漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のWEB漫画アート作品の公開、影響を受けた傑作やおすすめ商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

漫画アイデアの出し方

森を歩きながら空想したことが漫画や絵画を作る創造性に繋がっている

投稿日:2016年11月3日 更新日:

 

 

2016年11月3日 僕は赤城自然公園という森へ行ってきた。

 

ここで素晴らしい創造意欲を駆り立てられたので、今回はいかにして森からインスピレーションを受けたかについて書いていく。

 

 

赤城自然公園は森に囲まれており、童話のような世界。

まさに幻想と自然を地でいっている。

 

僕はこの森で凄まじい創作意欲に駆り立てられた。

どう創造意欲が降りてくるのか?

その捉えかたについて話そう。

 

 

 

スポンサードリンク

森に幻想を感じた

 

僕はうっそうと茂る森を眺めながらそこに幻想を感じた。

 

あなたが何かに接して感じたことによく注意しておいて欲しい。

 

第一印象として感じたことはあなたにとっての真実である。

あなたにおける真実は、創作に生かすに最もふさわしいものとなる。

 

 

僕は森を見て、メルヘンを感じた!

img_1768

 

僕はこの広がる森を眺めながら第一印象としてメルヘンを感じた。

 

揺るぎないメルヘンの森、これが僕にとってこの森の名称である。

 

この森がどこの森だってかまわない。

 

あなたがそれに対する第一印象を感じたら、即座に名称をつけよう。

つけた瞬間にそれは、あなただけに開かれた創作の種になる。

独自の名称をきっかけとして想像をふくらませるのだ。

 

その後僕はこう考えた。

 

もしこの森に歩くウサギがいて、人間としゃべることが出来たら?

ウサギに友達がいてリスやクマの友人を連れだして来たら。

彼らは今からパーティをするらしく、僕に招待状を出して来たら?

 

ここまで考えが運ぶとその空間は幻想となった。

 

あなたはリスやクマと話し、彼らの生活事情を詳しく聞くかもしれない。

彼らは地底に住んでいて、ひょっとしたら地底の奥深くには人間の知る由もない地底国があるかもしれない。

 

僕なら地底国を探検するだろう。

 

 

創造のインスピレーションはこのようにして生まれてくる。

このような不可思議な想像から漫画や絵画を作る種は生まれるのだ。

 

ただ森を歩くという誰でも行える行為でも、意識をどこに置くかによって創造性が生まれる。

 

 

アイデアはそこら中に転がっている

 

僕はいつも思う。

アイデアはそこら中に転がっていると。

アイデアはあなたの頭に受診されるのを今か今かと待っているのだ。

 

後はあなたがリラックスした状態で素晴らしいアイデアは宇宙に満ち満ちていると確信していればいい。

 

森がある。

そこの木陰が妙に気になる。

ひょっとして何かいるのではないか?

 

ここまで思考が来た時、創造が始まる。

 

木陰の裏にはまさか宇宙の果てから亡命してきた異惑星生命体がいるのではないか?

彼は地球に水があるから、仲間と入植して地球を侵略しようとしている液体生物なのではないか?

 

このようにバカみたいな空想を広げる。

この瞬間、あなたの創造はスパークし、実現化へ向けて後は動くだけとなる。

 

僕は今日、森を歩くという何の変哲もない行為から、いかにして創造的思考へ発展させるかのヒントを示した。

 

僕の頭の中ではこれらのことが常日頃行われており、ゆえに何でもない日常生活の中から尽きることのないアイデアの源泉をすくい取ることが出来る。

アイデアは様々な表現媒体に発展させればいい。

 

必要なのはちょっとクレイジーなものの捉え方だ。

 

僕は断言するが、ごく日常の何でもない日々の中に燃え盛るように魅力的なアイデアが潜んでいる。

それを見つけるのはあなただ。

 

あなたらしい感覚というアンテナを貼っておこう。

 

僕が森を歩いている時に得たものは、目には見えないが確実に存在する永遠の創造世界である。

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-漫画アイデアの出し方
-, ,

執筆者:

関連記事

神隠しやオカルト話に眠るロマンが漫画創作につながる~第93話

この記事では神隠しのオカルト性に魅力を感じて創作活動をする漫画アート芸術家が、オカルトや神隠しから感じる創作的ロマンについて書いていきます!   まずは神隠しのオカルト性をネタに描いた四コマ …

漫画,自己表現

漫画を描いて自己表現する5つの方法とは?漫画で自己を表明しろ!

    漫画を描くというのは、プロの漫画家でもなければ自己表現のために描くもんだといっていい。 プロの漫画家は、ビジネスで描いている。 プロの漫画家でも自己表現として描いている人が …

no image

絵や漫画を描くモチベーションを保ち続ける魔法の考え方

絵や漫画を描く人はよくこんなことを口にする。 「創作するモチベーションが続きません、どうしたらいいでしょうか?」 確かにたくさん絵や漫画を描いていれば、ネタが尽きて何を描いたらいいか分からないという状 …

アリスの食事会,アート

童話は現実と幻想の狭間を行きかう物語作りの教科書

  童話は物語作りに役に立つ!? 僕は今だに童話から物語作りのエキスを吸収し続けている。   童話なんて子供の読むものなんて思ってたらもったいない! 物語作りのヒントは童話にこそ詰 …

no image

空想の習慣が物語作りの練習!大地と理香の物語誕生

  僕は幼い頃から頭の中で物語を作り その世界で遊ぶという傾向があった。   この習慣が今でも漫画やアートを作る基礎力となっている。   空想の習慣を持つことで物語を作る …

スポンサードリンク

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!