漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

自作の四コマ漫画

四コマ漫画劇場vol.2

投稿日:2017年12月28日 更新日:

このページでは筆者が2011年頃に制作した四コマ漫画が掲載されています。

 

最後には筆者が当時描いた漫画を見た感想も書いています。

どうぞご覧ください!

 

スポンサードリンク

四コマ漫画劇場vol.2

四コマ漫画劇場

四コマ漫画劇場

四コマ漫画劇場

四コマ漫画劇場

四コマ漫画劇場

四コマ漫画劇場

四コマ漫画で自己表現をしていた

このページに掲載した四コマ漫画は僕が無料ブログで2011~2012年頃に不定期連載していたものです。

今見るととても恥ずかしい作品だけど、こんな時期もあったのだという事を残しておくために掲載しています。

 

特に1本目の「宣言」なんか当時の僕のぶっきらぼうな心境が描かれていて非常に恥ずかしい。

四コマ漫画劇場

この頃に描かれた漫画を見て思う特徴は「絵を描きすぎている」ところですね。

当時の僕は絵をコマ内にまんべんなく描くクセがありました。

 

漫画には省略と強調という概念があります。

そのコマ内で一番目立たせたいものを強調して描くためには、必要のないものは省略して見せるという手もあるのです。

 

僕は昔から水木しげる氏の漫画が好きで、大きな影響を受けています。

水木氏の漫画の内容はもちろん、描きこまれた背景の中にデフォルメされたキャラクターがいる絵柄の幻想性が素晴らしいと思うのです。

また僕は自然を描くのが好きなので、背景を描くのはキャラ以上に夢中になったりします。

そんなことから僕は描かなくてもいいところまで背景を描くクセがついていました。

 

四コマ漫画を描いて自己表現していた

生えたるものと二人

久々に当時描いていた四コマ漫画を見直して、粕川は「四コマ漫画を描くことで自己表現していたんだな」と思いました。

当時の僕が思っていたことをネタに使っているからです。

 

「困った猫」という作品も実体験をネタにしています。

四コマ漫画劇場

2011~2012年当時僕は実家に住んでおり、猫を飼っていました。

この猫がどういうわけか大小便をトイレではなく台所の流し場でするのです(笑)

 

のどが渇いたから水でも飲もうと台所に行くと、猫の糞がこってり放置してある…

これは衝撃ですよ!

 

あまりの衝撃で四コマ漫画にしちゃいました(笑)!

 

 

「閉じ込められた」という作品も僕の実体験です。

四コマ漫画劇場

これを描いていた当時僕はあまり創作をしていなかった。

そしたら本当に部屋のふすまが開かなくなったのです!

実際の体験が漫画のネタに使われているということです。

 

前世を見てもらった体験を四コマ漫画のネタにした。

荒野

僕は人の前世が分かる能力を持つ方に、前世を見てもらったことがあります。

すると僕はアメリカのグランドキャニオンに住むネイティブアメリカン(インディアン)だった前世が何度もあると伝えられました。

インディアンの族長の息子だったようで、そのインディアンが僕の守護霊だということも聞きました。

 

前世の見える方は僕のことを何も知らないのに粕川の性格や身内の人の性格などを言い当てました。

また当時の僕は視力がとても低かったのですが、その方は僕と会った瞬間に視力が低いことを言い当てました!

確かに僕はアメリカという国に親しみがありますし、とくにグランドキャニオンは大好きな場所です。

 

この世には科学では分からない不思議な力を持つ人がいるんだなぁと本当に驚いた体験でした。

 

自分の前世がインディアンだったという事があまりにも印象的で、四コマ漫画に使ったということなのです。

四コマ漫画

このように当時の僕は印象的な体験を漫画にして描くことがよくありました。

僕の言う漫画を描いて自己表現するというのはこういうことです。

 

「印象的な体験をネタにして漫画や絵画を作る」

これだって立派な自己表現なのです。

 

ちなみに「本屋で見ちゃった」という作品では粕川のキャラクター「猫のチッティ」が登場します。

チッティ

2017年現在の猫のチッティはこちら!

走るチッティ

チッティは強烈に天然ボケをかますので四コマ漫画では使いやすいキャラクターです。

⇒筆者が猫(チッティ)の漫画を描くことになった理由について書いた記事はこちらから!

 

とまあ懐かしい自分の漫画を見て感じたことを書いてみました。

粕川裕康の四コマ漫画劇場はこの先も続くのでお楽しみに!

 

四コマ漫画劇場vol.1

シュールな四コマ漫画の描き方~四コマ漫画劇場vol.3

 

四コマ漫画劇場vol.4

四コマ漫画劇場vol.5

四コマ漫画劇場vol.6

四コマ漫画劇場vol.7

 

愛野すず
今日もブログをお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク

-自作の四コマ漫画

執筆者:

関連記事

変な芸術家

「変な芸術家」第62話~もっとがんばれ!バカオ君

  謎のおじさん現る!   誰なんだこのへんちょこな芸術おやじは!   さて次の「もっとがんばれ!バカオ君」は以下のリンクから! 「手をつなぎたい」第63話~もっとがんば …

フリーランスになった感想~「忘年会」第81話

Contents1 フリーランスになった感想2 パソコン、インターネットとの出会い フリーランスになった感想   どうもどうも漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う漫画アート芸術家の粕川です …

UFOの中身

「UFOの中身」第68話~もっとがんばれ!バカオ君

  UFOの中身は「大地よりはえたる者」だったぁ~!   大地よりはえたる者とは、筆者がアートを作るときによく使っているキャラクターのこと! こいつの事です!   これは …

バカが風邪ひくと…

「バカが風邪をひくと」第64話~もっとがんばれ!バカオ君

  この漫画は僕が激しい頭痛に襲われた体験がきっかけで生まれました!   自分が体験したことをもとに漫画のアイデア出しをする方法については以下の記事で解説しています! 漫画のアイデ …

「ホットケーキ」第54話もっとがんばれ!バカオ君

四コマ漫画のネタが思いつく時というのは移動中が多い。 なぜだろうか?   恐らく視界が次々に変わっていく事に原因がある。 外を移動していると人や風景や空が視界に入る。 それだけではない、匂い …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!