漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

創作活動

twitterと漫画を融合したツイッター漫画の源は日記にあり

投稿日:2017年10月29日 更新日:

ツイッター漫画 目次

 

このイラストは僕が2010年頃描いていた「ツイッター漫画」を寄せ集めた超短編漫画集の目次である。

 

ツイッター漫画とは何か?

 

あなたも使っているかもしれないツイッターと漫画を融合して創作を行ったのが僕がツイッター漫画と呼んでいるものだ。

本日はツイッター漫画についてや、ツイッター漫画を創作するに至った理由について解説していこう。

 

スポンサードリンク

ツイッター漫画とは

SNS

 

ツイッター漫画を説明する前にまずはtwitter(ツイッター)とは何かについて書いていこう。

ツイッターとは140文字以内でつぶやく事により情報発信を行う事の出来るサービスだ。

⇒ツイッター

 

ある時ふと何かをつぶやきたくなった時、ツイッター上でつぶやく(ツイートする)とあなたをフォローしている人のタイムラインにあなたのつぶやきが公開される。

タイムラインは自分がフォローしている人のツイートやリツイートが時間軸に沿って流れてくる場所。

 

ツイッターにはフォローという仕組みがあり、ある人をフォローするとそのアカウントを持つ人のつぶやきが時間軸に沿って流れてくる。

リツイートは他の人がつぶやいたツイートを自分をフォローしてくれている人たちのタイムライン上に流すことが出来る。

お気に入りの人がいたらツイッター上でフォローする事でその人が発する情報を受け取る事が出来るぞ。

 

ちなみにツイッターはSNSだと思われているようだけど、実際はそうではない。

Twitter社いわく

「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク(通信網)」

と定義している。

 

ツイッターは「コミュニケ―ションツール」というより「情報をお手軽に発信できるツール」なのだ。

 

僕は140文字以内で情報発信できるツイッターに面白さを感じて2010年頃からちょくちょく使うようになった。

特にその時々の自分の感覚を情報発信できる点が面白いと感じた。

 

しかしツイッターは誰でも使う事が出来る。

僕は自分にしかできない方法でつぶやきたいと思った。

 

「言葉なら他の人でも書ける。それなら自分の漫画を使ってその時々の思いをつぶやこう!」

この発想がツイッター漫画の始まりだった。

 

その時々の正直な思いを、1~数ページの分量で漫画表現を行うという事を2010年頃から初めて、それをツイッター漫画と呼んだのである。

 

どうしてツイッター漫画を始めたのか?

SNS チッティ イラスト

ツイッター漫画は1~数ページという超短編漫画であり、起承転結も考えずランダムに描く事の出来る自己表現としての漫画だ。

まさに気軽にその時の状況をつぶやくツイッターのツイートに等しい。

 

どうしてツイッター漫画を始めたのかというと、僕が18歳の頃からその日に起こった出来事、感じた事を日記に書いている事が原因にある。

僕は今でも何か行動をしたらそれを日記に書くようにしている。

 

自分の一日を日記として残しておく事で以下のようなメリットがある。

 

・一日の行動を振り返る事ができるので今後の生活習慣の反省、改善に活かせる
・何気なく過ぎ、忘れられていく一日を文字情報としてとどめておく事ができる。これにより一日一日の大切を感じる
・いつ何をしたかが一発で分かる
・日記を基にして漫画のアイデア、展開を考えていく事ができる
・書く事に慣れるのでブログやエッセイなど文章表現を行う練習になる

・日記が表現者の遺産となる場合、未来の美術館、記念館などに展示する事が出来、その表現者を研究する人にとって重要な情報源となる

⇒日記を書く習慣があなたに豊かな創造性をもたらす、その効用について書いた記事はこちら!

 

僕が今でも変わらず日記を書き続ける最大の要因は何かというと

「ほっておけば忘れられてしまう日常を日記を書く事でいつでも見返せる永遠な情報にして残しておく事が出来る」という点にある。

 

人は昨日食べたものさえ忘れてしまうので一か月前に何をしていたかなんてそうそう覚えていないだろう。

一日一日をどんどん忘れていったら、一日ごとの大切さ事態に目がいかなくなってしまう。

 

本当は毎日毎瞬間がとても貴重で一生に一度のスペシャルな時間なのに。

 

日記を書く事で毎日が存在するという大切さにも気づけるようになった。

 

その時の自分の感覚をツイッターでつぶやくというのは、僕にとって日記を書く感覚に近い。
だからツイッター漫画というのは日記漫画とも言える。

 

僕は時々に感じた思いを書く事で永遠に残す事のできる日記という表現手段が素晴らしいと思うし、ツイッター漫画を始めたのも日記の延長線上にある「漫画でつぶやき、自己表現を行う」という目的があったのだ。

 

 

ツイッター漫画は1ページ漫画が最適

粕川 イラスト

ツイッターのように感じた事を気軽につぶやくツイッター漫画を描くには1ページくらいが調度良い。

 

四コマ漫画だと4つのコマという制約があり、4~5ページくらいの漫画だとボリューム的に多い。

あなたもいつもなら文字で書くツイッターの投稿を、漫画で描いてみるのも面白いかもしれない。

 

ツイッターでつぶやこうとする内容を1ページをフルに使って自由に、その時々の思いを正直に込めて描いたのが以下にご紹介するツイッター漫画だ。

 

1ページでおさまらない場合は3ページ使っているものもある。

2010年頃に粕川が描いていたツイッター漫画は以下のリンクをクリックする事で見れるようになっている。

⇒2010年制作・粕川裕康のツイッター漫画を読むにはこのリンクをクリック!

 

 

スポンサードリンク

-創作活動

執筆者:

関連記事

栗なマロロンくん001

「栗なマロロン君」2011年頃制作の漫画

こちらは粕川裕康が2011年ころに描いた漫画「栗なマロロン君」の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   栗なマロロン君   スポンサードリンク   愛野すず 漫画を最 …

魔法屋敷表紙02

ヘンゼルとグレーテルをもとに漫画を描いた理由と童話の魅力

  こちらは漫画アート芸術家が2012年頃に制作したヘンゼルとグレーテルをもとにして描いた漫画「魔法屋敷」。   ヘンゼルとグレーテルといえばグリム童話で有名ですね。   …

空飛ぶ猫001

空飛ぶ猫(2011年~2018年にかけて制作の漫画)

こちらは話す猫のチッティが登場する漫画「空飛ぶ猫」の閲覧ページです。 2011年にほとんど完成し、2018年6月5日に最後の部分を描き足しました。 どうぞご覧ください!   空飛ぶ猫 &nb …

黒猫

尻焼温泉とエドガーアランポーで出会った黒猫から誕生した狂人漫画

2010年頃、粕川が当時の心境を描いた、狂った漫画がある。 「狂った」と書いたのは一般の方々から見た時、明らかに誇大妄想狂のように映る漫画だからである。 しかし漫画を描くという事はそこに自分を投影させ …

無料ブログで四コマ漫画を不定期で配信していた漫画アート芸術家

  僕は2010年頃から無料ブログを始めている。 seesaaブログ→FC2という流れで「漫画アーティストの創作法」「ホラー映画を語るマンガアーティスト」というブログをやっていた。 2011 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!