? &nbsp …

少女

漫画のカケアミとナワアミを描くコツとは?使い方や本当の役割も紹介!

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は漫画のカケアミ、ナワアミの描き方や使い所について解説していきます。   カケアミと言えば漫画における効果の代表格 …

no image

詩と絵画を融合することで表現の幅が広がる?詩を絵に変換する方法!

  あなたは自分の表現の幅を広げたいと思ったことはないだろうか? 今日はあなたの表現の幅を広げる方法をお伝えする。 自分の表現にスランプを感じ出じた時、 より新しい方向へ自分の作品を広げたい …

絵を描く時周りと比較して落ち込むならこう考えよう!

      絵を描いていたけど嫌いになってしまったという悩みがある。 原因を調べていたらこういうもの。   ・他のうまい人と比較される ・自分が思い描いている絵 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!