天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵や漫画を描いて生きていく

web漫画描きのマーケティング戦略!最大限魅力を引き出す3つの知恵

投稿日:2018年1月6日 更新日:

web,マーケティング,漫画

 

 

web漫画描きはマーケティング的な視点を持って作品を制作していく必要を感じています。

なぜならマーケティング視点のないままweb漫画を描くと読まれなかったり、自分の漫画の魅力を最大限発揮できなくなってしまうからです。

 

いまは商業漫画誌でデビューしなくとも、ネット環境があればだれでも漫画を発表できます。

コミケなどで漫画の同人誌を作って販売することもできます。

 

誰もが漫画を描き、公開できる時代にあるのです。

 

そのため、自分のweb漫画独自の魅力を明確にし、想定読者に届けていかないと誰にも読まれない漫画になってしまいかねません。

 

そのために必要なのがweb漫画描きのマーケティング視点です。

 

この記事ではあなたのweb漫画の魅力を最大限引き出し、読者に楽しんでもらうために必要なマーケティング戦略について書いていきます!

 

スポンサードリンク

web漫画描きが知るべきマーケティング戦略

web,マーケティング,漫画

 

マーケティングとはある商品が効率よくたくさん売れるようにするための一連の施策のことをいいます。

漫画でいえば自分の漫画の魅力を最大限生かし、想定読者に楽しんでもらうための戦略みたいなものです。

 

とくに以下の3つのことを明確にしていくことが大切です。

 

・描こうとしているジャンルの漫画の市場や競合の状況を知る

・ターゲット読者を明確にする

・自分独自の漫画の魅力、立ち位置を明確にする

 

 

これを実行することで、あなたのweb漫画をその他多くの漫画と差別化して、想定読者に読んでもらいやすくすることができます。

 

以下に一つ一つ解説していきます。

 

web漫画マーケティング1.描く漫画ジャンルの市場規模や競合を知る

web,マーケティング,漫画

 

まず自分が描こうとしている漫画の市場を知る必要があります。

 

市場を知ることで、そのジャンルの漫画がどれくらい売れる見込みがあるかの見込みがつきやすくなるでしょう。

またそのジャンルの漫画を描いたとき、どのくらいの潜在的読者がいるかを把握することができます。

 

漫画を読む読者数はジャンルによって変わってきます。

 

スプラッターホラー漫画を読む読者数と、少年冒険もの漫画を読む読者数では違いがあります。

スプラッターホラー漫画よりは少年冒険もの漫画を好んで読む読者のほうが多いでしょう。

 

例えばaジャンルの漫画の市場規模が100万人、bジャンルの漫画の市場規模が1万人だったとします。

 

すると100万人規模のaジャンルの漫画を描いた方が、よりたくさんの人に読まれる可能性があります。

仮にその漫画がヒットしたら、よりたくさん売れるのはaジャンルのほうでしょう。

 

一方bジャンルの漫画の市場規模は1万人です。

仮にbジャンルの漫画でトップクラスの漫画になっても、最大売れる可能性のある数字が1万人で限界です。

 

その漫画ジャンルの市場規模を知ることでどのくらい潜在的見込読者がいるか分かり、売れた場合の爆発力の予想がつくのです。

 

web漫画を描くときは自分にしか描けないニッチジャンルを見つけろ

web漫画を描くときは自分にしか描けないようなニッチジャンルを狙うのが良いと思います。

 

なぜならインターネットを使えば、日本中の読者にむけて漫画をとどけることができるからです。

webマーケティングなどの知識を駆使して、日本中にいるターゲット読者に作品を見つけてもらうことができる時代なのです。

日本中の人が対象になるので、ニッチなジャンルでも読んでくれる人はいるはずです。

 

現代の漫画はジャンルも多様化しています。

例えばホラー漫画にしても、色々なジャンルのホラー漫画がありますよね。

 

スプラッター系ホラー漫画から、心霊系ホラー漫画、人間の狂気にひそむホラー漫画から

、ゾンビものなどいろいろあります。

ホラーというジャンル一つとっても、そのなかには細分化されるジャンルがあるのです。

 

web漫画描きは描くジャンルを明確にし、自分にしか描けないニッチジャンルを描くのです。

 

漠然とした「少年冒険もの漫画」という企画で漫画を描くのでは、作品の方向性がはっきりしません。

 

例えば「西部劇の世界を舞台に、一匹狼のガンマンがならず者のゾンビたちと戦っていく冒険ホラー漫画」という風に、作品の方向性を明確にしていきます。

この企画の質や内容はともかく、西部劇とホラーが好きな人には興味のある企画になるでしょう。

 

描くweb漫画のジャンル、方向性を絞ることで、そのジャンルに興味のある人に読んでもらいやすくなります。

 

いっぽう「甲子園を目指す野球少年の漫画」などのように、漠然とした企画の漫画では読者に興味をもってもらうのは難しいでしょう。

なぜなら甲子園を目指す面白い漫画はほかにもたくさんあるからです。

 

たくさんある漫画のなかから自分の漫画を読んでもらうためには、描くジャンルを明確にし、自分にしか描けない方向性から漫画を描くことが大切になってきます。

 

描く漫画ジャンルの競合状況を把握する

web,マーケティング,漫画

 

自分が描く漫画ジャンルの競合の状況を知ることも重要です。

自分と似たジャンルの漫画を描いているライバルはどのような作品を作ってるかを知るということですね。

 

競合の漫画を調べないと作品がかぶったり、差別化がしずらくなったりします。

 

例えば「ファンタジー世界を背景に巨人と戦う人間」という漫画では、すでに「進撃の巨人」というヒット作品があります。

これを知らずに同じような企画で漫画を描いては作品が似てしまい、超強い競合のいる土俵に自ら上がり込んでいくことになります。

 

それでも勝てる自信があれば良いです。

しかしビジネスとして考えたとき強敵がたくさんいるレッドオーシャンを狙うくらいなら、ライバルの少ない領域を狙うほうがぼくは良いと思います。

 

これも程度問題で、あんまりニッチすぎる市場だと読者の絶対数が少なくなってしまいます。

なのである程度読者ボリュームのあるジャンルのなかで、自分にしか描けない方向性にかじを切ってweb漫画を描くのが良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク

web漫画マーケティング2.ターゲット読者を明確にする

web,マーケティング,漫画

 

web漫画を描くとき、その漫画を読むであろう想定読者を明確にすることが大切です。

その漫画に興味を感じて読んでくれるのは、どのような読者層なのかを知るということです。

ターゲット読者の性別、年齢、趣味や関心、生活環境などを把握していきます。

 

ターゲット読者を明確にすることで、その人が喜ぶような展開を漫画で描くことができます。

 

漫画ではキャラクターに共感してもらうことが大切です。

ターゲット読者がはっきりしてればその人が何に共感するかが分かるので、漫画に落としこむことができます。

 

ターゲット読者を知れば、その人が喜ぶツボや興味のあることがわかります。

ターゲット読者の興味や喜ぶツボを漫画に反映させれば、あなたのweb漫画に関心を持たせ、楽しんでもらうことができます。

 

ターゲット読者を明確にすることで、どんな漫画を描いたら喜ばれるかが分かるのです。

 

ターゲット読者を分析して、この人たちを楽しませるためにはどんな漫画にしていけばいいのかを考える。

もちろん自分が表現したいものと組み合わせて。

 

「ターゲット読者を絞り、その人を最高に楽しませる漫画を自分の個性を生かしながら制作する」

これが大切だなと強く思いました。

 

対象読者を定めずに漫画を描くというのは、標的の定まらない的に矢を打つようなものです。

漫画は描くのにただでさえ労力を使うので、人に読まれない漫画を無駄撃ちするのはもったいないです。

 

なので漫画を描くときは対象読者をはっきりさせて、その人が喜ぶような漫画を作っていきましょう。

 

 

web漫画マーケティング3.自分の漫画の魅力を明確にする

web,マーケティング,漫画

 

web漫画マーケティングとして、自分が描く漫画の個性や魅力、立ち位置を明確にすることも大切です。

 

たくさんいる漫画描きのなかで自分が描く漫画の特徴、強み、独特な面白さは何なのかを考え抜き、それを漫画に反映させるのです。

 

膨大な量のweb漫画のなかで自分の漫画を目立たせるには、自分にしかない強みを研ぎ澄ませる必要があります。

 

自分の漫画の魅力を最大限引き出すには、長所をとことん伸ばすのです!

なかには短所を磨いて、短所を平均的な状態にもってこようとする人もいます。

 

でもぼくは長所を徹底的に磨くことが大切だと感じます!

なぜなら漫画が飽和している現代で、平均的な漫画では人の注目を引くのが難しいからです。

短所を磨いて平均的な状態にもっていっても、そのレベルの特徴を持つ人はゴマンといるからです。

 

それなら自分にしかない独特な長所を、誰もまねできない高さにまで磨き上げたほうが良いです。

作家が自分の強みに気づいて極限まで先鋭化させることで、ほかの人には描けない漫画になります。

 

web漫画を描く本人の特徴、強み、個性を把握してとことん磨いていくことで、あなたの魅力を最大限引き立たせることができます。

 

web漫画描きのマーケティング戦略の最後に

ここまでweb漫画における基本的なマーケティング戦略を見てきました。

ぼく自身ここに書いたことを実践できるように修行をつんでいる身にあります。

 

マーケティングはビジネスにおける基本。

 

漫画を描くのもビジネスとしてみると、意識が変わってくるものです。

漫画を描くときにも、マーケティングの知識は役立つのです。

 

1.描こうとしているジャンルの漫画の市場や競合の状況を知る

2.ターゲット読者を明確にする

3.自分独自の漫画の魅力、立ち位置を明確にする

 

 

漫画は読んでくれた人を楽しませる役目があります。

漫画をより多くの人に楽しんでもらうためには自分の漫画の方向性を明確にし、ターゲット読者を見定める必要があるのです。

 

現代はネットを通じて世界中の読者にリーチ出来るので、マニアックなジャンルの漫画でも目をとめてくれる人はきっといます。

 

王道漫画で勝負したいなら堂々とメインストリームを行けばいいのです。

 

たくさんの人が漫画を描き、手軽にネット上で漫画が発表できる時代。

 

この状況で少しでもあなたの漫画を目立たせるにはマーケティング的視点を持ってweb漫画制作を行う必要があります。

 

つまり

 

・誰に向けて、どのような漫画を届けるのか?

・いかにターゲット読者にあなたという漫画描きを認知してもらうのか?

 

 

こういう事を深~く考えながら漫画を制作していくことが大切だなと強く思いました。

 

 

以下の記事でもマーケティング視点で漫画を描くことについて書いていますので、興味のある方はどうぞ♪

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

 

 

 

愛野すず

毎度ブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

スポンサードリンク

-絵や漫画を描いて生きていく
-

執筆者:

関連記事

そびえたつビルの画像

社会の仕組みを知ることで分かる自分らしい生き方!表現者が生きていくために知るべき事とは?

  社会の仕組みを知ることで、本当に自分らしい生き方にシフトチェンジできる。 ぼくはそう思っている。   今僕たちの生きる社会の仕組みにあるのは、金融資本主義。 これが、世の中を支 …

デジタル漫画,アナログ漫画

アナログ漫画をデジタル漫画化する非効率性に気づいて方向転換した話~177話

  ペン入れまでしたアナログ漫画をデジタル漫画に加工するのは手間がかかります。   ぼくは長いこと漫画のペン入れまでを手描きで描く、アナログ漫画制作スタイルをとっていました。 アナ …

マーケティング

漫画描きにはマーケティングが必要?自作漫画を差別化して目立つ方法

  どうも、漫画アート芸術家の粕川です。 本日は「漫画描きはマーケティングを学べ!」という事について書いていきます。 マーケティングはビジネスの世界で使われる言葉ですが、いまいちわかりづらい …

ココナラ 四コマ漫画

ココナラで四コマ漫画を描く方法!頂いたアイデアを漫画にしよう

  どうも、漫画アート芸術家の粕川です(@artkasukawa)!   「ココナラ(coconala)」って知ってますか? ココナラの画像   ココナラは1コイン(50 …

web漫画,読まれない

漫画家の卵がブログを始めた方が良い理由とは?新時代の自己PR法を手にせよ!168話

どうも、漫画とアートを組み合わせた創作活動を行う自称天才漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です!   この記事では、漫画家の卵は総員ブログを始めた方が良いよ!っていう事を、僕 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画