漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

特撮ヒーロー

カルト的特撮テレビ番組・怪傑ズバットはマカロニウエスタンだった?

投稿日:2017年9月1日 更新日:

日本の特撮ヒーロー番組史上最大のカルト的作品は何か?

それは恐らくこの作品なのではないかと思っている。

 

「怪傑ズバット」!

 

 

僕はこれまで怪傑ズバットの存在は知っていたけどまともに観た事はなかった。

しかし最近初めて怪傑ズバットのDVDを見て感じたことがある。

 

「こんな特撮ヒーロー見た事ねえ!」と。

 

幼い頃からたくさんの特撮ヒーロー作品を観てきた僕がハッキリと言える。

怪傑ズバットは特撮ヒーローの未知の領域に挑戦した冒険的な作品だと!

 

今回はそんな革新的でカルトな特撮テレビ番組「怪傑ズバット」の魅力や感想について書いていこう。

 

スポンサードリンク

怪傑ズバットとは

怪傑ズバットは1977年2月2日から9月28日にかけて毎週水曜日の19:00~20:00に東京12チャンネルで放送されていた全32話の特撮テレビ番組。

原作は石ノ森章太郎。

 

主演俳優は仮面ライダーV3の主役を演じた宮内洋氏!

 

早川健

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

仮面ライダーV3は仮面ライダーシリーズの中でも特に知名度が高いけど、それは主役を演じた宮内洋氏の個性と演技力の高さに大きな要因があると僕は思っている

 

そんな宮内氏が個性全開で怪傑ズバットの主役・早川健を演じるという事を知っていたので、それなりに期待はしていたけど、まさかあれほどの異端作だったとは!

 

まずはざっくりと怪傑ズバットの物語を書いてみよう。

 

怪傑ズバット物語のあらすじ

日本中の暴力団、ギャングの全てを掌握する悪の組織ダッカー一味が土地を占領する為、幼稚園のある場所を取り上げようとする(そんな大悪党がいきなり幼稚園を取り上げようとする映像に僕は笑った!)

幼稚園に務める女先生の兄で科学者の・飛鳥五郎は幼稚園を救おうとしてダッカーの一味と対立し、命を狙われる。

飛鳥五郎達があと一歩で殺されそうになった時、妙な風来坊が現れダッカー一味を追っ払う。
それが主人公の早川健(宮内洋)だった。
早川健と飛鳥五郎は無二の親友で、久しぶりの再開を果たす。

 

しかしまもなく幼稚園バスに時限爆弾が仕掛けられ、それに気づいた早川健が子供達を救うが、飛鳥五郎は大ケガを追い入院する。

 

ダッカーの魔の手は飛鳥五郎が入院する病院にまで及び、早川健の目の前で飛鳥五郎は銃で撃たれまくり死亡する。

 

無二の親友を殺された怒りに絶叫する早川健。

 

早川健は飛鳥五郎が残した制作途中の設計図を基に、宇宙探検用の強化服「ズバットスーツ」や車の「ズバッカー」を自力で完成させる(自力で作れる物だったのか!)

自らがズバットスーツを身にまとい、親友を殺された復讐の念に燃える早川健は悪の組織ダッカー一味と戦ってゆくのである。

 

ズバットスーツについて

ズバット

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

ズバットスーツとはヘルメットと揃いになっている派手な赤い強化服の事で、普段は白いギターの中に入っている。

このズバットスーツを着ることで早川健は怪傑ズバットに変身する。

 

ズバットスーツは来た人の体力や防御力を高めるけど、5分間しか着ていられないというタイムリミットがある。

 

ウルトラマンのカラータイマーか!!!

 

ズバットスーツを着て5分が過ぎるとスーツが着用者もろとも爆発してしまうのだ!

役に立つけど何と怖いスーツだろうか!!

 

まさに命がけの戦いである。

 

5分経つ前にスーツのスイッチを切れば大丈夫。

それでもスイッチを切ったズバットスーツは「鉛の様に重い、動きづらい服」になる。

 

ドラゴンボールの悟空やクリリンが着ていた重くて青い服のような感じになってしまうのだろう。

 

 

上のようなズバットスーツのリスクを考える時、ズバットになって戦うという事は危険性を含んでいるのだという事が分かる。

 

怪傑ズバットの面白さや魅力

ここから漫画と絵画を組み合わせて創作を行う芸術家の粕川が生まれて初めて「怪傑ズバット」を見た感想、面白さや魅力を正直に書いていこうと思う。

 

1.怪傑ズバットってマカロニウエスタンじゃん!!!

早川健

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

僕は怪傑ズバットを始めてみた時、一番最初に思ったのが「怪傑ズバットって日本版のマカロニウエスタンじゃん!」という衝撃だった。

 

マカロニウエスタンとは1964年に制作したセルジオレオーネ監督の「荒野の用心棒」によって一大旋風を巻き起こして作られるようになった一連のイタリア製西部劇の事。

 

僕は映画好きでとりわけ西部劇を愛しているので、怪傑ズバットの原点がマカロニウエスタンである事に気づいた時とても嬉しかった!

→西部劇やマカロニウエスタンについて書いた記事はこちら!

 

具体的に怪傑ズバットのどこら辺がマカロニウエスタンなのかと言うと

 

・主人公・早川健がテンガロンハットをかぶった西部劇様式の服装をしている
という点が挙げられる。

 

それだけでなく早川健はホルスターに銃を携帯し、馬に乗って移動する。

電車や車や船などに乗る事もあるけど、馬に乗っているという時点であからさまな西部劇である。

 

怪傑ズバットのOPでそんな早川健が拳銃で敵をやっつける映像が冒頭にあり、これを見た時に僕は怪傑ズバットは日本版西部劇なんだなと感じた。

 

マカロニウエスタンに共通する復讐劇

怪傑ズバットがいかにもマカロニウエスタンだなと感じさせる要素に「復讐劇」という物語がある。

マカロニウエスタンの映画では復讐劇が多いのだ。

 

その代表例が1965年に制作された「荒野の1ドル銀貨」である。

 

僕も死ぬほど好きなこの映画は、敵の策略にかかり実の弟を殺す事になった主人公の復讐劇のドラマ。

 

怪傑ズバットは目の前で親友がダッカー一味の銃撃で蜂の巣にされて怒りに絶叫した早川健が復讐を誓う物語。

 

エピソードの中でも主人公は親友を殺された悔しさと恨みを果たす意思をよく口にする。

 

怪傑ズバットに対するツッコミ所

怪傑ズバット

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

僕が感じた怪傑ズバットのツッコミ所に
「親友の復讐の為に命をかけてダッカーと戦い続ける説得力にかける」という事がある。

 

 

確かに親友が殺された事が悔しくて復習したくなる気持ちは分かる。

 

でも命をかけて悪の組織ダッカーと戦い続けるまでのエピソード的な説得力に欠けると感じた。

 

第一話で早川健と飛鳥五郎は再開を果たし親しそうに握手をする。
しかし復讐に命をかけて執念を燃やす程親友との関係性が描かれていなかったので、どうしてそこまで?という疑問が残る。

 

僕はまだ怪傑ズバットの前半の方しか見ていないので分からないけど、どうして命をかけてまで親友の復讐を行うのか?の2人の物語的なバックボーンが描かれているともっとすんなり理解出来るのでは?という感じを受けた。

 

マカロニウエスタンに共通するバイオレンス

早川健

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

マカロニウエスタンに共通する要素にバイオレンス(暴力)描写があげられる。

本家本元のアメリカ西部劇では正義のヒーローが悪をやっつけるという勧善懲悪が根底にあった。

 

しかしマカロニウエスタンはアメリカ製西部劇に対してならず者の主人公という逆路線で差別化を行い、殴る蹴るなどのバイオレンスシーンも取り入れられるようになった。

 

そのせいか怪傑ズバットでは暴力シーンが頻繁に登場する。

早川健が敵につかまり、手足を縛られた状態で攻撃を受けるというシーンにそれが現れている。

 

マカロニウエスタン永遠の名作である「夕日のガンマン」や「続夕日のガンマン」でクリントイーストウッドや味方が敵につかまり、リンチされる映像を僕は思い出してしまった。

このような展開が怪傑ズバットではよく出てくるので、マカロニウエスタンだな~と感じてしまうのだ。

 

世界観が日本版西部劇

怪傑ズバットの素晴らしいと思う点に「中途半端な幻想性」がある。

 

1970年代後半の日本を舞台にしながら、時々いかにも西部劇的な世界が登場する、中途半端な幻想性に僕は大きな感動を受けた!

 

放送当時の現代性を残しつつ、時折見せる西部劇の世界観が幻想性にリアリティを盛り込んでいる。

これは怪傑ズバットの大きな魅力だ!

 

漫画を創作する時、現代性を残しながらも微妙に幻想を加えるのは「リアリティを残しつつ夢の世界を描ける」ので僕は好きな手法。

 

現代性と西部劇を微妙にブレンドした怪傑ズバットの世界観に僕は漫画的創作性を強く感じた。

 

キザな早川健

早川健

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

宮内洋氏は仮面ライダーV3で見せた俳優としての個性を怪傑ズバットで最大限発揮しており、この作品の大きな魅力となっている。

風見四郎と早川健はキャラクターが違うけど、どちらも宮内洋氏でなければ演じられない個性がある。

 

私立探偵の主人公・早川健はものすごくキザである。

 

怪傑ズバットOPの冒頭からしてキザだった。

 

怪傑ズバットのOPは小型飛行機が飛んでいる意味不明なシーンから始まる(あの飛行機のシーンはどんな意図があるのだろう?)。

 

小型飛行機から降りてきた早川健がキザな仕草でテンガロンハットを上に向けて笑顔を出す所でOPが始まる。

OP冒頭の笑顔は早川健のキザさを象徴している。

 

早川健は常時白いギターを携帯しており、登場する時は引き語りで登場したりする。

人造人間キカイダーのジローが登場シーンにギターを弾きならすあの感じなのだ!
→人造人間キカイダーの魅力について語った記事はこちら!

 

白いギターは敵と戦う時の武器にもなり、ギターの中には「ズバットスーツ」が入っている。

 

ズバットスーツを着用した時、ゴーグルをつけていない状態(早川健の目の部分だけ見えている)の姿が妙に面白い!

 

早川健はスーパーマン?

 

僕は早川健に親密さを感じられない。

 

その原因は「何でも出来るスーパーマン的な設定」にある。

 

怪傑ズバットはエピソードの中で敵キャラクターと技比べをするシーンがある。

 

その道の達人である敵キャラクターが技を披露すると、早川健は必ずそれ以上の技を見せて「何でも日本一」である事を主張する。

 

僕はこの設定を見た時、早川健に対する親密さが失せた。

 

なぜなら何でも日本一なんて事はありえないからである。

剣の達人になるのさえ難しく時間がかかるのに、剣のみかその他色々の分野で能力が一番なんてのは子供ならともかく僕の目から見たら魅力が激減する。

 

キャラクターとしてのリアリティがなく、なぜそれほどあらゆる分野で優れているかの説明も見られない。

 

これは早川健がスーパーマンである事を暗に語っているのだ。

 

早川健には人間としてのリアリティは必要なく、何か超人的な人間離れした存在である事を表現しているのだと思う。

 

怪傑ズバットに変身するまでもなく、早川健はヒーローなのだ。

怪傑ズバットはズバットに変身するのは全体の内ラストわずかであり、大半を早川健が活躍している所を見ても、それがうかがえる。

 

変身ヒーローよりも、変身する前の人間の方が存在感が強いという点でも怪傑ズバットは革新的な特撮番組だった。
早川健のずば抜けた個性は宮内洋氏にしか出せないと思う。

 

敵キャラに怪人、怪獣が出てこない!

ズバット

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

怪傑ズバットの革新性に敵として怪人や怪獣が出てこないという点が挙げられる。

 

仮面ライダーやV3のようにショッカーやデストロンという怪人組織が存在しないのだ。

 

ヤクザや暴力団を支配するダッカーは怪人などを使わず、生身の人間を敵として差し向ける。

 

仮面ライダーなら人間を溶かす溶解液を吹きかけたりする怪人が現れるのに、怪傑ズバットの敵キャラは拳銃やトマホーク、マシンガンなどの現実的な武器を使う。

 

特撮ヒーローが戦う相手が生身の人間という設定はとても斬新だ。

 

ヤクザのような敵キャラが登場したり、麻薬や銃撃戦が展開されるのでズバットが出てこなければ、マフィア映画を見てるような感覚にもなる。

 

僕はよくこんな冒険的な番組を子供相手に作れたなと感心した。

事実怪傑ズバットは子供向けに作られたにも関わらず主要視聴者層は大学生であったという。

 

敵の悪行をあげつらうズバット

ズバット

(c)石ノ森章太郎/東映・東京12チャンネル

 

怪傑ズバットは敵キャラが人間な為ズバットに変身して戦うと一方的にズバットが有利になる。

 

ズバットが人間の敵を簡単にやっつけていたら子供の目には「弱いものいじめ」のように見られる危険性がある。

 

なので怪傑ズバットの敵キャラは徹底して悪い事をする。

 

早川健がズバットに変身して戦う前に、敵が行った悪行を並べ立てて言う事により、子供にズバットが戦う正当性を示しているのだろう。

 

ズバットは敵に勝利した時に、相手を組み伏せ「飛鳥五郎を殺したのは貴様か?」と問いかける。

相手が親友の殺害犯でない事が分かるとズバットは「ズバットアタック」(股間から敵に突っ込む技 笑)を食らわせて気絶させる。

 

ズバットが敵を殺すことはなく、相手の行った罪状を紙に書いて置いておき
その後に警察が来るという展開が多い。

 

ズバットの存在を知らないダッカー

悪の組織であるダッカーは怪傑ズバットの存在を知らされていないようだ。

 

毎エピソードでズバットが登場すると敵が「何だ貴様は?」という発言をする事で分かる。

 

 

この時ズバットが演じるセリフは特撮ヒーロー番組史上屈指の名シーンである。

 

ズバット「ズバッと参上!ズバッと解決!人呼んでさすらいのヒーロー!怪傑ズッバァァァット!!!!」

 

このセリフと演出は毎回用意されており、そのインパクトの強さは赤塚不二夫氏のキャラクターいやみが発する「シェ~!」に匹敵するのではないかと思う。

 

怪傑ズバットのOP

僕は怪傑ズバットのOPが人造人間キカイダーやバロム1程にカッコいいとは思わないけど、何度も聴いてると味の出る名曲だと思う。

 

怪傑ズバットのOPで一番印象的なのは途中で飛鳥五郎が殺されて早川健が「あすかぁあああ!」と絶叫するシーンが迫真的で面白い。
ていうかかなり笑える!

 

EDはというと何とズバットは登場せず、ひたすら早川健が馬に乗って日本の西部劇を思わせるカントリー調の曲が流れる。

 

ヒーローものの番組なのにEDでヒーローではなく早川健が出続けるというのも怪傑ズバットの掟破りの革新性だろう。

 

怪傑ズバットの視聴率

これほど革新性に満ちた特撮番組・怪傑ズバットはなんと高視聴率をたたき出している。!

 

第6話の放送では最高視聴率である15.5%に達した。

 

これを見ると怪傑ズバットは長く続いたのだろうと思うけど、実は番組は32話という短命に終わっている。

 

番組が32話で打ち切られた理由は、怪傑ズバットの関連玩具の売れ行き不振によるスポンサーの降板が原因だった。

番組の人気は制作側が期待していた子供層ではなく大学生が多かったので関連商品の売れ行きが伸びなかったのだ。

 

怪傑ズバットの脚本は主に長坂秀佳氏が担当しており、エピソードの構成は毎回同じで水戸黄門のようなお約束の展開がある。

しかし物語の内容は濃く、子供や女性が爆死するような重い展開もあるが最後はズバットが悪をやっつけ事件を解決する。

 

最後に

 

怪傑ズバットを初めて見た時、僕は制作側の大きな挑戦を感じた。

 

・子供向け番組であるにも関わらず、残酷な描写やバイオレンスの数々。

・特撮ものの常識だった怪人とヒーローの戦いではなく、悪の人間に対してヒーローが戦う構図

・マカロニウエスタンを大胆に取り入れた復讐劇。

・変身ヒーロー・ズバットの魅力以上に宮内洋氏の個性を全面に押し出した展開。

 

エピソードの所々に西部劇の要素が潜んでいる怪傑ズバットを僕はひそかに「特撮西部劇」作品だと感じている。

 

1977年と言えば本場の西部劇はおろか、マカロニウエスタンでさえ勢いを失っていた頃に、まさか特撮で取り入れてしまうとは!

 

今時の特撮ヒーローシリーズで怪傑ズバット程冒険的な挑戦を行った作品があるだろうか?

僕は新しい表現の地平を切り開こうとした怪傑ズバット制作者の勇気に感銘を受けた。

 

怪傑ズバットは異端とも呼べる個性と展開を持っているから観る人を選ぶだろう。

 

しかし僕の様に怪傑ズバットがツボにはまる人間にとっては不滅の作品となる傑作である。

特撮ヒーローものが好きな方は、この作品だけは見逃してはいけない。

 

スポンサードリンク

-特撮ヒーロー

執筆者:

関連記事

キカイダー

【特撮】人造人間キカイダーの面白さの秘密は父を訪ねて三千里!

(c)石ノ森章太郎/NET・東映 特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」は時代を超えて人の心を打つ面白さがある。 僕は今DVDで人造人間キカイダーを観ており、この作品の素晴らしさに大きな感銘を受けている …

イナズマン

胸を熱くする特撮ヒーロー、イナズマンの魅力と感想を書いた!

    イナズマンという作品がある。 仮面ライダーや人造人間キカイダーを生み出した石ノ森章太郎氏原作の子供向け特撮テレビ番組だ。   僕はとある事からイナズマンを観る機会 …

キカイダー01

キカイダー01の傑作ゆえの残念さ!最終回まで観たビジンダーの魅力

僕はついにDVDで「キカイダー01」を最終回まで全エピソードを観てしまった! キカイダー01を全部観て感じた感想を告白させてもらおう!   キカイダー01はあまりにも…あまりにも… &nbs …

帰ってきたウルトラマンの「悪魔と天使の間に」の面白さを徹底解明して漫画創作に生かす

      僕は「帰ってきたウルトラマン」でトップラスに好きなエピソードがある。 それは第31話「悪魔と天使の間に」。   これは「帰ってきたウルトラマン」で初 …

バカオ バロム1

【特撮テレビ番組】超人バロム・1の面白さや魅力を徹底解明!

  超人!バロム1! 知る人ぞ知る特撮テレビ番組の傑作! バロム1と言えば二人の子供が手をクロスして合体変身するヒーローだ。   そしてバロム1に出てくる魔人のグロテスクさは仮面ラ …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!