天才漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせた「漫画アート」を作る、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康のブログです!漫画アート作品の公開、感動した表現者や作品の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品・サービスの紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

平山郁夫の生絵画を観た感想とは?悠久のシルクロード展に行ってきた!

投稿日:2016年11月13日 更新日:

img_1802
2016年11月9日水曜日、僕はとある美術館で「平山郁夫 悠久のシルクロード展」を見てきた。

 

この時ある発見をした。

 

それは「幻想的な絵」を形作る、要素についてだ。

平山郁夫氏の絵画には、淡い幻想性があったのだ。

 

今日は平山郁夫 悠久のシルクロード展をみた感想「幻想的な絵の要素」について書こう。

 

 

スポンサードリンク

平山郁夫絵画をみた感想は幻想性の素晴らしさ

 

img_1803

 

平山郁夫(1930年6月15日~2009年12月2日)氏は日本画家で、シルクロードなどを旅していろいろな絵を描いた。

 

僕はこれまで平山郁夫氏の絵を生でみたことがなかった。

今回の平山郁夫展では、まとまった作品が展示されるというので楽しみにしていた。

 

平山氏の絵画はとても幻想的だ。

 

どの作品も霧がかったように淡く、キラキラ輝いている。

 

近くで見ると絵の中に光る顔料が混じってて、これが作品にきらめきを与えているのがわかった。

 

 

平山郁夫絵画の特徴、それが絵全体の淡い幻想性なのだ。

 

どうやってこの幻想性を出しているのか気になったので、近くでじっくり観察した。

 

すると輪郭線がないのである。

いや、輪郭線がぼかされていると言った方が良い。

 

形と形の境界が線ではなく、淡い色の揺らめきで区切られている。

近くで見るとよく分かる。

 

描かれるものは全体がぼやけた感じで、後ろに下がって見ると美しく一つにまとまる。

 

まるで点描絵画のようではないか。

 

絵に描かれた夜月は淡い白色が球体を覆い、離れてみると幻想的な感じをあたえる。

 

 

長方形に大きいラクダに乗る人の3つの絵は、相当迫力があった。

 

ラクダの絵は、朝のオレンジ版と夜の青版が印象深かった。

画集では分からない生絵画の凄さを感じたのだ。

 

 

どの絵にも共通して言えることは、「静寂」があることだ。

 

深い瞑想状態に入ったかのような、しんとした静寂が絵にある。

 

平山郁夫絵画の、もう一つの幻想性は、描かれている対象にある。

 

シルクロードや日本、韓国、中国などを舞台に自然や人、建築物、ラクダ、月夜、日没などが描かれる。

 

これら描かれる対象に幻想性を感じるというのが、ぼくの感想。

 

平山氏は対象を精密には描写せず、全体の存在感や雰囲気を、淡~く明確な色彩で描く。

顔料の中にはキラキラ光る粒子が入っているから、これがまた幻想感を高めている。

 

なるほどこれら要素が一体化した時、独特な幻想性は生まれるのか!

と妙に納得をしてしまった。

 

僕の創作における基本テーマが「幻想と自然」だから、平山氏の描き方には共鳴するのだ。

 

平山郁夫氏絵画の幻想性は、画集を見ただけでは分からないと思う。

 

絵画はある程度大きく、表面の絵肌も隆起しており、マチエールの面白さもある。

絵表面の絵具による隆起、この絵肌のことをマチエールという。

 

平山郁夫氏の絵には独特なマチエールがある。

 

例えば、建築物なら表面のざらつき感みたいなものまで考えて塗っている。

 

 

絵が発する静寂な雰囲気

●輪郭線のぼかされた淡さ

●描かれる対象物自体の幻想性

●きらきらした絵の具の輝き

●独特のマチエール

 

平山郁夫絵画の幻想性は、ここにあったのだ。

絵の淡い空気感と色彩は、人に幻想性を感じさせるのかもしれない。

 

さあ、それが分かったらこの要素を漫画アートで活かしてみようと思う。

 

平山郁夫絵画を生でみた感想の最後に

 

平山郁夫の絵画を生で見た感想を書いてきた。

 

何よりも絵全体にある、淡くぼかされた幻想性が良かった。

 

絵に漂う静寂さも、特徴の一つ。

静かな人々の旅路が描かれる平山郁夫絵画の世界は、胸にしみいるものがある。

 

様々な美術館をまわり、直に絵画を見て得られる発見はたくさんある。

 

そこから得た要素を自作に取り入れ、実験をしながら自分らしい作風を探ってみよう。

 

それは漫画でも絵でも変わらない。

 

幻想性に影響を受けたなら、思いきって幻想的な読み切り漫画を考案してみるとか、漫画絵の描線をぼかして淡く描いてみるとか。

 

面白いと思った手法は、何でもためしてみようと思った。

 

感動したものは何でも取り入れ、表現に使う貪欲さを持つと、美術鑑賞が本当の自己投資になる。

ミックスジューサーのように気に入った要素を自分のなかにぶち込んで、シェイクするのだ。

 

そこに自身の個性を垂らすと、その人らしい世界が生まれるのかもしれない。

スポンサードリンク

-絵画について
-

執筆者:

関連記事

ゴッホ,ひまわり,損保ジャパン

損保ジャパンで見たゴッホのひまわりの感想と裏にあったドラマとは?

  僕は2016年11月19日土曜日 東京新宿にある損保ジャパン興亜ビル42階にある「カリエール展」を見ると同時に、常設展示でファン・ゴッホの「ひまわり」を見てきた。   僕にとっ …

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

デトロイト美術館展,上野

上野のデトロイト美術館展で見たドイツ表現主義絵画の感想を書く!

2016年10月15日 東京にある上野の森美術館にて「デトロイト美術館展」をみてきた。 上野のデトロイト美術館でひときわ印象に残ったのが、ドイツ表現主義の部屋だった。 ここでは上野の森美術館で見てきた …

抽象画を描いた油絵

絵画芸術が現実を越えた現実感をもたらしてくれる理由とは?

筆者が描いた油絵「混沌」 [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”0014″ name=”愛野すず”]絵画の現実感ってどんなものなのかな?[/spee …

画家,森

森を描く画家が森の絵画の魅力や森を描く理由を語る

森と城を描いた油絵   森の描かれた絵画が好きな人々がいます。 森のどこに人々の関心を引き、絵に描かせる魅力があるのか?? 僕がこんな事を考える理由は、僕自身が森の魅力に憑りつかれ油彩で森を …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/アート要素の入った漫画を描く表現者

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!アート要素の入った漫画を描く人です。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください⇒自己紹介記事を見てみる
漫画アート芸術家のSNS

漫画アート芸術家をフォロー

漫画アートYouTube!
メインはペン入れイラスト作画動画で、たまに漫画ブログ運営のコツ、漫画動画などを配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします^^
イラスト&アート作品集!
アート,イラスト,作品集,広告

昔書いてたブログはこちら

猫のチッティのイラストバナー

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ

奇病,漫画 

感染症,漫画,無料

感染症,漫画,無料

原作とキャラクターをお借りして制作した漫画
最新記事

人気記事

最近のつぶやき

ブログランキングに参加中!
ブログで連載中の漫画

バカオのイラストとタイトル画像

「もっとがんばれ!バカオくん」を1話から見たい人はこちら!