漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

漫画アイデアの出し方

絵や漫画を描くモチベーションを保ち続ける魔法の考え方

投稿日:2016年11月1日 更新日:

絵や漫画を描く人はよくこんなことを口にする。

「創作するモチベーションが続きません、どうしたらいいでしょうか?」

確かにたくさん絵や漫画を描いていれば、ネタが尽きて何を描いたらいいか分からないという状況もある

 

しかし本当に漫画や絵を描くことが好きな人の場合、モチベーションが途切れるという事はありえない。

たとえ一時的に創作意欲がなくなったとしても、生きている中で確実に回復するはずだ。

 

なぜそんな事が言えるのか?

 

この僕が尽きることのない漫画や絵画に対する創作のモチベーションに溢れているからだ。

僕は365日恐るべき創作意欲に満ちている。

いつも漫画や絵画を生み出したい欲求が張り詰めている状態。

 

それはなぜなのか?

 

今日はどうして僕が常に絵や漫画に対するモチベーションを保つことが出来るのかについて書いていく。

絵や漫画を描くモチベーションを保つためにはどのような心構えでいればいいのか?

 

モチベーションを保つ一つの考え方としてあなたのヒントになれたら幸いである。

 

スポンサードリンク

モチベーションなど存在しない

僕は創作に対してそもそもモチベーションを維持するという意識を持っていない。

なぜならいつも創作したくてしょうがないからだ。

 

しかし実際にモチベーションが続かないという人がたくさんいる。


どうしてなのか?

 

どうしたら絵や漫画を描き続ける事が出来るのか?

僕なりに考えた答えがこれだ。

 

「描くこと、創作すること!」

 

描けないからモチベーションが維持できないんだよ…と言われる方がいるだろう。

 

しかし僕の言う「描くこと、創作すること!」の意味は少し違う。

 

 

執念なのだ。

 

 

漫画を、絵画を描く執念。

それは自己を強烈無比に表現しようとする意志である。

 

僕は言うが、

漫画や絵画を作るというのは自分を熱狂的な状態に置いておくことである。

 

熱狂的な状態に置くとは何か?

 

燃え盛るのだ!

絵や漫画を創造する事に対して炎のように燃え盛って行動する。

 

覚えておいて欲しい。

 

 

何となく描きたいから漫画や絵を描くのではない。

自分が核爆弾になったつもりで、漫画や絵画に対して猛烈な爆発を起こして創作をするのだ。

 

それは自分を解き放つということ。

あなた自身を絵や漫画にぶちまけ、容赦なく創作するという事だ。

 

絵や漫画を描くことに疲れたなんて豆腐みたいなことを言う必要はない。

あなたが誰なのかを強烈無比に表明せよ。

漫画、そして絵という形で。

 

上手く描こうとか、効率よく創作しようなんて考えなくていい。

今あなたが出来る最善の力で絵や漫画の創作に切り込むのだ。

この習慣の中から技術や効率性というのは磨かれてくる。

 

創作に対して燃え盛っているのか?

体全体で絵や漫画を描くことにのめり込んでいけてるのか?

 

この問いを自分に投げかけてほしい。

 

本気で創作する時に、カッコ良さだとかおしゃれだとかそんなものは必要ないのだ。

はた目から見てわかるくらいあなたのオーラを全開にして、派手な身振りで創作すればいい。

 

その他大勢と明確に一線を画すことだ。

皆一緒の個性なんて僕はドブに叩き捨てる。

 

特異であれ!

 

表現者は特に、他と圧倒的に違う自分を際立たせるのだ。

そのためにはあなた自身をよく知ることが大切になる。

 

本来の自分に気づくことが出来た時、創作に対するモチベーションは復活する!

 

 

創作してないと逆にヤバい

 

あなたは無気力状態になり、何もやる気がなくなったことはあるだろうか?

 

僕は以前そんなことがあり、それこそ何もやる気がなくなりひたすら眠っていたことがある。

 

 

これが起きるときには共通していることがある。

 

「創作をしていない」ということだ。

 

何らかの事情で創作をしていない状況が続いている時に限って、何もやる気がなくなる。

 

何か打ち込めるものがあるとエネルギーはある一定の方向へ向けて流れるが、

流れが滞ると溜まっていき、意気消沈へと繋がっていく。

 

僕の場合これが極端なのでいつでも絵や漫画の創作に夢中になっているよう意識している。

 

漫画や絵の創作に夢中になることで人生に対するやる気も生まれる。

創作にのめり込むことで、怠惰な自分を回避しているのだ。

 

つまり意識的に漫画や絵の創作に夢中になるよう行動しているという事。

 

何となくやる気が出ないという日も確かにある。

しかしやりたくないからやらないというのではなく、

「あくまで創作する!」と行動に出ることでやる気は後からついてくる。

 

決して特別だからモチベーションが湧き続けているわけではない。

漫画や絵の創作に対して熱狂的な状態を作ることだ。

そのためには、あなた自身が絵や漫画の創作に対して執念を燃やす必要がある。

 

なぜ創作に対して執念が燃やせるのか?

 

僕がなぜ漫画や絵の創作に対して執念を燃やし続けることが出来るのか?

 

それは異常なほど大きな目標にある。

 

僕は人類史上最高の表現者になろうと思っている。

そのためには永遠に残る人類史上の最高傑作を作ることが必要だ。

 

どういう形で、どういう風に実現していくのか?

僕は人生の大いなる冒険の過程にある。

 

この異常に大きい目標があるために僕は恐るべき創作パワーが生まれている。

 

モチベーションは高い目標があるほど、それを実現しようと行動するために湧き続けることになる。

しかし何の目的もないと創作をする意味が見いだせなくなり、何となくやらなくなってしまう。

 

創作をする時、どうして自分が絵や漫画を描いているのかを考えて見よう。

目的を明確にすることで創作に対するやる気も湧き出てくる。

 

ところで僕は自分の目標へ地道に一歩づつ歩いていく。

僕はウサギと亀で言うと、明らかに亀タイプなのだ。

 

スタートダッシュが早い方ではなく、雀の涙ほどでも着実に前に進んでいくやり方が合っている。

だから100年一日のごとく亀のように歩いていく。

 

 

 

 

まとめ

img_1027

 

創作に対するモチベーションに関して言うなら

「創作する!」というのが僕の答えだ。

 

意識的に自分に言い聞かせるのだ、「漫画や絵画を創作する!」と。

 

モチベーションは何となくでは生まれない。

自分を創作に対して熱狂的な状態に置いておくこと。

 

そのためにも目標を明確に持ち、そこへ向けて着実に歩んでいく。

目的を持つことでなぜ絵や漫画を描くのかが分かってくる。

それはモチベーションを保つことに繋がる

 

しかし何の目的もなく、無条件に創作するというのも素晴らしい行為だ。

 

どちらにせよモチベーションはあなた自身を創作に対して熱狂的な状態に置いておくことで生まれる。

そのためには漫画や絵の創作に対して燃え盛るような執念を燃やしていこう。

 

僕は最後にこの言葉を贈る。

 

「モチベーションではない。創作する!という意思があなたを行動に駆り立てる」~粕川博康

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

-漫画アイデアの出し方

執筆者:

関連記事

no image

ホラーを、恐怖を自己表現するために知っておくべき三つのこと!

ホラーをテーマに描いた絵   ホラーとは何か? 恐怖、戦慄。   なぜこんなことをいうのかというと、僕はマンガで恐怖を徹底的に追求しようとしている。   恐怖。 人間誰し …

お肌ツルツル四コマ漫画

四コマ漫画「お肌ツルツル」小説が想像力を磨いてくれる理由

  本日は「本当に描きたい漫画創作にシフトを変えた」ことと「漫画創作のために行っていること~小説を読むことで想像力が鍛えられる」について近況を交えて書いていこう。 漫画を描く人はどんな事を意 …

四コマ漫画「創作意欲満々の理由」~無限に続く創造力の秘密とは

  Contents1 創作意欲が無限に湧いてくるのはなぜか?2 好きな作品を何度も観て面白さを研究する! 創作意欲が無限に湧いてくるのはなぜか? 粕川裕康は一分一秒でも多く漫画や絵画を作っ …

完全冷凍装置

「完全冷凍装置」第59話もっとがんばれ!バカオ君

  四コマ漫画のネタってどうやって考えてるの? そんな疑問を持つ方へ向けて今回描いた四コマ漫画の発想がいかに生まれたかについて書いていきます。   Contents1 連想法を使い …

no image

日常の中に潜む美しさ、これを見つけられる者だけが無限の創造性を手にする

ふと目の前にある風景を見て美しいと思ったことはないだろうか? 僕はよくある。   で、美しいと思うとそれを消化したくなる。 ただ見ているだけでは満足できない心の空白を埋めるために絵を描く。 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!