天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康のブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

創作活動

絵のスタイルを作るためにした奮闘記を紹介!こうして自分様式の絵を考えた!

投稿日:2016年12月5日 更新日:

この記事では、自分の絵のスタイルを築こうと奮闘していた筆者の体験記を書いている。

 

絵のスタイルとは何か?

作品を見たときに誰が描いたかがはっきりわかる、明確な特徴のある絵のことだ。

 

筆者は2016年11月、以下のような絵のスタイルを作ろうと奮闘していた。

img_2014

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="0015" name="バカオ"] なんだこれは!何の生物なんだ~![/speech_bubble]

 

上は「大地より生えたる者」という、筆者が2016年ころに描いていた絵のシリーズの一つ。

以前から筆者は連作という形で絵や漫画を制作することがあった。

連作とはテーマを決めて、そのテーマに沿った絵を描くこと。

 

はっきり言って、この時点の筆者に絵のスタイルといえるほど明確な特徴があるわけでない。

しかし当時の筆者が絵のスタイルを作ろうと奮闘していたことを書けば、何かの役に立つかもしれない。

ということでこの記事では2016年に描いた絵を参考に、自分スタイルの絵を作るために筆者が行ったことを書いていこう。

 

スポンサードリンク

絵のスタイルを作りたいともがいていた頃の油絵

大地より生たる者の油絵の画像

 

2016年、なぜこのタイミングで「大地より生えたる者」の油絵シリーズを始めたのか?

「これが自分様式だ」という絵のスタイルを、作りたかったからである。

筆者は絵を描く表現者なので、誰が見てもあの人だ!と分かるようなスタイルを築きたいと思った。

 

例えばムンクやピカソは、一目見てすぐに誰が描いた絵かが分かる。

それは絵の描き方だったり絵肌、色の特徴に、画家の個性があらわれているからだろう。

ピカソやムンクは、絵のスタイルがはっきりしているのだ。

 

このスタイルを築くことが、絵を描く表現者にとって重要だ。

 

僕も今まで色々な絵を描いてきたけど、そろそろ分かりやすい自分タッチの絵を固めていきたいと感じたのだ。

それなら筆者の根源的テーマである「幻想と自然」を描きたいと思った。

こうして絵のスタイルを探す、「大地よりはえたる者」シリーズの制作が始まった。

 

絵のスタイルを築くためにキャラクターを作る

筆者は漫画アート芸術家なので絵のスタイル確立のために、キャラクターを使おうと考えた。

それならばと思い、この奇妙なキャラクターを描いたのだ。

大地よりはえたる者の油絵の画像

この生物は、大地から生えてきた生命体である。

その名も「大地よりはえたる者」!

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="0029" name="粕川"]ぼくの絵のスタイルには、キャラクターが必要だと気がついたのであ~る[/speech_bubble]

 

「大地よりはえたる者」は、母なる大地から生まれてきた謎の生命体。

「大地よりはえたる者」は、いつも前を向いている。

 

「大地よりはえたる者」の眼が青く輝いているのは、いつも未来を見ているからだ。

彼はどんな時も、自分の運命を切り開く意思を持っている。

 

筆者は絵のスタイルを作るとき、キャラクターを取り入れることにしたのだ。

 

大地より生えたる者のドローイングの画像

こちらは、大地より生えたる者のドローイングの画像。

 

大地より生えたる者は、いつも自然の中にいる。

彼は、都会では生活ができない。

大地より生えたる者は文明社会から離れた場所のほうが生きやすいのだ。

だから大地より生えたる者の後ろには、樹木や山や海など自然がある。

 

油絵では「大地より生えたる者」や後ろの自然を、淡くぼかして描いた。

 

形は明確に描かなくていいのだ。

空も大地も樹木も生命体も、一つに溶けそうなほどぼかされる。

これは最終的に全ては一つであるという僕の思いの表れである。

と同時に、淡く霧がかった絵のスタイルは、幻想を表している。

 

●大地より生えたる者というキャラクター

●自然が舞台の絵

●全てが淡くぼかされる絵

 

この3点が、筆者が考える絵のスタイルとなった。

スポンサードリンク

絵のスタイルは幻想を描くこと

僕はシンプルな絵が好きだ。

そのため、対象を細かいところまで描きこまないことが多い。

なぜなら対象の立体感を描いているわけではないからだ。

 

僕は自分の感じた「幻想」を描いている。

絵で描かれる木や山は、幻想を構成する要素だ。

この幻想的なイメージを、絵で描くことが僕の目的。

 

木を描いてはいるが、それは木ではない。

山が描いてあっても、それが山に見えなくてもかまわない。

実際の所、海でも山でもどちらでもいい。

 

大切なのは、幻想としてのヴィジョンなのだ。

筆者は、そのような絵のスタイルが良いと思った。

僕は幻想を描いているのだ。

 

対象物(木や山や海など)は、絵を描くときのキッカケでしかない。

キッカケを得たら、そこから広がっていくものを描くのだ。

それも限りなくシンプルな描き方で。

複雑な要素は必要ない。

 

ムダを省き、本当に必要なものだけで絵を構成する。

僕にとって絵のスタイルとは、自分が見た幻想のヴィジョンである。

そこには完成も未完成もない。

その時、その瞬間、そこに置かれた色や形で完結する。

 

どこまでが完成でどこまでが未完成という区分けが、存在しないのである。

人間に完全な人がいないように、絵もその時に描かれた状態が全てだ。

絵は、絵を描く人の人生の一部であり、その瞬間の表現を切り取ったものである。

大地より生たる者の油絵の画像
この絵は18cm×14cmの小さいキャンバスボードに描いた。

画材は油絵の具。

 

僕は色調を統一したい傾向があるので、空の青にもいくぶん緑を含ませている。

緑に対する補色として、赤系統の肌色と木肌を描いた。

赤と緑という組み合わせは、お互いを引き立てあう補色の関係。

 

大地よりはえたる者と一緒に自然を描き、幻想のヴィジョンを作る。

これが2016年時点での、筆者の絵のスタイルだったのだ。

 

絵のスタイルを作るきっかけになったドローイング

大地よりはえたる者のドローイングの画像

今回の絵を描くきっかけになったドローイングが、上の画像。

 

筆者は絵を描くとき、別紙に完成図のラフ画を描くことが多い。

その中から良さそうな絵を選び、油彩などで描く。

ドローイング

ドローイング 大地より生えたる者

僕は常にスケッチブックを携帯しており、ヒマがあると上のようなドローイングを描く。

これらは簡単にできる、自己表現の絵のスタイルだ。

その時の感覚を、大地よりはえたる者を使って描き残しておく。

 

悲しければ悲しいタッチで、うれしい時は喜び一杯の大地よりはえたる者を描く。

スケッチブックを携帯して、時々の感覚を絵に描きとめる習慣は、絵で自己表現をする能力を鍛えてくれる。

 

スケッチブックに描いた絵の中から、気に入った一枚を見つけて制作に入る。

大地よりはえたる者のラフ画の画像

僕は一つの絵を描くのに、あまり時間をかけない。

たくさん絵を描きながら、描き方などを探り、自身を表現していきたいと思っている。

 

筆者の絵は、短時間で完成するものが多いのだ。

その点筆者が描く絵は、インスタントアートといえるかもしれない 笑

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="0015" name="バカオ"] カップラーメンか![/speech_bubble]

 

絵のスタイルを築こうと奮闘していた体験記の最後に

大地よりはえたる者の油絵画像

絵を描く表現者にとって、自分スタイルの絵を築くのは大切である。

 

筆者が2016年当時に、絵のスタイルを作るためにしたことは以下。

●自分の中の表現テーマである「幻想と自然」を描いた

●対象をシンプルに描いた

●大地よりはえたる者というキャラクターを作った

●絵の対象をぼかして、自分のなかの幻想を描いた

 

ただ絵のスタイルを作ろうと思うと、漠然として迷ってしまうかもしれない。

 

そんな時は、自分が絵を描くときのこだわりは何かと考えてみよう。

自身が持つ絵の要素を掛けあわせていくと、絵のスタイルを見つけるときの役に立つかもししれない。

 

一度絵のスタイルを築いたら、何度も何度もその手法で描こう。

あれもこれもと手を広げるより、一つ絶対的に自分らしい絵のスタイルを見つけて、それを描き続けるのだ。

これが自分という絵のスタイルをブランドにする第一歩だと感じた。

 

以下の記事では自分の表現テーマを見つける筆者なりの方法を書いているので、興味のある方はどうぞ♪

創作の表現テーマの見つけ方を大公開!自分だけの特別な表現テーマはこうして見つかる!

スポンサードリンク

-創作活動

執筆者:

関連記事

猫のチッティ

猫が出てくる漫画を描く理由と「瞑想する猫」の制作背景

これは猫が出てくる漫画「瞑想する猫」である。   この猫が出てくる漫画を描いていたのは2011年ころ。   僕は2011年頃、様々なアルバイトをしながら漫画アートを作る日々を送って …

週刊少年ジャスト1号

真・バカオクエスト第1話~週刊少年ジャスト1号の内容と付録も紹介!【2001年】

  このページは漫画アート芸術家が高校時代に(2001年)作っていた雑誌「週刊少年ジャスト1号」の扉ページや付録、「真・バカオクエスト」第1話を掲載しています!   週刊少年ジャス …

アトランティスの漫画

アトランティスがネタの漫画を描いた理由を告白!超古代文明とラブクラフトがヒントだった?

こちらはアトランティスをネタに描いた漫画「偉大な男」(2015年制作)。   漫画の主人公はアトランティス大陸を発見して世界に名を残したいと考える青年、秘宝ゆうや。 秘宝ゆうやは自らを偉大な …

猫のチッティの漫画アート

漫画とアートの実験作品の第1弾を公開!猫のチッティの漫画アートとは?

  これまでにない表現を見つけようとしているのです。 それは漫画とアートを融合することで実現するでしょう。   新しい表現を確立するために、ぼくは実験を始めました。 その軌跡を、こ …

ギターを持つ黒人の画像

ブルースを漫画アートの創作に使う?音楽の要素を絵や漫画に転化する表現者

  僕は14歳の頃に音楽に目覚めた。 キッカケは当時流行っていた日本のヴィジュアル系ロックバンド。 まもなくエレキギターを購入すると日夜練習に励むようになった。   しかし僕は18 …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/アート要素の入った漫画を描く表現者

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!アート要素の入った漫画を描く人です。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください⇒自己紹介記事を見てみる
漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

昔書いてたブログはこちら

猫のチッティのイラストバナー

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画

読み切り漫画選

漫画,芸術家

最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!