漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

特撮ヒーロー

【特撮】人造人間キカイダーの面白さの秘密は父を訪ねて三千里!

投稿日:2017年9月17日 更新日:

キカイダー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」は時代を超えて人の心を打つ面白さがある。

僕は今DVDで人造人間キカイダーを観ており、この作品の素晴らしさに大きな感銘を受けている。

 

本日は人造人間キカイダーが好きな人や、キカイダーを知っているけどまだ観た事のない人へ向けて僕が感じた特撮版「人造人間キカイダー」の面白さや感動の秘密について書いていこう。

 

スポンサードリンク

どうして人造人間キカイダーは心に響くのか?

僕は現時点で人造人間キカイダーのDVDをVol.6まで観ており、明らかに他の特撮作品とは違う面白さを発見した。

 

人造人間キカイダーの面白さの秘密は…

ズバリ

 

 

「父を訪ねて三千里」!

 

という物語の設定にある!

僕は人造人間キカイダーを観ていて、明確にそう感じた。

 

1976年頃「母を訪ねて三千里」というアニメがやっていた。
僕もこのアニメは大好きでDVDで観ている。

 

「母を訪ねて三千里」とはマルコという少年が親友の動物と一緒にまだ見ぬ母を探す旅に出るという物語だ。

 

恐らく「母を訪ねて三千里」を観ている人は何らかの感動を受けたのではないか。

まだ幼い子供が遠い地にいる母を探すという設定は、けなげで感動を誘うものがある。

 

長い間離れ離れだった親子が再開するというネタはテレビの感動番組でもよく使われるほど、人の心に感動を呼び起こしやすい。

 

お涙頂戴アニメの典型的なものに「みつばちハッチ」があるけど、この作品も幼いハッチという子供が母親を探すという物語だ。
最終回のハッチと母が再開する場面は多くの人の涙を誘っただろう。

 

「巨人の星」という名作漫画は父親が息子を巨人の星とする為に厳しい野球の英才教育を行い、主人公・星飛雄馬が野球選手として成長していく物語。

母を亡くした貧しい家庭の飛雄馬を学校に通わせ、父は肉体労働で日銭を稼ぎながら息子に野球を教える姿が涙ぐましい。

あの巨人の星にも親と子の関係性が感動の裏に隠されていたという事!

 

親が子供の為に身を削ったり、幼い子供が親を探す旅に出るという物語は日本人好みの設定であり、この展開を使う事で感動を呼び起こしやすい物語になると言える。

 

そして人造人間キカイダーにも「親を探す子供」という感動物語の構図が隠されている。

それが「父を訪ねて三千里」なのだ。

 

キカイダーの面白さは父を訪ねて三千里?

人造人間キカイダーの物語の根底にある要素「父を訪ねて三千里」とは何なのか?

 

父を訪ねて三千里とは「幼い少年と姉、そして人造人間が実の父を探す旅に出る」という人造人間キカイダーを観ていて、僕の頭に閃いた言葉だった。

 

父とは光明寺というロボット工学の博士。

光明寺博士

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

ここで復習をかねて人造人間キカイダーのあらすじを紹介しておこう。

 

プロフェッサーギルが統治する悪のロボット軍団「ダーク」。

ダークに捕らえられたロボット工学の権威・光明寺博士は息子のマサルを殺すと脅されダークで働かされていた。

しかし光明寺博士は密かに人造人間を作り出す。

自らの意思で善悪を判断する事の出来る良心回路を備えた人造人間、その名もジロー(キカイダー)!

光明寺博士と娘のミツ子はキカイダーに助けてもらってダーク基地を脱出するが、この時に光明寺博士は記憶を失い行方知れずとなる。

ミツ子は弟のマサルと父によって生み出された人造人間ジローと共に父・光明寺博士を探す旅に出る。

 

人造人間キカイダーはミツ子とマサル、そして人造人間ジロー(キカイダー)が生みの親である父を探す旅をするという物語。

 

ミツ子とマサル

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

毎エピソードの中でダークと戦いながらも父を探して旅をするミツ子とマサルの姿が純粋な心の温かさを感じさせ、人造人間キカイダーを素晴らしい作品にしている。

 

様々な場所でのロケ

人造人間キカイダーは父を探す旅が物語の核にあるので、日本全国様々な場所でロケが行われており、見ていて楽しい。

 

例えば群馬県の伊香保や榛名湖が舞台に使われたり、伊豆のロケではハンペンと呼ばれる探偵が川場康成の名作「伊豆の踊子」の主人公を思わせる学生服を着て登場したりする。

鳥取県が舞台になればラストのダークロボットと戦う場所は鳥取砂丘が使われるというエピソードもあった。

 

基本的に仮面ライダーは主人公達のたまり場(おやっさんの店)が存在し、そこを起点に物語が展開していく。

しかし人造人間キカイダーは旅物語で毎回ロケ場所が違い、舞台になる土地の名物や名所を使う事も多く、その点で新鮮味があって仮面ライダーとは一味違った面白さがある。

 

あくまで子供向けの特撮番組なのでダークの敵ロボットとの戦いを主軸に置きつつも、旅物語の特撮ヒーローとして新しい試みが加えられている点はとても面白い。

 

いつも良い所ですれ違う親子

人造人間キカイダーは光明寺博士と父を探す子供達が上手い所ですれ違う。

 

必死で父を探す子供達のすぐそばで父の光明寺博士はタクシー運転手をしていたり、漁港やホットドッグの屋台で働いていたりする(笑)

視聴者としては「すぐそこにお父さんがいるのに!」と歯がゆくなるけど、これがドラマを面白く見せる手法なのかもしれない。

 

すれ違うだけでなく光明寺博士と顔を合わせているのにその時の危機的な状況(ダークに追われているとか)の為に、素通りするという事もあった。

 

「探す人はいつも傍にいるのにあと一歩の所ですれ違う」という展開は漫画で使ってみると面白いかもしれないと思った。

 

さりげなく恋愛要素が混じる人造人間キカイダー

ミツ子とジロー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダーの面白さの一つに切ない恋愛要素がある。

 

それは光明寺博士の娘ミツ子が人造人間であるジローに寄せる片思いだ。

エピソードが進むにつれて徐々にミツ子がジローに対する思いを露わにする。

 

しかしジローは人造人間の為か妙にクールで、いつもミツ子の気持ちをかわしてしまう。

 

このさりげない恋愛要素が人造人間キカイダーに香辛料的な味をもたらし、面白いものにしている。

僕はこのジローとミツ子の行方が非常に気になっている。

 

ウルトラマンエースの北斗星司と南夕子の微妙な関係性にも似た、子供心をくすぐる恋愛要素が人造人間キカイダーには隠されているのだ。

 

例えばジローが敵の女アンドロイドを介抱している所を見てミツ子が嫉妬するというエピソードもあった。

ジローは女アンドロイドに共感の念を抱くのだが、結局ダークの敵ロボットに騙されていた事に気づくという物語だ。

 

仮面ライダーにはこういった恋愛要素はなかったので、人造人間キカイダーが仮面ライダーに対して差別化を図っていた事がうかがえる。

 

幼い頃に観た人造人間キカイダーの影響から生まれた物語

 

僕が幼い頃に人造人間キカイダーを見た時、アンドロイド(ジロー)の男に恋する女性というアイデアが心に残り、「大地と理香」という物語を小学校2年生の頃に生み出した時、意識しない内にキカイダーの影響が入っていた事に気づいた。

 

僕が考えた「大地と理香」の物語とは、「母を探す旅をするサイボーグの少女・理香」が、小学校1学年に転校してきて小林大地が理香を好きになるという、大地と理香のお話し。

⇒大地と理香の物語が生まれた経緯について書いた記事はこちら!

これは今になって考えると、幼い頃に見た人造人間キカイダーの記憶が淡く残っており、無意識のうちに僕に影響を及ぼしていたという事。

 

この点でも人造人間キカイダーは僕にとって重要な作品であり、何より幼い頃に接した作品がその表現者に大きな影響力を持つという証でもある。

 

仮面ライダーと被る役者陣

仮面ライダーに出演している俳優がキカイダーにも登場するという事が多々ある。

まず光明寺博士役のおじさんは仮面ライダーにも登場する。

 

なんと仮面ライダーで地獄大使役をしていた潮健児氏も、キカイダーの敵ロボット「カイメングリーン」として登場している。

潮氏

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

地獄大使のデザインで顔が記憶されていたので、素の潮健児氏を見たのは新鮮だった!

 

仮面ライダーの劇場版(仮面ライダー対ショッカー)でとても可愛い少女で大道寺珠美役の斎藤浩子氏もキカイダーやバロム1で登場している。

斎藤氏

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

キカイダーで出演した斎藤浩子氏はマサル少年と一緒に家出をして、「子供だけの国を探そう!」というファンタスティックな提案を行っており、僕はとても感銘を受けた!

 

キカイダーと仮面ライダーは同時期に放映されており、同じ東映が制作しているので役者陣がかぶる事があるのだろう。

 

キカイダー最後のナレーションが良い!

ジロー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

毎回キカイダーのエピソード最後でナレーションが流れる中バイクに乗って爆走するジローのシーンがある。

ナレーション「ダーク破壊部隊~(怪人名)~はキカイダーに倒された。だが光明寺博士はどこか?幸せをつかむのはいつの日か?ジローは行く、果てしない道を…」

とても胸に沁みるシーンだ!

このナレーションがキカイダーのエピソードを感動と共にまとめている!

 

 

そしてヘルメットをかぶって爆走するジローの姿が仮面ライダー2号の一文字隼人に似ているのは気のせいだろうか!

 

父を探す子供達のしんみりした感動

結局僕が人造人間キカイダーを観ていて毎回しんみりした感動を覚えるのは、父を探す子供達の健気さ、つまり「父を訪ねて三千里」の物語設定にある。

 

キカイダーは仮面ライダーの様に一人戦う人造人間の孤独と、父を探す子供達の
姿が胸を打つ作品だ。

 

・毎回もう少しの所で父と出会えそうになるけど、あと一歩の所ですれ違う物語の切なさ
・ダークという悪の組織に邪魔されながらも父を探して旅する子供達の涙ぐましい姿
・さりげなく挟まれるミツ子のジローに対する恋。

 

これらの要素が何度でも人造人間キカイダーを観たい気持ちにさせてくれる。

 

人造人間キカイダーは仮面ライダーにはない独自の特撮路線を開拓した作品であり、仮面ライダーに匹敵する名作だと思っている。

⇒【特撮】人造人間キカイダーの魅力を芸術家の視点から見て書いた記事はこちら!

⇒人造人間キカイダーの最終回を観て感じた感動と漫画創作意欲の原点

スポンサードリンク

-特撮ヒーロー

執筆者:

関連記事

サイボーグ

キカイダー01のdvd1~2まで観て感じた魅力とかっこよさ!

  漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川は特撮版「キカイダー01」を観だしている!   「人造人間キカイダー」が驚くほど傑作で、最終回を観た時「これで終わってしまうのか…」と …

イナズマントップ

イナズマンFとは?最終回、重い物語、イナズマンとの違いを徹底考察

イナズマンFって何? 普通のイナズマンとどう違うの? 変身特撮ヒーロー「イナズマンF」に対してこう感じる人がいるのではないか? 僕は先日dvdでイナズマンもイナズマンfも全エピソード観たので、この違い …

子供の頃に観たウルトラマン 粕川

子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーの歴代ランキング3

子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーがその後の人生を変えた! こんな話、信じられますか? このブログを運営する漫画アート芸術家の人生は、子供の頃観たウルトラマンや仮面ライダーによって変わったのです! …

仮面ライダー1号2号の違い

初代仮面ライダー1号2号の違いと見分け方決定版!桜島1号とは

仮面ライダー1号2号の違い、見分け方は何か? 特撮ヒーロー史上不滅の作品・初代仮面ライダーには二人のライダーが登場します。 本郷剛が変身する仮面ライダー1号と、一文字隼人が変身する仮面ライダー2号。 …

イナズマン

胸を熱くする特撮ヒーロー、イナズマンの魅力と感想を書いた!

    イナズマンという作品がある。 仮面ライダーや人造人間キカイダーを生み出した石ノ森章太郎氏原作の子供向け特撮テレビ番組だ。   僕はとある事からイナズマンを観る機会 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!