漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のWEB漫画アート作品の公開、影響を受けた傑作やおすすめ商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

上野のデトロイト美術館展で見たドイツ表現主義絵画の感想を書く!

投稿日:2016年10月19日 更新日:

デトロイト美術館展,上野

2016年10月15日 東京にある上野の森美術館にて「デトロイト美術館展」を観てきた。

上野のデトロイト美術館でひときわ印象に残ったのが、ドイツ表現主義の部屋だった。

 

ここでは上野の森美術館で見てきたデトロイト美術館展のドイツ表現主義の部屋で感じた感想を書いていこう!

 

スポンサードリンク

上野の森美術館でみたデトロイト美術館展の感想!

 

上野の森美術館は東京上野にある美術館で、僕ははじめてこの美術館に訪問する。

 

デトロイト美術館とはアメリカのミシガン州デトロイトにある美術館のことで、そこに収容されている絵画のいくつかが上野の森美術館にやってきたわけだ。

 

デトロイト美術館展の展示作品は、印象派から20世紀初頭までの近代絵画が並んでいる。

見どころとしては以下のファン・ゴッホの自画像だろう!

 

デトロイト美術館展,上野

僕は2002年頃アートと運命的な出会いを果たしたとき、このゴッホの自画像を模写していたのでとても思い出深い作品なのだ。

 

このファン・ゴッホの自画像を生で見て、思わず見入ってしまった。

ゴッホの自画像のキャンバスサイズは意外とちいさめだが、こまかく配慮の行きとどいた色彩の魅力があふれていた。

 

デトロイト美術館展に入ると印象派、後期印象派、ドイツ表現主義、フランス表現主義の部屋と続いていく。

 

ルノワール、モネ、セザンヌ、ゴーギャン、ピカソなど近代絵画を代表する画家の名品が飾られていた。

 

デトロイト美術館展で印象深かったドイツ表現主義の部屋!

今回デトロイト展を観てきて印象に残った部屋を紹介しよう。

 

それが「ドイツ表現主義の部屋」!

 

ドイツ表現主義とは20世紀初頭のドイツで起こった芸術運動である。

 

ドイツ表現主義を代表する画家としてはエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、パウル・クレー、エミール・ノルデなどがいる。

ドイツ表現主義の流れはやがてヨーロッパからアメリカに渡る様々な芸術運動へ広がっていく。

 

ドイツ表現主義絵画の起源は、ファン・ゴッホにさかのぼる。

 

自らの思いを色彩や線にたくして絵に表現したゴッホ。

このゴッホ様式の絵画の影響はドイツ、フランスに広がり、マティスやヴラマンクといった画家にも影響をあたえた。

 

デトロイト展ではマティスの素晴らしい作品も飾られているので必見!

 

フランス表現主義とドイツ表現主義の違い

マティスたちが属するのが、フランス表現主義だ。

ドイツ表現主義とフランス表現主義は何が違うのか?

 

ドイツ表現主義では社会や人間生活の矛盾といったことに、作品のテーマがあたっている。

フランス表現主義は、純粋に色彩や形態の激しい主張による自立した絵画を生み出した。

 

ドイツ表現主義では激しい色彩と形態の主張はあっても、社会生活の矛盾などのテーマがあって絵にメッセージ性があるのだ。

 

何しろ20世紀初頭ヨーロッパは激動の時代で、第一次世界大戦を目前に控えていた。

 

そういう不安な人々の心情が、ドイツ表現主義を生み出したのではないか。

 

デトロイト美術館展のドイツ表現主義絵画から感じた現代アート

現代アートは政治や社会に対するメッセージというか、今という時代と向き合うアーティストが何を発信し、表現するかという部分が評価される。

 

「今という時代と向き合うなかで生み出されるアート」こそが現代アートといえる。

 

イマイチ分かりづらい作品の多い現代アートだが、実はその作品を通して鑑賞者に何らかのメッセージを発しているのだろう。

 

表現者は作品によって鑑賞者に問いかける。

絵画を見て、作家のメッセージを受けとった鑑賞者が答えを出す。

 

芸術家が問いを投げかけ鑑賞者がそれについて思いをめぐらせる、この循環を含めて作品としている。

 

現代アートは鑑賞者があって初めて完成するのだろう。

 

そんな現代アートを思わせる芸術家の激しい主張がキャンバスに展開されているのがドイツ表現主義の部屋だった。

どうしてだろう、僕はアートと聞くと浮かぶイメージはドイツ表現主義に代表されるような具象と抽象を融合した感情表現による絵画なのだ。

 

ドイツ表現主義は絵画の主題を外界から解き放ち、画家の心が感じたことを描こうとした。

ドイツ表現主義の絵画は景色や人などを描くけど、最終的に描かれるのは作家自身なのだと感じた。

 

芸術が自己表現に軸足を映した記念すべき芸術運動、それがドイツ表現主義だと思う。

そしてドイツ表現主義の起源となったのがファン・ゴッホであるというのは納得がいく。

 

 

いま僕たちが生きるこの社会のなかで、あなたは何を感じるだろうか?

 

アートは常に今という時代と関わっている。

古代エジプト芸術もレンブラントの絵画も、いま我々の心を打つから意味がある。

 

リアルな今の時代を表現することが、絵描きに課せられた使命なのかもしれない。

スポンサードリンク

-絵画について
-

執筆者:

関連記事

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

ゴッホ,ひまわり,損保ジャパン

損保ジャパンで見たゴッホのひまわりの感想と裏にあったドラマとは?

  僕は2016年11月19日土曜日 東京新宿にある損保ジャパン興亜ビル42階にある「カリエール展」を見ると同時に、常設展示でファン・ゴッホの「ひまわり」を見てきた。   僕にとっ …

ライオン,油彩画

動物の絵を描く画家は自分スタイルの絵を探していた

どうも、油絵画家活動を行う漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です。   本日は僕が2017年頃に描いていた動物の絵を見せていきたいと思います。 上にのせた絵は友人からの依頼で …

粕川&マロロン イラスト

イラストを描く5つのメリットを漫画描きが書いてみた!

漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う漫画アート芸術家の粕川は現在イラストの制作をよく行っている。   イラストと言うのは上のような僕のブログに貼り付いてるもの。 で、イラストを描いてたら色 …

ゴッホ,イエロー

ゴッホが愛したイエローの魅力!手紙に書かれたクロームイエローの感動

  ゴッホといえばイエロー(黄色)。 ゴッホはクロームイエローを使って幾多の傑作を描いた。 僕もイエロー(黄色)の絵の具が好きなので、ゴッホがイエローを使いたくなる気持ちが分かる。 &nbs …

スポンサードリンク

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!