漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

絵の描き方

上手い絵を描くことに反逆し続けてきた画家の肖像画の意味とは

投稿日:2017年3月4日 更新日:

img_2086

 

僕のライフワークの一つに肖像画を描くという行為がある。

では肖像画とは何か?

なぜ粕川は肖像画を描くのか?

そもそも絵を描くとはどんな行為なのか?

なぜ世間の人たちは絵をうまく描かねばいけないと信じ込んでいるのか?

 

これらの問いに粕川博康が強烈な意思を持ってお答えしていこうと思う。

 

 

スポンサードリンク

肖像画とは何か


img_2381

 

僕が描かせて頂いた肖像画の一つ。

油絵で描いている。

僕は画材の中でも油絵がとりわけ好きだから、肖像画も油彩で描くようにしている。

上の画像を見てもらうと分かるけど、人の顔、姿である。

 

 

そう、肖像画とはある人の外観に似せて、顔や姿を描いた絵だと言える。

 

img_2378

 

しかし僕は肖像画にはそれ以上の力があると思っている。

それは「強力な自己表現手段」であるという事。

 

人の顔を描いて自己表現?

よく分からないと思われるかもしれない。

 

しかし肖像画を描くこともすでに自己表現の領域に入っている。

 

なぜか?

 

僕は肖像画を描くとき、ただその人の外見だけを写せばいいとは思っていない。

もっと深いその人の本質にある何か?を絵を通して表出させたい。

 

img_2379

 

そして僕が描く以上、粕川というフィルターを通した何かになる。

 

例えば僕はこんな自画像を描いている。

自画像 アクリル画

自画像 アクリル画

これは僕の本質を表わした絵である。

 

絵を描く僕の目的は対象の外見をなぞることではない。

対象の本質を僕のフィルターでキャッチし、自分の方法で絵に表現することにある。

 

これは自己表現以外の何物でもないのだ。

 

 

僕は絵をうまく描くことに反逆する


自画像 素描

自画像 素描

 

多くの人は絵を描こうとする時上手に描こうとする。

 

しかし僕はいつも不思議に思ってきた。

絵の上手さとは何なのか?

対象をそっくりそのまま描くことが上手さなのか?

どうして自分が絵を描くときに、世間が決めた上手さという基準に従わねばならないのか?

 

少なくとも僕はそういう絵に全く魅力を感じない。

 

うまく描くことが出来ないわけではない。

僕は描こうと思えばこういう風に絵を描くことも出来る。

 

%e7%82%b9%e6%8f%8f

点描で描いた絵

 

しかしこの類の絵は、僕でなくても手先が器用な人ならだれだって描ける。

これから先ただうまい絵描きは掃いて捨てる程出てくるだろう。

そういう絵描きになっていいのか?

 

 

絶対に違うと思った。

 

 

 

粕川博康からしか生まれない芸術。

ただ僕のみから生まれ来る芸術を作らなければやる意味がない。

そしてどうせやるなら最高の存在を目指そうと思った。

 

 

そう考えた時、絵の上手さというものに反逆するという意思が生まれたのだ。

誰もが絵はうまく描くべきというのなら、僕は真逆を行って上手さを破壊すると!

 

アート

ドローイング

 

絵は綺麗に、上手く、美しく描くのではない。

自分自身を強烈に表現するために描くのだ。

 

つまり僕自身が芸術だ。

絵や漫画というのは僕という芸術を表現するためのツールに過ぎない

普通であることに反逆する芸術家


img229

 

絵を描くとき自分が安易に上手さに走るという事に我慢がならなかった。

 

それは僕の性格に由来している。

僕は昔から大いなる変わり者だった。

 

例えば学校では授業そっちのけで漫画を描きまくり、外に出れば友達とじじい冒険と称していたずらに明け暮れた。

 

僕は普通でいることが出来なかったのだ。

周りの人たちのように普通であろうと何度も試みてきた。

しかし普通を演じれば演じる程、あらがにじみ出てきてしまう。

 

ある時僕はこう思った。

「どうして人と合わせなければいけないんだろう?僕は自分の道を歩むんだ」

 

この瞬間から僕はオリジナルなマイウェイ、つまり芸術の道へと歩み出した。

 

普通であることを捨て、とことん風変わりな芸術家になろうと決めた。

18歳の時の事である。

 

28639208123_72e5a70423_b

 

なぜ絵はうまく描かねばいけないことに反逆したのか?

人々が信じる、絵はうまく描かねばいけないという洗脳に対して僕がNOと言ったのはなぜか?

 

それは普通であることが出来ない個性を持ったがゆえに、歩むことになった異端さの表明である。

異端さは芸術に転化した時、最強の武器になる。

 

そう、人生と芸術は密接に結びついているのだ。

 

 

肖像画でその人の魂をすくい取りたい


IMG_2270

油彩

 

僕は様々な方に肖像画を描かせてもらえる機会を頂いた。

上の作品もその一枚である。

 

では粕川は肖像画を描くときどんなことを考えているのだろうか?

 

僕が肖像画を描くとき一番心がけるのは、その人の気、オーラ、感覚みたいなものを察知すること。

 

深い言葉で言うとその人の魂を僕のフィルターで感じ取り、それを絵で表現する。

 

しかし肖像画である以上激しく絵を歪ませたりはしない。

例えば僕は下のような絵が好きでよく描く。

 

img_1845

 

しかし人の肖像画を描くときはあくまでその人だと分かるように描くようにしている。

 

IMG_2504

 

肖像画にはある特定の人を描くという大前提がある。

これを激しく歪ませて何だか分からない絵を描いたらコンセプトからして違ってきてしまう。

 

だから粕川が肖像画を描くときはその人の特徴を押さえつつ、僕が感じたその方の魂みたいなものを絵に表現できたらいいなと思っている。

 

 

まとめ


IMG_2489

絵を描くというのは対象をそっくりそのまま写すこと以上の役割がある。

それは自己の強烈な表現手段であり、意思の表明である。

 

僕は自分の脳裏をよぎる幻想の森を描いたり静物や肖像画を描いたりとにかく何でも描く人間だ。

それは自分を小さなジャンルという枠に縛りたくない気持ちの表れでもある。

 

絵を描くという行為を小手先の器用な職人芸で終わらせたくない。

絵を描くとは、芸術で表現するとは、もっと広大で力強いものである。

 

もっと人間の根源的生命感に溢れ、吹き出すようなパワーに満ちたものであるはず。

自らの内から解き放たれる爆発力を持っている。

 

岡本太郎氏が「芸術は爆発だ!」とおっしゃったが、まさにそれほどの破壊力を持つべきものである。

 

だから僕は何度でも言おう。

 

「芸術とは自己の魂を強烈に表現するものである」と!

 

 

 

スポンサードリンク

-絵の描き方
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

少女

漫画の効果技法カケアミとナワアミの描き方、使い所、本当の役割とは

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は漫画のカケアミ、ナワアミの描き方や使い所について解説していきます。   カケアミと言えば漫画における効果の代表格 …

忙しい

仕事や学業で忙しい人が漫画の絵を描けるようになる簡単な方法

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。   今回は漫画を描きたいけど仕事や学業が忙しくて絵が描けない人が、絵が描けるようになる為の方法について書いていきます。 …

隙間時間 活用

隙間時間を活用して絵を描くと画力アップにつながる話

隙間時間 活用 絵が描けるようになりたい! 絵が上手くなりたい!   そんな方へ向けて隙間時間を活用してできる簡単な絵の上達法をお伝えしよう。 必要なのはスケッチブックと描くものがあればOK …

漫画の体の描き方を基礎から攻略!全身が描けない人はまずここから

  漫画を描くとなるとキャラクターの体全身を描く機会も出てくるでしょう。 でも「体の描き方がよく分からないよ~」「体が全然描けないよ~」なんて方もいるかもしれません。   人間の体 …

チッティと仲間たち

【漫画のつけペン練習法】簡単5つのペン練習と練習用の紙とは

「使いずらいな~、漫画のつけペンって!」 ふだん使っているボールペンや鉛筆に比べて、漫画のつけペンは慣れるのに時間がかかります。   「よし、漫画のつけペンの線を引く練習するぞ!」って思われ …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。アートの要素を含んだ漫画制作をしています。油絵などアートも制作します。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!
******************************
出雲大社漫画イラスト
******************************

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!