天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

人生遍歴

芸術との出会いは強烈な自己表現!ゴッホとの出会いでアートに目覚める

投稿日:2016年12月13日 更新日:

ゴッホ,イラスト

筆者が描いたゴッホの自画像

 

僕は芸術と出会うことで、人生を生きる意味を見出した。

芸術とは何かを教えてくれたのは、ファン・ゴッホやジョンレノンやミケランジェロたちの生きざまだった。

 

筆者にとって芸術との出会いは、強烈な自己表現と結びついている。

それはなぜなのか?

 

この記事では芸術との出会いが、なぜ自己表現につながったのかについて書いていこう。

 

スポンサードリンク

芸術との出会いはゴッホの衝撃?

18歳のころのゴッホの写真

18歳のころのゴッホの写真

 

ぼくにとって芸術との出会いとは、ファン・ゴッホとの出会いといっても過言ではない。

ゴッホの存在を知ることで、芸術とは強烈な自己表現という概念につながったのだ。

 

僕は高校を卒業するまでほとんど勉強をしなかったから、美術のこともろくに知らなかった。

父がたくさん美術の本を持っていたから、幼い頃に画集をみてゴッホの絵は見ていたと思う。

 

僕は18歳のころから図書館に通い、本をたくさん読むようになる。

図書館には芸術関係の本がたくさんあって、ぼくはそこで美術の世界を知ることになる。

図書館が、芸術やファンゴッホとの出会いとなったったのだ。

 

僕は図書館でミケランジェロやセザンヌ、ゴーギャンやピカソ、ゴッホなどの芸術家を知った。

ゴッホやゴーギャンやセザンヌ…彼らの名前の響きが、とても懐かしかった。

前世で関係があったのではないかと思わせるくらい、芸術家たちの名前の響きが懐かしかった。

 

特にファン・ゴッホとゴーギャンの特徴的な絵に、懐かしさを感じた。

セザンヌののっぺりした絵画にも、懐かしさを感じた。

とりわけセザンヌの「大水浴図」には、魂の奥をつかまれるような魅力を感じた!

 

ファン・ゴッホたちの絵画を見たとき、一発で素晴らしい!と思った。

 

それ以来、筆者は図書館で美術の本を借りては読むようになった。

美術の本を見ているうちに、自分でもデッサンや油絵を描きたくなってきた。

こうして18歳で、ぼくはアートを作り出すようになる。

 

これが筆者と芸術との出会いだった。

 

ファン・ゴッホを兄弟と感じた?

ゴッホの自画像

筆者がとても好きなゴッホの自画像

 

素晴らしい芸術家はたくさんいるけど、ゴッホは僕にとって特別な存在だった。

ゴッホの生き方、作品、人生は僕にとって、とても共感を感じる存在だったのだ。

 

ゴッホという名前の響きが、とても懐かしく感じた。

ゴッホのデッサンや絵画にも、懐かしさを感じた。

当時のぼくはうつ病的な症状があったので、変わり者のゴッホの生き方に、ものすごく共感したのだ。

 

ゴッホの絵のタッチは、当時の僕の心の状態をあらわしているようだった。

だから、余計に共感を感じた。

 

ぼくは図書館でゴッホの伝記をたくさん借りて読みだした。

そうすると、ゴッホという人間がだいたいどんな感じの人だったかが、つかめてくる。

僕は、ゴッホと自分が似ているように感じた。

ゴッホが生き、感じ、表現したものに、他人事ではない共感を覚えたのだ。

 

それ以来僕は、ファン・ゴッホを「兄弟」と感じるようになった。

今でもそうだ。

 

漫画アートを作る時、ファン・ゴッホの魂が筆者に揺るぎないパワーを与える。

僕はゴッホの生きざまを見て芸術や表現とは、強烈なる自己表現なのだということを感じた。

 

18歳当時の僕は、人生をあきらめた囚人のように生きていた。

学校などの自分に合わない生活を続けてきたことでストレスがたまり、うつ病のような状態にあったのだ。

囚人牢獄の誕生秘話を紹介!うつ病の引きこもり作者が体験した空想世界とは?

 

ファン・ゴッホは苦悩の人生を生きた画家だったので、当時の僕と通じるものがあった。

 

ゴッホは弟という良き協力者はいたけど、基本的に孤独な人だった。

ゴッホは真面目なわりに気性が激しく、よく周りともめごとを起こす人だった。

ゴッホは絵を描くことで生計を立てようとしたけど、思うように絵は売れなかった。

 

ゴッホは後年ゴーギャンとの仲たがいがきっかけで、精神を病む。

自分の耳をカミソリで切り落とし、なじみの娼婦に切り取った耳をプレゼントしたこともあった。

その後ゴッホは、サンレミの精神病院に入る。

 

ゴッホは生活費を弟のテオから支給されていた。

しかしゴッホの絵はなかなか売れなかったので、テオに恩返しをすることができずにいた。

テオから支給されたお金の中から画材代を出し、日々の生活を営んでいたゴッホ。

 

まともな食事もあまりできなかっただろう。

パンを食べたり強い酒を飲んで空腹を紛らわしていたこともあったに違いない。

 

そんな生活のなかでもゴッホは、情熱的に絵画の制作に没頭した。

ゴッホは心の不安や苦悩、創造の喜び、芸術に対する感動の思いを、手紙で書いた。

自分のなかに渦巻く不安の思いを、絵画のなかで表現した。

 

そんなゴッホの描く絵や言葉は、精神を病み始めていた僕に強く響いた。

 

僕は、ファン・ゴッホに自分を投影した。

ゴッホのように自然を見て、絵を描くようになった。

その時点でファン・ゴッホは、僕の兄弟となったのだ。

 

僕のアートの出発は、ファン・ゴッホと共に始まったと言える。

そしてファン・ゴッホから受けた感動を自らの漫画アートに吸収して、制作を行うようになった。

これが筆者と芸術の出会いだったのだ。

ゴッホの絵と魅力を徹底解明!偉大な魂が生んだひまわりや人生に迫る

 

 

スポンサードリンク

ジョンレノンという芸術家との出会い

ジョンレノンの画像

ジョンレノンの画像

 

ジョンレノンの存在を知ったことも、僕にとって重要な芸術との出会いだった。

父が昔の洋楽のCDをたくさん持っていたので、それを通してビートルズやジョン・レノンの存在を知った。

 

僕はビートルズの中でも、とりわけジョンレノンが好きだ。

家にあったジョン・レノン語録という本を読んでいた時、以下の言葉を見かけて、とても感動した。

「僕は12歳の時、自分が天才に間違いないと思っていた」

~ジョンレノン

 

ジョンレノンは幼い頃から幻覚のようなものを見ていたと、書いている。

ジョンレノンは子供のころから、創造性にあふれていた。

 

ジョンレノンは子供のころ、自分が明らかに他の子と違うことを意識していたようだ。

ジョンレノンは独特な感性を持つ子供だったので、周りから理解されづらいところがあった。

 

ジョンレノンは周りから理解されなかった自分を、ディラントマスやオスカーワイルド、ファンゴッホになぞらえて見ていた。

このジョンレノンの発想が、とても面白いと思った。

 

強烈な創造性を発揮する人は個性が強いので、一般社会のなかでは変わった人という扱いを受けることが多い。

ジョンレノンが自分となぞらえた、ディラントマス(イギリスの詩人)もオスカーワイルド(イギリスの作家、劇作家)も、ファンゴッホも風変わりなところがあった。

 

例えばディラントマスは、酒におぼれる傾向があった。

ディラントマスの詩は同時代の詩人とは一線を画しており、20世紀の英語による詩人の内で、最も偉大な人物の1人とされている。

 

 

オスカー・ワイルドは19世紀末に活躍した劇作家、詩人で、「ドリアン・グレイの肖像」などの名作を残している。

しかしオスカー・ワイルドは当時の社会ではタブーとされる、ゲイだった。

このためオスカー・ワイルドは男色が原因で、刑務所に入れられる。

刑務所から出た後は、以前のように社交界の人気者になることはできず、失意のまま亡くなった。

 

このようにゴッホを含め創造性のある表現者は、強い個性ゆえに逆に社会から浮き立ってしまうところがあった。

ジョンレノンは、そんな異端な表現者に共感を感じ、自分をなぞらえていたのだ。

ジョンレノンがディラントマスたちに感じたようなことを、僕はゴッホに対して感じていた。

 

ジョン・レノンがゴッホのことを語っていたことを知り、ゴッホに対して興味がわく。

こうしてゴッホの伝記などをたくさん読むようになった。

筆者と芸術との出会いだった。

スポンサードリンク

ゴッホの自画像を模写している時にインスピレーションが降りる

ゴッホの画集の表紙の画像
歴史に残る芸術家たちを知り興味を持った僕は、様々な偉人の伝記を読みあさった。

とりわけファン・ゴッホの伝記は何度も読んだ。

 

僕にはゴッホの気持ちが理解できた。

何というか、性格的にすごく似ていると思った。

 

なので彼の画集を手に入れて、鉛筆で模写を始めた。

18歳の頃である。

 

それまでの僕は漫画は描いていたけど、美術としての絵はほとんど描いたことがなかった。

デッサンをするのも初めてに近かった。

漫画は見よう見まねで描いてたから、絵の基礎なんて全然なかった。

この時まで、美術の世界を全く知らないまま過ごしてきたのだ。

 

今でも覚えているが、18歳のとき机でゴッホの自画像を模写していた。

これがその時に描いた絵。

ゴッホの自画像を模写した絵

18歳の時に描いたゴッホの自画像

ゴッホの自画像を描いていて、以下のインスピレーションを感じた。

粕川
「自分も絵を描く人になろう!」

 

ぼくは18歳の頃にセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、ミケランジェロ、ピカソなどの存在を知って世界が変わった。

粕川
「絵を描いて、ここまで永遠な存在になれるのか!」

これは凄いことだと思った。

 

絵を描いて自分を表現することが、とても面白く感じられた。

芸術との出会いは、大いなる発見だったのだ。

 

僕はそれ以来、アートとして絵を描きだすようになる。

音楽を演奏したり漫画を描いたりしてたけど、そこにアートが加わった。

それ以来アートは、僕の中心的な表現となった。

 

絵を描くことは自己表現

絵を描くことは自己表現

筆者が描いたドローイング

 

なぜ筆者は、絵を描くのか?

それは本能的な、自己表現欲求にある。

 

無意識のうちに、自分を表明したい衝動に駆られるのだ。

僕は漫画や絵を描くことが好きだから、必然的にそれで自身を表明することになる。

 

漫画とアートを分けたりはしない。

 

漫画とアートは、一つのものなのだ。

だからこう呼ぶことにしよう

「漫画アート」と。

 

ゴッホやピカソやジョン・レノンは、芸術を作るとは、自分自身を強烈に表現することだと教えてくれた。

僕は18歳の時にこれを知って、人生が変わった。

 

漫画とアートで強烈に自己表現ができる!

この意欲が、僕を創造に駆り立てるのだ。

これが筆者と芸術との出会いだった。

 

漫画アート芸術家の創造人生は、以下の記事に続く♪

図書館で本を通して不滅の芸術家と対話をしていた

スポンサードリンク

-人生遍歴

執筆者:

関連記事

引きこもり世の中から隔絶して生きていた芸術家

引きこもり生活から本当の自分を取り戻した漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のぼくは引きこもり生活をするなかで、本当の自分を見出すことができた。 ここでは引きこもりになったことで、自分の創作世界を見つけ、本来の自分らしさを発見することができた漫画アート芸術家の …

川の前に人がいるイラスト画像

文無し芸術家がアート系の専門学校へ行こうとした理由と川への誓い

  筆者は2002年、アート系専門学校に行きたい理由があった。 ここでは2002年当時、筆者がアート系専門学校に行きたいと思った理由と、その当時のことについて書いていこう。 Contents …

少年が悩んでいるイラスト画像

消えない後悔の念を忘れて創作パワーを全開にする5つの方法

愛野すず 後悔の念が消えない…どうしよう~   消えない後悔の念に駆られる、そんな事が僕にもあった。 消えない後悔の念を持つのは、とても苦しい。 あの時こうしていれば! なんてことを考え出す …

図書館,芸術家

図書館で本を通して不滅の芸術家と対話をしていた!図書館で得た創作的なメリットとは?

粕川 おれは一時期、毎日のように図書館に通っていた「図書館時代」があるのだ バカオ ああ図書館時代ね!織田ドブ長が大活躍してた時代でしょ♪ 愛野すず 織田信長!それに信長は戦国時代の人よ もろ星ハヤト …

黒猫のイラスト

漫画家が「黒猫」の漫画を描いた理由を明かす!尻焼温泉で出会ったまさかの生物とは?

2010年頃、筆者が当時の心境を描いた、狂った漫画があります。 「狂った」と書いたのは一般の方々から見た時、明らかに誇大妄想狂のように映る漫画だからです。 筆者は漫画アート芸術家ですが、漫画を描いてお …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画