漫画アート芸術家のネットビジネス奮闘記

漫画アートの創作や文章を書くことが好きで、社会の底辺で生きてきた漫画アート芸術家が、お金と自由を手にするためにネットビジネスに取り組む奮闘記ブログ。

絵画について

ゴッホ展の感想を紹介!こうして私はゴッホになった展のネタで描いた漫画

投稿日:2017年12月16日 更新日:

愛野すず
この記事では2010年に漫画アート芸術家がゴッホ展に行くまえのワクワク感を描いた漫画と、ゴッホ展の感想について書いています!

 

バカオ
まずはゴッホ展へ行く前のワクワクを描いたという漫画を楽しんでね~!

バカオ 漫画 ゴッホ展

バカオ 漫画 ゴッホ展

バカオ 漫画 ゴッホ展

バカオ 漫画 ゴッホ展

バカオ 漫画 ゴッホ展

スポンサードリンク

ゴッホ展の感想!「こうして私はゴッホになった」

この漫画は2010年に粕川が制作した漫画「もっとがんばれ!バカオ君」である。

この漫画は2010年に新国立美術館で開催されたゴッホ展「こうして私はゴッホになった」に行くまえの楽しみな気持ちから生まれた。

 

僕は2010年「こうして私はゴッホになった展」へ行き、生まれて初めてゴッホの絵画を生で鑑賞した。

 

さて、ここからゴッホ展の感想を書いていこう!

 

この展覧会はゴッホが画家になるまでの経緯をたどるもので、まだゴッホが修行時代のデッサンから晩年までの作品が展示されていた。

またゴッホがアルルで住んだ部屋も実物大で再現されており、とても面白い展覧会だった。

 

僕がファン・ゴッホの生の絵画を初めてみたときの感想はこうだ。

 

「開き直ったようにシンプルな絵画」!

 

ファン・ゴッホは27歳で画家を志したときオランダでミレーの影響を感じさせる暗い色調の農民画をたくさん描いていた。

その後フランスに出てきて印象派の絵画を知り、様々な画家の影響を取り入れながら自分の絵画を模索する。

1888年アルルにやってきて、この地でゴッホはファンゴッホ様式の絵画を生み出すことになる。

 

展覧会でまだオランダの修業時代に描かれたデッサンを見ていると、アカデミックな絵の技術を取り入れようと必死で取りくんでいる様子が感じられた。

初期のゴッホは敬愛していたレンブラントのように重厚なタッチで、自画像や人物を描いている。

 

ゴッホは独学の画家だ。

 

弟からバルグの教則本(デッサンの描き方が書かれている本)をもらい、一人自然を前にして美術の基礎的な技術を養っていた。

生で見たゴッホのデッサンからは本気で画家になろうとする男の真剣さが感じられた。

 

真剣に画家になろうとする男の情熱がひしひしと伝わってくる、そんな感想なのだ。

 

しかしゴッホがその才能を開花させたアルル時代の絵画からは、修業時代のゴッホとは明らかに違う印象を僕は受けた。

アルルへ行くまで様々な絵画の知識、技術を学び、自分の絵を探していたゴッホがついに本来の自分に立ち戻ったような感じなのだ。

 

とくに「アイリス」や「ゴーギャンの椅子」を見ているときに「俺はこれでいいんだ!」と開き直ったようなシンプルかつ力強いゴッホの気持ちを感じた。

 

ゴッホ絵画のシンプルさの原因はフランス時代に知った日本の浮世絵の影響からきている。

他にもゴッホはミレーやレンブラント、ドラクロワやスーラなど、様々な画家の表現を消化吸収しながら自分の絵画様式を作っていく。

 

様々な作家の影響を受けながらも最終的に「俺はこうだ!」と本来の自分に原点回帰したのがアルル以降のファンゴッホだったんだなと思う。

色んな作品の要素をとり入れながらも最後に重要なのは「自分らしい開き直り」なんだとゴッホ絵画を見て痛烈に感じたのであった。

 

ゴッホ展の感想、それはなによりゴッホ自身が自らの強みに気がつき「これで行くんだ!」という決意をする様子がとても感動的だった!

 

スポンサードリンク

ゴッホ展へ行く前のワクワクを描いた漫画

僕は2010年当時、生まれて初めてゴッホ絵画が見れるのでとても楽しみにしていた。

ゴッホ絵画が生で見れるワクワク感を漫画で描いたのが今回の短編漫画である。

 

作中にはバカオの友達のスーパーマンというキャラクターも登場している。

 

スーパーマン イラスト

 

このスーパーマンというキャラクターは粕川が小学校のころに描いていた「もっとがんばれ!バカオ君」にもレギュラー出演をしていた。

 

粕川にとって漫画や絵画を描くというのは自分を強烈に表現すること。

なので生活の中で感じたことは何でも漫画のネタにするのだ。

特に初めてゴッホの絵画が見れるという一大イベントは漫画のかっこうのネタとなった。

 

この「自分が感じたことを漫画や絵画で表現する」ことでいくらでも作品を生産出来るようになる。

 

絵画や漫画を生み出すときには自分自身の感覚と向き合い、自分にとっての真実を色彩や線や物語やキャラクターにのせて創作すればいい。

あなたにとって本当のことを漫画や絵画にのせて発信するのだ。

 

生きる中で生まれるあらゆる思いが創作の種になる。

自分自身に創作の源をおいたとき、枯れることのない創造性があふれだすのだ

 

ゴッホとゴーギャン展へいってきた感想を書いた記事は以下のリンクからどうぞ!

ゴッホとゴーギャン展にて感じたゴッホ絵画の印象について

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサードリンク

-絵画について
-,

執筆者:

関連記事

ピカソ,キュビズム

キュビズムとは何?ピカソ達が生み出した20世紀の革命的表現に迫る

あなたはキュビズムという言葉を聞いたことがあるだろうか? 20世紀の美術史上を革命した絵画運動である。   キュビズムの創始者の一人がスペイン生まれの芸術家パブロ・ピカソ。   ピ …

絵の価値とは

絵の価値とは何か?芸術とは何か?その本質を知りたければこれを読め

    絵の価値とは何か?   アートの世界には、よく分からない作品にものすごい価値が付いたりする。 絵のことを良く知らないとなぜこんな絵がそんなに高いのか?と思う事もあ …

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

悲しみ,絵

悲しみの気持ちを絵で描くとどうなる?感情を絵で自己表現した方法

  この絵は僕が悲しみの気持ちを絵で描いたもの。   人の感情は絵にすることができる。   あなたがもし悲しみの気持ちになったらどうするだろうか? 僕なら悲しみの気持ちを …

ダリ展,国立新美術館

国立新美術館で見たダリ展の感想を告白!ダリ絵画が激変した瞬間とは?

国立新美術館でダリ展がやっていたことがある。   僕は2016年11月19日土曜日、東京都六本木にある国立新美術館にて「ダリ展」を見てきた。 素晴らしい体験だった!   ダリといえ …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!