漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

画材

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具を手に入れた感想を紹介

投稿日:2017年12月9日 更新日:

ロイヤルターレンス社

 

先日ロイヤルターレンス社の絵の具を手に入れることができた。

それもぼくが最も愛する表現者ヴァンゴッホの名前が冠された絵の具を!

 

ロイヤルターレンス社とはオランダ発の絵の具メーカーのこと。

 

ロイヤルターレンス社には有名な画材ブランドがあって、オランダを代表する画家のレンブラントやゴッホの名前が冠されている。

 

例えばロイヤルターレンス社の最高級油絵具ブランドの名前は「レンブラント」。

油絵具としての質が高く、価格的にもお手頃な「ヴァンゴッホ」。

またアクリル絵の具の総合ブランド「アムステルダム」というのもある。

 

まさにオランダを代表する画材メーカーがロイヤルターレンス社であり、その日本支店が「ターレンスジャパン」という。

 

ここではひょんなことからロイヤルターレンス社の絵の具を手に入れたエピソードや、ロイヤルターレンス社ヴァンゴッホの絵の具チューブの素晴らしさについて書いていこう。

スポンサードリンク

油絵を描くときに使う道具

今回ぼくが手に入れたロイヤルターレンス社の絵の具は油絵具。

ひょんなことから父親からロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具をゆずり受けることになった。

 

最近はぼくは、創作活動でほとんどの時間を油彩画の制作に取りくんでいた(2017年12月頃の話)。

 

油絵を描くのはほかの画材と違いやや難しいイメージがあるかもしれない。

しかしぼくは、油絵は簡単な部類の画材だと思っている。

 

なぜなら油絵は失敗しても上から何度でも塗りなおせるからだ。

 

例えば透明水彩は一度色を塗ると下の色を塗りつぶすことが困難なため、失敗できないという難しさがある。

 

しかし油絵ならば制作途中から別の絵に描きかえてもなんら問題はない。

油絵が難しそうにみえる原因は画溶液の存在や、絵を描くための表現法がたくさんあるからかもしれない。

 

油絵は水彩のように水ではなく、画溶液というオイルを使って絵の具をうすめて描いていく。

また油彩画に艶や光沢を出すために、絵を描くなかで画溶液の調合バランスをじょじょに変えて描いていく。

 

油絵を描くために最低限必要なものといえば~

・キャンバスなど絵を描くための媒体
・油絵具
・筆
・テレピンやリンシードオイルなどの画溶液
・パレット
・ペインティングナイフ
・筆の洗浄液

 

これらのものがあればとりあえず油絵を描きだすことはできる。

 

漫画アート芸術家が使っている油絵の画材

画材

 

こちらの写真は僕が油彩画を描くときに使っている画材の一部。

 

絵具

油絵の画材のなかでも、絵の具メーカー選びは大切だ。

色は絵画を構成する重要な要素であり、発色具合や粘度などメーカーによって違ってくる。

 

僕は普段ホルベインというメーカーの油彩絵の具を使っているけど、最近心から欲しいと思っていた油絵の具を手に入れることができた!

 

それがロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具だったのだ。

 

ロイヤルターレンス社の油絵具ヴァンゴッホの感想

 

ロイヤルターレンス社

ロイヤルターレンス社

 

オランダを代表する画材メーカー「ロイヤルターレンス社」がつくる油絵の具、その名も「VAN GOGH」!

 

ヴァンゴッホは筆者が史上最も愛する表現者であり、彼の名前や自画像がチューブに印刷されているロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具。

 

ロイヤルターレンス社は1899年に生まれた伝統あるオランダの画材メーカーだ。

1950年にはオランダの王室から「ROYAL」(国王の、王にふさわしい、高貴な~という意味)の称号を与えられている画材メーカーでもある。

 

ロイヤルターレンス社の作る絵の具は「顔料」にとことんこだわった最高品質の絵の具として、ヨーロッパのみならず世界90各国以上で親しまれ、高い評価をうけている。

 

ロイヤルターレンス社

ロイヤルターレンス社のチューブ一つとってみても、どことない高級感を感じてしまう。

絵の具のチューブにはヴァンゴッホのイラストも入っていて、ゴッホを愛する僕としては、見ているだけでうれしい絵の具だ。

 

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具は耐久性や耐光性に優れている。

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具は、鮮やかな色彩で表現したゴッホらしい「発色の良さ」に売りがあるようだ。

この絵の具は、強烈な色彩で自分を表現したい人に向いた油絵の具だといえる。

 

じつは僕は、ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具をまだ使っていない。

ヴァンゴッホを愛する筆者としてはデザイン的にも美しいので、絵の具として使うより永久保存しておきたい気持ちになってしまう。

 

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具を使うのは、もっと魅力的に色を使えるようになってからにしたいと思っている。

 

心から愛するヴァンゴッホの名を冠したロイヤルターレンス社の絵の具で油彩画を描けるというのは最高の喜びだ。

そしてヴァン・ゴッホの絵の具の存在自体が創作意欲を湧きたたせてくれる!

 

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具を使い出したら、その使用感などもこのブログで書いていこうと思う。

最後に

 

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具を手に入れて、まず思ったのはチューブの外観が美しく、高級感があるということ。

 

さらにロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具にはゴッホのイラストがあって、何か持ってるだけ良い気分になってくる!

 

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具は、絵具として使うよりも飾り物にしておきたい置物としての価値も感じた。

ロイヤルターレンス社のヴァンゴッホの絵の具を使える時が楽しみだ。

 

絵の具に関する記事には以下のようなものもあるので、興味のある方はどうぞ!

絵の具は何で出来てる?水彩、アクリル、油彩絵具を分ける違いは何か

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-画材
-

執筆者:

関連記事

漫画道具アナログ

初心者がアナログで漫画を描く時に最低限必要な道具13選!

  アナログで漫画を描きたい初心者の人がそろえておくと良い道具は何か?   今はデジタルで漫画制作する人も多いですが、手描きのアナログで制作する人もまだまだいるでしょう。 漫画を描 …

絵の具は何で出来てる?水彩、アクリル、油彩絵具を分ける違いは何か

    油絵で使う絵の具って水彩絵の具と違うのかな? 油絵、アクリル、水彩画…色々絵画はありますが、これらを分ける物は何か? それは絵の具なのです! 絵の具と言えば絵画を描くために …

原稿用紙

漫画原稿用紙の使い方!原稿に記された枠線の謎に迫る!

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は「漫画の原稿用紙の使い方」について解説していきます。   僕は漫画専用原稿用紙に初めて漫画を描いたのが18歳の頃 …

Gペンと丸ペンの違い

Gペンと丸ペンの違いや使い分けを解説!線に込められた生命感とは

  Gペンと丸ペンの違い   「Gペンや丸ペンの違いが分からない、使い分けが分からないよ~」という方がいるかもしれません。   漫画のつけペンでGペンと丸ペンといえば有名ですね。 …

テレピン1000ml 粕川 冒頭

テレピン1000mlを実際に使った感想と効能を芸術家が書く!

油絵を描く時に必要な画溶液の一つ、テレピン油!   油絵を描いていて起こる問題の一つに、「テレピン(揮発性油)がなくなっちまった~!」なんてことがあるかもしれません。 揮発性油(テレピンなど …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!