天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

人生遍歴 漫画作品集

【1ページ漫画】東京行きを考えてた2010年作の漫画と上京体験談を告白!

投稿日:

東京,漫画
上京を考えていた頃の1ページ漫画記事表紙

2010年の年末、群馬に住んでいたぼくは東京行きを考えてました。



この記事には、当時の思いを描いた1ページ漫画が載っています。



漫画の後には、東京行きを実行した2010年年末の、人生体験も書きました。




それでは、漫画にいってみましょう!


スポンサードリンク

これからどうする?【1ページ漫画】 2010年制作

 東京,漫画
1ページ漫画「これからどうする」2010年作

ぼくは当時、本気で東京行きを考えていたのです!

東京行きを考えた1ページ漫画について

東京行きを考えた今回の1ページ漫画は、原稿用紙に筆ペンで描きました。


スクリーントーンも使ってあります。




このブログでおなじみのキャラクターも出ていますね。

栗のマロロンがいる漫画画像

栗のマロロンがいる漫画画像

おお!2010年当時のせっしゃがいるでござる!

ブキミくんがいる漫画画像

ブキミくんがいる漫画が像

おらも…おらもいるだども!

もろ星ハヤトの漫画画像

もろ星ハヤトの漫画画像

このときの俺は、今以上にデフォルメされてるんだな♪


ぼくは自身のキャラクターを使い、漫画のなかで東京行きを宣言したのです!





ではなぜ粕川は、2010年年末に東京行きを考えたのか?

このあたりの人生模様を書いてみます。



東京行きを考えていたころの人生とは?

ぼくは2009年にアート&デザイン系の専門学校を卒業して以来、東京へ行こうと考えていたのです。




東京へ行くには資金が必要なので、仕事をしながら上京するタイミングをうかがっていました。



そして2010年年末に、東京行きのタイミングが到来したのです。



なぜ東京行きを考えたかというと、本格的に漫画アート活動をするため

東京なら人も仕事も多いので、地元にいるより良いだろうくらいの、軽い考えでした。



またそのころは、実家に居づらい雰囲気もありました。

これらの理由からぼくは東京行きを決意したのです。




上京する2か月前、東京で開かれていたゴヤ展に行ったことが忘れられません。

黒い怪物の絵などを描いた、スペインの画家ゴヤ展をみてきたのです。



東京へいくのはよいですが、当時のぼくには資金がありませんでした。



でも2010年年末には東京へいかなければならない。

切羽詰まった状況でした。




こんなときに描いた漫画が、今記事に掲載した「これからどうする」だったのです。


ぼくは漫画で東京行きを宣言し、自分を奮い立たせていたのです!


東京に上陸した漫画アート芸術家

忘れもしない2010年12月27日、ぼくは東京に上陸しました。




東京に引っ越すお金なんてありません。


とりあえず東京へ行き、住み込みの仕事を探せばなんとかなるだろうと思っていたのです。



東京は、とにかく人が多い。

これには困惑しました。


しかも東京の地理を知らないので、人ごみの中を歩いて、さまよっていたのです。



ぼくはあまりにも無謀でした。


なんとなく東京へ来て、どうにかしようと思っていたのですから。





明確な目的もなく、とりあえず東京にきた僕には、すべてが無味乾燥でした。


まるで味のしないカステラを食べるように、違和感があったのです。




このときぼくは東京で、尋常でないほど心の空白を感じたのです。




ぼくは東京にくるタイミングが早すぎたのです。



2010年当時の自分は、地元でやることがまだ残っていました。


それに東京へ来てから気付いてしまったのです。



ぼくはこれ以上、東京にいることはできませんでした。




それで東京へ着いた次の日に、地元へ帰ることにしたのです。

本当にタイミングが整ったときに、再度上京しようと思って。




群馬に戻る前、東京でやっていたレオナルド・ダ・ヴィンチに関する展覧会だけはみていきました。



こうしてぼくは2010年年末に上京し、次の日には地元に帰るという、こっけいな体験をしたのです。



ぼくは 今の時代、無理に東京へ行く必要はないと思いますね。

なぜならインターネットがあるので、東京でなくても仕事や活動はできるからです。



東京に行くことで得られるメリットもあります。

しかし東京で得られるメリットは、ぼくにとってはそんなに重要でなかったのです。




今はインターネットのおかげでどこにいても仕事、活動ができるので、本当にありがたいことです。


この恩恵を十分に活用して、素晴らしい人生を生きましょう!


東京から戻ってきてどうしたの?

ぼくは2010年12月28日に地元に戻り、とりあえず年末年始をゆっくり過ごしました。

この期間に心身を整え、創作も再開しました。



そして2011年1月初頭から、また資金を作るために動き出したのです。


ここから先の人生遍歴は、また次の機会にしましょう♪

漫画作品一覧ページを見たい人はここをクリックするぞよ

今日もブログにご訪問してくださり、ありがとうございました♪

スポンサードリンク

-人生遍歴, 漫画作品集

執筆者:

関連記事

ユーチューバー,何をする

ユーチューバーとして何をするか迷った時の3つの道しるべとは?動画の方向性を見つけた体験談を1ページ漫画で描く

ユーチューバーになるとして、どんな動画を撮るかというのは、重大な問題かもしれません。ぼくも2020年に本格的にユーチューバー活動を始めたので、何をするかについてはいろいろ考えました。ここにはユーチュー …

変身!ドクロイド,月世界大戦争編,

月世界人が危機に陥る漫画を紹介!月世界人が登場するSF古典小説のあらすじ概要とは?【21話】

ここには月世界人が危機に陥る、1ページ連載漫画「変身!ドクロイド~月世界大戦争編」21話「月世界人の隠れ家」の巻が載っています! ⇒第20話から読みたい方はこちらのリンクをクリック ⇒第1話から読みた …

大地と理香,漫画

大地と理香の物語がブログ漫画アートで始動!1ページ完結でわかる理香の正体とは?

  「大地と理香の物語」がブログで始動! 今回筆者はブログではじめて「大地と理香の物語」の漫画アートを公開しました。 [speech_bubble type=”std” subtype=”L …

ムーンブライダル002

SF漫画「ムーンブライダル」を紹介!月で人間が宇宙人と結婚式を挙げる漫画【2011年】

人間が月で結婚式を挙げる漫画? そう、月で結婚式を挙げるから「ムーンブライダル」なのだ! ここには月で人間が結婚式を挙げることになる、SF漫画「ムーンブライダル」が載っています。 ムーンブライダルは、 …

週刊少年ジャスト,3号

真・バカオクエスト3話と週刊少年ジャスト3号を紹介【2001年制作】

  この記事にはぼくが高校3年生のとき(2001年)に、クラスメートと作った雑誌(同人誌)「週刊少年ジャスト3号」と、そこに掲載されていた「真・バカオクエスト」3話が載ってます! &nbsp …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、自分の中で漫画とアートは一つとなり「漫画アート」の創作を始める。2010年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスでブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。これら全部ひっくるめて漫画アートです。僕にとって生きること全体が漫画アート!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。詳細なプロフィールページはただいま作成中。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!

天才漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画
最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!