天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵の描き方

写真を絵に変換する方法とは?想像力や偶然性を絵に活かせ!

投稿日:2017年4月7日 更新日:

写真,絵,変換

 

今日僕は写真を絵に変換して創作をする方法について書いていこう!

 

あなたはどんな風に絵を描くだろうか?

 

  • 実際に風景を前にして描く
  • 頭の中にある想像世界を描く
  • 人の顔を描く
  • 好きなキャラクターを描く

色々あるだろう。

 

僕は今「幻想の森」というテーマで油絵の連作をしているのだけど、面白い創作法を発見した。

湖面に映る幻想の森の絵

「湖面に映る幻想の森」 油彩

 

それは写真と想像力を使って絵に変換する創作法だ。

 

写真を絵に変換する創作法を使うことで表現の幅が広がったり、描くものがないと困ったときに重宝するかもしれない。

 

ここでは写真を絵に変換する創作法に迫っていこう!

 

 

スポンサードリンク

写真を絵に変換するには?

 

写真を絵に変換して創作をするにはまず、あなたが気に入った写真を用意しよう。

 

僕はこの写真を使うことにした。

写真,絵,変換

 

僕はこういう風景が大好きだ。

 

ではこの写真をどのように絵に変換したらよいのだろう?

 

今回僕が紹介するのは、写真をあるがままに描く方法ではない。

写真を基にして想像力をふくらませ、絵に変換する表現法だ。

 

さあ、あなたの好きな写真は用意できただろうか?

 

ざっくりと写真を粗描きして絵に変換する

写真が用意出来たらその写真をもとに、ざっくりと荒描きして絵に変換してみよう。

粗くてよいのでクロッキーを描くような感じで、写真の画像を絵に変換していくのだ。

 

 

このとき写真の細部を詳細に描こうとしないほうが良いだろう。

なぜなら漠然とラフに描かれている方が、想像力を用いやすくなるからだ。

 

写真を絵に変換するためにイメージを使う

写真を絵に変換するために必要なのはイメージ力だ。

 

写真の画像を粗描きで絵に変換したら、そこからイメージを使ってより詳細な絵を仕上げていく。

 

たとえばキャンバスにこんな風に描いたとしよう。

ここからあなたはどんなイメージが膨らむだろうか?

 

キャンバスに少し色が塗ってある画像

 

よ~く見てイメージしてほしい。

 

例えば僕なら左から右に吹く風の流れを感じた。

それも虹色の風。

 

で、イメージが浮かんだらその通りの色、形を置いていく。

 

僕は想像力を使って写真をこんな風に変形させた。

28319237103_7c23fc05e1_b

幻想の森の習作,油彩

幻想の森の習作 油彩

 

想像力を使って写真を絵にするコツは、対象を誇張、デフォルメすることだ。

 

漫画でキャラクターの外観を簡略化して描くことをデフォルメというが、写真を絵に変換するときも僕はデフォルメを使う。

 

写真の絵をデフォルメするときは、その写真の好きなところを誇張するように描くと良いだろう。

 

幻想の森の習作 油彩

 

例えば晴れた青空が好きなら強力なスカイブルーを空に塗りたくるとか

リンゴのへたが気に入ったら、ヘタの部分から手を生えさせるとか。

 

写真の特徴的なところを誇張、変形させると意外な効果が加わり絵が面白くなったりする。

 

スポンサードリンク

 

写真を絵に変換するために偶然生まれた線や色を用いる

写真を絵に変換するときは、偶然生まれた線や色を利用して絵をつくると良いだろう。

偶然生まれた形、色に触発されて絵を描くということ。

 

例えば偶然生まれた色がとても気に入ったとする。

そしたらその色を起点にアイデアをふくらませて、絵を構成していくのだ。

 

仮に以下のような写真があったとする。

霧のある森の画像

う~ん、いかにも幻想の森といった具合。

 

僕はこの写真が気に入ったので、想像力を使って絵を描くことにした。

それがこの作品。

 

幻想の森,油彩画

なんだか写真の痕跡をあまり残していない。

 

なぜなら僕は偶然できた色と形に触発されて描いたからだ。

 

僕は森の写真を絵に変換する際に、森の緑に魅了された。

 

だから森の絵をほとんどを緑の塊で描くことにしたのだ。

森を形作る線もほとんど描かずに…

 

例えばこれが偶然できた線や色を利用して写真を絵に変換するということ。

 

あなたは絵を描いていて色や形が生む偶然の効果に魅了されたことはないだろうか?

その偶然性を利用して、線や色を変形、誇張してゆくのである。

 

これは成り行き任せの制作法にも見える。

しかし視点を変えるとこれぞ「即興で絵を描く」という創作法になるのだ。

 

また写真を見て思いついたイメージを絵の中に描き込んでみるのも良いだろう。

 

写真を見てたらなんとなく思いつくアイデアがあるかもしれない。

それを絵として描き混んでみる。

 

写真というのはあなたの想像力を刺激するキッカケだ。

 

出来た絵が写真と全然関係ないものになってもOK。

写真から受けるインスピレーションを絵に変換していけばいい。

 

写真をもとに森を描いていたとしても、最終的に青と緑の抽象的な絵になってもいいのだ。

 

写真は絵を描くきっかけに過ぎない。

写真をもとに生まれた発想を絵に変換して創作していくのである。

 

写真を絵に変換するときに色を誇張して描いた

川面の画像

 

これは以前僕が足を運んだとある森である(幻想の森?)。

 

想像力や偶然性を使って絵を描くのなら、色こそ誇張しやすい。

あなたが描こうとしている写真の色を自分が感じたように誇張して描くのだ。

 

 

●色の明るさを増したり

●色の彩度を変えたり

●極端な色の配色にしたり

 

自分が感じた良い感じの色に誇張すればいい。

 

僕は上の写真をこんな風に描いてみた。

写真,絵,変換

「幻想の森の中にある木橋」

 

色も形も写真に似せるのではなく、あなたの感覚に従わせて絵を描く。

あなたの感覚のもとに色や対象を誇張し、変形し、描いてゆく。

 

 

写真を使いつつも、想像力や偶然性を利用して絵に変換していくのだ。

 

写真を絵に変換する創作法のまとめ

写真をもとに自分らしい絵を描く方法をまとめてみよう。

 

●好きな写真を用意する

●好きな写真をざっくりと粗描きする

●そこから生まれる形、線の面白さを誇張、変形する

●写真をみて生まれたイメージを絵のなかに描き込む

●自分の感覚をもとにして色を自由に使う

 

 

これを行うと偶然性や想像力を使って写真を絵に変換できるようになる。

ただ対象を描きうつすのではなく、自分の感覚に従って自由に変形できる絵が描けるようになるのだ。

自分の表現手段を増やす方法の一つとしてやってみると面白いかもしれない。

 

愛野すず
以下の記事では音楽を絵に変換する創作法が書いてあります♪

音楽を絵にする方法を大公開!好きな曲を聞いて絵を描こう!

 

バカオ
詩と絵を融合する創作法は、以下の記事に書いてあるよ♪

詩と絵を融合する創作法を紹介!詩画を使ってあなたの完成を表現しろ!

 

スポンサードリンク

-絵の描き方
-, ,

執筆者:

関連記事

チッティと仲間たちのイラスト

【漫画のつけペン練習法】簡単5つのペン練習と練習用の紙とは

「使いずらいな~、漫画のつけペンって!」 ふだん使っているボールペンや鉛筆に比べて、漫画のつけペンは慣れるのに時間がかかります。   「よし、漫画のつけペンの線を引く練習するぞ!」って思われ …

カケアミ,ナワアミ,描き方

漫画のカケアミとナワアミを描くコツとは?使い方や本当の役割も紹介!

  どうも、漫画アート芸術家の粕川です(@artkasukawa)! 本日は漫画のカケアミ、ナワアミの描き方のコツや使い所について解説していきます。   カケアミといえば、漫画にお …

LOVE

絵に文字を入れて描く創作法!文字を入れてダイレクトに愛を表現

絵を描く時、必要だと感じれば何でも取り入れる。 例えば絵のなかに、文字を入れて描く。   文字で思いをダイレクトに伝えられる。 そんな方法だってアリなのだ。   これをしちゃいけな …

ドローイングとは

ドローイングとは何かを知ると絵画の原点が見えてくる

ドローイングとは   美術の世界で言われるドローイングとは何?って思われたあなた! 漫画アート芸術家の粕川がご説明しましょう。   ドローイングとは何か?ドローイングは絵画の原点? …

色彩,表現

色彩はそれ自体で何かを表現する?色の組み合わせで自分自身を表現しよう!

  「色彩はそれ自体で何かを表現する」。 19世紀オランダ出身の画家フィンセント・ファン・ゴッホが言った言葉だ。 色彩は、それを置くだけでなにものかを語れるのだ。   実際にゴッホ …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画