天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

漫画の描き方

マイナーSF漫画の極み!全てをフリーハンドで描いたマンガ

投稿日:2017年1月6日 更新日:

無人の街001

こちらは2011年ころに僕が描いたマイナーSF漫画の極みといえる「無人の街」です。

 

何がマイナーなのかというと、漫画全編をフリーハンドで描いているところです。

粕川
っていか存在そのものが超マイナーでしょ

 

手描きで漫画の背景などを描くとき、普通定規を使ってキレイな線を引きます。

また漫画の背景は遠近法を使って描くのが一般的です。

遠近法とは一つの画面内にあるものが遠くへ行くに従い、小さくなっていくように描くこと。

 

しかし僕はマイナーSF漫画「無人の街」で定規も遠近法も使わずに、全てフリーハンドで描きました。

その理由は漫画にアートっぽさを出したかったという事にあります。

 

絵画ではドローイングといって、線のいびつさをあえて残して一筆描きする表現法があります。

 

以下は僕が鉛筆で即興で描いたドローイング「大地より生えたる者」。

ドローイング

上のようなドローイングを描くときに、定規や遠近法なんて使いません。

その時々の線の勢いを紙に残しておくために、フリーハンドで一筆描きするのです。

 

僕はマイナーSF漫画「無人の街」を、ドローイングの手法を使って描きました。

 

ここではマイナーの極みといえるSF漫画を、どのようにして描いたのかについて解説していきます!

 

もろ星ハヤト
「無人の街」は俺が主人公なんだぜ!よろしくな!

スポンサードリンク

マイナーSF漫画はもしも創作法で作った!

「無人の街」より

「無人の街」より

 

マイナーSF漫画「無人の街」は「もしも創作法」で作りました。

 

もしも創作法とは僕が作った言葉で、「もしも~だったら」というアイデアで作る漫画のこと。

ドラえもんの「もしもボックス」みたいなものと言えるでしょう(笑)

 

「もしも世の中で自分ひとりだけしかいなくなってしまったら…」

これがマイナーSF漫画「無人の街」のアイデアでした。

もろ星ハヤト
いや~、世の中に俺一人しかいないって驚くよ!

・もしも自分が住む町で人が完全にいなくなったら、どうするか?

・家にも外にも自分たった一人。

 

このアイデアの答えを漫画で描いたのが無人の街なのです。

 

「もしも~だったら」という、もしも創作法を使うと漫画のアイデアは色々浮かんでくるでしょう。

例えば~

・もしもあなたの住む世界に女性しかいなくなったら?

・もしもあなたが妖精のいたずらで森に閉じ込められてしまったら?

・もしもあなたが世界で一番強い肉体を持つことになったら?

etc…

 

試しに「もしも~だったら」で色んな案を考えてみて下さい。

思わず描きたくなってくる漫画が見つからないですか?

 

バカオ
もしも俺が近所のラーメン屋でワンタン麺大盛が100杯タダで食べられたら…!これいいわ!
もろ星ハヤト
そんなに食えないだろ!

 

マイナーSF漫画の主人公はもろ星ハヤト

0001

 

マイナーすぎるSF漫画「無人の街」の主人公はもろ星ハヤト。

 

もろ星ハヤトは僕が高校時代に作ったキャラクターです。

高校時代僕は何人かのクラスメートと漫画を描いて、「週刊少年JUST」という雑誌を作っていました。

 

週刊少年JUST

 

 

週刊と書いてあるけど、実際は不定期で作りたい時に作っていたJUST。

名前だけ「週刊」とついているのが週刊少年JUSTなのです(笑)

 

雑誌といっても描いた漫画をコピーして、ホッチキスで閉じただけの作り。

週刊少年JUST1冊につき、一人4~6ページくらい描いていました。

 

僕が高校時代に週刊少年JUSTで連載していたのが「真バカオクエスト」。

 

高校卒業した2002年頃には、週刊少年JUSTが「真週刊少年JUST」に生まれ変わります。

 

この真週刊少年JUSTで僕が新しく連載を始めたのが「変身!ドクロイダー」でした。

変身ドクロイダー

 

マイナーSF漫画で主人公を務めたもろ星ハヤトは、「変身!ドクロイダー」第1話目から登場していた古株のキャラなのです。

 

以下は真週刊少年JUSTで巻頭カラーになった回のドクロダーの表紙。

手前で盃をかかげているのがもろ星ハヤトです。

img_1450

 

その後「変身!ドクロイダー」を改名し、2010年頃「変身!ドクロイド」として漫画に描きました。

 

001

 

変身!ドクロイドの漫画を読みたい方はここをクリック!

変身!ドクロイドにはもろ星ハヤトもしっかり登場しています!

 

もろ星ハヤト

 

この「変身!ドクロイド」は2012年中国での電子書籍用漫画として配信され、恥ずかしながら僕のweb漫画家デビュー作となりました。

 

もろ星ハヤト
っかぁ~!懐かしい~!

 

マイナーSF漫画は異質なアイデアの組み合わせで作った

「無人の街」より

 

僕は漫画のアイデアを練るとき、異質なアイデア同士を組みあわせて作っていくことが多いです。

 

マイナーSF漫画「無人の街」で使ったアイデアの組み合わせは以下の通り。

 

主人公以外誰もいなくなった街+近未来SF+宇宙人+?

上の4つのアイデアを組み合わせて創作しました。

 

まず初めに、無人の街に一人取り残された主人公というアイデアがありました。

ここに近未来SFの要素をプラスします。

 

僕は近未来SF映画が好きで、2011年ころ色々観ていたのです。

また宇宙人という発想も取りいれました。

 

昔から宇宙人などの超常現象的な話が好きだったのです。

 

漫画のアイデアが中々思いつかないとき、そのとき気になっている事をアイデアとして組み合わせると形になる事があります。

 

 

では、残りの?とは何なのか?

 

 

実は最後の?が「無人の街」のテーマなのです。

 

僕の場合漫画を描くとき、その作品の中で一番見せたいもの、伝えたいことをテーマとして選びます。

テーマを基に色々なエピソードやキャラクターを肉付けして、漫画を作っていくのです。

 

では「?」となるマイナーSF漫画「無人の街」のテーマとは何なのか?

その答えは無人の街の漫画閲覧ページ最後に書いておきます。

 

気になった方は下の画像をクリックすると「無人の街」閲覧ページに移動するので、そこでお確かめください↓!

無人の街001

 

愛野すず
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサードリンク

-漫画の描き方

執筆者:

関連記事

漫画 扉絵 幻想の森

漫画の扉絵の描き方6つのコツを紹介!漫画の顔を整えて読者の心を捉えろ

どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は漫画の扉絵を描く時に気を付けるべき6つのコツについて書いていきます。   扉絵と言えば漫画のタイトルが入る、一番最初のページに …

無限に浮かぶ漫画アイデア宝庫を自分の中に構築する3つの秘技

「漫画を描く時に中々良いアイデアやストーリーが見つかりません」   こんな風に思っている方がいるかもしれない。   漫画を一から作るというのは世界観やキャラクター、物語の展開など決 …

どうやって漫画ネームを仕上げる?締め切り間近ピンチを乗り切る3つの方法~180話

  「アイデアが出てこない!どうやって漫画ネームを描いたらいいんだ!」   こんな風に思ったこと、ないですか?   ぼくも締め切り間近に漫画のネームのアイデアが出てこなく …

漫画の下描きの描き方を紹介!スムーズに描くための6つのコツとは?

「漫画の下描きの描き方ってあるの?」 「漫画の下描きの仕方がわからねえぜ!」   そんな方へ向けて、こでは漫画の下描きの描き方をみていこう。   漫画はまずアイデアやテーマをプロッ …

四コマ漫画A

四コマ漫画のネタをネームに起こすための創作法

  本日も当ブログにお越し頂きありがとうございます。   僕は現在お客さんからお題を頂き四コマ漫画を制作するという活動を行っています。 現在、作ろうと思えば誰でもブログなどのメディ …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!