漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

漫画アイデアの出し方 自作の四コマ漫画

「完全冷凍装置」第59話もっとがんばれ!バカオ君

投稿日:2017年8月4日 更新日:

四コマ漫画 扉絵

完全冷凍装置

 

四コマ漫画のネタってどうやって考えてるの?
そんな疑問を持つ方へ向けて今回描いた四コマ漫画の発想がいかに生まれたかについて書いていきます。

 

スポンサードリンク

連想法を使い思考の飛躍を生み出す

まず初めに四コマ漫画を描こうと思い、どんなネタを使おうかな~と考えました。

出てきたのが

バカオ

・主人公バカオの特徴である三本の髪の毛

このアイデアを使おうと思いました。

 

では三本の髪の毛をどう四コマ漫画にするのか?

 

僕は思考を巡らせる内にバカオの三本の髪の毛を「フォーク」と捉える気になりました。

ここに「髪の毛→フォーク」という思考の飛躍が働いています。

 

四コマ漫画のネタを考える時、「思考の飛躍」が大切になります!

 

ある一つのアイデアを全く関連のない別のアイデアと組み合わせるのです。
僕はこれを思考の飛躍と呼んでいます。

意外なアイデア同士が組み合わさると漫画のネタとして使いやすいものになります。
関連性がないもの同士が結びつくから突飛なアイデアとなり、漫画らしい展開が望めるからです。

 

思考の飛躍を行う為には「連想法」を使います。

 

連想法とは一つのアイデアに対して、それと関連するものを次々と思い浮かべていく事を言います。

連想法で浮かんできたアイデアの中から面白いものを拾って、初めにあったアイデアと組み合わせるのです。

こうする事で意外な発想同士を組み合わせて、四コマ漫画を生み出す事が出来ます。

 

→詳しくはこちらのネタを四コマ漫画にする方法に関する記事で書いています。

 

この連想法により「三本の髪の毛=フォーク」というアイデアが出てきました。

 

連想法で生まれたアイデアをさらに深めていく

では次にバカオの髪の毛がフォークの様に固くなるにはどうするのか?という風に考えます。

すると

 

・バカオがサイボーグに改造される

・バカオは妙な育毛剤を使用し、毛が異常に硬くなってしまう

・バカオ自身が冷凍されて髪の毛が固くなる

という三つのアイデアを思いつきました。

 

この中で「バカオ自身が冷凍されて髪の毛が固くなる」を使おうと考えました。
なぜかと言うと直感ですね。

どれを選んでもいいのです。

他にもバカオの髪の毛が固くなる理由は無限に考え出せるので、たくさん出したアイデアの中から自分の直感が選ぶものを使っていきます。

 

では次に「なぜバカオは凍ってしまうのか?」と考えます。

僕はここで好きなSFの要素を持ってきて「人間を冷凍する装置」という考えが生まれました。

 

SFというキーワードが出てきたのは僕がSF物語が好きでよく読んだり聴いたりしているからです。

 

漫画のアイデアを考えてて行詰まった時、その時自分が興味関心のある事や心に残った出来事などをネタとして活用すると面白い発想に繋がる事があります。

 

ここも意外なアイデアとの組み合わせを使うというのがコツなのです。

意外なアイデアとして使いやすいのが、その時あなたの関心を占めている事柄だったりします。

 

僕の場合は以前SF作品で読んだ事のある「人間を冷凍する」という案を使いました。

そのおかげで奇妙なおやじが完全冷凍装置を発明した、という1コマ目のアイデアが思いついたのです。

 

アイデアに困った時はあなたがその時興味関心がある事柄、もしくは連想法により生まれた案を使うようにして下さい。

 

「髪の毛三本=フォーク」「人間が冷凍される機械を発明した変なおやじ」

この二つの案が揃えば、あとはキャラクターを動かすだけです。

 

バカオが好奇心満々で完全冷凍装置の中に入ると冷凍されて、髪の毛を含め全体が凍ってしまう。

そのバカオの髪の毛(フォーク)を利用して変なおやじはステーキを食べるというオチに至ります。

 

アイデアが生まれる瞬間

人によってはどのようにして四コマ漫画のアイデアが生まれるの?という疑問があると思います。

その一つの例として、僕が実際に四コマ漫画の案を思考した順番で書いてみました。

 

実際にはアイデアが生まれる時というのは瞬間的に全てが組み合わさるように発想されます。

1+1+1=3

のように順番通りに案を出すというのではない。

 

アイデアのカケラが漠然と浮かんでおり、これらを思考の中でパズルのように組み合わせる事により、ある瞬間にハッと完成したアイデアが生まれる感じです。

 

モーツァルトという作曲家は曲を書く時、流れるように音が浮かんできたと言います。

モーツァルトは曲を書く時、すでに曲の完成形が漠然と見えているという意味の事を言っています。

後は見えている完成系の曲を形にするために音を当てはめていく、そのようにしてモーツァルトは曲を書きました。

 

僕はこれにすごく共鳴します。

漫画や絵画のアイデアというのは初めに漠然とした全体像が見えていて、あとはそれを作品にするための具体的なアイデアを当てはめて行けば良いからです。

僕はそのようにして漫画や絵画を作っています。

 

まさに漫画や絵画の原案を生み出すというのは以下のような感じです。
「完成系の作品という枠が初めにあり、それを形にする為にアイデアというパズルのピースを当てはめていく作業」。

 

創作にマニュアルは存在しません。

作家それぞれの個性に依存するので、作品の作り方に正解はないのです。

しかし作品が生み出される過程を多くの人は語らない。

 

だから僕はこのブログを通して自らの創作の過程、全貌を書いていこうと思います。

いかにして漫画や絵画が生まれるのか?

 

作品のアイデアは突発的に生まれるので魔法のような感覚があります。

その原因の一つが「思考の上で行うアイデアのパズルゲーム」にあるのです。

 

次の「もっとがんばれ!バカオ君」

一つ前の「もっとがんばれ!バカオ君」

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

-漫画アイデアの出し方, 自作の四コマ漫画

執筆者:

関連記事

おさいせんばこ 四コマ漫画

四コマ漫画「おさいせん箱」~マーケティング的視点で漫画を描く

漫画を作るときマーケティング的視点を持ってみる 漫画描きはマーケティング的な視点を持って作品を制作していく必要を感じています。   ・自分が描こうとしている漫画はどんなジャンルなのか? ・そ …

アリスの食事会 アート

童話は現実と幻想の狭間を行きかう物語作りの教科書

  童話は物語作りに役に立つ!? 僕は今だに童話から物語作りのエキスを吸収し続けている。   童話なんて子供の読むものなんて思ってたらもったいない! 物語作りのヒントは童話にこそ詰 …

口裂け女

四コマ漫画「バカオ口裂け女に会う」~漫画のネタが思いつく過程

  Contents1 四コマ漫画「バカオ口裂け女に会う」のネタが浮かぶまで2 画像検索がキッカケで生まれたネタ3 四コマ漫画のネタが浮かんだ瞬間! 四コマ漫画「バカオ口裂け女に会う」のネタ …

絵本 読み聞かせ

絵本を読み聞かせる効果は漫画や絵画を作る創造性に繋がる

幼い頃に絵本を読み聞かせられた子供はどうなるのか?   この質問の答えが僕である。 なぜなら僕は幼い頃、夜寝るときに祖母から絵本を読み聞かせてもらっていたからだ。 幼い頃に絵本を読み聞かせて …

お肌ツルツル四コマ漫画

四コマ漫画「お肌ツルツル」小説が想像力を磨いてくれる理由

  本日は「本当に描きたい漫画創作にシフトを変えた」ことと「漫画創作のために行っていること~小説を読むことで想像力が鍛えられる」について近況を交えて書いていこう。 漫画を描く人はどんな事を意 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!