漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

影響を受けたアーティスト

エドガーアランポーってどんな人?怪奇と幻想を生みだした黒猫の作者!

投稿日:2016年11月25日 更新日:

エドガーアランポー,どんな人

 

エドガーアランポーってどんな人?

 

エドガーアランポーはアメリカ文学史上における不滅の作家の一人!

 

漫画アート芸術家の僕も、最大級に好きで影響を受けた作家がエドガーアランポーだ!

エドガーアランポーはアメリカ文学史上に輝く伝説的な存在だと思う!

 

僕はエドガーアランポーが好きすぎて、彼の代表作「黒猫」を漫画に描いたくらいだ!

 

ここではそんなエドガーアランポーってどんな人?って疑問に迫っていこう。

ポーの人生や代表作「黒猫」の素晴らしさも書いていくぞ!

 

 

スポンサードリンク

エドガー・アラン・ポーってどんな人?

エドガーアランポー,どんな人

2010年に制作

 

僕は昔から天才と狂気について調べているけど、エドガーアランポーの名は必ずと言っていいほど出てくる。

エドガーアランポーは、天才と狂気を象徴するような生涯を生きた人物なのだ。

 

エドガーアランポーは波乱万丈な人生をあゆみ、40歳にして謎の死を遂げる。

 

ここからエドガー・アラン・ポーの人生に迫っていこう!

 

エドガーアランポーの波乱万丈な人生

エドガー・アラン・ポー(1809年1月19日~1849年10月7日)はアメリカのマサチューセッツ州ボストンに生まれた詩人、小説家、評論家。

 

ポーの両親は旅役者で、父は行方知れずになり、母は早くに亡くなってしまう。

そんなことからポーはアランという名づけ親の商売人のもとにひきとられることになる。

幼いころのポーはロンドンに住んでいた。

 

やがてアメリカに帰国したポーは、17歳でヴァージニア大学に入学する。

頭が良く成績優秀なポーだが、賭け事や酒好きなことで有名だった。

 

エドガーアランポーを特徴づけるのが、賭け事と酒が好きなところ!

 

ポーは学生時代に賭け事にのめりこんで、借金を背負うほどだった。

借金が原因でポーは養父のアランと決裂してしまう。

 

そしてヴァージニア大学を退学することになったポー。

 

その後エドガーアランポーは陸軍や士官学校に入る。

しかしポーは学校の約束事を守らず、退学させられることになった。

 

ポーのような個性の強い人物は、軍隊のように規律正しい組織にはなじまなかったのだろう。

 

やがてポーは得意だった詩や短編小説を書いて生活していくようになる。

 

こうして「アッシャー家の崩壊」や「黒猫」、「黄金虫」などポーの代表作が生み出されていった。

エドガーアランポーといえば、推理小説の創始者といわれている。

 

推理小説の元祖となったのが「モルグ街の殺人」である。

 

またポーは詩人としても才能を発揮しており、1845年には「大鴉」を発表して大きな話題を呼んだ。

詩人や小説家をやりつつ、ポーは雑誌編集者や文芸批評家としても活躍している。

 

ポーはこの時点でだいぶ成功しているようにみえる。

しかし大酒飲みのクセはなおらなかった。

 

酒を飲むとポーは人と問題を起こすことがあり、これが原因で出版社を転々とすることになる。

1833年にポーはヴァージニア・クレムという女性と結婚した。

 

このヴァージニアという人物、実はポーの従妹で結婚当時まだ13歳の女性だった。

ポーは血の繋がりのある幼い女性と、結婚していたのだ。

 

エドガーアランポーは経済的に成功することはなく、貧しい環境で生活をしいられた。

エドガーアランポーは貧苦の生活のなか、1847年に結核で妻を失う。

 

そして後を追うかのように1849年、ポーも40歳で原因不明の死をとげることになる。

エドガーアランポーは酒場で泥酔い状態で発見され、まもなく病院で帰らぬ人となったという。

はたして酒場でポーに何があったのだろうか?

 

 

酒飲みで、賭け事が好きで、人と問題をよくおこし、謎の死を迎えたポー。

 

まるで天才と狂気を象徴するような人物ではないか。

ポーの人生自体が伝説的な色合いをおびていたのだ!

 

ポーってどんな人?ヨーロッパ経由で人気が出た作家

 

エドガーアランポーは初め、本国アメリカではなくヨーロッパで人気が出た作家だった。

 

フランスの詩人ボードレールがポーの作品を翻訳しており、この流れでポー作品はフランス象徴派文学に影響を与えることになる。

 

またエドガーアランポーは作家活動だけで生活しようとした、はじめての著名な小説家だといわれている。

ポーの革新的な価値を最初に発見したのは、アメリカではなくフランスの作家たちだったのだ。

 

こうして外国から逆輸入される形で、アメリカでもポーに注目が集まるようになっていった。

 

エドガーアランポーの革新性!

ポーはアメリカ文学史上に革新的な作品を残し、後続の表現者におおきな影響を与えている。

 

世界で初の推理小説を作ったのはポーである。

「モルグ街の殺人」という作品がそれで、オーギュスト・デュパンという有名キャラクターをポーが創作している。

 

オーギュスト・デュパンのキャラクター像が、推理小説に登場する探偵の元祖となった。

 

「モルグ街の殺人」に感銘を受けたイギリスのコナン・ドイルがシャーロックホームズを生み、やがてアガサ・クリスティなどのミステリーへと受け継がれてゆく。

 

よってエドガーアランポーは近代推理小説の創始者なのだ。

 

 

またエドガーアランポーが書いた「アーサー・ゴードン・ピムの冒険」という小説は、SF作家の草分け的存在のジュール・ベルヌやH・Gウェルズらに影響を与えた。

 

エドガーアランポーの作品がSF小説誕生に影響を与えていたということになる。

 

またポーは生粋の詩人であり、その作品はフランスの詩人ボードレールやヨーロッパの象徴派文学者にも影響を与えている。

 

まるで文学におけるレオナルド・ダ・ヴィンチのような革新性をもつ作家、それがエドガーアランポーなのだ!

 

スポンサードリンク

エドガーアランポー最大の魅力は「怪奇と幻想」にあり!

小説家、詩人、評論家、雑誌編集者として活躍したエドガーアランポー。

 

とくにポーがその力を発揮した領域が短編小説だ!

ポーは沢山の短編小説の傑作をのこしている。

 

ポーの作品に共通するものがある。

 

それは「怪奇と幻想」である。

 

怪奇と幻想を書くポーの作品のなかでも、とりわけすばらしいのが「黒猫」だ。

黒猫は怪奇モノが好きな人は絶対知っておいた方がよい名作。

 

「黒猫」のなかには、怪奇の本質がある。

黒猫には怪奇小説の面白みが詰まっている。

 

怖い物語に必要なのは現実感と幻想性だ。

物語に現実感がないと、ストーリーに怖さを感じられない。

 

なんでもありのギャグ漫画な世界では、恐怖が感じられないように。

だから恐怖物語には、現実感という物語のベースが必要なのだ。

 

物語の現実感と同時に必要なのが「幻想性」である。

 

現実にひそむ幻想性。

この微妙な配合が、怪奇物語をおもしろいものにする。

 

「黒猫」はそんな現実と幻想をおりまぜた、極めて独創的な短編小説である!

 

 

エドガーアランポーの「黒猫」の魅力

エドガーアランポー,どんな人

 

エドガーアランポーは黒猫で、自分の性質を利用して物語を作っている。

黒猫に登場する主人公は、ポーの持つ性質を持ちあわせているのだ。

 

「黒猫」のテーマとなるのは主人公の持つ「天邪鬼」という性格。

天邪鬼というテーマが「黒猫」の物語を動かす中核にある。

 

天邪鬼とは、大多数の意見に逆らうような行動をする素直でない性質のこと。

 

ポーは「黒猫」のなかで自分がもつ天邪鬼な性質を全面にだし、物語を作っている。

「黒猫」の主人公はポーを思わせるような大酒飲みだ。

 

酒飲みの主人公ははじめ愛猫(黒猫)をかわいがっている。

 

しかし飲酒の悪酔いが原因でだんだん素行が悪くなり、可愛がっていた猫を虐待するようになる。

主人公は愛猫を虐待するときに自らの「天邪鬼」な性質を解説する。

この天邪鬼な自分の考えを展開する場面に迫力があるのだ!

 

これを読んだとき僕は青くなるほど感動した!

 

天邪鬼という作家の性質を「黒猫」の主人公に重ねあわせて、物語をつくるセンスの良さが感動的だ!

 

エドガーアランポーに限らず、表現者は自分自身を作品に投影させるのだ!

 

ポーが真にせまる天邪鬼の理論で恐怖を展開できたのは、ポーが自分自身を表現していたからに違いない。

ポー自身に天邪鬼な性質がなかったら、「黒猫」は存在しなかっただろう。

 

自分の感覚を元に恐怖を書いたからこそ多くの人に響き、永遠な作品を生み出せたのだ。

なぜなら一人の人間が感じることは、他の誰かにも通じることだから。

 

自らの性質を物語にひそませることで、恐怖物語を作ったエドガーアランポー。

これこそ自己表現といえる。

 

黒猫は時代を超えて読まれているが、そこにはポー自身の性質がかくされていたのだ!

 

最後に

 

エドガー・アラン・ポーの怪奇と幻想の物語は本当に素晴らしいと思う!

僕もこの怪奇と幻想をこそ描きたい!

 

作家自身の天邪鬼の性質をもとに書かれた「黒猫」。

ポーは自分自身を作品のなかに投影して、傑作を作ったのだ。

 

 

ポーは天才と狂気の本で、その名前がよく登場する。

まさに天才と狂気を象徴するような存在だったエドガーアランポー。

 

ポーは波乱万丈な人生を生き、謎の死を遂げた。

ポーの「怪奇と幻想」に満ちた作品も、この作家の伝説性を匂わせている。

 

 

ポーの人生自体が怪奇と幻想を感じさせる。

 

エドガーアランポーってどんな人と疑問がわいたら、こう思い出してほしい。

アメリカ文学史上に輝く伝説の表現者であり、優れた幻想と怪奇の物語を生んだ男だったと!

 

ぼくはあまりに黒猫に感動したので、黒猫をモチーフに漫画を描いたことがある。

そんな黒猫の漫画を描くに至ったエピソードは、以下の記事で紹介しよう!

尻焼温泉とエドガーアランポーで出会った黒猫から誕生した狂人漫画

 

 

スポンサードリンク

-影響を受けたアーティスト
-,

執筆者:

関連記事

ピカソ,考え方

ピカソの芸術に対する考え方とは?美術アカデミーを否定した革新的思想

「パブロ・ピカソの芸術に対する考え方って何なんだろう?」 そう思う人がいるかもしれない。   僕はピカソの人間性も、人生も、作品も素晴らしいと思う。 なかでもピカソの芸術に対する考え方が素晴 …

no image

絵画の値段は何が決めるのか?ゴーギャンをもとに絵の価値を考える

  僕は今日、東京へ行き「ゴッホとゴーギャン展」を観に行こうと思っている。   ゴッホとゴーギャンは僕にとって最高峰に好きな画家であり、人生を変えた芸術家の二人。   そ …

ヘルダーリン,統合失調症

ヘルダーリンは統合失調症の体験を詩作に反映させた天才詩人!

孤高の天才詩人 フリードリヒ・ヘルダーリン(1770年3月20日~1843年6月6日)。   僕はこれまで様々な詩人の作品を読んできたけど、その中でも最高クラスに好きな詩人がこの人! &nb …

ムンク 叫び 解説

ムンクの叫びを芸術家が解説!種類や値段、書いた人とは?

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの「叫び」。 一度見たら忘れられない不安と狂気に満ちた「叫び」の世界観は、絵画史上に残る傑作! 表現主義絵画の先駆者ムンクは、自分の心の内に潜む不安な心境を「叫び」 …

ドストエフスキー,魅力

ドストエフスキーの魅力とは?魂の告白に潜む自己表現の感動!

僕はドストエフスキーという作家がとても好きだ。 ドストエフスキーの小説には独特な世界観や魅力がある。   ドストエフスキーの特異な人物像も作品にも、大きな魅力を感じる! ドストエフスキーこそ …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!