漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のWEB漫画アート作品の公開、影響を受けた傑作やおすすめ商品の紹介、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

絵の価値とは何か?芸術とは何か?その本質を知りたければこれを読め

投稿日:2019年2月6日 更新日:

 

絵の価値とは

 

絵の価値とは何か?

 

アートの世界には、よく分からない作品にものすごい価値が付いたりする。

絵のことを良く知らないとなぜこんな絵がそんなに高いのか?と思う事もあるかもしれない。

 

果たして絵の価値とは何なのだろうか?

ここでは漫画アート芸術家が思う絵の価値とは?について書いていこう!

 

スポンサードリンク

絵の価値とは強烈な作家自身の表現

僕はあえてこう言う。

 

「絵はうまく描いてはいけない」

 

じゃあどう描くのか?

 

「圧倒的な自分自身を描く」。

 

これは一体どういう意味なのか?

 

自分を絵に描けば良いというわけではない。

 

絵描きが描く絵には、その作家自身の何かが強烈に入り込んでいる必要があるということだ。

描く対象に隠れた自分を描くというか。

 

 

絵というのは一般に「うまいものは良い絵」とされている。

 

この場合のうまいとは、「対象を写真で映したように正確に描ける」ということを指す。

 

確かにそういう絵が求められるジャンルはあるかもしれない。

 

しかしこと芸術に関しては違うと僕は思っている。

 

 

それは絵を描くことの根底の意味を「正確に写す技術」ではなく、「自己の魂の強烈な表現」と捉えているからだ。

 

 

例えばあなたが「ある一つの風景」を正確に絵で描くとする。

しかしそれによって出来た絵というのはすでにそこに存在している「風景のコピー」にすぎない。

 

「そこにある風景」というのは、それ自体が完成された芸術作品である。

目のまえにある景色は、すでに芸術作品なのだ!

 

見えたままに描くというのは、すでにある芸術作品をそっくりに映すことを意味する。

 

そっくりそのまま絵で描くという作業は、すでに完成されている「自然という芸術」の劣化版を作ることに等しい。
劣化版を作るくらいなら、まだ写真で映したほうが話は早いだろう。

 

 

僕が「そこにある風景」を描くとしたら、描くものは「風景」ではなく「自分」である。

 

もしくは「そこにある風景」を「より超えた何か」だ。

 

「そこにある風景」というのは、絵を描くきっかけにすぎない。

 

絵を描くきっかけを基にして、僕自身が感じ、見えたものを自由に描く。

 

そうやって最終的に完成された絵というのは「そこにある風景」とは全く別物かもしれないし、何かしら元の痕跡を残しているかもしれない。

しかし結果としてできた絵には「自分」がある。

 

対象となるのは「そこにある風景」でも、花でも、裸婦でも、愛とか、苦悩とか友情といった観念に置き換えてもいい。

 

何を描くにしても「対象というのはきっかけにすぎず、そこから引き出された自分を描く」ということが僕にとっての芸術だ。

 

何を描こうともそこには自らが存在するということだ。

絵の価値は、作家自身を強烈無比に表現できたときに生まれる。

 

スポンサードリンク

絵の価値とは誰が描くかにあり

デッサンの練習として「正確に対象を描く」作業は大切ではある。

 

しかし「絵描きとして作品を描く」のならば「ただ正確に描くだけ」という行為は「表現することを放棄した」のに等しい。

 

自分自身を表現する際にどう考えても正確に描くという要素が必要であればそうすべきだろう。

「とりあえずうまく描いとこう」的な安易なうまさというのは、芸術にとってはむしろ毒薬に働くのではないか。

 

「絵をうまく描こう」という発想は、絵を描く人ならほとんどがするので、安易にそこへ行くことは「埋もれてしまう」危険性を持つ。

 

絵を描くときに大切なことは「誰が描いているのか?」ということだ。

 

「誰が描いた絵なのか?」

 

ここを追求することで「安易なうまさ」とは一線を画す、自らの表現が生まれるに違いない。

 

絵画は単に平面におかれた絵の具の塊ではない。

絵はそれ自体が絵描きの魂の顕現だ。

 

「誰が、何のために、どういう方法で」表現したのかという「絵の裏にあるストーリー」に価値がある。

 

そして「絵の裏にあるストーリー」とはすなわち作家自身である。

 

絵の価値とは、つまりは作家自身の価値だ。

 

だから絵描きはただ絵を描くだけの人ではない。

絵描き自身が芸術であり、価値をもった何者かだ。

 

何らかの価値を持つ絵描きが、自らを絵という形で表現するのだ。

 

ただ絵を描くだけの人が絵描きだと思ったら、本質を見誤るだろう。

 

実際は、絵描き自体が芸術そのものなのだ。

生きる=芸術である。

 

絵の価値とは、絵描き自身やその人生にある。

絵描きは自らやその人生の全てを絵に込めて何かを表現するのだ。

 

 

僕は芸術の面白さというのはここにあると思う。

 

「良い悪いの基準がない世界」でそこに価値があると認められるためには、まず第一に「唯一無二の自分自身の絵を描き、その絵の価値を社会の人々に伝える。

 

そのためにも「描いた絵の意味、独創性、制作するに至った意図」といったものを正確に自らがつかんでいる必要がある。

 

 

絵の価値とは誰かに教えてもらうものではなく、自らが決めるものなのだ。

 

そんなひとりよがりな発想でいいのかという声が聞こえてきそうだ。

 

良いのである!

 

デカい面をして自らを強烈に表現すべきだ。

 

それこそが芸術家ではないか!

 

絵の価値とは?の最後に

ここまで絵の価値とは何かについて見てきた。

 

僕は言う。

 

絵の価値とは作家の価値である。

 

絵画は絵描きの強烈なる魂の顕現なのだ。

 

価値だとか、絵がうまいだとか下手だとか、そんなことはどうでもいいのだ。

ひたすらに自らであれ。

 

「あなたは誰なのだ?」

「あなたはどう在るのか?」

 

これが絵の価値の答えだ。

 

常に、描く絵の答えは「自らの内にある」。

 

僕はゼロから価値を生み出すという芸術の特性を思うたびに、心から面白い世界だと感じている。

 

芸術とは何か?表現者として絵を描くとは何かが知りたい方は、ゴッホの弟が兄に当てて書いた手紙にその答えが見つかるかもしれない。

ゴッホの弟が書いた手紙に芸術の本質があり!芸術を決めるのは君だ!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

-絵画について
-

執筆者:

関連記事

悲しみ,絵

悲しみの気持ちを絵で描くとどうなる?感情を絵で自己表現した方法

  この絵は僕が悲しみの気持ちを絵で描いたもの。   人の感情は絵にすることができる。   あなたがもし悲しみの気持ちになったらどうするだろうか? 僕なら悲しみの気持ちを …

カリエール展

カリエール展へ行った感想と創作的発見!淡い幻想的絵画の魅力

僕は2016年11月19日土曜日 損保ジャパン興亜ビル42階にてカリエール展を見てきた。   今日はカリエール展でカリエールの絵画を生で見て感じたことを書いていこう。   Cont …

肖像画とは何?描く意味とうまく描くことに反逆する表現者の独り言

肖像画とは何か? 肖像画を描く意味とは何なのか?   >肖像画は単に人の顔を似せて描く以上の役割がある。   肖像画とは何かや描く意味について漫画アート芸術家が感じることを書 …

ゴッホ,ひまわり,損保ジャパン

損保ジャパンで見たゴッホのひまわりの感想と裏にあったドラマとは?

  僕は2016年11月19日土曜日 東京新宿にある損保ジャパン興亜ビル42階にある「カリエール展」を見ると同時に、常設展示でファン・ゴッホの「ひまわり」を見てきた。   僕にとっ …

ゴッホの手紙の内容に記されていた反逆的な芸術の信念とは?

ゴッホの手紙にはどんな内容が書かれているのか?   ゴッホは生前、弟や友人、親族の者たちにたくさんの手紙を書いている。 その内容はゴッホの信念や日々の記録、作品制作に関することなど、いろいろ …

スポンサードリンク

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!