天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

芸術

アートを生活空間に置くことで得られるメリットとは何か!

投稿日:2016年12月6日 更新日:

アートが生活空間の中にある画像

 

アートを生活空間に置くメリットは何だろう?

●生活空間が華やかになる

●アートによって、生活空間自体が表現となる

 

筆者は、こんな風に感じる。

 

日本人は素晴らしいアーティストを生み出しているけど、アートを買って生活空間におく習慣は少ない。

海外では、アートを生活空間に置く習慣が日本よりも浸透している。

 

しかし日本では、アートは美術館で鑑賞するものという価値観があるようだ。

日本では、生活空間におくほどアートが身近でないのかもしれない。

 

この記事では生活空間にアートを置くことの価値について、筆者なりの見解を書いていこう。

スポンサードリンク

生活空間にアートを置くときの基準とは?

アートを生活空間に置くときの基準は、その作品が好きかどうかにある。

 

アート作品は高いから、そうそうたくさん買えるものではない。

アートは1点ものの作品なので、世の中に一つの希少性がある(例外もある)。

だからアートは価格が高いのだろう。

高いお金をだしてアートを買うなら、やっぱり好きと思える作品を飾りたい。

 

アートには美しい作品もあれば、意味の分からない作品もある。

 

アートを買う人は、なぜその作品を欲しいと思うのだろう?

●作品が良いと思ったから

●生活空間にアートを飾りたいと思ったから

などいろいろ理由はあると思う。

 

何かを好きになる時、その理由を説明するのが難しいことがある。

好きという感覚は、直感的なもの。

でも、好きなのは確かだ。

 

生活空間に飾るアートを選ぶときは、自分がその作品を好きかどうかで選びたい。

どんな内容のアートでも、好きと感じたら生活空間に置く価値がある。

歴史的な位置づけや、作品が持つ意味など、アートの価値をはかるものさしはいろいろある。

でも最終的にアートを買うかどうか判断する時、あなたの感覚を頼りにしたほうが良いだろう。

 

生活空間にアートを置けば、いつも視界に入ってくる。

生活空間で毎日顔を合わせるアートが嫌いなものだと、見るたびに気分が落ち込んでしまう。

しかし好きなアートが生活空間にあれば、見るだけで気持ちが明るくなる。

結果的に心地よい生活空間になるだろう。

 

いくら歴史的に凄いアートでも、あなたの感覚に合わなければ、生活空間に置くメリットはないといえる。

今後アートを見る時、この基準を大切にすると良いだろう。

そのアートが、好きかどうか?

 

好きだと感じるアートなら、周りがなにを言おうと生活空間に置く価値があるのだ。

 

生活空間にアートがあることのメリット

筆者の実家には昔から油絵が飾ってあるので、アートを生活空間におくことのメリットはわかる。

 

アートが生活空間にあると、豊かな気持ちになるのだ。

大量生産されたポスターではなく、世界で一つのアートが置いてあるという状況が嬉しい。

 

現代はモノがあふれる時代だからこそ、1点もののアートの希少性はより高い。

世界で一つの、自分が気に入ったアートを生活空間におくのは、満足感が得られる。

 

アートを生活空間におくことで、自分の美意識について考えることにもつながる。

アートは見て楽しむと同時に、考えるものでもある。

 

アートには、クリエーターの思想や美的感覚が表現されている。

アートを生活空間におくことで、その作品の何に惹かれたのか?という自分の美意識に向き合うきっかけになるのだ。

 

アートを作る人の数だけ、作品が存在する。

それだけ美の多様性があるということ。

 

アートを見るのは、アーティストが作る美的感覚を観察するようなものだ。

そのアートのどこが良いかと考えることで、自分の美的感覚に向き合える。

 

アートは自分らしさを発見するツールにもなるのだ。

 

アートが生活空間にあると感性が磨かれる?

粕川が描いた抽象画の画像

 

生活空間にアートがあると、感性が磨かれるというメリットがある。

生活空間でアートを目にすると、優雅な気分になったり、アーティストの感性に刺激されることがあるのだ。

 

何を美しと思うかは、人によって違う。

宝石や高価なドレスを美しいと思う人がいる。

地に生える草や、何気ない景色を美しいと感じる人もいる。

 

当然あなたにしか分からない美意識がある。

それを発見できる媒体が、アートなのである。

 

ラファエロを美しいと思う人がいれば、ピカソの絵に美を感じる人もいる。

これは美の価値基準が人によって違うからだ。

 

あなたが欲しいと感じるアートは、あなたの美意識を反映している作品といえる。

人は、自分と似たものを好きになるものだ。

こんな視点でアートを見ると、生活空間におくべきアートの基準が分かるかもしれない。

 

アートを生活空間に置くメリットの最後に

アートを生活空間に置くと、場に華やかさが加わるだろう。

好きなアートを目にするたびに、豊かな気持ちになり、生活空間が好ましいものに感じられてくる。

 

アートを生活空間におくと、その作品が好きな自分自身の感性を表現していることにもなる。

アートを生活空間に置くということ自体が、購入者のアート表現といえるのだ。

アートとデザインの違いは何か?二つを分けるものは意外とシンプルだった!

スポンサードリンク

-芸術

執筆者:

関連記事

絵,ジャンル

絵を描く時ジャンルを絞って特化させようと考える人の盲点とは?異端な表現者の心構えを激白

  ここでは絵のジャンルに関する、筆者の特異な考え方を書いてみよう。   世の中にはいろんな人がいるので、筆者のような変わった考え方が何らかのヒントになるかもしれない。 絵を描く人 …

アクリル画で描いた幻想の森

絵はそれ自体が生命!芸術はいびつなものこそ素晴らしい!

アクリル画で描いた幻想の森   これからちょっと変わった「絵」のとらえ方をご紹介しよう。 何を隠そう、これは僕の絵という芸術に対する見方なのだ。   粕川 絵には完成もなければ、未 …

ゴッホ,弟,手紙

ゴッホの弟が書いた手紙に芸術の本質があり!芸術を決めるのは君だ!

  この記事ではゴッホの弟がゴッホに当てて書いた、とても感動的な手紙の内容を見ていこう! それと同時に、芸術とは何かについて僕は強烈に表明していくだろう。   ゴッホはその生涯で7 …

粕川を描いたアクリル画の自画像

画家が自画像を描く本当の意味とは何か?魂の深淵に迫る芸術家の告白!

粕川の油彩の自画像   絵画のジャンルに、自画像というのがある。   「自画像って何で描くんですか?」 こんな疑問をネット上で見かけたので、この僕がお答えしよう。   ち …

アート,デザイン,違い

アートとデザインの違いは何か?二つを分けるものは意外とシンプルだった!

  あなたはデザインとアートの違いは何だと思うだろうか? 一見似ているようで違う、アートとデザイン。   筆者は漫画アートを創作する表現者であるが、昔デザイン系の専門学校に通ってい …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画