漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

漫画の描き方

四コマ漫画のネタをネームに起こすための創作法

投稿日:2017年9月29日 更新日:

 

本日も当ブログにお越し頂きありがとうございます。

 

僕は現在お客さんからお題を頂き四コマ漫画を制作するという活動を行っています。

現在、作ろうと思えば誰でもブログなどのメディアを持てる時代になりました。

そしてメディア内に記事の内容に沿ったイラストや四コマ漫画などを配置する事で個性を出したり、サイトのメッセージを伝えやすくしている方も多くいます。

 

今回は僕が普段行っているネタを四コマ漫画のネームに起こしていく方法についてシェアしていきたいと思います。

四コマ漫画を作る時、白紙の状態からいかにして四コマのネームを作っていくのか?という事について書いていくのでネタを四コマ漫画に組み立てる時のヒントが欲しい方は是非ご覧下さい。

 

スポンサードリンク

ご依頼用四コマ漫画を作る時

ご依頼用四コマ漫画を作る時、お客さんから内容や方向性を伺い、その指示に沿って制作していきます。

以下の扉絵と四コマ漫画はお客さんから頂いた指示をもとに僕が絵と四コマ漫画を描かせて頂きました。

銀河物語2 ジャケット イラスト

銀河物語2 四コマ漫画 完成

 

四コマ漫画のお題は以下のような形で頂く事があります。

・起承転結やセリフなどがすでに用意されているネタを四コマ漫画に起こす
・音声ドラマを基に四コマ漫画に起こす
・ブログ記事やHPを参考に四コマ漫画を起こす

 

当然どの場合のお題でも頂いた時点では頭の中は白紙状態です。

白紙の状態からいかにして四コマ漫画のネームを生み出すのか? 

 

その方法を以下より書いていきましょう。

 

ネタをリサーチする

まず頂いたネタをリサーチしていきます。

四コマ漫画を作る時、自分が描こうとしているものが何なのか?を掴むことで四コマのネームが描きやすくなります。

 

例えば頂いたお題が「音声ドラマを四コマ漫画に起こす」だったとしましょう。

この場合はアイチューンズに音声をダウンロードし、四六時中物語を流します。

音声ドラマを四コマ漫画に起こす場合、そのドラマの内容、空気感をつかむために常に音声を流し世界観を把握していきます。

お題が「HPの内容を四コマ漫画に起こす」であれば、その記事を精読してそこに書かれているメッセージが何かを考えます。

 

そしてお題のメッセージがつかめたら

「メッセージをどう四コマ漫画で見せるのか?」

を考えていきます。

 

「メッセージをどう見せるのか?」という部分はお客さんの意図する方向性など状況によって変わってきます。
お題のメッセージは四コマ漫画を作る際のテーマとも呼べます。

 

例えば「銀行強盗に入った少年の四コマ漫画」というテーマがあれば四コマ漫画のネームも作りやすくなります。

四コマ漫画を作る時はまずテーマを見つけ、テーマを四コマの中でどう見せていくかを考えながらネームを描いていきます。

 

テーマを四コマ漫画のネームにする

四コマ漫画A

 

四コマ漫画のテーマが見つかったらそれをネームにしていきます。

⇒漫画のネームって何?という方はこちらの記事を!

 

テーマをネームにする時と言うのが一番頭を使いますね。

 

テーマを四コマのネームにする作業をスムーズに行う為には、頂いたネタのリサーチが十分に出来ている必要があります。

 

僕は四コマ漫画のネームを作る時はコーヒーなどを用意して集中して一気に仕上げるようにしています。

以下よりテーマを四コマ漫画のネームにする際に僕が行っている便利な方法について書いていきます。

 

スポンサードリンク

絵を描く事でアイデアが浮かびやすい状況を作る

「テーマがあっても肝心の四コマ漫画のネームが思いつかないんだよ~」という悩みを持つ方もいるでしょう。

 

僕がテーマを四コマ漫画のネームにする時に必ず行っている事があります。

それが

「四コマ漫画のキャラクターや舞台となる絵を沢山描く」こと。

四コマ漫画に出てくるキャラクターの絵や、四コマで使われる背景などの絵を鉛筆でランダムに描いていくのです。

ラフ画 四コマ

四コマキャラ

この行為のメリットは2つあります。

 

1.本番の四コマ漫画を描く前にキャラクターの絵を手になじませておける

四コマ漫画のキャラクターをたくさん描いておく事で、本番の原稿用紙に描く時に最良の線が引ける練習になります。

ご依頼用の四コマ漫画のキャラクターは初めて描くものなので、この段階でたくさん描いてキャラの絵を手になじませておくのです。

 

2.絵を描く事で発想が浮かびやすい状態を作る

僕の場合漫画のアイデアを考える時、椅子にじっと座っているよりも外で散歩したり、絵を描いたりなど何らかの刺激を与えていた方が発想が浮かびやすくなります。

特にこれから描こうとしている四コマ漫画のキャラクターや舞台などをスケッチしていると頭が創作モードに入り、描いている絵がキッカケで四コマの案が見つかったりします。

 

この「ランダムに四コマ漫画の絵を描く」というのは、釣り糸を垂らしている状態です。

釣り糸を垂らしながらアイデアと言う魚が食いつくのを待っているのです。

 

そしていざ良い案が浮かんだら手を止めて、思いを巡らします。

頭の中で四コマの構成を思い描き、全て紙にメモを取っていきます。

 

アイデアが浮かびだしたら頭は創作モードに入っているので、思いついたことを紙に描きとめ、分かる範囲で四コマのネームを描いていって下さい。

キャラ 設定

四コマ ラフ

 

必要であれば布団に横になり、良い音楽をかけながら四コマの案を考えます。
ストレスのかかる状態や頭が疲れている時というのは大体良い案は浮かびません。

そういう時は横になってリラックスしながら案を考えます。

 

僕の場合リラックスしている時、またはその直後に良い案が浮かび、一気にネームにしていく事が多いです。

 

スポンサードリンク

浮かんだアイデアを四コマに構成する時は?

ガスオ ピース

アイデアが浮びそれを四コマに割り振る時によく行う方法を一つご紹介します。

 

僕がよく行うのが「四コマ漫画の初めと終わりを先に考える」という方法。

1コマ目と4コマ目を初めに決めておき、後から2~3コマ目を考えていくのです。

 

この時初めに考える1コマ目と4コマ目のキャラクターの感情や状況を逆転させる事がコツです。

例えば

・1コマ目で主人公が喜んでいたら4コマ目で怒ってる
・1コマ目で店がつぶれそうだったら4コマ目で店が大繁盛する

 

このように初めと終わりで状況やキャラクターの感情などに逆転状態を生み出す事で、展開に動きが生じて四コマ漫画らしくなります。

そして後からどうしてそのような逆転が起きたのか?という2~3コマ目を考えていきます。

「1コマ目⇒サッカーの試合で味方が負けている/4コマ目⇒まさかの大逆転で味方が勝利する」という四コマ漫画を作るのであれば、2~3コマ目で勝ち目がないような絶望的な雰囲気を置く事で4コマ目の勝利のシーンが際立ちます。

 

際立たせたいコマの1つ前のコマに激しい逆転を置く事で後のコマが目立つという事です。

 

今回は起承転結という前提で書いていますが、結転承起や起承承転など変形型でも同じです。

 

初めに起と結の逆転状況を考え、そうなるに至った経緯(承転)のコマを後から付け足していきます。

 

最後に

四コマ漫画の作り方はその時々で変わってきますが、僕がよく行っているネタをネームにする方法を書いてみました。

 

1.四コマ漫画のテーマを明確にする
2.描こうとしている四コマ漫画のキャラクターや舞台の絵を描く事で、キャラを手になじませアイデアが浮かびやすい状況を作る
3.浮かんだアイデアは全てメモに取り、分かる範囲で四コマに構成していく
4.四コマ漫画の初めと終わり(起結のコマ)に逆転状態を作り、後からそうなるに至った経緯(承転のコマ)を考える

4.の部分は作る四コマ漫画によって変わってくる部分ですが、今回ご紹介した方法はいざという時に役に立ってきました!

もしも四コマ漫画作りに困った時はお試し下さい。

 

粕川
以下の記事では僕が四コマ漫画の設定を考える時にしていることについて書いています。

四コマ漫画の設定はキャラや漫画要素のパズル的配置で考える

 

 

スポンサードリンク

-漫画の描き方
-,

執筆者:

関連記事

アイデアを漫画に発展させるヒント

  今日は漫画を描きたいと思った人が アイデアを思いついたときにどう発展させるか について書いていきます。   Contents1 漫画のアイデアが生まれたら次にすること2 僕はこ …

漫画のテーマって何?漫画テーマの決め方はこれだ!

漫画を描く時に一番最初に考えることは何か? キャラクターを決める? 物語を決める? 印象的なシーンを決める。 色々あります。   しかし漫画を描く際と~っても大切になる部分がある。 それが「 …

漫画ストーリー

漫画ストーリーの作り方、コツ、考え方を簡単6つの要素にまとめた

  漫画のストーリーを作ろうと思った時まず何から始めたらいいのだろう? 漫画の物語を作ると言っても漠然としすぎて何から始めたらいいか分からない。 そんな方へ向けて漫画のストーリーの作り方、コ …

Febe

febeのオーディオブックを聴くだけで簡単に漫画創作を勉強できる

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 本日は漫画を描く人にとって不可欠な要素である「キャラクターや物語作り」を学ぶためにとっても便利なアイテムをご紹介します。 &nb …

漫画のネームとは何か?わざわざネームを切る目的について書く

  漫画を描く工程にネームという作業があります。 「ネームって何?」 「わざわざどうしてネームを描くの?」   と疑問を持つ方も多いでしょう。   ネームを作るという工程 …

サイト内検索

アート&イラスト作品集はこちら!
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

プロフィール

肩書

漫画アート芸術家/漫画描き、絵描き、ブロガー

プロフ説明文

漫画とアートを組み合わせた漫画アートの創作をしています。小学校1年生のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会いました。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。その後2016年9月にワードプレスにてこのブログ「漫画アート芸術家」を立ち上げて、今に至ります。単に「漫画描き」というよりは、アート寄りの「芸術家」という方が近いので「漫画アート芸術家」と名乗っています!漫画描きも絵描きもブロガーも全部ひっくるめて「漫画アート芸術家」なのです!
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!