漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

絵画について

国立新美術館で見たダリ展の感想を告白!ダリ絵画が激変した瞬間とは?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ダリ展,国立新美術館

国立新美術館でダリ展がやっていたことがある。

 

僕は2016年11月19日土曜日、東京都六本木にある国立新美術館にて「ダリ展」を見てきた。

素晴らしい体験だった!

 

ダリといえばシュルレアリスムの画家で、奇妙な世界を描く人だ。

まるで夢でも見ているような不可解な世界を描くダリの絵画。

 

はたして国立新美術館に展示されていたダリの絵画はどんなものだったのか?

ここではは国立新美術館で筆者が見てきたダリ展の感想について書いていこう!

 

まずはシュルレアリスムとダリについて復習していくぞ。

 

スポンサードリンク

ダリはシュルレアリスムを代表する画家

 

サルバドール・ダリ(1904年5月11日~1989年1月23日)スペイン生まれでシュールレアリスムという芸術ジャンルを代表する画家。

 

僕も大好きな画家の一人。

 

シュールレアリスムとは1924年アンドレ・ブルトンによって考案された芸術思想。

シュルレアリスムの影響は詩や絵画、彫刻、漫画、文学、映像など様々な分野に及んでいった。

 

シュルレアリスムは人間の無意識下に存在する感覚を表現する芸術運動。

超現実主義ともいわれ、現実を超えた何か未知なものを表現しようとする。

 

シュルレアリスムには、偶然性や自動筆記(オートマティスム)を利用して主観性を排除した表現もある。

 

自動筆記(オートマティスム)とは無意識状態で文章を描いたり、絵を描いたりする手法。

マックス・エルンストやジョアン・ミロがこちらの表現で創作を行っている。

 

一方で不条理で不可解な、現実を超えた不思議な世界を写実的に描くシュルレアリストがいる。

これがサルバドール・ダリである。

 

よってダリの絵はリアルに描かれている。

現実を超えた不思議な対象を描きながらも、それらは実際に存在するかのように描かれているのだ。

 

国立新美術館でのダリ展

ダリ展,国立新美術館

 

そんなダリ作品が世界中から集まった国立新美術館での展覧会。

 

国立新美術館では上の画像にあるように、不思議な世界観を感じさせてくれる絵がたくさん展示されていた。

 

 

ダリ展では映画監督のルイス・ブリュエルとダリが一緒に作ったという、シュルレアリスム映像(15分ほど)も公開されていた。

シュルレアリスムによる映像表現ということで奇妙な展開が続き、とても創造意欲を刺激された。

 

国立新美術館のダリ展では、ダリがヒッチコックやディズニーと一緒に制作したとされる映像も放映されていた。

 

またダリの書籍や、ダリが関わった写真、ダリが生み出したインスタレーション作品まで展示されており、彼の作品がたくさん集まった日本でも稀な展覧会だった。

僕が美術館を見終わるころには、ダリ展に入ろうとする人たちの長者の列が出来ていたほどだ。

 

 

ダリ展でのダリ絵画の感想

ダリ展,国立新美術館

 

ダリ展を見終えた感想を書いてみよう!

 

「ダリはある時点を境に、自分の表現を見出している」と僕は感じた!

 

初期のころのダリは、それまでの美術の模倣の域を出ていない感じがあった。

しかしある時期から自分の個性を見出したのか、明確にダリらしさが絵画に現れてくる。

 

ダリは幼いころから絵を描いており、十代の頃には印象派や表現主義的な絵画をたくさん描いている。

後にダリはピカソとも会い、キュビズムの画法でも作品を残していた。

 

しかしこの時点までのダリは印象派やキュビズムを吸収した、幻想的な色彩で描く画家という立ち位置だった。

この時点ではまだ決定的なダリらしさが現れていないのだ。

 

もしもここでダリが亡くなっていたら、20世紀を代表する芸術家にはおそらくなっていなかっただろう。

 

しかしダリはある時点で明確な変身を遂げる。

それが国立新美術館のダリ絵画を見ていると明確に分かった。

 

国立新美術館のダリ展で出品された作品の中では、1924年頃からダリらしさにシフトしていく変化がみられる。

 

どういう変化かというと

 

 

・シュルレアリスムとの出会い

・超現実な世界をリアルに描き出す画力

 

この2点の特徴が、1924年頃から現れてくるのだ。

 

アンドレ・ブルトンが1924年に「シュルレアリスム宣言」でシュルレアリスムの手法を発表している。

ダリはシュルレアリスム宣言に何らかの影響を受け、ついに自分らしい絵の描き方を見出したのかもしれない。

 

表現者がブレイクスルーする瞬間!

優れた芸術家に共通する要素として「ブレイクスルーする瞬間」がある。

どんな芸術家もいきなり唯一無二な作風を持っていたわけではなく、様々な試みの末にようやく手にするものだ。

 

ゴッホが約10年間に及ぶ画家活動で真に才能を発揮させたのは、アルルに移ってからの最後の2年間だった。

ピカソが青の時代やキュビズムを発明するまでには、様々な手法の絵画を実験している。

 

漫画家の赤塚不二夫氏もいきなりギャグ漫画で成功したわけではない。

赤塚氏はデビュー当時、少女漫画を描かされていた。

それで漫画があまり売れなかったので、一時は漫画家を辞めようとまで考えたという。

 

しかし仲間たちに支えられて漫画を描き続けた結果、ギャグ漫画という赤塚氏特有の世界を見出すことができた。

 

みんなはじめは試行錯誤を繰り返し、挫折や苦悩の果てに自分独自の手法を発見していたのだ。

 

ダリにもやはりそういうブレイクスルーの瞬間があって、それが1924年頃から明確に現れている。

 

スポンサードリンク

シュルレアリスムとの出会いによってダリの才能が爆発!

ダリ展,国立新美術館

 

国立新美術館で見たダリ展の絵画は、1924年頃に変化があらわれはじめた。

これはシュルレアリスムとの出会いが原因だといえる。

 

そして、シュルレアリスムと出会ったのちのダリの発展は凄かった!

画集で何度も見ていたけど生で見るあの世界観はやっぱり驚く!

 

ふつう考えつかない不思議な、超現実な世界が美麗な絵で描かれている。

あれはちょっとダリ以外の人には描けないだろう。

 

画力がどうこういう以前に不思議な、個性的すぎる世界観がすごい。

 

ダリといえば夢の中で見たことを絵に描くことでも有名だ。

ダリは絵を描くとき口にスプーンを挟んだ状態で軽い眠りに入り、夢のなかで見た映像を描くことがある。

 

口にスプーンを入れて眠りに入ることで、意識が遠のくと口からスプーンが落ちて目が覚めるという寸法である。

 

そして見た夢を覚えているうちに描くのだろう。

夢の中で見た世界を絵に描くという行動がとても面白く、すごい自己表現だなと思う。

 

 

ダリの画力は半端じゃない

ダリ,国立新美術館

 

国立新美術館でダリの生絵画を見て強く感じたのは、細密画がとてもうまいこと!

おそらく極細筆で精密に描いたであろう緻密な絵は、大きな魅力がある。

 

大枠として不可思議な世界を描き、細部描写でリアリティをつけるという手法でダリの絵は描かれていた。

 

ダリは初めのうち割と小さいキャンバスに絵を描いている。

 

しかし時を経るにつれ、細密画の描写が大画面でも描かれるようになっていく。

 

恐らく同じスペイン生まれで、大きな成功を収めていた年上のピカソを意識していたのだろう。

ダリは、あえてピカソとは別次元の「圧倒的な画力」という部分で勝負に出たと思う。

 

確かにピカソも絵はうまいが、ダリ程の画力で描くことはなかった。

 

対象を変形させて自己の感覚に従って絵を描いたピカソ。

一方ダリはラファエロ、フェルメールなど流麗でリアルな絵を描く画家を崇拝しており、後年になるほどそちらの方向に向かった絵を描いていく。

 

いくつか超リアルで巨大な絵画があったので、どう描いてるのかなと近くによって鑑賞したが、その繊細さは比類なかった。

 

ダリ,国立新美術館

 

ダリは徹底した描写力を意識していただろうし、その傾向は年を経るごとに明確になっていく。

 

カラヴァッジョやルネサンス期の画家を彷彿とさせる絵のうまさが、ダリの基本にある。

だからこそあの不可思議な絵の世界に説得力を持たせることが出来ているんだなと思った。

 

国立新美術館で見たダリ展の感想の最後に

 

ダリ展,国立新美術館

国立新美術館で見たダリ展の感想について書いてきた。

 

回ダリ展を見て感じたことはいつも思うことながら、画集と生絵画は全然違うということ。

 

画面の艶めかしさ、目の前に存在する独創的すぎる絵の世界、圧倒的な描写力…これらは美術館で見ないと分からないだろう。

 

ダリという芸術家はとても奥深い。

絵画だけでなくオブジェや写真、マスメディアなどいろんな媒体で自分を表現している。

しかし何よりダリは絵画にその魅力の原点がある。

 

 

ダリの絵が放つオーラは魅力的で異様だ。

絵の飾られた空間が放つ不思議さに、僕は感銘を受けた。

 

 

ピカソと肩をはる20世紀を代表する芸術家ダリのゆえんが、国立新美術館のダリ展を見てわかった。

 

ダリを見てあらためて感じたこと、それが~

「アートの本質は圧倒的な自己表現にある」ということだった。

 

 

スポンサードリンク

-絵画について
-, ,

執筆者:

関連記事

デトロイト美術館展,上野

上野のデトロイト美術館展で見たドイツ表現主義絵画の感想を書く!

2016年10月15日 東京にある上野の森美術館にて「デトロイト美術館展」を観てきた。 上野のデトロイト美術館でひときわ印象に残ったのが、ドイツ表現主義の部屋だった。   ここでは上野の森美 …

バカオ 漫画 ゴッホ展

ゴッホ展の感想を紹介!こうして私はゴッホになった展のネタで描いた漫画

愛野すず この記事では2010年に漫画アート芸術家がゴッホ展に行くまえのワクワク感を描いた漫画と、ゴッホ展の感想について書いています!   バカオ まずはゴッホ展へ行く前のワクワクを描いたと …

絵画とは一体何?意味を探ると見えてきた物体を越えた意外な真実とは

  絵画ってそもそも何なの? こんな疑問を持ったことないですか?   絵画って何を楽しむの? 絵画にも色々な種類があって何が素晴らしいか分からない作品もある。   疑問が …

ゴッホの手紙の内容に記されていた反逆的な芸術の信念とは?

ゴッホの手紙にはどんな内容が書かれているのか?   ゴッホは生前、弟や友人、親族の者たちにたくさんの手紙を書いている。 その内容はゴッホの信念や日々の記録、作品制作に関することなど、いろいろ …

ピカソ,キュビズム

キュビズムとは何?ピカソ達が生み出した20世紀の革命的表現に迫る

あなたはキュビズムという言葉を聞いたことがあるだろうか? 20世紀の美術史上を革命した絵画運動である。   キュビズムの創始者の一人がスペイン生まれの芸術家パブロ・ピカソ。   ピ …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!