漫画アート芸術家のネットビジネス奮闘記

漫画アートの創作や文章を書くことが好きで、社会の底辺で生きてきた漫画アート芸術家が、お金と自由を手にするためにネットビジネスに取り組む奮闘記ブログ。

絵画について

ゴッホとゴーギャン展の感想を激白!天才が自分様式を見出した瞬間

投稿日:2016年10月16日 更新日:

ゴッホとゴーギャン展,感想

 

2016年10月15日の土曜日、東京都美術館にて「ゴッホとゴーギャン展」と上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」を観てきた。

 

僕はゴッホとゴーギャンという芸術家が心の底から好きなので、ゴッホとゴーギャン展をとても楽しみにしていた。

 

ゴッホとゴーギャン展を見ていて感じたこと。

 

それは二人が自らの絵画様式を発見したとき、本当に素晴らしい作品を生み出したんだなという明確な感想だ。

 

この記事では「ゴッホとゴーギャン展」を見てきた感想や、ゴッホとゴーギャンの人生も作品の価値に関係していることについてを書いていこう!

 

スポンサードリンク

ゴッホとゴーギャン展

ゴッホとゴーギャン展,感想

ゴッホとゴーギャン展は東京都美術館にて2016年10月8日(土)から12月18日(日)にかけて開催されていた。

 

ゴッホとゴーギャン展は、この二人の芸術家の名作がバランスよく展示された展覧会だった。

展示内容はゴッホとゴーギャンの関係性を主題において、初期から晩年にかけて2人の作品が展示されている。

 

ゴッホとゴーギャン展で初期のほうでは同時代の画家や、二人に影響を与えた画家たちの作品も展示されていた。

ゴッホとゴーギャンの作品が約50点、そのほかの画家の絵も含めて計60点の作品が展示されている。

 

壁にはゴッホとゴーギャンの言葉も記されていて、胸が熱くなるようだった!

 

ゴッホとゴーギャン展では二人がどのような作風の変化をたどり、出会い、それぞれの道を進んでいったのかについてが、作品を通して知ることができる。

 

さあ、それではゴッホとゴーギャン展を実際に体験して感じたゴッホ絵画の感想を書いていこう!

 

ゴッホとゴーギャン展でのゴッホ絵画の感想

ゴッホとゴーギャン展,感想

 

ファン・ゴッホの生の絵画を観たのは2010年の「わたしはこうしてゴッホになった展」だったけど、今回の展示も含めてやはりこういう感想がある。

 

「ゴッホはものすごく絵の上手い人」。

 

これは生でゴッホ絵画をみるとよく分かる。

ゴッホというと無骨な感じで描かれたデッサンや絵画が印象に残る。

しかし実際にゴッホ絵画を見てみると、うまい画家だなという感想が浮かんだ。

 

画集だととらえ切れない画家としての力量みたいなものがあって、ゴッホとゴーギャン展では特にそれを感じた。

 

ゴッホは写実的に描くタイプではなくざっくりと対象をとらえる人だけど、それを絵にするときのセンスが素晴らしいのだ!

 

初期のころの自画像など、ゴッホが大好きだったレンブラントを思わせるような重厚な内面性を感じさせる。

 

ゴッホには表現したいものが明確にあるからこそ、レンブラント風にも描けるんだと思う。

 

ファン・ゴッホは牧師の親から生まれたし、以前牧師の見習いもやっていたから、貧しき人に対して救いを与えたいという気持ちを持っていた。

そして貧しき人や、その生活環境をモチーフに絵を描くようになっていく。

 

畑で汚れながら仕事をし、その日の糧を家族と分け合う農民の姿にゴッホは美しさを見出していた。

 

すらっとして、色白で、指には高価な指輪がはめられた手も美しいだろう。

しかし、ゴッホという人間はごつごつした土の匂いのする農民の手を美しいと感じた。

 

そういう素朴な人間を愛し、そういう人間や自然をモチーフとして選び、描くという美的感覚をゴッホは持っていた。

 

ゴッホの意図された絵画表現

 

「ものすごく絵のうまい人が、あえてああいう表現をしている」

 

これがゴッホとゴーギャン展を見てゴッホ絵画に感じた感想である。

 

 

ゴッホは一見粗野な感じに絵を描くけど、実はものすごく絵のうまい人だと思う。

 

ゴッホが13歳ころに犬の絵を描いたデッサンを本とかで見かけるけど、とても上手に描かれている。

将来画家になってもおかしくないような絵のセンスが、ゴッホ13歳ころのデッサンから感じられるのだ。

 

そういう人間があえて、シンプルに、極端に、色彩を誇張して絵を描いているという感じ。

 

力強いうねるような筆致で対象を簡略化して描くゴッホ様式は、生で見ると圧倒されるし、素直に感動する。

 

でもあの様式しか出来なかったわけではなく、必要に迫られて描いたんだと思う。

 

必要に迫られてとは何かというと、「自分の表現」ということだ。

 

レンブラントを思わせる重厚な絵画は描けるのに、あえてゴッホ様式に向かったのは「自分自身を絵画で表現する」という意図があったからだと思う。

 

ファン・ゴッホはアートの本質を知っていたのだ。

 

そんな自分様式を見出したゴッホ絵画の展開は本当に凄まじかった。

画集でよく見て知ってはいるけど、本物の絵画はわけが違う。

 

絵の勢いとか色、省略のしかた、あえてしている描き残し、突発的な思いつきで描れたような絵のなかの模様。

 

そこにはゴッホが自分を伝えたいという思いが見てとれる。

 

自分を伝えたいという思いを、意図してあのような荒々しいタッチで表現している。

 

そしてそこに、芸術の本質を感じる。

 

 

ゴッホとゴーギャン展の途中までは、モネやピサロなど印象派画家のモノマネの域を出ていなかったゴッホ。

しかしアルルに滞在したころから自分様式を徹底させ、もうファン・ゴッホとしか言いようのない絵画を確立している。

 

ファン・ゴッホはついに未知の領域を切り開いてしまったのだ!

 

その様子がゴッホとゴーギャン展では見ることが出来た。

 

 

ゴーギャンの絵も素晴らしかった!

もちろんゴーギャンの絵も素晴らしかった!

ゴッホとゴーギャン展ではゴーギャンの作品も初期から晩年にかけて展示されていた。

 

ゴーギャン絵画の感想としては~

「タヒチに行ってからがものすごく良い!」ということ。

 

ゴーギャンは初め印象派っぽい絵を描きながら、やがてポン・タヴァンという場所に移り住む。

このポン・タヴァン時代にまずゴーギャン様式を軽く確立している。

 

僕もポン・タヴァン時代のゴーギャン絵画をみたけど、確かに素晴らしい!

しかしポン・タヴァン時代のゴーギャンは、アルル時代の最盛期にあったゴッホ絵画に比べるとやや力が落ちると僕は感じた。

 

ポン・タヴァン時代のゴーギャンもゴーギャンらしさがあるのだけど、彼が本当に永遠な画家になるのはもっと先なのだ。

 

そう、タヒチ時代のゴーギャンこそ、真にゴーギャン様式を確立したゴーギャンである!

 

ゴーギャンはゴッホが死んだあと、タヒチという島にいき、そこで暮らしながら絵を描いた。

このタヒチ時代のゴーギャンの絵画は、本当に素晴らしいと思う!

 

西洋絵画の歴史に残る風格があり、アルル以降の最盛期のゴッホ絵画に匹敵する魅力があるのだ。

 

タヒチでのゴーギャンの絵画はより鮮烈な色彩になり、はっきりとしたゴーギャンのヴィジョンが絵に残されるようになる。

 

ゴッホとゴーギャン展ではそんなタヒチ時代のゴーギャン絵画もあった。

 

それまでのゴーギャンも好きだけど、やっぱりタヒチに行ってからの絵画こそ、ゴーギャン様式の完成だという感想をもったのである。

 

スポンサードリンク

 

 ゴッホとゴーギャンの作品は人生物語とセット!

この二人の画家には共通していることがある。

 

「人生もセットで作品の価値を高めている」

 

芸術作品というのは絵や音楽など作品だけでなく、作家の人生全体をさすのだ。

 

絵や音楽がそれ自体で素晴らしいことは大切。

しかしそこにプラスして、表現者自身の人生の物語が絡むことでより作品に魅力が上乗される。

 

ゴッホとゴーギャンの絵画は言うまでもなく素晴らしい。

しかし彼らに圧倒的な人気がある秘密は単に絵画の魅力だけではない。

 

それは何かというと「人生というストーリー」にある。

 

ゴッホもゴーギャンも劇的な人生を生きている。

2人の人生の物語が、二人の作品に絡んでより魅力や伝説性をつくっているように感じる。

 

 

以下に軽くゴッホとゴーギャンの人生について見てみよう。

 

ゴッホとゴーギャンの人生

ゴッホは27歳まで画商をやったり、本屋の店員、教師、説教師など様々な仕事に取り組んだ。

 

しかしどれも挫折し、最後にたどり着いた絵画に心血を注ぐ。

自分で稼ぐことはできず画商の弟に生活費を全面的に援助される中で制作にはげむゴッホ。

 

しかしゴッホの絵は全く売れず、やがて精神をむしばみ自殺をすることになる。

 

 

ゴーギャンは若いころに船員をやった後、株式仲介人の仕事で成功する。

結婚して子供もたくさん生まれた。

しかし絵画の魅力に取りつかれたゴーギャンは35歳にして職をやめて、妻子も捨てて一人画家の道を歩みだす。

 

画家に転身したゴーギャンだが思うように成功は出来ず、なくなく行ったタヒチで才能が開花。

 

不滅の作品群を作り出すが、病気や身内の不幸が重なって自殺未遂をする。

幸運にも一命をとりとめたゴーギャンはその後もタヒチで作品を作り続ける。

 

しかしゴーギャンは最後まで華々しい画家としての成功を収めることはなかった。

 

ゴッホとゴーギャンの人生。

 

どちらも映画や小説に使われそうなドラマティックさを秘めており、それだけでも興味をそそられる。

 

 

とくにゴッホの場合、弟や友人達に当てて大量の手紙が残されている。

 

ゴッホは制作中の作品構想や生活のなかで感じたこと、出会った人のこと、人生の展望などを手紙に書く習慣があった。

ゴッホの手紙は長文で、自ら挿絵も描いている。

 

僕はゴッホの手紙を本で読んだけど、そこにある人間ドラマは本当に感動的で胸を打つ!

 

正直一切絵画なしでこの手紙だけでも人の心に一生忘れられない印象を残すのではないかと思える。

 

ファン・ゴッホは心の内を弟や友人たちに劇的に語る。

心に染み入るような深みがある。

これがとても素晴らしいのだ!

 

ゴッホの手紙に関する記事も書いているので以下のリンクからどうぞ!

ゴッホ絵画の特徴は彼の書いた手紙の中に記されていた

 

ゴッホの手紙は表現者の魂のさけびがつづられている。

 

 

ゴッホとゴーギャンの人生も作品の価値につながる

ゴッホとゴーギャン展,感想

 

人の愛を求め続けるも風変わりな男と見られ、外で絵を描いていれば子供に石を投げつけられたこともあるゴッホ。

 

精神的発作のために自ら耳を切り落とし、娼婦にそれを渡しに行ったという行不可解な行動。

 

その後サンレミの精神病院に入ったこと。

 

ゴーギャンでいえば芸術のためには家族も捨てて画家となり、単身タヒチへ渡って絵を描き続けたこと。

またゴーギャンはものすごい自信家であった。

 

これら二人の人生というバックボーンの上に、あの強烈な個性を放つ絵画が重なったらどうなるだろう?

ゴッホとゴーギャンというブランドになるのだ。

 

ゴッホとゴーギャンが描く絵画はあまりに素晴らしい。

けどそれを後ろで支える人生物語があることで、絵の価値は飛躍的に高まる。

 

芸術家というのは人生をふくめて作品なのだ。

 

カラヴァッジョ、ピカソ、アンディ・ウォーホル、サルヴァドール・ダリなどはその典型と言われる人たち。

劇的な人生が、画家の作品の価値も高めている。

 

さらには「意図的にストーリーを作る」ことによって画家としての価値を高めている人もいる。

 

この辺なんかもアートのすごく面白い部分だと思う。

 

ゴッホとゴーギャン展の感想の最後に

ゴッホとゴーギャン展でみてきた2人の絵画の感想について書いてきた。

やはりゴッホもゴーギャンも、自分らしい絵画様式を見出した時点がある。

 

ゴッホの場合は南フランスのアルルだし、ゴーギャンが真にゴーギャンになったのはタヒチだった。

そしてそれら時代に描かれた絵画群は、ゴッホとゴーギャン展のなかでもひときわ輝く存在に見えた。

 

不滅の画家は自らの表現様式を見出すときが来るんだなという感想を感じた。

 

最後にピサロという2人の同時代の画家がゴッホに対し残した言葉を書いてみよう。

僕はこの言葉がとても好きで、ファン・ゴッホの特性を良く表していると思う。

 

「この人間は気が狂うか、我々を置き去りにするか、どちらかである」~カミーユ・ピサロ

 

 

以下の記事ではゴッホ絵画の魅力や彼の人生などについて書いているので、興味のある方はどうぞ♪

ゴッホの絵と魅力を徹底解明!偉大な魂が生むひまわりや人生に迫る

 

 

 

スポンサードリンク

-絵画について
-,

執筆者:

関連記事

平山郁夫,感想

平山郁夫の生絵画を観た感想とは?悠久のシルクロード展に行ってきた!

2016年11月9日 水曜日 僕はとある美術館にて「平山郁夫 悠久のシルクロード展」という展覧会を見てきた。   この時ある発見をした。 それは「幻想的な絵」を形作る要素。 平山郁夫氏の絵画 …

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

ゴッホ,ひまわり,損保ジャパン

損保ジャパンで見たゴッホのひまわりの感想と裏にあったドラマとは?

  僕は2016年11月19日土曜日 東京新宿にある損保ジャパン興亜ビル42階にある「カリエール展」を見ると同時に、常設展示でファン・ゴッホの「ひまわり」を見てきた。   僕にとっ …

バカオ 漫画 ゴッホ展

ゴッホ展の感想を紹介!こうして私はゴッホになった展のネタで描いた漫画

愛野すず この記事では2010年に漫画アート芸術家がゴッホ展に行くまえのワクワク感を描いた漫画と、ゴッホ展の感想について書いています!   バカオ まずはゴッホ展へ行く前のワクワクを描いたと …

画家,森

森を描く画家が森の絵画の魅力や森を描く理由を語る

森と城を描いた油絵   森の描かれた絵画が好きな人々がいます。 森のどこに人々の関心を引き、絵に描かせる魅力があるのか?? 僕がこんな事を考える理由は、僕自身が森の魅力に憑りつかれ油彩で森を …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!