漫画アート芸術家

漫画アート芸術家のWEB漫画アート作品の公開、影響を受けた傑作やおすすめ商品の紹介、筆者の漫画の描き方や人生遍歴を紹介するサイトです!

絵の描き方

漫画のカケアミとナワアミを描くコツとは?使い方や本当の役割も紹介!

投稿日:2017年9月6日 更新日:

カケアミ

 

どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。

本日は漫画のカケアミ、ナワアミの描き方や使い所について解説していきます。

 

カケアミと言えば漫画における効果の代表格ですね。

漫画は基本的に白黒で描かれるので、背景の効果などをカケアミなどの技法を使って表現します。

 

僕は漫画を描く時カケアミを多用します。

カケアミはモノの質感や、陰、不気味な感じを出しやすいので、使えるのです。

 

今回は僕が実際に漫画でどういう所にカケアミを使っているのかも含め、カケアミ、ナワアミの描き方、アート的見地から見た本当のカケアミとナワアミの役割についても書いていくので、是非最後までご覧になっていって下さい。

 

スポンサードリンク

漫画のカケアミ、ナワアミとは

幻想の森 カケアミ
カケアミとは白黒印刷の漫画で疑似的に濃淡をつける技法で、線をかけ合わせる事で表現します。

カケアミには以下のような種類があります。

 

1カケ

1カケ

 

1カケは均等の距離と長さで直線を並べて描きます。
線の束を少しずつランダムで角度を変えて描いていきます。

 

カケアミ線の角度を変える時は紙を回転させて、一番線が引きやすい角度から線を引く事がコツです。

1カケは主に薄い影を表現する時などに使われます。

 

2カケ

2カケ

2カケは90度でクロスさせるカケアミです。

1カケよりも濃い濃度が出せます。

 

3カケ

3

3カケは2カケにさらに1本線を加えて描きます。

3本の線を60度の角度で交わらせて描くとキレイに見えます。

 

4カケ

4カケ

4カケは3カケにさらに反対側から斜め線を引きます。
4カケまでまで来るとだいぶ濃度が濃く見えますね。

 

カケアミと言った時最も一般的なのがこの4カケです。

必要であれば4カケにさらに線を足して線の密度を増やして濃くしていく事も可能です。

 

カケグラ

カケグラ

カケグラとは初めは線数の多いカケアミから徐々に線数を減らしてカケアミを描く事により、グラデーションの効果を出す技法です。

 

カケアミ

一番濃い所はベタの黒塗りにして少しずつ濃度を薄く(線数を減らす)しながら描く、というカケグラの描き方もあります。

カケグラ

 

カケアミを描く時のポイント

カケアミを描く時はあらかじめ正方形のマスを下描きをしておき、その中に線を引いていくのがコツです。

カケアミ 正方形

 

 

マス目を同じ角度で並ばせないように注意して下さい。

単調なカケアミになってしまいます。

カケアミ マス

線の角度を変える時は、原稿を回転させて自分が最も線を引きやすい角度から描くのがキレイにカケアミを描くコツです。

 

またカケアミは定規で線を引いた方が良いのでは?と思いますが、わざわざカケアミに定規を使っていると非常に時間がかかるので、フリーハンドで描きます。

フリーハンドで描く事により独特の人間味のある線が描け、味わいが出るのです。

 

またひたすらカケアミやナワアミを描く事でつけペンで線を引く練習になり、つけペンで絵を描くトレーニングに繋がります。

つけペンで絵を描くには大前提としてキレイな線が引ける必要があるからです。

 

 

ナワアミ

ナワアミ

ナワアミ(カケナワ)とは複数の線を流れの中で交差させながら描く技法です。

ナワアミは初めに台形のマスを描いておき、その中に等間隔で同じ太さの線を数本ずつ引いて描くのがコツです。

カケナワ マス

ナワアミを描き終わったら下描きで描いた台形の線は消しておいて下さい。

 

スポンサードリンク

カケアミやナワアミの使いどころ

少女

 

カケアミやナワアミは白黒印刷でトーンを使わなければでグレーの色調が出せない漫画表現にとって、役に立つ技法です!

しかし単にグレーの色調を出したいのならトーンを貼るという方法が存在します。

 

そこであえてカケアミやナワアミを使うというのは単にグレーの色調を出す以上の表現的な目的があると思っています。

 

僕は漫画を描く時カケアミを多用するという事を書きました。

カケアミを手描きで描くというのは非常に手間がかかります。

漫画制作ソフトや切り貼り用のトーンを使ってグレーの色調を出した方が効率的でしょう。

 

なのにどうしてあえてカケアミを多用するのかというと、カケアミには独特の手描きでしか出せない「雰囲気」があるからなのです。

 

僕はカケアミを影や、モノの質感、不気味さを出す時などに使います。

 

カケアミはフリーハンドで描くので、人の手から描かれる線の味や、微妙な線のブレ、ズレなどが独特の雰囲気をもたらすのです。

 

僕はこのカケアミやナワアミが発する異様な雰囲気が好きなのでよく使うのです。

 

ナワアミ

例えばナワアミの線の流れを見ていると、僕は晩年の揺らぐような短線の連なりと色彩で絵を描いたファン・ゴッホの絵画を思い出します。

晩年のゴッホはナワアミのような流れの線で糸杉や星月夜や自画像を描いたのです。

 

僕はナワアミという技法は漫画におけるゴッホ表現の一種だと考えています。

 

ナワアミだけでなくカケアミもグラデーションを描けるという意味以上に、もっと別な表現として使えるように思います。

 

だから僕はカケアミやナワアミを空に使ったり、樹木の質感などに使用するのです。

以下は僕が漫画「幻想の森」の一場面で樹木の質感を描く時にカケアミを使っている映像です。

 

カケアミは様々な効果として使える

 

カケアミは例えば影を描く時、微妙な薄暗い空間を処理する時、物体の質感を出す時など工夫次第で様々なものを表現する事が可能です。

 

カケアミは線の太さ、細さを分けて描く事でも見え方は違ってきます。

 

僕は漫画を描く時、出来る限り自分の手から生まれる線で絵を構成する事により、漫画の絵に生命感を与えたいと思っています。

なのでトーンを使えば済む所でもあえて手描きでカケアミを使ったりします。

 

例えばカケアミ、ナワアミを以下のような場面で僕は使っています。

カケアミ

赤ずきん カケ網

 

ちょっとした影や微妙な質感などを表現したい時に線の束を描く事で表現する事が出来るのです。

 

アート的見地から見たカケアミ、ナワアミの本当の役割

カケアミ、ナワアミはグレーの調子を表現する以上に、人間の手から生まれる生命感を持った異様さも表現出来ます。

むしろカケアミ、ナワアミの本当の強みはここにあります。

 

僕は以前デザイン系の専門学校に通っていた頃、カケアミ、ナワアミを使用して以下の絵を描きました。

これは線画で描いた幻想の森を描いた絵です。

線画 アート

 

この絵は色々描いてあるように見えますが、モノの質感をカケアミやナワアミ、ハッチングなどの効果を使う事で描き、異様な空気感を出したいと考えました。

 

カケアミ、ナワアミというのは要するに線の集合体なので、線の組み合わせによって様々な効果を出す事が出来るのです。

 

表現としてカケアミ、ナワアミを考える時必ずしも線が90度や60度で交差している必要はなく、対象を的確に表現する為なら自由に変形しても構わないのです。

 

「線の集合によって対象を表現する」

 

これがアート的見地から見た時のカケアミ、ナワアミの本当の役目だと僕は思っています。

 

トーンを貼る事で生まれる機械的なグレーではなく、人間の手から生まれるぎくしゃくした、違和感のある異様な効果が出せる点こそカケアミ、ナワアミの本当の強みなのです。

 

 

スポンサードリンク

-絵の描き方
-,

執筆者:

関連記事

LOVE

絵に文字を入れて描く創作法!文字を入れてダイレクトに愛を表現

絵を描く時、必要だと感じれば何でも取り入れる。 例えば絵のなかに、文字を入れて描く。   文字で思いをダイレクトに伝えられる。 そんな方法だってアリなのだ。   これをしちゃいけな …

音楽を絵にする

音楽を絵にする方法を大公開!好きな曲を聞いて絵を描こう!

  音楽を絵にすることができるって知ってますか?   音というのは色を感じさせます。   素晴らしい音楽を聴いた時、頭の中に広がる満足感。 これを色や線に分割し表現するこ …

no image

色彩はそれ自体で何かを表現する!?色であなた自身を表現するには!

  あなたが絵やマンガを描くことによって自己表現をし、創造人生を歩みたいのなら「色」に関しては押さえておいた方が良いだろう。   色は自己表現を行う時、とても重要な要素である。 & …

no image

油絵で肖像画を描くというのはその人に対する念を表現すること

僕は2016年5月頃から油絵で身辺の人を肖像画で描くことを始めた。   それは自分が関わってきた人に対する感謝、お礼の念であると同時に、僕が絵として残すことでその人を永遠な存在にしたいと思っ …

絵画,習作

絵画の習作は練習台ではなく完成作を支える作品だった!

  絵画の習作は単なる練習台ではない。 習作は完成作を支えるために必要な道程である。   だから絵画の習作とは完成作を支える作品なのだ。   そんなことを思ったのでこの記 …

スポンサードリンク

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!