漫画アート芸術家のネットビジネス奮闘記

漫画アートの創作や文章を書くことが好きで、社会の底辺で生きてきた漫画アート芸術家が、お金と自由を手にするためにネットビジネスに取り組む奮闘記ブログ。

絵画について

ゴッホの手紙の内容に記されていた反逆的な芸術の信念とは?

投稿日:2017年4月30日 更新日:

ゴッホ

ゴッホの手紙にはどんな内容が書かれているのか?

 

ゴッホは生前、弟や友人、親族の者たちにたくさんの手紙を書いている。

その内容はゴッホの信念や日々の記録、作品制作に関することなど、いろいろなことが書かれていた。

 

ゴッホは美術のアカデミー的価値観にたいする反抗の思いも手紙に書いており、これがとても感動する内容になってると僕は感じた。

 

この記事ではゴッホが美術のアカデミズムに反抗して自らの芸術的信念を表明した手紙の内容について見ていこう!

 

 

 

スポンサードリンク

手紙で美術のアカデミズムに反抗する内容を書いたゴッホ

ゴッホ,イラスト

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年~1890年)は美術の歴史で言うとポスト印象派(後期印象派)に属している。

 

ポスト印象派とはモネやルノワールなど印象派の画家の流れを受けつつ、それを乗りこえていった画家の一派のこと。

ゴッホやセザンヌ、ゴーギャン、スーラなどが後期印象派にあたる。

 

ファン・ゴッホは一時は印象主義運動に加わったけど、そこにおさまりはしなかった。

 

ゴッホは事物の最も深い真実を描き出そうとし、そのためには伝統的な絵画の法則にこだわらなかった。

ゴッホは絵画のなかで感情や表現のために、形と色彩を自由に扱ったのである。

 

このような表現者だから、美術におけるアカデミズムとは相いれなかったゴッホ。

ゴッホは手紙の内容で、美術のアカデミズムに反抗する姿勢をしめすことになる。

 

 

アカデミズムに反逆するゴッホの手紙の内容

ゴッホ,手紙,内容

 

ゴッホはその生涯のなかで弟や友人知人へ当てた手紙を700通以上のこしている。

 

手紙のなかでゴッホは自分のことや、芸術、希望や夢、読んでいる本などについても書いており、手紙を読むとゴッホの人となりが分かってくる。

僕もゴッホの手紙はほとんど目を通したけど、本当に心を打つ感動がある。

 

ゴッホの手紙の内容は一人の芸術家の魂の告白ともよべるだろう。

 

手紙のどれを見てもそこには独学の人であり、美術におけるアカデミズムには常に反抗する、革新的なゴッホの人間像が浮かび上がってくる。

 

アカデミズムは美術の世界に浸透していた伝統的な権威主義だった。

絵といえばラファエロが描いたような美しい、滑らかに仕上げられた神話や歴史画が最優位に置かれていた。

 

要するに誰が見てもそっくりでうまい絵に価値があると考えられていた。

 

ゴッホの時代はまだ美術のアカデミズムが幅をきかせていて、印象派でさえ初めのうちはまともな作品とは扱われていなかったほど。

 

そんなアカデミズムに対してゴッホは手紙でこう書く。

「表現の深さ…つまり一言でいえば生命というものは問題にされず、ただ幾何学的に正確だというだけの頭部デッサンなどは習うまでもない」

~ゴッホ

 

このゴッホの手紙を読んだとき、ゴッホの自らの芸術観に対する確信がすばらしいと思った!

 

 

批判してくる画家仲間に手紙の内容で反発するゴッホ

ゴッホ,じゃがいもを食べる人々

ゴッホ「じゃがいもを食べる人々」

 

上の画像はゴッホがオランダで画家修業をしていたころに描いた傑作「ジャガイモを食べる人々」。
この絵を見た友人の画家ファン・ラッパルトはゴッホを批判したという。

 

人物の描写がごつごつしていて、美術のアカデミックな視点から見て美しくないというようなことをゴッホに伝えたようだ。

 

ゴッホはすぐさま手紙の内容で反撃した。

 

「アカデミズムは絵画芸術における現代の熾烈な要求に少しも答えていない」

~ゴッホ

 

農民を描くのになぜ理想化して描く必要があるのか?とゴッホは問う。

ゴッホは美術のアカデミズムのような流麗な絵を描きたいわけではなった。

 

「じゃがいもを食べる人々」では、農民がじゃがいもを耕したその手で食事をしている様子を描く必要があるとゴッホは感じていた。

ゴッホはじゃがいもを食べる人々で「都会人とは違う農民の生活様式」を表現したかったという。

 

ゴッホにとって芸術とは、感動を呼び起こすためのメッセージなのである。

 

こうした立場に立てば事物をありのままに描くのではなく、ゴッホが対象をどう見たかを描くことが重要になる。

 

「嘘と言えば嘘だが、真実よりも一層真実な嘘」

~ゴッホ

とゴッホは手紙に書く。

 

例えば画家がリンゴの本質を描くことになったとしよう。

そのためにはリンゴの外見的な形と色を写しただけでは、その本質を表現したとはいえない。

 

画家がリンゴをどう見て、どう感じるのか?

 

リンゴをみて感じた内的感覚、内的な真実を表現するためなら、リンゴの表面的な形にとらわれる必要はない。

このようなことをゴッホは手紙で書きたかったのかもしれない。

 

スポンサードリンク

手紙の内容で自らの芸術的信念を書くゴッホ

ゴッホは絵を描くことについて、手紙の内容で以下のように述べている。

 

「もし土を鋤(す)いている人間を写真にとれば、その人間は必ず土を鋤いてはいないだろう。

だから理想とすべきは、人間を動きにおいて描くことだ。

~ゴッホ

 

「土を鋤(す)く人間が一服したり話をするとき、腰を伸ばすその一瞬、彼の両肺を満たしている空気を描かねばならない。

これこそが絵画の本質であり、ギリシャ人もルネサンスも古いオランダ画派も成さなかったもの。」

~ゴッホ

このようにゴッホは考えていた。

 

描く対象の表面ではなくもっと深く迫って、その人間たらしめる何かを描かねばならないと考えていたのだろう。

 

 

こんなこともゴッホは手紙に書いている。

「私が得ようと努力しているのは手のデッサンではない、手の動作だ」

~ゴッホ

ゴッホは手のデッサンをするときも外面の線をなぞるのではなく、手の動きそのものをとらえたかったようだ。

 

ゴッホの絵によく見られる形の無骨さや不正確、様式上の不完全さ、技法の不適切さは、自らの表現を見きわめたすえにおこなった錯誤だったのだ。

 

 

テクニックが創造力にとって変わるアカデミーの人達なら決して犯さないあやまり。

 

しかしファン・ゴッホは彼らと違い、自らを創造しないではいられなかった。

 

例えば絵画をやる人がいて、石膏デッサンをとにかく正確に、上手く描くことに心血を捧げているとしよう。

この人たちから見たらゴッホのような無骨な描きかたは未熟としかとらえられない。

 

実際にゴッホはアントワープの美術学校に一時的に入っていたとき、美術の先生からデッサンの描きかたが未熟だと指摘されたことがある。

しかしそんなことにはおかまいなく、ゴッホは自らの芸術的信念にそって描き続けた。

 

結局アントワープの美術学校は3か月ほどで退学してしまうのだが…。

 

 

ゴッホは手紙のなかで、ただ正確に対象を描きうつすことは創造ではないといっている。

 

画家が感じる真実を表現するためには対象の正確さは、むしろ必要ない。

アカデミックな流麗さをこえた、画家独自の感覚をいかに表現するかが大切だと。

 

ゴッホはこのような自己の芸術に対する信念を手紙で書いている。

 

ゴッホの手紙の内容の最後に

ゴッホは手紙のなかで自らの芸術的信念を語る男だった。

 

絵画においてアカデミズムが幅を利かせていた時代に、ゴッホは権威に対する反逆の姿勢をしめした。

 

みんなが絵は対象を正確に、理想的に描くのだと思っているところへ、畑を耕した土や汗の臭いがただよう、無骨な絵を描く方向に進んだ。

 

石膏デッサンをとにかく正確に描けるという画学生はたくさんいて、それこそが良い絵だと考える人もいるだろう。

 

対象を正確にとらえるための練習として、正確なデッサンを描くのは成長につながる。

 

しかし表現者として絵を描くときは事物のより内奥にせまり、その本質を描かねばならない。

そのためには対象の表面を描くことにとらわれれず、自らの表現をしていく必要がある。

こうゴッホは言いたかったのかもしれない。

 

ゴッホは最終的に練習のために描くデッサンも、自分様式の無骨な線で描くようになっていく。

 

美術のアカデミー的正確さは、真に何かを創造してはいない。

創造するとは単に対象を映すことではなく、より先にある画家の内的真実をその人だけの方法で表現することにあるのだ。

 

ファン・ゴッホの手紙の内容はこれを教えてくれている。

 

ゴッホの絵と魅力を徹底解明!偉大な魂が生むひまわりや人生に迫る

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-絵画について
-,

執筆者:

関連記事

ゴッホ,イエロー

ゴッホが愛したイエローの魅力!手紙に書かれたクロームイエローの感動

  ゴッホといえばイエロー(黄色)。 ゴッホはクロームイエローを使って幾多の傑作を描いた。 僕もイエロー(黄色)の絵の具が好きなので、ゴッホがイエローを使いたくなる気持ちが分かる。 &nbs …

肖像画とは何?描く意味とうまく描くことに反逆する表現者の独り言

肖像画とは何か? 肖像画を描く意味とは何なのか?   >肖像画は単に人の顔を似せて描く以上の役割がある。   肖像画とは何かや描く意味について漫画アート芸術家が感じることを書 …

ライオン,油彩画

動物の絵を描く画家は自分スタイルの絵を探していた

どうも、油絵画家活動を行う漫画アート芸術家の粕川(@artkasukawa)です。   本日は僕が2017年頃に描いていた動物の絵を見せていきたいと思います。 上にのせた絵は友人からの依頼で …

ゴッホとゴーギャン展,感想

ゴッホとゴーギャン展の感想を激白!天才が自分様式を見出した瞬間

  2016年10月15日の土曜日、東京都美術館にて「ゴッホとゴーギャン展」と上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」を観てきた。   僕はゴッホとゴーギャンという芸術家が心 …

平山郁夫,感想

平山郁夫の生絵画を観た感想とは?悠久のシルクロード展に行ってきた!

2016年11月9日 水曜日 僕はとある美術館にて「平山郁夫 悠久のシルクロード展」という展覧会を見てきた。   この時ある発見をした。 それは「幻想的な絵」を形作る要素。 平山郁夫氏の絵画 …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!