天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

特撮ヒーロー

人造人間キカイダーのストーリーの面白さの秘密は父を訪ねて三千里にあった!

投稿日:2017年9月17日 更新日:

人造人間キカイダーのタイトル画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」のストーリーは、時代を超えて心を打つ面白さがある!

僕は今DVDで人造人間キカイダーを観ており、この作品の素晴らしさに大きな感銘を受けている!

 

人造人間キカイダーのストーリーには、いろいろ興味深い点があるのだ。

それは「父をたずねて三千里」の面白さだ!

 

この記事では人造人間キカイダーの面白さやストーリーの魅力を、キカイダーが大好きで子供のころから観ている筆者が激白しよう!

 

スポンサードリンク

なぜ人造人間キカイダーのストーリーは心に響くのか?

僕は現時点(2017年9月17日)で人造人間キカイダーのDVDをVol.6まで観ており、他の特撮作品とは違う面白さを発見した!

 

人造人間キカイダーのストーリーの面白さの秘密は…

ズバリ!

 

粕川
父を訪ねて三千里にある!

僕は人造人間キカイダーを観ていて、明確にそう感じた。

人造人間キカイダーのストーリーは、父親をさがす子供たちのけなげな姿が胸を打つのだ!

 

1976年ころ「母を訪ねて三千里」というアニメが放送された。

僕も「母を訪ねて三千里」は大好きで、DVDで観ている。

 

「母を訪ねて三千里」は、マルコという少年が親友の動物と一緒に、まだ見ぬ母を探す旅をするストーリーだ。

「母を訪ねて三千里」を観た人は、母を探すマルコのストーリーに何らかの感動を受けたのではないだろうか?

幼い子供が遠い地にいる母を探すストーリーは、けなげで感動を誘う。

 

長いあいだ離れていた親子が再開するストーリーは、テレビの感動番組でもよく使われるほど、人に感動を呼び起こすネタだ。

 

お涙ちょうだいストーリーの典型的なアニメに「みつばちハッチ」がある。

みつばちハッチも、幼いハッチが母親を探すというストーリーだ。

最終回でハッチと母が再開する場面は、多くの人の涙を誘っただろう。

 

「巨人の星」という名作漫画にも、親と子の絆が描かれるストーリーがある。

父親が息子を巨人の星にするため、厳しい野球の英才教育を行い、主人公の飛雄馬が野球選手として成長していくストーリーだ。

母を亡くした貧しい家庭の飛雄馬を学校に通わせる父。

飛雄馬の父が、肉体労働でお金を稼ぎながら息子に野球を教える姿が涙ぐましい。

 

あの巨人の星も、親と子の関係性が感動の裏に隠されていたのだ。

 

1986年~1987年にかけて放送された、戦隊ヒーローシリーズ「超新星フラッシュマン」にも、親と子の関係が描かれる。

フラッシュマンに変身する5人は、幼いころに地球からさらわれてしまい、親と会った記憶がない。

大人になって地球を救うために戻ってきた5人は、生き別れの親を探すことも含めて、悪の組織と戦うストーリーになっている。

ぼくはフラッシュマンが好きだけど、その裏には親を探す子供たちの切ないストーリーがあったと感じてる。

 

親が子供のために身を削り、子供が親を探す旅に出るストーリーは、日本人好みの設定といえる。

親を探すタイプのストーリーは、感動を呼び起こしやすいネタなのだ。

 

人造人間キカイダーにも「親を探す子供」のストーリー展開がある。

それが「父を訪ねて三千里」なのだ!

 

キカイダーのストーリーの面白さは父を訪ねて三千里?

人造人間キカイダーのストーリーの面白さである「父を訪ねて三千里」とは、何か?

 

父を訪ねて三千里とは「幼い少年と姉、そして人造人間が実の父を探す旅に出る」ストーリーの面白さだ。

「父を訪ねて三千里」は、人造人間キカイダーのストーリーを観て僕の頭にひらめいた言葉だった。

 

人造人間キカイダーのストーリーに出てくる父とは、光明寺信彦のこと。

光明寺信彦は、ロボット工学の博士だ。

光明寺博士の画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映/光明寺博士の画像

 

光明寺博士役の伊豆肇(いずはじめ)氏は、初代仮面ライダーでも登場している。

スポンサードリンク

人造人間キカイダーのストーリー概要

ミツ子とマサルの画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映/ミツ子とマサルの画像

 

ここで人造人間キカイダーのストーリー概要を、紹介しておこう。

 

人造人間キカイダーのストーリーでは、プロフェッサーギルが悪のロボット軍団「ダーク」を率いている。

ダークに捕らえられたロボット工学の権威・光明寺博士は、息子のマサルを殺すと脅されて、ダークで働かされていた。

 

しかし光明寺博士は、ダークの基地で密かに人造人間を作る。

光明寺博士がダークの基地で作ったのが、人造人間キカイダーだ。

キカイダーは、自らの意思で善悪を判断することのできる、良心回路を備えていた。

その名はジロー(キカイダー)!

 

光明寺博士と娘のミツ子たちは、キカイダーに助けてもらいダーク基地を脱出した。

しかしダーク基地から脱出した際、光明寺博士は記憶を失ってしまう。

光明寺博士は記憶喪失のまま、行方知れずとなった。

 

ミツ子は弟のマサルと人造人間ジローと共に、父を探す旅に出る。

人造人間キカイダーはミツ子とマサル、人造人間ジローが、生みの親の父を探して旅をするストーリーなのだ。

 

ダークと戦いながら父を探して旅をする姉弟の、純粋な姿が温かい!

人造人間キカイダーはまさに、父をたずねて三千里のストーリーになっているのだ!

 

 

人造人間キカイダーの面白いストーリー:様々な場所でのロケ

人造人間キカイダーは父を探す旅のストーリーなので、日本全国様々な場所でロケが行われた。

だから観ているほうも、日本中の景観が鑑賞できて楽しかった。

 

例えば、群馬県の伊香保や榛名湖が舞台に使われたことがある。

ぼくは群馬県生まれで、伊香保や榛名湖によく行ったことがあるので、うれしかった!

人造人間キカイダーのロケ地として使われたなんて、知らなかったから。

 

伊豆のロケでは、ハンペンという探偵が川端康成の名作「伊豆の踊子」の主人公を思わせる学生服を着て登場する。

鳥取県が舞台になれば、ダークロボットと戦う場所は、鳥取砂丘が使われるエピソードもあった。

 

人造人間キカイダーのストーリーは日本全国が舞台となるので、冒険性が増して面白い。

 

基本的に仮面ライダーは主人公たちのたまり場(おやっさんの店)があり、そこを起点にストーリーが展開する。

しかし人造人間キカイダーは旅ものストーリーなので、毎回ロケ場所が違う楽しみがある。

 

人造人間キカイダーでは舞台になる土地の名物や名所を使うことも多く、その点で新鮮味があった。

仮面ライダーとは一味違った面白さがあるのだ。

 

人造人間キカイダーはダークとの戦いをメインにしつつ、旅ものストーリーで特撮ヒーローを作った新しい試みが面白い!

スポンサードリンク

人造人間キカイダーのストーリーですれ違う親子

人造人間キカイダーのストーリーでは光明寺博士と子供たちが、うまいところですれ違う。

 

必死で父を探す子供達のすぐそばで父はタクシー運転手をしていたり、漁港やホットドッグの屋台で働いていたりする(笑)

視聴者としては「すぐそこにお父さんがいるのに!」と歯がゆくなるけど、これがドラマを面白く見せる手法なのだろう。

 

すれ違うだけでなく光明寺博士と顔を合わせたこともある。

しかしその時の危機的な状況(ダークに追われているとか)のため、素通りすることになった。

 

「探す人はいつもそばにいるのにあと一歩の所ですれ違う」ストーリー展開は、漫画で使うと面白いと思った。

 

さりげなく恋愛要素が混じる人造人間キカイダーのストーリー

ミツ子とジローの画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダーのストーリーの面白さに、切ない恋愛要素がある。

 

光明寺博士の娘ミツ子が、人造人間であるジローに寄せる片思いだ。

エピソードが進むにつれて、徐々にミツ子がジローに対する思いをあらわにする。

 

しかしジローは人造人間のためかクールで、いつもミツ子の気持ちをかわしてしまう。

このさりげない恋愛要素が、人造人間キカイダーに良い味をもたらし、面白いストーリーにしている。

僕はジローとミツ子の行方が、非常に気になっている。

 

ウルトラマンエースの北斗星司と南夕子のあいだにも、淡い恋のような関係があった。

そんな子供心をくすぐる恋愛要素が、人造人間キカイダーにはあるのだ!

 

例えばジローが敵の女アンドロイドを介抱している所を見て、ミツ子が嫉妬するエピソードがある。

ジローは女アンドロイドに共感の念を抱くが、結局ダークの敵ロボットにだまされていたことに気づくストーリーだ。

 

仮面ライダーには、こういう恋愛要素はなかった。

人造人間キカイダーが、仮面ライダーと差別化をはかっていたことがうかがえる。

スポンサードリンク

幼いころ観た人造人間キカイダーの影響から生まれたストーリーとは?

僕が幼いころ人造人間キカイダーを観た時、アンドロイド(ジロー)の男に恋する女性のストーリーが、とても心に残った。

 

ジローとミツ子の関係に感動を受けたことで、ぼくは10歳のころにある物語を空想で生み出した。

それは「大地と理香の物語」。

「大地と理香の物語」には、意識しない内にキカイダーの影響が入っていたのだ。

 

「大地と理香」は母を探して旅をする、サイボーグの少女・理香のストーリーだ。

 

理香は小学校1年生のときに、小林大地のいる学校に転校してきた。

大地は転校してきた理香のことが一目で好きになる。

こうしてサイボーグの理香と大地の、ラブコメディ的な長編ストーリーが始まるのだ。

空想で物語を作る習慣が無限の創造力を与えた!大地と理香の物語の誕生秘話を紹介!

 

幼い頃に見た人造人間キカイダーの記憶が淡く残っており、無意識のうちに僕に影響を及ぼしたのだろう。

 

この点でも、人造人間キカイダーは僕にとって重要な作品だ。

幼いころに接した作品が、その表現者に大きな影響力を持つという証である。

 

仮面ライダーと被る役者陣

仮面ライダーに出演した俳優や女優が、キカイダーに登場することが多々ある。

光明寺博士役の伊豆肇(いずはじめ)氏は、仮面ライダーにも登場する。

 

なんと仮面ライダーで地獄大使役をしていた潮健児氏も、キカイダーの敵ロボット「カイメングリーン」として登場しているのだ!

潮健児氏の画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映/潮健児氏の画像

 

地獄大使のデザインで顔が記憶されてたので、素の潮健児氏を見たのは新鮮だった!

 

仮面ライダーの劇場版(仮面ライダー対ショッカー)で、とてもかわいい少女(斎藤浩子氏)が出演していた。

斎藤浩子氏は仮面ライダーやキカイダー、バロム1などの特撮テレビ番組でよく登場する。

 

斎藤浩子氏の画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映/斎藤浩子氏の画像

 

人造人間キカイダーで、斎藤浩子氏がマサル少年と一緒に家出をするストーリーがある。

このエピソードではマサルたちが「子供だけの国を探そう!」という、ファンタスティックな提案をする。

ぼくは「子供だけの国を探そう!」という言葉を聞いたとき、心から感銘を受けた!

子供だけの国を探すなんて、素晴らしいではないか!

 

ぼくは、永遠のピーターパンなのだ!

 

キカイダーと仮面ライダーは同時期に放送されており、同じ東映が制作してるので、役者陣がかぶったのだろう。

スポンサードリンク

人造人間キカイダーで最後のナレーションが良い!

ジローがバイクの乗る画像

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

毎回人造人間キカイダーのエピソードの最後で、印象的なナレーションが流れる。

最後のナレーションでは、一人ジローがバイクに乗って爆走する姿がかっこいい!

 

以下のナレーションが、とても胸を打つのだ!

ナレーション「ダーク破壊部隊~(怪人名)~は、キカイダーに倒された。

だが光明寺博士はどこか?

幸せをつかむのは、いつの日か?

ジローは行く、果てしない道を…」

とても胸に沁みるシーンだ!

このナレーションが、キカイダーの毎エピソードを感動と共にまとめている!

 

そしてヘルメットをかぶって爆走するジローの姿が、仮面ライダー2号の一文字隼人に似ているのは気のせいだろうか(笑)

 

人造人間キカイダーのストーリーが感動的な理由

ぼくは人造人間キカイダーのストーリーが感動的な理由を考え、いかの答えにたどりついた。

 

●父を探す子供たちのけなげな姿が感動的

●サイボーグのジローに恋するミツ子の姿が切ない

●サイボーグのジローが、善と悪の間で葛藤する姿が胸に残る

●サイボーグとして孤独に戦うジローの姿がかっこいい

 

人造人間キカイダーの漫画版は、石ノ森章太郎氏が描いている。

漫画版の人造人間キカイダーは、テレビ版よりも苦悩と葛藤に満ちたストーリーになっている。

漫画版人造人間キカイダーは石ノ森氏らしい要素が出て、最期はキカイダー兄弟(キカイダーと01)が殺しあう、悲惨なストーリーとなった。

 

ぼくは石ノ森章太郎氏の個性が好きだ。

だから漫画版人造人間キカイダーの展開は、サイボーグの心の闇が表現されて素晴らしいと思う。

しかし正直なところ、テレビ版の「人造人間キカイダー」のストーリーの方が好きなのだ!

 

テレビ版人造人間キカイダーは、最後まで子供が好みそうなヒーローもの路線をとった。

悪の敵組織ダークがさしむけるロボットに、正義の戦士キカイダーが戦うというストーリーが描かれたのだ。

テレビ版人造人間キカイダーは人気を博し、その後の「キカイダー01」が作られた。

 

しかしテレビ版人造人間キカイダーは、単なる勧善懲悪のヒーローストーリーで終わってない。

人造人間キカイダーのストーリーがすばらしい裏には、ある脚本家の力があった。

人造人間キカイダーのサブライターとして脚本を書いていた、長坂秀佳氏だ。

 

長坂秀佳氏は、テレビ版「人造人間キカイダー」に、漫画原作版の要素を持ちこむ。

漫画版人造人間キカイダーには「善と悪のあいだで葛藤する人造人間の戦い」というテーマがある。

この原作テーマを脚本に反映させることで、人造人間キカイダーのストーリーに奥深さが加わった。

 

人造人間キカイダー第27話から、長坂秀佳氏がメインで脚本を書くようになる。

これにより正義が悪を倒す特撮ものの定番をこえ、サイボーグの苦悩を描いた深みあるストーリーになったのである。

 

人造人間キカイダーのストーリーが面白い理由は、「善と悪の間で苦悩するサイボーグの戦い」という、テーマ性にもあったのだ!

 

スポンサードリンク

人造人間キカイダーとキカイダー01のストーリーの違いとは?

 

人造人間キカイダーでは、東映の吉川進氏がプロデューサーを担当した。

吉川進氏は、このとき初めて特撮ヒーロー作品の制作に関わったという。

そのため、吉川氏は、通常の人間ドラマを描く感覚で人造人間キカイダーの制作を行った。

 

これが、人造人間キカイダーのストーリーの面白さにつながったのだ!

子供向け番組に人間ドラマ要素を濃く入れることで、他の特撮モノとは一線を画す作風が生まれた!

 

しかし続編の「キカイダー01」では、人間ドラマに偏りすぎた前作に反省して、子どもウケするヒーロー路線がとられている。

だからキカイダー01は、人造人間キカイダーよりも、人間ドラマ要素が薄い。

 

後年吉川氏は、キカイダー01で作風を変更したことに疑問を感じると、コメントされたことがあるらしい。

吉川氏にとっては人造人間キカイダーの方が、作品としての満足度が高かったようだ。

ぼくも、そう思う。

 

ぼくは人造人間キカイダーを観たあとにキカイダー01を見たので、よく分かるのだ。

キカイダー01ではアクションシーンが増え、子供ウケするヒーローもの路線が強い。

ぼくはキカイダー01も好きだけど、人造人間キカイダーと微妙に方向性が変わってしまったことに、悲しさを感じた。

 

人造人間キカイダーもキカイダー01も、特撮テレビドラマ史上の大傑作だ!

しかしこのシリーズの最大のうまみは、間違いなく人造人間キカイダーにあったのだ!

人造人間キカイダーの、父をたずねて三千里的なストーリーにあったのだ!

 

人造人間キカイダーのストーリーの素晴らしさの最期に

人造人間キカイダーのすばらしいストーリー性について書いてきた。

 

僕が人造人間キカイダーを観て毎回しんみり感動を覚えたのは、「父を訪ねて三千里」的なストーリー要素にあった。

いなくなった父を探して旅するミツ子、マサル、ジローたちのけなげな姿が、胸を打ったのだ!

 

そこにサイボーグであるジローの「善と悪のはざまで悩む葛藤のストーリー」が入る。

ミツ子がサイボーグのジローに恋をするストーリーも、すばらしかった!

このようにさまざまな要素が重なって、人造人間キカイダーのストーリーは面白くなったのだと思う。

 

人造人間キカイダーは仮面ライダーのように、孤独に戦うサイボーグの姿が胸を打つストーリーだ。

僕は人造人間キカイダーのジローの運命に、強烈な共感を感じていた!

 

●姉弟は父と会えそうになるけど、あと一歩の所ですれ違うストーリーの切なさ

●ダークに邪魔されながらも、父を探して旅する子供たちの涙ぐましい姿

●さりげなくはさまれる、ミツ子のジローに対する恋。

 

これらのストーリーの魅力が、何度でも人造人間キカイダーを観たい気持ちにさせてくれる!

人造人間キカイダーには、仮面ライダーにない独自の魅力があるのだ!

 

ぼくは人造人間キカイダーは、特撮テレビ番組史上の大傑作だと感じている!

 

愛野すず
ほかの人造人間キカイダーに関する記事は、以下のリンクからどうぞ♪

人造人間キカイダーのかっこいい魅力を芸術家の視点で激白する!【特撮テレビドラマ】

人造人間キカイダーの最終回感想と漫画創作意欲の原点!

キカイダー01のdvd1~2まで観た感想とあまりのかっこよさ!

キカイダー01の最終回感想とビジンダーの魅力!傑作ゆえの残念さ

スポンサードリンク

-特撮ヒーロー

執筆者:

関連記事

キカイダー01

キカイダー01の最終回感想とビジンダーの魅力!傑作ゆえの残念さ

#キカイダー01 の全話配信がYouTube公式で始まった! 筆者はこの作品を全話見た時の凄まじい感動を今でも忘れない!1973年放送で特撮ヒーロー最高峰の一つとも感じるこの作品 OPやEDの躍動!ト …

仮面ライダー,四コマ漫画

初代仮面ライダーネタで描いた四コマ漫画と創作の過程を紹介!

さあ、このページに来たあなたは仮面ライダーに関する四コマ漫画に関心がある人ではないでしょうか?   このページでは仮面ライダーの四コマ漫画ではなく、「初代仮面ライダー」ネタで描いた四コマ漫画 …

帰ってきたウルトラマンの「天使と悪魔の間に」の面白さを徹底解明!

    僕は「帰ってきたウルトラマン」でトップラスに好きなエピソードがある。 それは第31話「悪魔と天使の間に」。   これは「帰ってきたウルトラマン」で初めて宇宙人(ゼ …

ウルトラマンエース,魅力

ウルトラマンエース最大の魅力は北斗星司と南夕子のアレだった!

  ぼくはこの記事で容赦なく、ウルトラマンエースの魅力を語ろうと思う。 僕には、それができる。 なぜなら筆者はウルトラマンエースの感動とともに、創作人生を歩んできたからだ。   も …

ウルトラマン,平成,つまらない

平成ウルトラマンはつまらないを変えた作品とは?平成版の魅力を紹介!

  ぼくはこれまで平成ウルトラマンをつまらないと誤解していました。 しかしその考えが平成「ウルトラマンも面白い」に変わったのです!   それは平成ウルトラマンのある映画を観たことが …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画