漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

人生遍歴 創作活動

尻焼温泉とエドガーアランポーで出会った黒猫から誕生した狂人漫画

投稿日:

黒猫

2010年頃、粕川が当時の心境を描いた、狂った漫画がある。

「狂った」と書いたのは一般の方々から見た時、明らかに誇大妄想狂のように映る漫画だからである。

しかし漫画を描くという事はそこに自分を投影させる事なので、恥ずかしげもなく当時の心境を描いた漫画をご紹介させて頂こう。

 

僕はこの漫画を大好きな作家エドガー・アラン・ポー(1809年1月19日~1849年10月7日)の名作「黒猫」の物語をもとに描いた。

 

タイトルも「黒猫」。

 

この漫画を描くに至った背景にはある物語と黒猫との出会いが存在する。

本日は粕川がポーの黒猫をもとにして描いた漫画を制作するに至った背景について書いていこう。

 

スポンサードリンク

金のないフリーターの漫画描き

粕川 イラスト

僕は2009年にデザイン系の専門学校を卒業するとき正社員になって働かねばならないという周囲からの洗脳に完全に支配されていた。

親、先生、周りの友人達が当たり前のように正社員にならなければいけないという圧力をかけてくる。

 

今考えると恐ろしいことだが、僕も当時は正社員にならないといけないものなんだと思い込んでいた。

粕川ほど正社員という言葉の似合わない人間はいないというのに。

 

しかし僕は正社員の仕事が受かったけれども結局そこへ務める事はなく、フリーのアルバイトとして働きながら細々と漫画や絵を描く生活を続けていた。

とにかく20代の粕川の特徴は金に縁がないという事だった。

 

何しろ外で働いてお金を稼ぎ欲しいものを買うという欲求がほとんどなく、粕川の全意識は「漫画や絵を描きたい!」という点に集約されていたからである。

 

当時の僕が描いた絵や漫画を売ったり、人に見せていたわけではない。

完全に自己満足で創作を行っていたのだ。

 

働いて金を稼ぐ時間があったら、一本でも多く線を引きたい、物語を作りたい、絵を描きたい…そう考えていたから必要最低限の仕事しかしていなかった。

おかげで万年金のない状態だったけど、心は喜びに満ちていた!

 

なぜなら漫画や絵画の制作が出来るからである。

好きな本や映画を浴びるほど観れるからである。

 

僕にとって金以上に漫画や絵画の創作をする事の方が大切だった。

 

創作意外にすることがなくなると頭が研ぎ澄まされて行き、漫画や絵画を生み出す発想がより自分の心を反映した、正直なものに変わっていった。

 

表現者は逆境におちいると、その反動でより自分らしいものが生まれてくるのだと思う。

 

例えばモーツァルトは自分の音楽に聴衆が飽きてコンサートに人が集まらなくなり、彼自身の浪費で借金を重ね、自分の子供を病気で亡くす、妻が病気で療養するという悲劇的な状況に晩年おちいっている。

しかしこんな逆境の中でモーツァルトの音楽は至高の輝きを放ち「アイネクライネナハトムジーク」や「交響曲第39、40、41番(ジュピター)」「魔笛」など不滅の名作を生み出している。

 

僕は金はなかったが心は創作の喜びで満ち満ちていたのだ!

この心境は表現者じゃないと分からないと思う。

 

粕川にとって「生きる事」は即「創造」である。

自分が生き、感じ、体験した全てを漫画や絵画の創作に結び付けるのだ!

 

友人との温泉旅

ブキミ君

2010年頃僕は地元でアルバイトをしており、まもなく東京へ上京しようと考えていた。

 

そんな頃友人から温泉に入る旅をしようという話が持ち上がり、僕は小学校からの友人と一緒に群馬県にある四万温泉へ行く事になった。

僕たちは夜中に車で出発し、四万温泉に到着する頃には冬だったこともありとても寒かった!

 

とりあえず四万温泉街をぶらり歩きして夜が明けるまで友人の車の中で過ごすことになる。

四万温泉までいって旅館に泊まらず車で寝るってギャグに見えるけど、それくらい僕は金がなかったのだ。

 

しかし時は真冬、車内で布団をかけていても寒さが半端じゃない!

呼吸をする為に開けていた窓から寒い風が入ってきて、さすがに寝ていられなくなり僕たちは真夜中車で移動することになる。

 

僕は幼いころから両親によく連れて行ってもらっていた川が温泉になっている「尻焼温泉」に行こうと提案し、そこへ向かう事になった。

 

尻焼温泉は群馬県吾妻郡中之条町大字入山(〒377-1701)にあり、まさに川そのものが温泉になっている巨大な露天風呂である。

黒猫 漫画

漫画「黒猫」より

 

入浴料は無料。

 

周りは山林に囲まれており、人通りも少なく天井は見上げる大空が広がっている。

自然を愛する粕川から見れば「幻想世界以外の何物でもない」独特な空間が尻焼温泉だ!

 

川がそのまま温泉になっているので足場は岩がごつごつしているから注意して動く必要がある。

服を着替える場所や体を洗う場所などはなく、脱いだ服は岩場に置いておき、何時間でも大自然の中で温泉を楽しむことが出来る。

温泉

 

尻焼温泉は裸で入る人もいれば水着で入る人もいる。

当地で着替えるのが難しければあらかじめ水着を着用して尻焼温泉に向かうのが最適だろう。

尻焼温泉の近くには無料で止められる駐車場もある。

 

「尻焼温泉」という名前の由来は、川底から湧きだす源泉で温められた岩に座る事で痔を直したというエピソードにあるようだ。

 

とにかく自然と温泉の結びついた秘湯中の秘湯なので温泉が好きな方は是非とも訪れて頂きたい場所である。

ただし大雨や大雪が降って増水している時は閉鎖されてしまうので、尻焼温泉へ行く際は天候をよくチェックして行ってほしい。

 

ってな事で友人と僕は寒さに負けて四万温泉を去り、無料で入れる尻焼温泉でゆっくりくつろいだのである。

それは素晴らしい時間だった!

 

尻焼温泉の帰り際に…

黒猫 漫画

2010年制作

 

尻焼温泉にゆっくり浸かって夜明けを迎えると、さあて帰ろうという事になり着替えて山道を駐車場まで向かう途中、僕はある生物を見かけてしまった!!

 

それが…

 

黒猫」である!

黒猫

 

人里離れた山中で、突如現れた黒い猫は僕の注意を激しく引いた!

ただ見かけたというだけで何かあったわけではないのだが、黒猫の印象があまりに強く僕の脳裏に刻み込まれた。

 

ちょうどその頃敬愛するアメリカの作家エドガー・アラン・ポーの名作「黒猫」を読んでいた事もあって印象に残ったのかもしれない。

 

 

エドガー・アラン・ポーの黒猫の魅力!

黒猫 表紙 漫画

2010年制作

 

僕はエドガー・アラン・ポーの「黒猫」は比類なく素晴らしい作品だと思う!

ポーの「黒猫」とは短編怪奇恐怖小説で、ざっくりとこんな内容のお話だ。

 

酒飲みで動物好きな男が、酒におぼれて動物虐待を始める。

やがて精神のバランスを失った男は大切にしていた自分の黒猫の目をくりぬいて殺してしまう。

しばらくすると自分が殺した猫にそっくりな黒猫が現れて男にまとわりつき、彼を破滅へ導いていく

 

粕川が感じるポーの「黒猫」の素晴らしさとは「自分自身(ポー)を主人公に投影させて、天邪鬼という衝動から黒猫殺害へ至る動機を描く迫真性」にある!

ポーは自らの天邪鬼という性格をテーマにして黒猫を殺す動機としてリアルに語り、これを不気味な恐怖物語に仕立て上げている!

 

僕はこれまでたくさんの恐怖小説や映画を見てきたが、ポーの「黒猫」は間違いなくトップクラスに立つ名作である!!

ポーの「黒猫」を知らずしてホラー好きは語れない!

 

そんなエドガー・アラン・ポーの「黒猫」を僕はこれまで何度も読んできて、オーディオブックでも購入して、あの不気味な世界観の作品を夜寝る時に流していたりする。

ポー 黒猫

⇒粕川が感じたエドガー・アラン・ポーから学ぶ漫画を作る時に必要な発想法について書いた記事はこちら!

 

そんな粕川だから、尻焼温泉で見かけた黒猫が強く印象に残り、頭から離れなくなってしまったのだ!

 

2010年頃、粕川がポーの「黒猫」を基にして漫画を描いたのはこの出来事が原因だった。

 

「尻焼温泉から駐車場へ戻る途中で見かけた黒猫」

ただこれだけのことである!

 

しかしアンテナを常に張っている表現者にとって、何気ない体験が創作につながるのだ!

だから僕は表現者は常に外部の出来事にアンテナを張っておき、何気ないちょっとした出来事から生まれる想像を活用して創作を行おう!という事を書いている。

 

頭にこびりついた黒猫の印象をそぎ落とす為に温泉から戻った粕川はポーの「黒猫」を基に漫画を描きだしたのだ。

 

ちなみに僕と友人は尻焼温泉の帰りにまた四万温泉に向かい、無事四万の温泉に入って帰って来ることができた。

最後に

ポー イラスト

2010年に制作

 

これからご紹介する2010年頃に粕川がポーの「黒猫」を基にして描いた漫画は前途したように僕自身の狂った心境を描いているので、面白くはないかもしれないし、漫画としてのまとまりもないだろう。

 

しかし漫画を通して表現した2010年頃の粕川の内的告白としての価値はあると思っている。

注意書きをしておくと僕自身が漫画で描いたような行動をとったわけではない。

僕は動物が好きだし、漫画の主人公のような事態におちいったわけでもない。

 

しかし当時の粕川の内的な雰囲気、心情的なものがポーの「黒猫」の空気感とマッチしたためにこういう漫画を描くに至った。

 

僕は以前この漫画を4回に分けてとあるWeb漫画投稿サイトに載せていたけど、このブログでは4つをまとめて一気に全部読めるようにしてある。

 

狂気の漫画描きの頭の中がのぞいてみたいと思う方だけが、どうぞ漫画をご覧ください。

以下の画像をクリック頂くと漫画閲覧ページに移ります。

 

黒猫

2010年に制作

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

スポンサードリンク

-人生遍歴, 創作活動

執筆者:

関連記事

変身!ドクロイド~月世界大戦争編の制作秘話

  僕は2011年頃PC上で不定期で漫画の連載をしていたことがある。 といっても自分で描いた漫画をとあるマンガ投稿サイトにアップしていたということだけど。 その漫画は長い事しまって置いたまま …

猫のチッティ001

「猫のチッティ」2016年制作の漫画

こちらは粕川裕康が2016年ころに描いた漫画「猫のチッティ」の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   猫のチッティ2016年バージョン     スポンサードリンク & …

赤ずきん001

「赤ずきん」2016年~2017年制作の漫画

こちらは2016年~2017年にかけて粕川が制作した、グリム童話の赤ずきんを描いた漫画の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   赤ずきん   スポンサードリンク   …

バカオ、赤ずきんに会う 四コマ漫画

創作漫画「赤ずきん」はグリム童話の原作を読みこんで作ったマンガ

こちらは漫画アート芸術家の粕川が2016年~2017年にかけて制作していた、グリム童話の赤ずきんを描いた創作漫画。 赤ずきんの創作漫画といっても原作のストーリーをそのまま描いた、漫画というよりは絵物語 …

no image

絵画や漫画を制作する時大好きな音楽を反映させる!その名はブルース

僕は14歳の頃に音楽に目覚めた。 キッカケは当時流行っていた日本のヴィジュアル系ロックバンド。 まもなくエレキギターを購入すると日夜練習に励むようになった。   しかし僕は18歳でアートと出 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!