漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のWEB漫画アート作品の公開、影響を受けた傑作やおすすめ商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

漫画キャラクターの作り方

【漫画キャラの作り方】キャラクター作りは絵から入って設定へ!

投稿日:

キャラクター 旗

「漫画のキャラクターを作りたいんだけど、どうしたらいいか分からない」

 

漫画のキャラクターを作りたいと思った時にまず何から始めたらいいのかについて迷う方もいるでしょう。

⇒前回の記事でキャラの6パターンを知っているとキャラクターを作る時に役に立つという事を書きました。

今回の記事では漫画のキャラクターを作りたいと思った時にまず何から始めていくのか?について書いていきますので、漫画のキャラクターが作りたい方は是非最後までご覧になっていって下さい。

 

スポンサードリンク

漫画のキャラクターは絵から入って設定を!

チッティ

漫画のキャラクターを作る際は以下のような方法が考えられます。

・絵から入って設定を決める
・設定から決めて後から絵を作る

 

漫画を描く人が他の表現者と異なる強みは絵が描けるという点です。

このように漫画描きは絵が描けるのだから、強みを生かしてキャラクターを作る際は絵(外見)から作っていくのがおすすめです。

 

僕は新しくキャラクターを作る時は必ずキャラクターの絵から描き始め、絵を描きながらキャラクターの設定を考えていきます。

なぜならキャラクターの髪型、身長、顔立ち、服装など外見的な要素はそのキャラを表わす最も分かりやすい目印であり、外見を見ただけでどんなキャラなのか分かるようなヴィジュアルが望ましいと思うからです。

 

まずはキャラクターの絵を描き、描きながら徐々にキャラクターの性格などを決め、それをキャラの外見に反映させるのです。

 

例えばおてんばで、やんちゃな女の子なら短髪につり目気味にしてみるとか、おとなしい女の子なら前髪を揃えて眼鏡をかけてみるとか。

 

僕は漫画のキャラクターというのは絵を見ただけで大体どんな奴なのかが分かるように描くのが良いと思っています。
なのでキャラクターの特徴にデフォルメ、強調を行い分かりやすい外見的要素を付け加えるようにしています。

 

ともかく漫画のキャラクターを作る時はまず絵から描き始め、描く中で詳細な設定を考えていくようにしましょう。

 

キャラクターの顔、体形、服装を考える

キャラ 表情
まずはキャラクターの顔、体形、服装を描いてみて下さい。

キャラクターというのは一発で完成系が生まれる訳ではなく、何度も描き、失敗しては描き直す過程で形が作られて行きます。

キャラクターの性格をイメージしてビジュアルに表したらどうなるだろう?とイメージするのです。

 

キャラクターを作る時は、生み出そうとしているキャラクターのおおよその特徴を文字で書き出して下さい。

想像力を駆使し、書き出したキャラクターの要素を基に絵というヴィジュアルに変換していきます。

 

例えば「プライドが高い、人の言う事を聞かないお坊ちゃま」ならどんな外見をしているだろう?と考えてみます。

もしイメージが浮かばなければ、インターネットの検索欄に描こうとしているキャラクターの要素を文字で打ち込み、赤枠「画像」をクリックする事で検索結果として出てきた画像を見る事が出来ます。

 

プライド 画像

例えば「プライド 高い 男」で検索し、出てきた画像を見ていく中で、「プライドの高い男」に共通する要素を抜き出していくのです。

それは視線の鋭さかもしれないし、ベジータのような顔かもしれない…

 

画像をそのまま真似るのではなく、「共通する要素」を抜き出して自分の絵に混ぜて描いてみるのです。

こうする事で様々なキャラクターの外見を描く時に役に立ちます。

 

キャラクターの外見から生活をイメージする

キャラ ラフ画

キャラクターを考える時外見からその生活をイメージしてみると発想が浮かびやすくなります。

例えば

 

・そのキャラクターはどんな服を着ているのか?
全身ジャージなのか、安い量産品の服なのか、高級ブランドの服を着ているのか?
・髪型をまったく気にしない人なのか、ワックスできっちり整えているのか?
・どんなアクセサリーを身につけているのか?

 

外見はその人の内面の表れでもあるので「どうしてそういう外見をしているのか?」と考えていくとキャラクターの内面にまで迫っていく事が出来ます。

 

キャラクターの外見を描きながら、その生活にまでアイデアを膨らませていく感じですね。

 

例えば髪が長くて金髪の男性ならどんな性格をしてるだろうか?と考えてみます。

彼は目立ちたがり屋かもしれない、不良の仲間がいるのかもしれない、自分を髪の毛という外見で表現したい自己主張の強い人なのかもしれない、学校生活が性に合わず退学した人なのかもしれない、パンクロックミュージシャンなのかもしれない…

「髪が長くて金髪」という外見だけでも上の様にキャラクターの性格をうかがい知る事が出来ます。

 

キャラクターを作る時、絵から入って後から設定を考えるメリットはここにあります。

キャラクターの外見を絵で決めていく中で、外見から見えてくるキャラクターの性格、人間関係、人生などがイメージしやすくなるのです。

 

こうしてキャラクターを描く中で生まれた発想は紙の隅にメモを取っておきましょう。

ここでメモしておいた発想は漫画の中で小ネタとして使えるかもしれません。

 

キャラクターの外見を描く事で生まれるイマジネーションを大切にし、そこから生活や人間関係などの設定に繋げていきましょう。

 

キャラクターの全身図と表情を描く

 

キャラクター ラフ画

表情 キャラ

キャラクターを作る時は全身図と表情を描いていきます。

なぜなら漫画の中でキャラクターを動かす時、そのキャラの全身像、様々な表情を描き分けられる必要があるからです。

 

全身を描く時も前後左右、斜め上や下からなど、あらゆる角度からキャラクターの姿を描けると漫画を描く時に役に立ちます。

毎回同じアングルからしかキャラクターが描かれていないと、退屈な画面になってしまいますね。

なので画面に動きやメリハリをつける為にもあらゆる角度からキャラクターを描く練習をしておて下さい。

 

また漫画では表情によって、キャラクターの感情を表わすことが出来ます。

なのでキャラクターを作る際は最低「喜怒哀楽」などの基本的な感情を表わす顔は描けるようにしておきましょう。

 

例えば
・嬉しい表情
・怒った表情
・悲しい表情
・笑った表情
・むなしい表情

など様々な感情を表わす表情をキャラクターごとに練習していくのです。

 

またキャラクターの顔を描く時は「あいまいな表情」を描く練習もしておくと役に立ちます。

 

現実世界を生きる僕達は「嬉しい」とか「怒り」とか言葉でくくれない表情をする時があります。

例えば「悲しさのどん底に突き落とされて泣きたいのに、皆の前で明るくふるまって話をする」という場面の表情もあるでしょう。

 

言葉では表せない微妙な表情を描く練習もしていると、いざ漫画でそんな場面を描く事になった時に役に立ちます。

また多様な表情を描く練習をしておく事でキャラクターを描く表現の幅が広がりますね。

 

最後に

ハヤト ガス夫

漫画のキャラクターを作る時はまず絵(外見)から描き始め、描く中で生まれるアイデアからキャラの設定を決めていくと作りやすいという事について書いてきました。

 

外見はその人を明確に表しています。
なぜそのような外見をしているのか?と考える事でキャラクターの内面にも迫っていく事が可能です。

 

もちろんキャラクターの設定から外見を作っていくという方法もありです。
あなたにとって最も作りやすい方法でキャラクターを生み出していくのがベスト。

まずは深く考え込まず、気軽にキャラクターの外見を絵で描く事から始めてみましょう!

スポンサードリンク

-漫画キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

農夫キャラクター「ブキミ君」四コマ漫画

農夫キャラクターブキミ君の誕生秘話にはあの画家が関係していた!

この記事では農夫のキャラクター、ブキミ君の登場する四コマ漫画を紹介します! ブキミ君はひたすらに畑をたがやす謎の農夫キャラクターです。   また農夫キャラクターブキミ君の誕生秘話についても記 …

チッティボートに乗る

チッティボートに乗る(2010年)猫漫画のキャラクターについて

  Contents1 最初期のころの「猫のチッティ」2 作者と共に成長するキャラクター3 漫画のキャラクターは役者 最初期のころの「猫のチッティ」 今回の漫画「チッティボートに乗る」は粕川 …

宇宙からの落とし物

宇宙人キャラクターを生み出す人が行う映画やゲームの秘密の楽しみ方

宇宙人 キャラクター   こちらは漫画アート芸術家が2012年頃に描いた「宇宙からの落とし物」という漫画に登場する宇宙人キャラクターの「パム」。   世の中に宇宙人のキャラクターは …

漫画,キャラ,真似

既存漫画キャラの真似でキャラ創作をして気がついたこと

    僕は小学校のころ既存の漫画キャラの真似をして漫画を描き、漫画創作の練習をしていたことがあります。 この記事を読む人の中には、漫画を描きたいけどキャラクターが思い浮かばないと …

短編漫画のキャラクターを作る為の6つのキャラクターパターン

短編漫画のキャラクターを作る為の6つのキャラクターパターン

  「漫画のキャラクターはどうやって作ったらいいんだろう?」 「漫画のキャラクターを作るためのマニュアルみたいなものはないかな~…」 とお考えのあなたに本日は短編漫画のキャラクター6つのパタ …

スポンサードリンク

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!